キリシタン関係

2017年2月28日 (火)

「隠れキリシタン像」???

Photo

以前、隠れキリシタンの像ではないかと言われている像を紹介しましたが、一番上が小浜の山の中にある像→
記事はこちらをクリック 
もう一つが下の口之津の像→
記事はこちらをクリック

で、今年になって同じような像を見てきたので、ご紹介を。


Photo_2 

口之津町にある、神社の本殿裏の右手にありました。

Dsc_0981

こちらも口之津町にある神社にあったものですが、風化するので、現在、保管しているもの。首が無いのは廃仏毀釈によるものだと思われます。この神社には、他にも首のない石仏がありました。


Img_1045

3番目の像は同じく口之津町の神社の右手にありましたが、左手にも同じような石祠があり空で
、多分、盗られたか廃仏毀釈の時、壊されたかでしょうが、片方が完全無事というところを見ると、盗まれた可能性が高いみたいです。

向かって右に「平成六年八月二十七日建立」とあります。
祠は祠自体が神様と祀られるもの、神様を祀るために祠を作るものがありますが、前者は内部が浅く、「○○大神」とか「○○神」などと書いてありますが、この祠は内部が深く文字も見当たらないので、多分、石仏が祀ってあったものと思われます。ということを考えると、盗まれたような気がします。近所に、お年寄りを探したのですが、残念ながらみあたらず不明です。

なお、石仏がある石祠には、大正七年旧十月十日の文字がありましたが、この時に石仏がすでにあったのか、石仏も一緒に彫られたのかは不明です。

右の祠は、首が取れた石仏があった祠です。

Dsc_0977 Dsc_0937


一番上の石仏は右手に宝剣、左手に羂索(けんさく)みたいなのを持っているのを見ると、不動明王かと思われますが、専門ではないので・・・

どれにも「翼」がついているのがわかると思います。
こちら地方では「潜伏キリシタン(禁教時代にキリシタンを守った人)熱」が高く、何かというと「潜伏キリシタン」と結びつける傾向があり、「翼」は天使の「翼」ではないかと。

「翼」というと、天狗さんも翼があり、秋葉神にもあるので何とも言えません。郷土家の方に聞くと「分かりません」でした。この方面の研究は本格的には進んでおらず、まだまだ、「翼」を持った像があるようですが、全国的な分布、島原半島内における分布調査もされておらず、まだまだ謎の石仏です。



2017年2月21日 (火)

「原城落城のとき」~南島原市原城図書館&講演会「島原・天草一揆と『天下泰平』」

Photo_2

2月15日より3月20日まで「原城落城のときー禁教・潜伏への道のりー」という事で、「南島原×西南学院大学博物館連携特別展」が開催。

合わせて、先週の土曜日、特別展関連公開講座「島原・天草一揆と『天下泰平』」という題で、熊本大学文学部付属永青文庫研究センター長・稲葉継陽氏の講演会が開催されました。

展示は、古文書、絵図、キリシタン制札、隠し十字架等。その中でも、「四郎の首をとった男ー陳佐左衛門」の報告書。これについては、他の本にも書いてありますが、自筆の報告書になります。写真撮影はNGなので、文章を読むと

    覚
一 廿七日ニ二の丸東之塀うちニ付き、則塀を越
   申候、此証拠人谷助大夫にて御座候事、
一 廿八日ニ本丸ニ乗首を三つ打取申候、内一つ
   ハ四郎首にテ御座候、以上、右之通付、相違無御座候・・・・

という文面になります。

チラシの武者は「天草四郎」ですが、明治7年に製作された版画になります。ですから、あくまで想像図になりますが、目元涼しく、天草四郎といえば美男子という観念がありますが、例えば、歌舞伎の元祖「出雲阿国」も美女、と思われていますが、「當代記」を読むと「・・・・出雲國神女、名ハ国、但非好女」とあり、「いい女ではなかった」と。ですから、あまり固定観念にとらわれないことが大事ですね。もっとも、お国さんに振られた腹いせに「非好女」と書いたのかもしれませんが・・・・

さて、講演会は参考になり、前に書いたように、「鎌倉幕府は1192(いいくにつくろう)年」はすでに否定され、「聖徳太子」さえ、いなかったとの話もあるようで、私たちは何を習ったのだろうという感じです。

