イベント

2018年8月15日 (水)

「阿波踊り(徳島市)」のこと

Img_20180815_0001_2

以前、阿波踊りの昔の写真を紹介しましたが、別の写真もあったのでご照会を。

なお、写真の説明には「徳島之盆踊」になっていますが、この歴史についてはウィキペディアに書いてあるので、そちらを参照して下さい。→こちらをクリック

今年の阿波踊りは、一悶着ありました。前主催者の以前の赤字が4億になったことが発端になったとの事ですが、運営費が赤字になっても、観光客がドット来て、旅館、飲食店、お土産屋さんなど、民間はかなり潤うとは思うのですが、どちらが得か考えなくても分かること。

さて、ウィキペディアによれば「天正14年(1586年)、徳島城が竣工した際、当時の阿波之守・蜂須賀家政が城下に『城の完成祝いとして、好きに踊れ』という触を出したのが発祥というという説もある。」ということですが、あくまで「説もある。」ということです。

また、「江戸時代には、一揆につながるとの理由で阿波踊りが禁止されていた時期もあった。」らしく、なんとなく、市長さんが総踊りを中止したのを連想します。

なお、「民俗小辞典 神事と芸能~神田より子・俵木悟編・吉川弘文刊」によれば、「発祥は精霊踊りとされるが定かではない」とウィキペディアとは少し違いますが、要は発祥不明でしょう。

「精霊おどりが発展したぞめき踊り、各町で華やかさを競った組踊り、奇抜なパフォーマンスの俄(にわか)踊りがあったが、組踊りと俄踊りは幕末に衰退した。」ということで、今の阿波踊りより多種の踊りがあったことがうかがえます。

「明治期には良家の子女が振袖姿で三味線の腕前を披露して歩いた・・・」との記述がありますが、下の写真、確かに振袖姿の女性が写っています。多分この頃の写真だと思います。

その後、近代教育のため、姿を消し、大正期になると芸妓が中心になり、衣装も浴衣になり、名称も「徳島踊り」「阿波の(盂蘭)盆踊り」から「阿波踊り」に統一されたのも、この頃であったそうです。

一時衰退するも、昭和に入り御大典奉祝踊り(1928年、昭和3年)の盛況によって、観光資源としての阿波踊りの宣伝が始まり、戦後、神戸博覧会(1950年)へ招待されたことで「連」の結成が相次いだそうで、試行の末、現在のような姿になっていったそうです。

Img_20180815_0002_8

下の写真は以前紹介したかと思いますが、何となく素朴な感じを受けます。


Img_20180815_0003_2 Img_20180815_0004_2

阿波踊りといえば、全国の人が楽しみにしているイベントで、まだまだ混乱は続くようですが、昔の姿、歴史を辿りつつ以前のように全員一丸となり、活気ある「阿波踊り」になれば良いのですが・・・・



2018年8月10日 (金)

「長崎おきあがりこぼし展」~長崎歴史博物館他

Photo_2

今日は、長崎歴史博物館へ調べもの。

玄関に入ったとたん、お人形さんがズラリでビックリしました。
人形は、「会津の縁起 起き上がり小坊師」。縁起の良い、会津最古の民芸品だそうです。右は紙製かな?に絵を描いたもの。

Photo_4 Dsc_0953

なんのイベントかと思ったら、「長崎アートプロジェクト『ナヘア』(ナガサキ平和アートのプロジェクトの通称ネーム)」の主催みたいで、ほかに「キッズゲルニカ」「アートストリート」「折り紙再生画用紙子ども絵・書」「ナガサキ平和音楽祭」「フォトグラフ」「生け花」「茶道」も展開しているみたいです。

なお、この「おきあがりこぼしプロジェクト」は「2013年ファッションデザイナー、高田謙三さんの呼びかけで、フランスのアーティスト(アラン・ドロン、ジャン・レノンさんなど)に福島県の伝統民芸品である『おきあがりこぼし』に絵付けを行ってもらい、この活動を通して震災や事故に揺れる現地への理解や共感をフランス社会に求める運動としてはじまったものです。」だそうです。

