遺蹟

2017年3月25日 (土)

十三仏~その弐(で終了)

Dsc_0062

さて、昨日は「十三仏」について説明をしました。今日は、この板碑に書いてある文字の事です。一番上の方、右側に「奉彫」、左側に「十三佛」。写真でも多少見えるかと思います。

で、この板碑の左右の枠の所に文字が彫ってあるのですが、良く分かるところ、苔、風化などで分からない所があり、左側「平頼實」は分かると思います。右側の最初の文字「者」は分かりますが、下がほとんど分からない。

あちらこちら本を探すと、この文字を読んだ方が2,3人いて、書いてありましたが、微妙に違う所があり、実物を確認しながら、大体こんなところかなというのが下の文字(「奉彫」と「十三佛」は省きます)。

右側
「右志趣者為預修願在安全後生善処良因者也」

左側。
「明応十年辛酉林鐘上潮悉日 治部少輔平頼実敬白」

という事になるのですが、右の「右志趣者為預修」ですから「みぎこころざしのおもむきはよしゅうのため」でしょう、多分。

ここで、「預修」が出てきますが、手っ取り早く、ネットで調べると"世界大百科事典内の預修の言及"として、「生前に逆(あらかじ)め自己の死後の冥福を祈って仏事を営むことをいう。〈逆〉は〈預〉と同義で預(よ)修ともいう。」

と書いてあり、返って縁起がいいという事で、今も死ぬ前に葬式をあげたり、自分の墓を作ったりする方がありますが、この板碑は生前に作られた、生前供養の碑だということが分かります。なお、下記に書いているように、明応時代前後は激動の時代で、いつ死ぬかわからないので、前もって逆修をしたのかもしれません。

なお、「願在安全後生善処良因者也」が良く分かりませんが、多分「在安全後生善処良因を願う者なり」かと思います。

なお、参考にした本が、当用漢字で書いてあり、本来は旧字で書いてあります。当たり前ですが・・・

さて、左側「明応十年辛酉林鐘上潮悉日 治部少輔平頼実敬白」

「明応十年辛酉
(1501・文亀元年にあたります)」この年は「辛(かのと)酉(とり)」です。今から516年ほど前になます。

「応仁の乱」が応仁元年(1467)から文明9年(1477)。「明応の政変」が明応2年(1493)。織田信長が生まれたのが、天文3年(1534)ですから、明応10年というと、戦国時代の初めにあたります。

千々石も田舎なれど、「北肥戦誌(九州治乱記)」などを読むと、南北朝時代に北朝側が千々石を拠点とし、有明海側の南朝の西郷氏、神代氏、諫早の宇木(宇喜)城等と戦い、竜造寺も千々石に押し入り、また、有馬氏とも手を結び、「国乗遺文」を読むと、「・・・千々石主計ト称ス千々石ニ務ス、其子淡路(注;千々石淡路)嗣ナク晴純公(注;有馬晴純)御三男ヲ以テ養子トナス是ヲ右衛門直員(なおかず)ト云・・・・」などとも書かれ、千々石は、結構、戦の拠点だったことが伺えます。

「林鐘」は「陰暦6月の異称」、「上潮」は、そのまま「あげしお」、「悉日」はよく、鳥居などに、「三月吉日」などと書かれている、「吉日」のような感じにあたるのではないかと思います。辞書等には載ってませんでした。

「治部少輔」は、平安時代の官職名で、「冶部省」に属し、「・・・雅楽、僧尼、山稜、および外交のことをも掌り、雅楽・玄蕃・諸稜の三寮をしたのである。」という役所であり、「少輔」は「従五位下」であり、この位以上のものを持つものが貴族とされています(新訂 官職要解~和田英松著・所功校訂:講談社学術文庫)。