以前は「隠れキリシタン」と言っていましたが、現在は江戸時代の「潜伏キリシタン」。禁教が解かれてからも、祖先の教えを守り、教会に戻らなかった方を「隠れキリシタン」というのが定説になってきています。

同じように、前は「島原・天草の乱」と言っていましたが、現在は「島原・天草一揆」。「乱」は戦前の「皇国史観」の考えで、天皇を中心として反乱を起こしたものだそうです。

「一揆」という言葉自体も、その時代には使われてなく、戦国時代前後では形態が違うそうですが、「近代歴史学の研究上の概念に過ぎない。」だそうです。「強訴」「徒党」と呼ばれたそうです。

「一揆」の形態も戦国時代前後では違って、現代の研究では江戸時代の一揆が3700件認められるそうですが、年貢に関する訴状などを提出し、百姓方は武器は使用しなく、百姓が武器を使用しない限り、武家方も武器は使用しなかったそうです。

武器といえば、豊臣秀吉の刀狩がありますが、これも「豊臣秀吉の刀狩令は百姓の武器解除を実現せず、江戸時代の百姓は刀、鑓(やり)、鉄砲等の各種武器を所有しているのが当たり前であった事実(藤木久志『刀狩』)・・・」だったそうです。

その後も、「百姓からの大規模な武器没収政策が実施された形跡は、江戸時代を通じて、ただの一度もない事実である。それでも『今度のような一揆』は幕末までついに起きなかった。」ということです。

ですから、大規模に命をやり取りした一揆は「島原・天草一揆」が最後になるわけです。

話はまだあるのですが、到底書き尽くせないので、ここらでやめますが、「島原・天草一揆」には「百姓一揆説」、「キリシタン説」、「関ケ原残党説」等ありますが、話を聞きながら、固定観念を捨て、頭を空っぽにした状態から調べなおす必要があることを感じました。


(内容については講義、レジメを参考にしましたが、分かりにくかったと思います。
 あとは、自学自習で調べてください。くどいですが、固定概念を捨てて。)




2016年9月20日 (火)

「有馬の地の小浜で見出された聖なる十字架について」~雲仙市小浜町

Img_20160920_0002

上の本は、一人の作者ではなく、複数の研究者が、「『文化交渉史の舞台』の問題点を見出し、アプローチをした論集である。」という本です。

この中に、山口敦子氏(三重大学人文学部准教授)の論文の中に、「ヨーロッパの図書館・文書館の長崎関係キリシタン資料」があり、海外の図書館・文書館には日本のキリシタン関係の古文書が多く残され、いま、徐々に公開されつつありますが、それについて言及したのもです。

その中で、「日本で奇跡的に出現した十字架」というのがあり、これについては、フロイスの「完訳フロイス日本史11」(中公文書・大村純忠・有馬信編Ⅲ第88章第三部三章)のなかで、詳しく書かれています。長いので、簡単に書くと、1589年の降臨祭の折、ミゲルというキリシタンに、父リアンが降臨祭のために薪を取ってくるように命じます。

ミゲルは木を切ってきて、薪にしようと真っ二つに割ったところ、「割られた部分が二つに分かれた時に、彼はその一つの中央部に半パネル以上の長さの十字架が見事に形作られているのを見たが、その樹木はもともと全体がきわめて白いのに、十字架の部分は赤と黒の中間色であった・・・割られた片方の部分に目をやった。すると、そこにも同じようにもう一つの十字架が刻みこまれているのを認めた・・・・」(フロイス日本史)という事です。

なお、山口氏よれば「バレト写本」にもあるそうで、調べてみると、「キリシタン研究 第七編」の「日本にて奇跡的に出現したるクルスの物語」として、

「ゼズスの御出世以来、一千五百八拾九年目 日本天正一七年霜月ゼズスの御誕生日なり。
その前の日、有馬修理の大夫晴信公ドン・ポロタジオの領内高来郡の中に小浜という所に、稀代不思議のこと出で来たり、その所に一人の老翁あり、その名をばレアンという、その翁にミゲルといふ二十歳の子あり、・・」と、フロイスの中身とほぼ一緒です。