ご存じ、さいとうたかおさんの「ゴルゴ13」。オリンピックメダリストの「セルゲイ・ブブカ」の作品。

Photo_5 Photo_6

チェルノブイリでは不幸な事故が起こりましたが、そのチェルノブイリ博物館副館長、アンナ・コロベフスカさんの作品、防護マスクを付けていますが、怒っているような感じ。
バロン元吉さん「柔侠伝」は愛読書でした。

Photo_7 Photo_8

ご存じ、「深夜食堂」の安倍夜郎さん。知らない人がいない、鉄腕アトム。左の女の子がカワユイ。

Photo_9 Photo_10

田中満智子さんの作品。思わず「LINEの交換しませんか?」

Photo_11

三つ星レストラン「ポール・ボキューズ」のオーナー、ボキューズさんの作品。昔は、良く食べに行きました。今では、回転寿司ばかりですが。
女子柔道チャンピオン、谷本歩実さん。試合では厳しい顔をしていますが・・・・


Photo_12 Photo_13

植木まさしさん。「コボちゃん」。子どもが好きな漫画でした。
いわずと知れた、新田たつおさん。ハードな感じにバラの花が良く似合う。


Photo_14 Photo_15

小島功さん。さすが大人の色気。またもや「LINE交換しませんか」

Photo_16

有名、無名な方の作品も交じって、楽しいイベントでした。

なお、「おきあがりこぼし」は、「原爆資料館」「浜屋百貨店7F」「石丸文行堂6F」でも開催しているようですが、各々開催期間が違っているので、確認して見に行って下さい。






2018年6月 4日 (月)

「大相撲あれこれ」え!ホント!

Dsc_0369

相撲の番付表ではなく、古今東西、神代の昔から明治時代までの有名な力士を紹介したものらしいのですが。

左の一番端「思兼命(おもいかねのみこと)」。この方、天照大御神が天岩戸にお隠れになったとき、一計を案じ天照大御神を引きずり出し、知恵の神様として有名なのですが、相撲と関係あるのかな?

「吉田追風」。「行司先祖」と書いてありますが、相撲の基礎を作った、「吉田司家」。昔は、大関が最高位だったのですが、「横綱」を考案し、横綱免許を与えていました。


Photo Photo_2

「不知火諾右衛門」と弟子の不知火光右衛門が「不知火型」を考案したそうです。

「此年ヨリ大相撲年より貮度二定マル」で、「享和元年」から1年2場所になったようです。


Photo_5 Photo_7

「天正十五年四月豊臣御前角力(すもう)三十六番ノ内重(おも)なる勇士」ということで、加藤清正、福島正則、蜂巣賀、石田三成等の名前が見えますが、下がお抱えの力士になるのでしょう。相撲を楽しんだ様子がうかがえます。

Photo_8

さて、地元、長崎の力士を調べたらあまり載って無く、平戸の「生月鯨太左衛門(いきつきげいたざえもん)」がありました。

で、横を見たら「ウェフスター」ってあるじゃありませんか、思わず、え!ホント!と思いました。「(明治)二十年大坂来ル 米国」になっています。現在、外人力士が多くなっていますが、明治時代にすでに外人力士がいたのかと思ったら、興業でレスラー(西洋相撲)として来日し、その後一人残り、花相撲などへ登場したそうです。詳しくは→こちらをクリック


Photo_12

ということで、他、長崎県出身の力士を捜したのですが・・・・「玉垣額之助」など、柏戸と相撲界を二分した力士もいたのですが、残念ながら載っていませんでした。

2018年5月 3日 (木)