この時代、貴族の官位なども崩れており、専門の方に聞いたら、自分に重きをなすため、自分でつけたのではないかと・・・

次に、「平頼實」で、こちら方面の本を調べたら、「平」姓なるものはあまり見当たらず、「肥前有馬一族(外山幹夫著・新人物往来社)」にだけ載せてあり、「有間氏が平氏を用いていることは、平安末の在地領主として、平家に服さざるを得なかったことによるものであろう。」と記され、ここのところ、もう少し調べないとよく分かりません。

以上延々と書いてきましたが、間違い、お気づきの点はコメントにてお知らせください。


Dsc_0044 Dsc_0049

実はこの家、家主さんが変わってリニューアルしているのですが、建っている時は普通の家でしたが、外壁を取り除くと、意外と大きな棟木で普通の家とは違うな、という感じでした。

Dsc_0157

ここの近所の方から、あの石碑は前に住んでいる人が持ってきたとか、大門橋の近くから持ってきたという話は聞いていたのですが、80年ばかり前、こちらへ移って来たという方から話を聞いたら、次のような話でした。

この建物は百年ほど前、千々石の小倉地区からそのまま持ってきた家で、その時、石碑も一緒に持ってきたとの事でした。

小倉地区方面、以前にブログで紹介しましたが、阿弥陀寺という寺があった所ですが(いまはまったくありません)、畑を耕すと五輪の塔が多く出てきています。

なお、ここから数百メートルの所に「大門(だいもん)橋」があり、「だいもん」といえば、「おおもん」のことで「大手門」に通じるところがあり、こちら方面に、釜蓋城の大手門があったとも考えられます。

これも、以前書きましたが、「伊能忠敬測量日記」に「字白津右に釜蓋城千々石大和守古城 字阿弥陀寺」と書いてあります。

この地域が、他の所と多少違うな、と感じられる話です。

話を石碑に戻すと、この石碑、なんと小さな川に橋として架けられていたそうです。いまでは、罰当たりが!と言われそうですが、廃仏毀釈の時代、顔を削がれ、橋代わりにすることを、なんとも思わなかった時代の姿が伺われます。

それで、家を移す時、もったいないからと、一緒に持ってきたらしいのです。

Img_1378_3 Photo

以上書いてきたように、この石碑は、3人の話が合致することから、最初からこの場所にあったのではないことが分かると思います。

Img_1382

説明版、その他の本にも、寺の中心部に十三仏が最初から建てられているように書いてありますが、良く調べること、大切ですね。




2017年3月24日 (金)

十三仏~その壱

Dsc_0120

十三仏です。
個人の家の中にあるので、少し、曖昧に書くところがありますが・・・・

十三仏とは、十三参り(十三詣り)にも関係しているらしく、ウイキペディアで見ると、空海などにも関係しているらしいのですが・・・。

1歳から13歳まで、菩薩さんにお参りをし、これらの十三仏が死後の閻魔の裁きに亡者の弁護をしてくれると信じていた、ということらしいのですが。(日本のほとけさまに甘える~大江吉秀・東邦出版)

「日本大辞典 第十巻(小学館発行)」によると「仏語。亡者の法事を修する初七日から三十三回忌まで十三回の追善供養に、本尊とする十三の仏と菩薩」ということですが・・・

・初七日~不動明王 ・二七日(にじゅうななにち、ではなく、ふたなぬか) ・三七日~文殊菩薩 ・四七日~普賢菩薩 ・五七日~地蔵菩薩 ・六七日~弥勒菩薩 ・七七日~薬師如来 ・百ヵ日~観世音菩薩 ・一周忌~勢至菩薩 ・三回忌~阿弥陀仏如来 ・七回忌~阿閦如来 ・十三回忌~大日如来 ・三十三回忌~虚空蔵菩薩 