なお、岡田章雄の研究によれば(キリシタンの奇蹟ー柿の木に現れた十字架ー)に、「この一五八九年の小浜での奇跡以降、一五九二年に大村喜前領福田、一六一一年に肥前大村郡村、一六一二年に長崎郊外、一六一三年に浦上、一六二六に大村で、小浜と同様に木の中から十字架が出現したという記録がある。」という事で調べたら、「キリシタン研究 第六鯿」、「ディエゴ・デ・サン・フランシスコの報告書」に

「・・・大村領で或る百姓が薪にするた木を割っていた時に、木の中心にタイトル(訳注・十字架にあるJ・N・R・Iの文字)のある二つの同じ十字架を発見した。その大部分が死・喪・悲しみを表わす黒色の十字架であり、残りの大部分は殉教の酷しさを表わす灰色で、一部は(その十字架を)与えられる人の勝利の徴しの白色であった。・・・」

で、その十字架です。川口氏によれば、「ところで、イエズス会ローマ文書蔵の
Jap.Sin文書の第23集に、この奇跡の十字架ではないかと思われる絵がある。」

「これが小浜で出現した十字架と同一のものかは分からないが、共通点は多い。・・・濃褐色の十字架を内蔵したした白木の断面であるように描かれているが、これはバトレ写本および『日本史』で描写された十字架とそれを内蔵する木の特徴と一致する。絵の下半分が失われているので十字架の縦木の長さは分からないがカルワリオ十字の横木(INRIの表徴)の長さが十字架本体の横木の半分の長さであるという『日本史』の記述とあっている。また、『aparcco em Japao」(Japaoの「a」の上には「~」が付きます。)とあり、これは「日本で出現したという意味だそうです。

上に薄く書かれた文字については上記の通り、「これが日本で出現した十字架を描いたものであることがわかる。」と説明してあります。


Img_20160913_0007
     
      (「長崎東西文化交渉史の舞台」より)

さて、これが本当の奇蹟なのか、自然的なものなのか、人為的なものであるかは現物がないので謎ではありますが・・・・



2015年12月12日 (土)

「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の五(おしまい)