2018「上塩浜の鯉のぼり」~雲仙市千々石町上塩浜

Photo

もうボチボチかなと思っていたら、今日から「鯉のぼり」が飾ってありました。千々石は上塩浜自治会の皆さんの鯉のぼり。今年で五回目だそうです。

三月の「観櫻火宴」でも、海岸にズラリとキャンドルを並べ、私たちの目を楽しませ、長崎新聞にも載りました。冬はクリスマスのキャンドルイルミネーション。地蔵祭りと年間を通して、みんなの目を楽しませてくれます。

よく集まったもので、青い空に鯉のぼり、どういう訳か川にもプカプカと、と思ったら、水の中にも鯉のぼり。もっとも「鯉」だから、川の中にいるのは当たり前かな、と妙に納得。アイディアものですね。


Img_4124 Img_4129

本物の鯉も一緒に泳いでいたとかで、写真を見せてもらい、私も粘りましたが、残念でした。鯉が逃げないように、川の中で大変ですね。

Img_4131

今年の「目玉」だそうです。初登場の「上塩浜 はまっぺ」。

Img_4157

左側に由来が書いてありますが、魚釣りが好きで、毎日のように、上塩浜の海岸を掃除しているおじさんをモデルにした、自治会独自のキャラクターだそうです。小学6年生(当時)が考えたものだそうです。
右の写真がモデルのおじさん。毎日、お掃除ご苦労さんです


Img_4156 Img_4161

大きな鯉のぼりが置いてありますが、人が乗っても大丈夫。若い女性が二人乗ってもビクともしません。お二人の体重の合計80㎏、年齢も合わせて45歳だそうですが・・・bleah
子どもさんを乗せて記念写真を撮ると、良い思い出になると思います。


Img_4159

ところで、帰りがけ山手の地区を見ていったら、鯉のぼりが、ほとんどありませんでした。いつもなら、何本かは翻っているのですが・・・進む少子化を実感します。

Img_4164 Img_4168

子どもが少ない中、昔みたいに子ども同士が遊ぶ機会が少なくなりました。子どもを巻き込んだ、地域のあり方を考える時期だと思うのですが、上塩浜の大人同士の結束が、良い子どもを育てていくと感じました。

Img_4136_2

連休中、雲仙、小浜方面へ行かれる方、途中ですから是非見て下さい。川の中の「鯉のぼり」って、日本ではここだけのようで(多分)、楽しいですよ。6日が雨が降りそうなので、5日に片付ける予定だそうです。


2018年4月23日 (月)

2018 諌早神社「春の流鏑馬」~長崎県諫早市

Photo

日曜日、諌早の本明川の河川敷で諌早神社主催の「流鏑馬(やぶさめ)」があり、天気に恵まれすぎ、暑い、暑い。
時間を間違え早く着きすぎたので、少しブラブラと、お馬さんカッコ良いですね。すらっとした足。カミサンの足と比べれば・・・・

Dsc_0132_2 Dsc_0040

「唐揚げ選手権最高金賞受賞」ってあるんですね。
今日の流鏑馬は、長崎と武雄の方だったかな?確か。

ずらっと並んでいるのは、流鏑馬体験の申し込みです。私も並んだのですが、「子ども優先」ですって、で、「私、精神年齢は子どもです」、と言いましたが、大人の方も、体験できたみたいでした。

Dsc_0027 Dsc_0013

どちらもカッコ良いですね。左の写真「顔はいいから、後ろだけ」とお願い。美人でしたけど。武者姿の方は本格的でいいですね。

Dsc_0032 Dsc_0036

対岸を見たら、ずらっとカメラの放列。飛び石の左側に「諌早神社」があります。昔は「四面宮」。雲仙の温泉神社の分社。他に千々石、吾妻町、有家の「温泉神社」も同じ分社になります。この、「諌早神社」については後日書こうとは思っているのですが・・・・