ということで、十三の仏様になり、一番上の写真、一番上に仏さまが一つ、あと、各段に三つの仏様。これが四段に彫ってあり、合計十三の仏さまになります。



Dsc_0059

ところが、顔がほとんど潰されています。多分、神仏分離令に伴う、「廃仏毀釈」の影響だと思われます。

横道に逸れますが、よく見ると、黄色の丸印、細かい工作がなされています。


Dsc_0070

この廃仏毀釈は、他のお寺、神社の中の地蔵様にもよく見られます。左は、諫早市の神社の六地蔵さん。お顔が削られています。右は、お寺の六地蔵で見かけたものですが、首が折られ、後で補修された跡があります。


Photo Dsc_0943

この、十三仏には文字が彫ってあり、なかなか意味深なところがあり、また、この板碑についても、信じられないようなエピソードがあるのですが、眠たいので又明日。



2014年9月 3日 (水)

遺蹟に思う

Img_20140903_0001

故外山幹夫氏の最後の本になりました。外山氏は、長崎大学教授、名誉教授を務められま

したが、県文化化財保護審議会長、長崎市編さん委員長などを歴任され、長崎の歴史に

ついて造詣が深い方でした。


この本にも、長崎に関わるエピソードが沢山載っています。この本の中に、こう書かれてい

ます。


「近年の地域開発の波の中にあって、城郭の遺跡、遺構の大半が破壊される事態が生じ

ている。・・・・・・深江城(南島原市)跡は、本丸跡を道路が貫通し、寺中寺(島原市)跡には

市営住宅が建っている。千々石氏ゆかりの釜蓋城(かまぶたじょう・雲仙市)跡の前面は運

動公園となり、前面は削り取られ、跡は城郭風の展望台がつくられ、往時の姿はわずかに

後半部に残されているばかりである。神浦城(長崎市外海町)跡もあっさりと公園になり、も

はや往時を彷彿させるものはない。」


ここに書かれている、釜蓋城。天正遺欧少年使節の一人、千々石ミゲルが生まれたところ

です。


大きな○印が釜蓋城のあったところ。黄色の矢印が、千々石中学校。ここの右側の少し上

に、橘神社があります。赤の矢印の凹んだ所が、町民公園になっています。

Dsc_0116_3

本に書かれているように、前面が削られています。複数の方に聞いたところ、鎧、刀等が出

て来たそうですが、工事はそのまま進められたそうです。


右の上の所、城みたいなのがありますが、単なる展望台です。ここには、このような天守閣

はありませんでした。こんなのつくると、立派な天守閣があったのかと、誤解されるのです

が・・・・・公園は、ほとんど使われなく、中学校の野球部の専用になっていて、野球部が使

わなければ、草ぼうぼうでしょう。

Dsc_0124_3

赤の矢印の所が、宇木城(諫早市・有喜)ですが、多分青の矢印の所と繋がっていたのでし

ょうが、真ん中を国道が通っています。後、諫早を支配した西郷氏の居城だと言われてい

ます。


城跡は、学校になっていて、何かないかウロウロして見たのですが、怪しげなオジサンと間

違われたらいけないので、そうそうに退散。


最も、この城は、諫早の西郷氏が亡ぼると同時に、廃城。天正15年(1587)。大正8年

(1919)に、有喜尋常高等小学校ができたそうですから、文化財に対する重要性の考えは

無かった時代でしょう。

Dsc_0198 Dsc_0188

キリシタン大名、結城氏の居城、結城城(金山城)。ここも登って見ると、グラウンドゴルフ場

に変わっていました。

Photo_4 Photo_5

その他、先ほどの西郷氏と関係のある、杉峰城に行ってみたら、竹林で、本丸までは行き

着けませんでした。これについては、後日書くつもりです。


なお、千々石から別所ダムに行く途中、「白雀の乱」で有名な「稚児落しの滝」(宝永四年に

「白雀の乱」を題材にした謡曲有り)がありますが、行ってみたら立入禁止。


なぜか聞いたら、自動車道路を拡張したため、滝に行く道がなくなり、危険なため立入禁

止。まったく、ナニを考えているのか、歴史も知らない、知能指数オタクが図面を引いたん

でしょうが。


この間の、腹切坂を調べる時、公民館の先生と話をしていると、「もう、90以上の方でない

と、昔の事は分からないでしょう」と云われましたが、自分の地域の小さな史蹟、古い話は、

今のうちに残しとかないと、みんな歴史の中に埋まるでしょう。


私も、少しずつ話を集めているところですが、相手が、お爺ちゃん、お婆ちゃんばかりで、少

しは若い女性と・・・・・heart04






2013年11月27日 (水)