Photo

Photo_3

長い文書なので、二つに分かれています。PC画面を、そのままコンパクトカメラ

撮っているので、見にくいと思いますが、バチカンにある「口之津連判状」で

す。


あちらこちら調べること一カ月あまりでしたが、ある日、ネットで調べていると、「N

T DATA」の所に、「バチカン教皇庁デジタルアーカイビング」というのがあり、

こちらを→クリック


バチカン教皇庁図書館の約3000冊の手書き文献を、4年間でデジタル化する

ためNTTデーターが参加しているそうで、将来的には約8万冊、約4千万ページ

をデジタル化するそうです。その一部が現在ネットで公開され、その中に、この連

判状が公開されています。


クリックした後、上の方に「代表的な文献」がありますからクリックすると、9つば

かりの文書が出ています。「口之津のキリシタン教徒の連判状」がありますから、

それをクリックし、「閲覧する」をクリックすると、表紙から中身まで、上の写真の

ようにみることができ、拡大、縮小出来ますから、文字の細部まで見る事が

き、また、裏側から見た部分も見る事が出来ます。


あちらこちら、クリックしまく
ると、他の文書も沢山見られますが、日本のものは、

まだ、数点しかありません。


さて、この中に、この連判状が何故バチカンにあるかも書いてあり、解説を読む

と実にあっけないものでした。


「3段からなる封と署名付きの文書(かな、アルファベットでそれぞれ名を表記し、

さらに日本氏名を記載)。

折りたたまれた文書の中には、密着した一葉(22.9×211㎜)のドイツ語の翻訳が

あり、「J.loseph Dahlman S.J. 8 nov, 1923 with the collaboration of

Prof.Anesaki」とサインされている。

この連判状はイタリア人の学者かつ収集家および通訳、後に20世紀初頭の在

中国イタリア領事にもなるCav.Giuseppe Ros(1888-1948)によって京都の古物商

から購入された。そして彼の手によりローマ教皇の中国使節団である司祭

Celos Constantiniにもたらされた。その後、図書館かバチカン秘密文書館に保

存されていたが、1923年6月4日にバチカン図書館に納入された。

日本では、1614年徳川幕府の将軍がキリスト教信仰を禁止し、17世紀中頃か

ら250年の間キリスト教徒は自らの信仰を秘匿することを強いられた。この文章

は、最初の迫害(1597年の日本の26聖人の殉教死)の後、日本キリスト教徒

の信念を表している。」


ということで、この連判状が古物商経由でバチカンに行ったとは、夢にも考えて

なく、あぜんとしたものでした。


なお、松田毅一氏「キリシタン研究 第二部論攷編」によれば、松田毅一氏がこ

れを見たのが、1960年。「イエズス会員ダールマン氏の添え書きがあり、姉

教授の協力を得たとか、本年来訪された新村出教授が完訳されることを期待

る、と記されていたので」、日本の学会で発表がされたと思い込んで、すぐに返

却されたそうです。


なお、1970年にヴァチカン図書館を訪れた際、本書の閲覧と、写真版を入手し

たという事です。なお、「ダールマン氏によるドイツ語の解釈は誤って居り・・・」と

書いてあります。


こちらが、公開されている「ダールマン氏」の添え書きでしょうが、

Dsc03329

良く見ると、一番下の方に、新村とか、姉崎の文字が見え、ダールマン氏の署名

があり、「8 nov.1923」これが、解説にある「密着した一葉」で間違いないでしょ

う。

Photo_2

良く見ると「42」、「Kuchinohsu」の文字が読め、口之津の連判状の42名の事な

かな?ドイツ語、全然読めません。

2_4

さて、この公開された文書を拡大して見ていって、気になるのが

Photo_3

筆頭に書かれた人名ですが、「まん所 Mancio 峯彦兵衛」。


普通、連判状などには、上位の者から書いていくのですが、○印の所、最初は

食いかなと思ったのですが、ここには印影があるはずなのですが・・・全部虫

の所を見ていったのですが、このような形の虫食いはなく、何となく人為的

なもを感じます。


さて、今回で「口之津連判状」を終わりますが、私が興味を持ったのは、なぜ、こ

の連判状がバチカンにあるかということでしたが、これは解決。ただ、何のために

写真版にし、マリア観音の中に入れてあったのかは謎のまま残りました。

                            
                             (「口之津連判状」おしまい)






2015年12月11日 (金)

「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の四

Dsc03287

「口之津連判状(キリシタン文書)」については、其の三まで書きましたが、「有馬

キリシタン記念館」で見るだけでは、納得できない所もあり、「口之津民俗資料

館」の館長さんに、お話しを伺いに出かけましたが、この資料館、館長さんの説

明が分かりやすく、面白いのでひっきりなしの見学者で、伺った日は朝から4組

もの団体が来所されたそうです。


で、新聞を読みながら不思議に思ったのが、新聞記事の「展示品の『マリア観音

像』(高さ19㌢)内に連判状の縮小コピーを発見。・・・」とあり、この「コピー」にひ

っかかりがあり、連判状の「書写」を発見なら分かるのですが、コピーとはなんぞ

や?と観音像を見にいったら、観音像の中に入っていた連判状の縮小版が、上

の写真のように展示してありました・・・「書写」なら分かるのですが、まったく本物

の縮小です。ただ、「ネガ」状態ですが。とにかく、ビックリしました。


本来は下のような大きさなのですが・・・この画像、YouT
ubeでも見られます。

館長さんの話によれば、観音像を振ってみたところ、カラカラと音がしたので、中

を出したところ、この写真版が出来たそうです。


で、コピー機は最近出来たばかりだし、はやり写真版でしょうが、慶長時代まで

かタイムマシーンで行って撮ったのかなと、そんなことはないし。

Dsc03327

なお、マリア観音の出所は、根井浄氏の「浄土僧のキリシタン改宗施策~嶽南

風土記 NO16」によれば、「口之津歴史資料民俗資料館にマリア観音像を寄

贈されたのは長崎市在住のT氏。元々T氏の父親が古物商から購入されたもの

という、2008年1月17日付『西日本新聞』長崎版、2008年1月16日付『島原

新聞』(参照)。」となっており、館長さんも詳しいいきさつは聞かなかったという事

でした。(注:名前はイニシャルにしました)


