正月

2021年11月28日 (日)

「福石様」しめ縄の張り替え★附録~橘神社「大門松」情報(雲仙市千々石町)

0-img_9497

11月9日に釜蓋城の下にある天満宮のしめ縄作りをしました。続いて、今日、28日福石様のしめ縄の張り替えでした。

調べて見ると、福石様のしめ縄は2015年(平成27年)に復活をしています→こちらをクリック。


この時は、初めての事だらけで、日曜日の2日にかけて準備、取り付けでした。その後は慣れたので、1日で作業をするようになりました。


今日は午前8時集合、最初に(^▽^)地(スミマセン、”わらうち”と入れたら、変に変換されました)。いつもの「おとうは土間でワラ打ち仕事」の現代機械化で、天満宮ではローラー、今日は点圧機でした。
その後、いつものようにわらをまとめていきます。一番右側が、福石様しめ縄保存会(だったかな?)の会長さんです。後ろの山が釜岳。千々石少年自然の家があります。

1-img_4428 2-img_9372

天満宮のしめ縄は短いので、3本撚り合わせる中心に一本だけロープを入れます。福石様のしめ縄は15メートルほどあり、長くて重量があるので、一本一本に各々ロープを入れていきます。都合、6名の手がいります。

しめ縄作りは、一年に一回しかしないので、どこでも「どうじゃったかな」とか「そうじゃなか」と言う言葉が聞かれます。


3-img_9385 4_20211128202301

このしめ縄、二つの岩に張るので大変です。岩は登りにくく、足場不安定。右の岩の上の石祠を調べに数年前登りましたが、今は無理。左のお地蔵さんも調べたかったのですが、まだ死にたくなかったので止めました。

しめ縄を張るために、ワイヤーを張っていますが、それに金具の輪っかをとおし、輪っかにしめ縄を番線でくくりつけ向こうの岩まで引っ張っていきます。


5-img_9405 6-img_9423

ということで、無事作業も終り橘神社の宮司さんによるお祓い。皆で記念写真。有志が集まっての福石様のしめ縄で、今回も事故もなく無事完成でした。

この福石様、夕日をバックに写真を撮られる方が多く、新聞、チラシ、ポスターなどにも良く見かけられます。今から、特にきれいな夕日が見られますので、どなたもお越しを(^_^)v。

7_20211128202501 8-img_9469

附録】

橘神社の宮司さんが見えられたので、大門松の準備状況を尋ねたら、もう準備にかかっているとのことで、帰りがけ寄ってみたら随分進んでいました。

Img_9508

総仕上げが12月19日(日)。大門松竣工清祓い式は12月26日だそうです。鉄炮隊の演武もあるようなので、詳しくは後日。



2021年11月 9日 (火)

千々石町「天満宮」のしめ縄作り

Photo_20211109125601

正月を前に各地の神社のしめ縄作りが行われます。地元の天満宮のしめ縄も、先日取り替えをしました。

千々石の天満宮については以前にも書きましたが、今年、千々石ミゲルの墓所(推定)の最終発掘調査があり、この父親が祀られている神社です。


藁打ち仕事ですが、昔は「おとうは土間で♬~藁打ち仕事♩~・・・」とやっていたわけですが、今の住宅には土間も無く、これだけの藁を打つとかなりの時間がかかります。で、道路工事用のローラーの出番。乗用車で行ったり来たりしている所もありました。


本来は「藁すぐり」といって、藁についている「はかま」などを取り除くきます。「ワラ選リ3号」と書いてありました。今は使う家もないと思います。

Photo_20211109125602 Photo_20211109125603

ワラを右のように小さくまとめていきます。しめ縄を巻いていくとき、これを差し込んでいきます。

Photo_20211109125701 2_20211109125801

しめ縄の中心部。吊して作ったり、端の方から巻いていくところもあり、各地様々なようです。
真ん中が決まったら、ワラを巻いていきます。

Photo_20211109125801 Photo_20211109125901  

この時、「どちらにひねる?」「右に巻くのか?左に巻くのか?」と一番時間がかかるところです。後はドンドンと進んでいきます。この時、小さくまとめたワラを差し込んでいきます。