「筏遺跡B」の発掘説明会~雲仙市国見町

1

先日、国見町の「筏遺蹟B」の発掘調査の説明会とやらで、出かけて見ました。この場所

に、島原消防署北分室署ができるための発掘調査です。


どうせ、見学者は少ないだろうと思ったら、意外や意外。見学の方と話をしてみると、某市

で発掘調査をされている方、発掘調査の現場で作業されている方、郷土史を研究されて

いる方、まったくの素人の方。


説明は、雲仙市教育委員会文化財調査員の方。

15 2_2

ここの筏遺蹟は、大正2年、島原鉄道建設工事中、縄文土器が出土し、昭和40年に地

元、大学の研究者、平成4年には長崎県教育委員会で調査が行われ、縄文時代の甕

棺、建物の柱跡、古代~中世の柱跡、土坑などが発見されたそうです。(多分、筏遺跡A

の方?)


昭和59年発行の「国見町郷土誌」によれば、「筏遺蹟の発掘調査が進むにつれて、その

範囲は初めの予想をはるかに超える広大な面積であることが明らかにされるようになっ

た。」、とあります。


縄文時代の住居跡、発掘された石器。黒曜石ですが、ここらあたりにはなく、黒曜石とい

えば、佐賀県伊万里市腰岳が有名ですから、多分何らかのルートで運ばれてきた物でしょ

う。

3 5_2

ここ筏遺蹟は、標高が6~7メートル。海のすぐそば、有明海沿岸では海を挟んで、熊本、佐

賀あたりと、海上交易がおこなわれていたという話もあり、ここの小字名「筏」からも、うか

がえるものがあります。


余談ですが、海岸線に沿っている遺跡として、有明町の小原下、大野原遺跡。島原市の

景華園遺跡、深江町の中原遺跡、有家町の堂崎遺跡、加津佐町の永瀬遺跡、小浜町の

朝日山遺跡。


高地にあるものとして、国見町の百花台遺跡、開拓道路に沿って、吾妻町の弘法原遺

跡、瑞穂町の東原遺跡、島原市の礫石原遺跡、深江町の山の寺、梶木遺跡、北有馬町

の原山遺跡、小浜の諏訪の池遺跡があります。


愛野町、千々石町、小浜町、南串山町にも若干ありますが、海岸沿いにはほとんど無く、

これは、崖が多い土地であり、耕作地等が狭く、また、昔は、奥地まで海の所もあり、集落

ができにくかったものと思われます。


話を元に戻して、今回の調査で、見つかった「掘」です。左の方が浅く、埋まった後に、右

の掘りが作られ、豪族の館を守るための防御用だと考えられています。浅い方は45㎝、

深い方は1,2m.。

5_3 

なお、平成15年度の国見町の調査で、ここから150m離れた所から、同じような「掘」が発

見されたそうです。赤の矢印の所が実際に出土された「掘」。

この事から、点線で囲んだ所が、豪族が住んでいたところではないかと、考えられるそうで

す。一辺が150mですから、かなりの広さだったことが分かります。

Dscf5647_2

発掘調査現場を見ると、左のようなものがありますが、図面を書くときの印だそうで、図面

を描いた後、ここも土を削って調査するそうです。右が出土品の一部。

Dscf5642_2 Dscf5650

縄文、弥生というと、戦国時代の華々しい話などなく、地味な感じですが、説明会があった

ら行って見てください。意外と、面白いものですよ。


なお、この場所、発掘が終わった後は、消防署が建つそうです。後は見られません。見る

なら、「今でしょう!」。場所は、島原市消防署北分署(国見町)のすぐ横。


なお、作業していないときは、多分シートが、架けられているでしょうから、雲仙市歴史資

料館へお問い合わせを。

(参考・文引用:「国見町郷土誌」・当日の資料「筏遺跡Bの発掘調査」より)