さて、これから少し複雑になるのですが、根井氏の同書によれば、「昭和47

(1972年)、松田毅一博士が当時の島原歴史懇話会(会長宮﨑康平氏)の

催で講演されたおり(私も出席)、懇話会の皆さんに提供されたものと思われ

写真の複製とも思われる。」とあり、寄贈されたのが008年頃、口之津の館

さんが発見されたのが2008年。


ということになれば、松田毅一氏が長崎かどこかで見たのか、もう一つ考えら

るのは、同コピーが複数あったのか?これ以上は、残念ながら追い切れませ

でした。


いずれにせよ、長崎で写真撮影所を開業したのが上野彦馬で、これが文久2年

(1862年)ですから、この写真版はそれ以降のものだといえますが、誰が、何の

ために写真を撮り、マリア観音像のなかにいれたのか、いろいろ推理は出来るで

しょうが、謎のままでした。


さて、この連判状、この一通だけではなく、「イエズス会日本報告書 第Ⅱ期3

巻」、「1613年(慶長18年)長崎発信、ジョアン・ロドゥリーゲスのイエズス会総

長宛、1612年、日本年報」、「口之津の司祭館について」の所に、「・・・さらには

自らの生命を棄てても我らのイエズス・キリストの信仰は捨てないでいることを認

めた。この覚悟をたしかなものとするために、一枚の紙にすべての者が署名をし

た。最初は聖母マリアの兄弟会の信徒であった六十六名。またその他の者も一

人残らずこうして署名をし名簿を保管して、そのような試練の時が来れば、殿お

よび吟味役たちに見せることにした」。


また、同書、第二期第2巻、「セバスティアン・ヴィエイラのイエズス会総長宛、

1613年度(慶長18年)・日本年報」、「有馬およびその他、高来の地域にお

ける布教について」の所、「・・・聖ヨゼフの庇護のもと、ある信心組(コンパニア)

作られ、そこで誓いがたてられ、歯を抜かれようと、爪をはがされようと、どん

に残酷な拷問にたえなければならなくとも、燃えさかる炎のに投げ込まれると

ても、信仰も守り続けることが約束された。その内容を私はここに明確に記し

た。彼らが一つ一つそれらを認め、誓約文の中に盛り込んでいったからであ

る。」


また、同書に「彼らは、イエズスを裏切ることはしないという誓いを、墨でなく、指

から出した血によって各自、書き記したのであった。」


「信心組にまだ入ってなかった四十名の者は誓いを定め、自らの血をもって署名

し、イエズスの愛のために生命を捨てるつもりであることを率直に示した。」


とあり、「口之津連判状」の他に、これに類するものが、複数作られたことが分か

ると思います。


で、これらは読んで見ると、バチカンに送るためのものではなく、自分たちの信心

の確認のための連判状だということが分かると思います。


では、なぜ、「口之津連判状」だけが、バチカンにあったのか。答えは意外なとこ

ろから分かったのですが、手品の種明かしと一緒で、「な~んだ」になるので、種

明かしは、次回に。とにかく、これ分かるのに一カ月ばかりかかりましたから。

                                       (以下、次号)








2015年12月 9日 (水)