なお、しめ縄の真ん中にはロープを入れています。これが無くては、しめ縄はたるんでしまいます。手前のロープを張っているのは私です。楽だから。


Photo_20211109130201 Photo_20211109130202

しめ縄にヒゲがでているので、散髪。ということで完成。キレイキレイになっています。

Photo_20211109130301 Photo_20211109130401

天満宮には二つの鳥居があります。左が享和3年(1803)に建てられたもの。右が大正年5年に建てられたもの。

14_20211109194701  Photo_20211109130403

右は去年のしめ縄を取り除いたところ。やはり、しめ縄が無いと寂しいですね。

今年の天満宮の行事は、残すところ、神迎えと年越しの二つをになりました。


コロナの影響で常会での懇親会等もなくなり、地域の触れあいも少なくなったようです。早く元の生活に戻ってほしいものです。


2021年2月14日 (日)

橘神社「大門松」解体の日&今日は「バレンタインデー」

Photo_20210214193701

橘神社「大門松」。

昨年11月22日の土台作りをはじめに、11月29日、12月6日、12月13日、12月20日と作業を続け、12月27日に完成。

コロナの影響で初詣の方は少なかったといえど、昨日まで、お参りの方の目を楽しませてくれました。


今日が大門松の解体という事で、8時頃見に行ったら、すでに解体が始まっていましたが、解体を惜しむかのように天から雨粒が降ってきて・・・作業はやりにくかったかと思います。


一時は雨が止んだので、12頃行ってみたら作業は随分進んでいたものの、又もや雨。昼から用事があったので、見に行かれませんでしたが、作業ができたのかどうか心配。


Photo_20210214193801 Photo_20210214193802

実行委員会の方は大変だったと思いますが、お参りなった方は必ず写真を撮って、楽しそうでした。来年こそは、コロナが収まって例年のような正月を迎えたいものです。

実行委員会の方は、期間中、飾りの松や杉などに水やりなどをしていた方もおられ、大変だったと思いますが、又、来年も参拝の方の目を楽しませていただきたいと思います。


Photo_20210214193803 Photo_20210214193804

今日は、バレンタインデーで、数は少なくなったというものの、数名の方からプレゼントをいただきました(^_^)v。ホワイトデーはエルメスとかグッチのハンドバッグなどを考えております(^^;)。

Photo_20210214193901



2021年1月11日 (月)

令和3年 橘神社・少し寂しき「鏡開」でした~雲仙市千々石

Photo_20210111195201 Photo_20210111195202

上の写真は一昨年だったか、橘神社の鏡開の時の写真です。

今年の七種粥の振る舞いは中止だったので、鏡開きも中止かと思って、橘神社のホームページを見ると、中止にはなっていないので、一応出かけてみました。


が、ですね、例年のように焼いて食べるのを期待していったら、。はみきりで餅を切って袋に入れて配っていました。時節柄仕方ありませんネ。


Photo_20210111195901 Photo_20210111195902

コロナが流行っているので、今日は、マイ皿とマイ箸とマイ調味料(ニワカそうす・甘みのある調味料で私の愛用。甘みがあるので、砂糖は不要)を持参して行ったのですが・・・家に帰ってレンチンして食べましたが、はやり、火であぶって、きつね色の餅とでは比較になりません。

Photo_20210111200001 Photo_20210111200002

鏡餅は”鏡”に似ているから”鏡餅”というと思ったら、少し違っているようで、山本健吉さんの俳句歳時記によれば、「『鏡餅』という名は、鏡の形の丸い餅だから名付けたのではなく、鏡に写すようにそこに人々の『命』の指標をも考えたのであろう。それでこそ、鏡餅がその人の千代をことほぐことになった。」のだそうです。

なお、「鏡開」は「正月11日、鏡餅を卸して食べること。武家では具足開きと言い、具足に供えた鏡餅を割り、女子には鏡台に供えた鏡餅を割った。刃物で切ることを忌み、手や槌で割り書く。」となっています。


公園の桜はまだまだ。出店は今日が最終日でした。早くコロナが終息して、桜の下で花見を、正月には火であぶった餅を食べたいものです。

Photo_20210111200101 Photo_20210111200102

橘神社の初詣も少なかったそうです。また、GoToキャンペーン中止のため、団体客の参拝などもすべて中止になったそうです。

来年は是非、前のような鏡開に期待したいものです。下の写真は、年末年始にがんばってこられた総代の方々です。来年もがんばってください。

Photo_20210111200103




2021年1月 1日 (金)

令和3年 千々石「三社詣」

1_20210101180101 2_20210101180101 

「三社詣」とか「三社参り」とか言うようですが、例年通り回ってきました。

最初は、地元の「天満宮」。住んでいる地区の産土神です。年越しの案内がきましたが、調子が悪くパスをしました。この拝殿”暖炉”が作ってあり、神事の後、回りを囲み暖まりながら話に花が咲きます。まだ、良い匂いが残っていました。