Dsc_0029 Dsc_0078

そのうち、神事があり、巫女さんの舞ってのは厳かで良いですね。

Dsc_0044 Dsc_0074

祝詞奏上のときは、お馬さんも人間と一緒に低頭していましたが、お利口さんだな。皆さんも見習いましょう。

Dsc_0047

さて、しばらくすると、ドドドと馬の駆けてくる音、来たかと思ったら、なにやら書状を持っていて、「殿、大事でござる」という感じ。多分、馬場を清めているのだと思いますが。

Dsc_0117_2

そのあと、5名ばかりの流鏑馬がありましたが、見事、全的中。まあ、とにかくカッコ良かったですね。

Img_e4088

演技が終わったあとは、「やぶさめ体験」で、最初に弓の練習。

Dsc_0135_2 Dsc_0148

あとは、実際馬に乗って的を狙って撃ちますが、これだけ付き添い人がいると、まあ、当たりますね。

Dsc_0156

諌早方面には、干拓の里に馬事公苑があり、乗馬クラブもあるので、私も、とは思いますが・・・・歳なので・・・・・

スタッフの方は大変みたいでしたが、次回も楽しい「流鏑馬」をお願いします。皆さんも、是非お越しを。すごい迫力ですよ。




2018年3月31日 (土)

2018「観櫻火宴」~雲仙市千々石町

Dsc_0246

昨年の「観櫻火宴」は寒くて、桜も咲いてなかったのですが、今日は桜も満開状態で、良い天気に恵まれてのイベントでした。

まずは、橘神社で「元服式(この春中学校入学予定の子ども)」。ちゃんと刀もさしてますね。


Dsc_0006 Dsc_0021

会場が福石公園に変わって、最強軍団VS極悪軍団。スポーツチャンバラとはいえ、本気で殴るので、極悪軍団のかわいそうな事。

Dsc_0045 Dsc_0053

悪役軍団の方には、自前の鎧、兜での方もいるとか。

Dsc_0060_2

今年、千々石ミゲルの墓所と考えられる場所の発掘で話題になりましたが、そのミゲルがヨーロッパに行った寸劇。

神社で元服式を迎えた子どもの「元服立志式」。一人一人、名前と将来の希望を述べます。今年は、弁護士とかお医者さんとか、意外と志が高い子が多かったようです。ただ、財務省理財局長になりたいと言った子はいませんでした。


Dsc_0069_2 Dsc_0077_2

千々石中学校吹奏楽部による「御神楽」。多いときは10名ばかりいたのですが、今年の入学生が吹奏楽部に沢山入ってくれるのを願っています。

Dsc_0094

今年初めての出演。「総合武術真延流」の演技。カッコ良いですね。

Dsc_0122

出陣式に先だっての「肥前千々石鉄砲隊」。すっかり、定着しました。最近は、県外からの要請もあり、あちらこちら出演に出かけているそうです。

Dsc_0156

上塩浜の皆さんの応援のキャンドル。最初は少しでしたが、段々増え、すごい数の灯火になり、ビックリしました。これなら観光客もよべるな、という美しさ。

Dsc_0128

いよいよ、橘樹神社へ向かって、いさ出陣。

Dsc_0177 Dsc_0211

一足先に橘樹神社に行ったら人が一杯。夜店には農具がずらりと並んで、やはり、田舎だナ。夜桜も今も盛りと見事でした。

で、一番上の写真。無事、神社会場に到着。


Dsc_0226 Dsc_0227

今年も無事終わりましたが、実行委員会の皆さん、各種団体、機関、ボランティアの方のみなさん、お疲れ様でした。また来年も楽しみにしています。


2018年3月19日 (月)

ぶらぶらと&2つのお知らせ



Dsc_0250

昨日から彼岸の入りで、今日は「春の彼岸会法座」がお寺であり、ありがたいお経をあげ(意味は分かりませんが、分からないところが、ありがたい)、福岡からの講師のお話を拝聴し、少しは人間性が上がったかなと。