「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の三

5

前日の写真と同じで、申し訳ないのですが、赤丸の所、「常土(浄土宗)のちやう

老」と書いてありますが、これが幡随意上人のことですが、幡随意については、

下の機関誌に、根井浄氏(元龍谷大学教授)が「浄土僧のキリシタン改宗施策ー

運誉上人から幡隋意上人へー」、「有馬 島原に派遣された幡隋意上人『幡隋

意上人諸国行傳』」に詳しく書かれています。


読まれたい方は、南島原市教育委員会に問合わせれば、事務局を教えて貰え

と思いますので、興味のある方は一読を。

Img_20151208_0002_2 Img_20151208_0001

さて、幡隋意上人の成果について根井氏は「また文化八年(1811)年鷹矢純芳

『国乗遺聞』(巻五)は、やや潤色性があるとはいえ、北有馬日野江にあった観

寺(浄土宗寺院につき『白道寺縁起』に伝くとして幡隋意上人の動向を次のよ

に伝えるとして、長文なので、関係ある所だけをかくと


「我カ黨ヲ窮地セシムル者ハ、幡隋意ナリト恨ヲ上人ニ結ビ、数十人鉄砲ヲ提

ヘ来テ、道場ヲ囲ミ師ヲ害セント欲ス・・・」、と闘争ががおこなわれたみたいです

が、その後、幡隋意上人は「闘諍ハ僧門ノ業ニアラズ」という事で、「端座シテ合

掌ヲシテ十念ス」という事で、「此時邪徒等鉾ヲ倒(さかさ)ニシテ着座シ説法ヲ聴

聞シテヨリ、皆悪心ヲ翻シ、此宗ニ和シケルトソ・・・」と上手くいったようですが。


「耶蘇天誅記」によれば

「郡中所々ニ於テ、数日説法アリケレトモ、耶蘇ノ先入更ニ不転故ニ信心聴聞ノ

者無リシカハ、和尚モ恍惚果テ申サレケルハ・・・」とこちらは、失敗したように書

いてあります。


また、「肥前国有馬古老物語」には

「左衛門佐殿(有馬直純ー根井註)関東より幡随和尚という碩徳を申請、嶋中の

人員を集め、十七日説法談義成され候共、一人も信心聴聞する者これ無し故、

和尚仰せられ候は、何事を教化いたし候ても役たたず」と書かれているそうで

す。(根井浄氏~浄土僧のキリシタン改教施策・嶽南風土記より)


さて、西洋の記録は、探してみたら、レオン・パジェステの「日本切支丹宗門

史 上巻」、第十五章、1613年(慶長18年)の所「左衛門佐(注:有馬直純、有

馬晴信の子)は、やがて浄土宗の佛僧『幡随院』を政廳から連れて来た。彼は、

この佛僧に領内の住民を堕落させる任に當らせた。然し、一人として地獄の手

先の説教を聽きに來るものはなく、子供等は往來に來ると彼を馬鹿にするので

あった。・・・」


なお、パジェステは1814年(文化11年)生まれであり、この事を実際に見たこと

もなく、原典は?と思ったら、あれと、あれしかないんで、あれとは「イエズス会報

告書」か、神父の書簡類ですが、調べると、「十六・七世紀 イエズス会日本報告

第Ⅱ期・第2巻」、「六 セバスティアン・ヴィエイラのイエズス会長宛、一六一

年度・日本年報」の所に、「(有馬)ドン・ミゲル(直純)が政庁から連れて来た

僧(幡随意上人)の到来に生じたこと」のなかに


「・・・殿は皆が説教を聞きに行くように命じた。そしてたとえ何人かが(その命令

を)実行するために彼(の説教)を聞きに行ったとしても、それはその仏僧の愚か

な言葉を聞くためというよりも、(路傍では子供たちがしていたことだが)かれをか

らかい冷やかすためであった。・・・」


という事で、ほとんど同文で、特に子供の表現に関しては、ほぼ、「イエズス会日

本報告書」を参考にしたことが分かります。


で、幡随意和尚の努力は、あまり効果が無かったようで、もっとも、イエズ
ス会日

本報告書は、宗教的対立する宗教ですから、これは割り引く必要があります

が・・・・

                            (まだまだ続く、以下次号)








2015年12月 8日 (火)

「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の二

5_3

上の文書は、なぜ連判状が書かれたかの最後の決意の部分です。



今度常土のちやう老

下向ニ突而組中ニさまたけ

出申来者十類一命可

棒覚悟候この為証拠

てうすは阿てれひいりよす

ひりつさんと三ッのへるさう

な御方をたてまつり候仍候而

各件候

       右の人数四十二人

慶長拾八年      口津

 三月廿二日      備中

(松田毅一解読による)



「常土」は「浄土(宗)」、「ちやう老」は「長老」、「てうす」は「デウス」、「は阿てれ」

は「バアテレ・父なる神」、「ひいりよ」は「ヒーリコ・世に現れた聖なる子、キリス

ト」、「すひりさんと」は「スピリッサント・信仰に経験に顕示された聖なる精霊」、

「へるそうな」は、「知恵と意思を備えた独立を備えた独立の主体者に殉教を誓っ

ている。」。(根井浄氏~嶽南風土記16号)