次が「温泉神社」。千々石の守り神様。お馴染みの”茅の輪”。


4-2  Photo_20210101180301

今、流行の「花手水」「手水花」。表現が両方あるようですが良いですね。ただ、コロナの影響で手を洗うことは出来ませんでした。あちらこちらで見られる、手指の消毒液。

4_20210101180301 45

最後が「橘神社」。コロナの影響でどうかと思ったのですが、思ったより多くの参拝の方でした。本殿の方は昨年は2列でしたが、今年は1列でした。この神社のお参りの方は、いつもキチンと並んでいますね。

5_20210101180401 6_20210101180401

出店は昨年と同じくらい。昨年より少ないようでも結構なお客さん。毎年、1月7日、このテントで七種粥の振る舞いがあっていたのですが、今年は中止です。

7-2 7_20210101180501  

少し、ウロついてみました。左は雲仙岳。一番尖ったところが”平成新山”。うっすらと白くなっていました。右は、福石様。天気が悪かったので、良い写真は撮れませんでした。上げ潮ですね。

8_20210101180501 9_20210101180601

商店街。あちらこちらと店を閉めました。見ると辛いですね。

10_20210101180601 11   

昨年のお約束通り、正月用のマスクを付けて行きました。はやり、少し恥ずかしかったので、帽子とグラサン姿で行きましたが、皆さん、なんとなく避けていきますね。

14 15

と言うことで、三社とも”コロナ退散”のお参りをしてきました。効果があれば良いのですが・・・(^_^)v。



2020年12月30日 (水)

「正月用」マスク

Img_7313 Img_7316

最近はマスクを付ける方がほとんどで、こんな格好をしていても、怪しむ人がいなくなりました。

コロナの影響で暗い日々が続いています。初詣も前倒しで年内にとか、帰省出来ない方、会食はするなとか・・・

で、せめて、気分だけでも明るくと、正月用のマスクを手に入れました。

正月はこれを付けて、初詣、年始回りをするつもりでいます。なお、カミサンにペアマスクしようか、といったら一言「アホ!」。

帽子とサングラスは取っていきます。一応、サングラスはアメリカで買った、Ray-Banです。

皆様も良いお年をお迎えください。また、来年出没します。



2020年12月27日 (日)

橘神社「大門松」完成~雲仙市千々石町

Photo_20201227164701

11月22日に土台作りが始まり、29日、12月6日、13日、20日、と作業が続き、今日12月27日、総仕上げと「大門松竣工清祓式」を迎えました。

今年は天候に恵まれ、工事は順調に進みましたが、今日の天気予報では昼から雨とのことで心配しましたが、なんとか無事、式が挙行されました。


最初に神事。お祓いは橘神社橘宮司。橘神社に祀られている橘中佐の子孫になります。


次に、神楽舞。千々石中学校の吹奏楽部の皆さんが舞っていますが、今年は2年生の部員がまったくいなく、3年生は部活卒業。1年生2名で舞いました。2名とはいえ、気合いが入っていました。最近は、吹奏楽がブームになっているのですが・・・来年の新1年生の入部に期待したいところです。


Photo_20201227164702 Photo_20201227164801  

肥前千々石鉄砲隊の演技。最近は、あちらこちらで頼まれて出かけているそうです。空砲とは言え、すごい音がします。警察のご指導で近くに寄れないように、ロープが張ってあります。

Photo_20201227165001

参道には出店が並んでいましたが、まだまだですね。コロナの影響でどうなるんでしょう。
軍神橋の下の桜。ライトアップで一番きれいな桜。この桜が満開の頃、コロナが終息すると良いのですが・・・

Photo_20201227164802 Photo_20201227164901



2020年12月25日 (金)

まるいもの

Pc210248

最近、コンビニに寄った時、一番にスイーツコーナに行くのが癖になって・・・

昨日、セブンイレブンのスイーツコーナーを見たら、”食べマスモッチうさまる2”
が並んでいて、「うさまる」(メープル味)と「うさこ」((いちごミルク味)さん。各々、10種類の表情があるそうですが、田舎なので、2セットしかありませんでした。

で、まるこっくって可愛いデスね。なぜ丸いものは可愛いんでしょうか?ドラえもん、チコちゃん、パンダ等々、みんな丸っこい。と言うことを思っていたら、今読んでいる本に丸いものについて書いてありました。


著者は「大山澄太」。山頭火の紹介者ですが、山頭火を知っていても、大山澄太を知っている方はあまりいないと思います。東京にいた頃、大きな本屋さんで文庫本だったか、山頭火の著作集を見た覚えがかすかにあります。編纂が大山澄太さん、だったかな?