その後カメラを持って、どこか行こうかと思っていたら雨。で、昨日、天気が良く写真を撮っていたので、橘神社付近の情景を。

上の写真は橋の上から、撮ったもので、ここ全部咲くときれいなんですが・・・

下は橘公園の「桜開花基準木」ですが、TVに出てくるように、気象庁の方がきて開花宣言をするわけでも無く、私が見て、まだまだのようなので、開花宣言はしません。

全体的に見て、このまま暖かい日が続くなら、早ければ今週末には満開、少なくとも月末には。と、思います。多分。責任は持ちませんが・・・・


Dsc_0251

境内から、海の景色。電線が邪魔!ですが、花祭用の電線です。

狛犬の口の中の玉。良い仕事してますね。どうやって、彫っていくのでしょう?ついつい手を出しましたが、勿論とれません。


Dsc_0234 Dsc_0237

中学校の設立50周年の記念碑。「勉勤実誠」ではありません。「誠実勤勉」です。後ろをみたら、「第19回生卒業記念」がありましたが、上になにがあったのかな?私、ここの卒業生ではないので、分かりませんが。

Dsc_0264 Dsc_0261

いつも散歩の時、学校玄関の掲示板を見ていきますが、今回はえらく書体、絵が変わっていました。「挑む」。良いですね。若いとき、私も随分多くのことに挑んできましたが、「挫折」ばかりでした。

Dsc_0266

さて、今月3月31日、例年の「観櫻火宴」ですが、ポスターはクリックすると大きくなります。段々、大きくなったきたイベントですが、今年も遠くから団体でやってくるそうです。皆様も是非お越しください。

Img_20180319_0001_2 Img_20180319_0002

こちらも例年の日米親善人形交流「~青い目の人形~リトルメリーと仲間たち」です。会場は島原城の島原城観光復興記念館。3月21日~4月8日までです。

なお、4月1日に同会場で、午前10時~午後1時まで「春うらら茶会」。親善人形の紙芝居、しまばら半島国際交流クラブの外国語で一緒に歌おうもあります。楽しいですよ。


Img_20180319_0003 Img_20180319_0004

と、春になってくるとイベントが多くなりますね。皆様もあちらこちら、出かけてお楽しみを。

私ですか、「花は咲けども 老いゆく我が身 ただトボトボと 極楽へ」と何となく、歳をとると侘しいですね weep 。



2018年3月 5日 (月)

「第20回有馬ひょうたん展」~南島原市北有馬町

Dsc_0096

今回で20回目を迎えた「有馬ひょうたん展」です。

え~、もう20回目かと思いました。私が、北有馬に勤務をしている頃、駐在所の巡査さんが、ひょうたんを作るのが趣味で、近所の方に教えていたら、あっという間に習う人が増え、第一回のひょうたん展を開き、それから20年。

Dsc_0027 Dsc_0118

最初は素朴なものが多かったのですが、最近はこの透かし彫りが多くなったようで、これ、根気がいりますよ。

Dsc_0030 Dsc_0034

大ひょうたんに、右のようなものも出ていましたが、ひょうたんの品種か、細工をしたのか、良く分かりません。

Dsc_0108 Dsc_0062

透かし彫りで、左は前にツツジが彫ってあるので、諫早の「眼鏡橋」。右は、多分「島原城」かな?

Dsc_0074 Dsc_0075

小さなひょうたんで作ってありますが、ひょうたんのツルの先に、小さいひょうたんが成るそうです。

Dsc_0103 Dsc_0104

ご近所のケーブルテレビのカメラマン。

Dsc_0105 Dsc_0099

こちらは、芸術派で、竹久夢二、右は黒地に金で優雅な感じ。

Dsc_0043 Dsc_0063

左のひょうたんは、自然に曲がったのか、意図して曲げていったのか?右は、絵心がないと描けません。

Dsc_0097 Dsc_0120

なにやら、ぶら下がって見えますが、全部、小さなひょうたんを使っています。

Dsc_0123 Dsc_0124

で、「全日本愛瓢会」というのがあって、名誉総裁が秋篠宮文仁親王。昨年の展示会が岐阜県で開催され、下の作品は「名誉総裁秋篠宮賞受賞作品」、特に矢印の作品が、「名誉総裁秋篠宮賞 金賞」を取った作品。これ、すごかったですよ。作った方に聞くと半年かかったそうです。