2013年4月24日 (水)

有喜貝塚遺跡~長崎県諫早市有喜・松里町

Photo

昨日から、有喜の松里町の祭りのことを書きましたが、本来は有喜貝塚遺跡を見に来た

のが目的でした。


たまたま、祭りをやっており、弘法さんの祭り→普賢菩薩祭の浮流→貝塚遺跡→普賢菩

薩・烽火台跡という順に回ってきたわけですが、本日は有喜貝塚遺跡のことです。


とにかく、場所が分かりませんでした。

Photo_2

こんな所を、行ったり来たり、聞くこと3度。2度目に聞いたときは、丘の上と聞き、丘の上

の墓地の横を行くと道が途切れ、それでも頑張って林の中を迷いながら行きましたが、こ

れ冗談だろうと思ったら、本当に冗談、全く違うところでした。危うく遭難。


3度目の正直でやっと行き着きましたが、一番上の写真です。多分、左の説明版がなかっ

たら、分からずに行き過ぎたでしょう。


シートが敷いてあり、発掘調査の時は、現状維持のため、埋め戻しをするので、それかな

と思っていたら、畑の所に80歳くらいの婦人の方が。


聞いてみたら、ここの所有者の方で、この横の所に家がありました。聞いてみると、シート

は単に草が生えないように敷いているとのこと。


話をしばらくしていると、この方の祖父の方が、畑にするため掘ってたら、貝殻が足の踏み

場も無いくらい出てきたそうです。祖父の方が興味があったらしく、発掘物を随分集めてお

られたということですが、ご婦人が興味がなく、見学者が結構多いらしく、そのたびに差し

上げていたら、残り少なくなったそうです。

Photo_3

これが、貝塚から出てきた貝殻ですが、なかに、石器、黒曜石の細石器も混じってありま

した。


この裏にも畑があるのですが、こちらの畑を耕していると土器がたくさん出てきたそうで

す。

Photo_6

Photo_4 Photo_5

ネットで「長崎県の遺蹟大百科」にも説明してありますが、1921年(明治45年・大正元

年)に発見。1925年(大正14年)に、京都帝国大学(当時)の浜田耕作氏を中心に調査

がなされ、その時、箱式石棺2基、人骨も3体発掘されたそうですが、ご婦人の祖父の話

によると、かなり大きな骨であったそうです。


諫早市の説明版には、「この人骨一体の胸部から鉄のやじりが出土したことにより、縄文

時代人が鉄器使用の人たちに征服され、その年代は西暦一世紀以降、三~四世紀に近

いものとされ、当時の学会の注目を浴びました。」とあります。


2回目の調査が昭和58年度。このときも、石器、土器等も出土したそうです。なお、説明

板には書いてありませんが、「長崎県大百科事典」には、「箱式石棺墓と人骨、鉄鏃につ

いては、弥生時代以降のもので、縄文文化と弥生式時代の二時期があったことが判明し

た。」と書いてあります。



資料所在地は、京都大学、諫早市教育委員会とありますから、多分諫早市郷土館に展示

してあるのかな?


なお、現地は少し小高い所にあり、昔はすぐ下の方は、海であったとのことです。

帰りがけ、あなたも一つもっていかれませんかと言われましたが、「そんな貴重なものを、

数も少なくなっているし、取って置かれた方が良いですよ。」と言いつつ・・・・


土器を眺めつつ、これが太古の人が作った物かと思うと、ポチ感動しますね。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