とはいっても、当時、
山頭火については、俳句とは関係のない、一般の人が知るところでは無かった覚えがあります。

永六輔さんが深夜放送で、山頭火についてかなり熱心に紹介をして、それから一般の人も知ることになり、ブームになった覚えがあります(かなり朧な記憶ですが・・・)。永さんは「笠へぽっとり椿だった」と「うしろすがたのしぐれていくか」を紹介した覚えがあります。2,3年前だったか福山雅治が出ていたCMで「分け入っても分け入っても青い山」を使っていました。わたしとしては「ちんぽこもおそそも湧いてあふるる湯」が好きなのですが。

閑話休題、大山澄太の文章は以下の通りです。

・・・・・

そうした正月風景の中で、一番眼に立つのは、まるいものの姿である。門にはためいている日の丸のまるさ。床の間に飾られた餅のまるさ、神棚につるされた橙のまるさ、酒をくむ杯のまるさ、まるい箸で、まるい煮豆をつまみ、まるい蜜柑をむいで食べ、羽子のまるい黒玉を打ち、まるい風船をあげ、まるいパチンを土に地に叩いて遊ぶ。見るもの、食べるもの、飾るもの、使うもの、みんなまるいものばかり。
 まるい物を愛することは、やがてまるい心を愛することにもなってくる。いや、心がまるいからまるい物を愛するかも知れない。われわれの心は、元来まるく出来ている。まるくて、ころころと、事に応じて行って止まるところがないから、こころと言うのだと、古人はいうている。そうした本来の心に帰って正月を楽しむから、自然にまるいものを、多く用いるようになったかと思う。(以下略)

コロナでギスギスした世の中、せめて正月だけでも”まるく”過ごしましょう


Img_20201225_0001

追記ですが、山頭火の日記に三つの誓願が書いてあるそうです。

「今日一日 腹を立てない事」

「今日一日 嘘を言わない事」
「今日一日 物を無駄にしない事」



2020年12月20日 (日)

橘神社「大門松」完成間近~雲仙市千々石町

Pc200068

今日の午前中、橘神社を通りかかったら、大門松が完成間近でした。

日曜日だけの作業で、今日が5回目。前回が大ヒノキ入れ込み。今日がヒノキ入れ込み・仕上げで、いよいよ12月27日(日)午前中が総仕上げ、13時より大門松前で竣工祭になります。今年は作業日が天候に恵まれ、予定通りの日程で完成に近づきました。


大門松と言うとおり、高いので上の方はクレーン車での作業になります。が、見ていて、おっかないですね。


Pc200102 Pc200111

今年はコロナのせいで、初詣の方がどうなのか心配です。
門松を作りあげたボランティアの皆さん方は大変だったと思います。大門松は、初詣の皆さんの目を楽しませるものと思います。

大門松がコロナを退散させれば良いのですが・・・

2020年12月 7日 (月)

「福石様」しめ縄作り&橘神社「大門松」進捗状況~雲仙市千々石町

Img_1393

一昨日の夜、明日福石様のしめ縄を張るから、との連絡があり、昨日出かけました。

残念ながら、昼から出かけるところがあり、朝からの参加だけでした。数日前は、産土神の「天満宮」のしめ縄作り、昨日の福石様のしめ縄作りと二つしめ縄作りに参加したことになります。来年は良い年になると思います。


朝の8時半頃から、ワラを小さくまとめていきます。いつもの通り、話しがはずみ・・・と私は約束があったので抜けましたが・・・


台風で鳥居が曲がっていて、しめ縄もヨレていたそうです。なにせ、潮風がモロに吹き付ける所です。
意外とここを訪れる方多いです。この季節、夕日がきれいなので、写真を撮る方もチラホラ見受けられます。

用事が終わって戻ってくると、夕日が沈む時間には少し間に合わず、ですが、このしめ縄、長いので真ん中を大きく作るのが難しいのですが、よくできていて、良い風景でした。見ごたえがありました。

Img_1356 Img_1358_20201207195501
  
橘神社の大門松は、皆さん仕事の関係もあって日曜日にしか作業ができないのですが、竣工式が27日ですから、実質的な作業日は13日と20日の二日になります。

竹の先端、よく揃えたと思います。クレーン車に乗って、チェーンソーで切るのは大変です。


まだ、飾り付けのお化粧が済んでいませんから、スッピン状態ですが、スッピンでもこれはこれできれいですネ。出来上がりもきれいですが、作業風景を眺めているのも面白く、近所をお通りの際はお立ち寄りを。


Img_1413



より以前の記事一覧

フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