Dsc_0092

この彫っていったところ、審査員の話ではこれ以上小さくは彫れないだろうといわれたそうです。

Dsc_0079

帰りがけ抽選があって、わたしも大当たりで、いただいてきました。この瓢箪に塗料を塗って、乾かして、別の色を塗って又乾かして、これを何色か繰り返し、目の細かい紙やすりで適当なところを削って行くと、下の色が出てきて、右のようになるそうです。

Dsc_0128_3 Dsc_0042

ぶらりとしていれども瓢箪は ひょうげて丸く世間をわたる 身は棚借(たながり)の気散じは 月雪花の酒(ささ)機嫌 内で楽しみ そして又 胸にはしゃんと〆(しめ)くくり



2018年2月27日 (火)

「ヴァチカンと有馬」展★有馬キリシタン遺産記念館~あれ?この絵なに?

Photo

先日から、南有馬町のキリシタン遺産記念館で、「世界遺産登録推進特別企画展『ヴァチカンと有馬』~長崎と天草地方の潜伏キリシタン関係遺産~」、という企画展をやっておりました。

世界登録遺産を目指しての企画展でしょうが、少し展示品が寂しかったかなという感じでした。世界遺産を目指すなら、もう少し目玉になるのが欲しかったかな?

で、その中で、下の展示品、「有馬・島原から送られた奉投書」と言うことで、説明によると「1619年、教皇パウルス5世は迫害に苦しむ日本人信徒に激励の手紙をだしました。
この書は、その返礼として島原半島の信者代表12名が署名をしローマへ送ったものです。(中略)信者の代表の一人であるパウロ内堀作右衛門は、かって日野江藩主であった有馬直純の旧臣で、寛永4年(1627)に雲仙地獄で最初に殉教を遂げた人です。」となっており、この書状を見ると、イヤに汚れているな、と思ったのですが、よくみると・・・・

2

全面、色が塗ってあり、所々に絵が描いてあります。左は真ん中の所。枯葉みたいです。右も同じくの感じ。他に倒れそうな杭が描いてあったりで、なんとなく荒涼とした感じです。上の写真、赤丸はラテン語で書いてあります。

3 Photo_2

一番気になったのが、下の写真の部分。日本の石垣なら、石を積んでいるはずなのですが、コンクリートで固めたような感じ。このため、自分だけかもしれませんが、なんとなく西洋画の印象を受けました。

この前、山田右衛門作(天正3年《1575》?~明暦3年《1657》)の事を書きましたが、山田右衛門作は、ポルトガル人に南蛮画を習い、有馬直純(慶長19年《1614》に日向延岡に移封)、松倉重政、松倉勝家に仕えていたそうです。

字が邪魔にならないように絵を描くというと、かなりの技量が無ければ描けないでしょう。

ガイドさんと話をしていると、上に書いたパウロ内堀ではないかと言うことですが、両方とも有馬直純に仕えていますから、ひょとしたら絵を習っていたのかもしれませんが、1,2年習ってもこの広さの紙に、字が邪魔にならないように下書きをするのは無理でしょう。残念ながら本物で無く写真のレプリカで、しかも、展示ケースの中ですから良く確認はできませんでした。

Img_3545

で、家に帰って思い出したのが、大正3年初版、昭和2年に第3版が出版された、「増補・改訂 切支丹史料集~對外資料寶刊行會発行・永山時英著」。見てみると同じように、「元和三年のジュピレオに際し法王パオロ5世(パウルスの間違いか?)の下したる罪障全赦の喩文い對し元和七年長崎の信徒等の呈したる奉答書」

説明によると、「本書も亦十八圖(注:有馬・島原から送られた奉答書)と同じく一千六百十七(注:島原・有馬とは年が違うみたいですが、ママ)法王パウロ(ママ)五世が信徒に下したる喩文に対する奉答書にして、金泥にて模様を散らし描きしたる鳥子紙に認めあり、・・・」

と言うことで、本では白黒写真でよく分からなかったのですが、金泥で模様を描いているのですね。確かに島原・有馬の奉答書も良く見ると金泥みたいです。

Photo_3

図柄が樹木だったり、右の赤丸印は船の感じで、長崎を現しているのでしょうか。

4_2 3_2

ただ、長崎の分は日本画風に書かれています。

有馬・島原の奉答書の下書きの絵を描いたのは誰でしょう。なお、文はラテン語が入っていますから、この時代、当然ラテン語ができるのは神父さんに限られます。ガイドさんに質問すると、この時代、口之津に中浦ジュリアン(天正遣欧少年使節の一員、穴吊の刑にて殉死)が滞在していたそうですが、ひょっとしたら、と言うことでした。絵を描いたの中浦ジュリアンかな?

いろいろ調べたのですが、この方面の研究は皆無でした。




2018年2月 9日 (金)

第12回「雲仙市美術展覧会」~雲仙市吾妻町吾妻ふるさと会館


Photo

今日から12日(月)まで、雲仙市美術展が開催されたので、少し覗いて見ました。

挨拶はとにかく良かった。短くて。あれ、長いとうんざりするし、心に響かないし、覚えきれないし。ちょうど良い長さでした。

ところでですね。最近、テープカット、卒業式、成人式、選挙活動など見ていると、皆さん白手袋をしてらっしゃいますが、あれ、何のため?白手袋をしなければならないほど、皆さんの手が汚いのかな?

式が終わると、上の写真、右下の写真のように、各部門、解説がありますが、先生方、ポイントを押さえ、私のようなド素人にも分かるように、お話がありました。漠然と見より良いですね。

Photo_2 Photo_3

どこかと思ったら、千々石から小浜の汽車道のトンネルですね。この狭さ、昔の汽車の大きさでは無く、小ささが分かります。なお、車で通るときはご注意を。3ナンバー同士はギリギリです。時々はバスも通って、お手上げです。

2

猫人気に押され始めたワンちゃん。右は、どこかで見た所なのですが、看板のレトロなこと。

Photo_4 Photo_5

書道はまったく分かりません。読み方は横に書いてありますが・・・

Photo_6 2_2

昨年、新聞などで話題になった、「千々石ミゲル墓所発掘調査パネル展」。時間が早かったせいか、誰もいませんでしたが、墓所発掘が時系列でよく分かるように展示してあります。

Photo_7 2_3

プロ方か、セミプロの方か、はたまた高校生かよく分かりませんが、

Photo_8

よく、ここまで書き込んだものです。

2_4 3

こちらも、良くできたデザインで、デザインは初期と違って、随分うまくなりました。

4 5

と、鑑賞しながら、やはり写真にせよ絵画にせよ、女性モデルのが一番良いですね。とにかく、モデルさんは美人を使うから。

2_5 3_3  

4_2 Photo_9

ウチのカミサンも美人なら、モデルにして洋画でも描くのですがネ。

残念な事に、雲仙市には、きちんとした美術館、博物館がありません。今回の会場も、ふるさと会館のホールでした。どうかしたときは体育館、公民館を使いました。

雲仙市にも、釧雲泉とか、栗原玉葉とかいて、今日の市展も良いのがたくさん出品されているのですが。小さくとも良いので、欲しいですね。まあ、田舎だから要らないという、議員さんとか、行政上部の考えかな。



より以前の記事一覧

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