要するに三位一体の事を言っているのでしょう・・・・と思います。


五野井隆史氏(東京大学名誉教授)によれば、有馬直純が江戸に発ったのが

1613年1月(慶長18年)、帰領したのが同年6月。「将軍秀忠に命によって浄

土宗の碩学幡随意上人も有馬に下向した。これは長崎奉行長谷川が人選した

ようである(モレホン前掲書)。前期『日本年報』は、直純が一仏僧を帯同して領

主のきりしたん教界を破壊するためにきた、という。・・・・注目すべきことは、江戸

神田の新知恩住職幡随意の下向が直純の参府後まもなく決定し、そのことが早

速有馬に伝えられ、口之津のコンフラリアの組もすぐに対応して、全員一命を捧

げて殉教することを決意したことだ。」


なお、東京大学「大日本資料 第十二編の九」の慶長十七年三月二十一日の所

に(訂正増補 日本西教史下第十四章)の部分に幡随意のことが書いてあり、

多分、「日本西教史」は、ジオン・クラセ著、太政官翻訳係のものだと思います。


「幕府、耶蘇教ヲ禁ジ、所司代板倉勝重ニ命ジテ、京都ノ耶蘇寺院ヲ毀タシメ、

又、旗下ノ士等の耶蘇教ヲ奉ズルモノヲ罰ス、尋デ、肥前日野江城城主有馬直

純、長崎奉行長谷川藤廣ニ令シテ、ソノ教徒ヲ禁壓セシメ、マタ、僧幡随意ヲ有

馬ニ遣シテ、教徒ヲ誨諭セシム」とあります。


また、藤原有馬家世譜には(島原半島史上巻~林銑吉著より)

「同(慶長)十八年癸丑六月、駿府より、有馬日野江城へ帰りたまふ、・・・此時

台命に依て、浄土の碩学幡随上人、九月有馬へ下向ありて、道場を設て、耶蘇

の愚民を化度し、従はざる者は公武威を以て、此を成敗し、封内頗平治す・・・」


このほかにも幡随意については、各種の資料に書かれているのですが、慶長十

七年であったり、慶長十八年に有馬に来たと書いてありますが、いずれにしても

の時代、慶長十八年三月には連判状が書かれたという事は、情報が如何に

かったのか伺えるところです。キリシタンの情報網があったのかな?


さて、この幡随意の活躍がどうだったのかは次号にて。

                                  (以下次号)

 


2015年12月 7日 (月)

「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の一

1

2_4

3

4_2

5_2

(「キリシタン研究・第二部論攷編~松田毅一著・口絵より・風間書店刊)


口之津のキリシタン42名が弾圧の中で書いた「口之津連判状」です。この文書

について調べてみると面白く、全体像は分からないものの、いずれまた調べるこ

ととし、一応分かったことを自分なりに「覚書」とし、書いてみることにしました。


なお、「連判状」は「口之津民俗資料館」と「有馬キリシタン遺産資料記念館」に

展示がしてあります。


上の写真のネガみたいのは、松田毅一氏が書いた、「キリシタン研究・第二部論

攷編」の口絵に載っていたもので、本物は新聞に載っているようなもので、縦

20㎝、横1m60程度の横に広いものです。

Photo

口之津民俗資料館に展示されたいきさつについては、新聞記事を要約すると、

資料館の館長さんが「マリア観音像」(高さ19㎝)をY氏から寄贈され、その中に

連判状の縮小コピーを発見。

松田毅一氏の著書に「バチカン図書館」で1960年、この実物を見たとあるのを

確認し、関係者を通し、バチカン図書館から複写画像と展示許可をもらったもの

だそうです。


ただ、本物の撮影はバチカンとの協定でNGです。上の写真は、その連判状の

しになります。これについても、後で述べます。


口之津資料館はお客さんがいつも多く、有馬キリシタン遺産資料館が静かに見

られるので、二回ほど行ってみました。実物(写真版)と一番上に載せている、ネ

ガ状のものは筆跡等、全く一緒のものでした。


連判状の中身は、最初の行に「組中 れん判」、その後、一番上に「洗礼名」。そ

の下に印影、竹を切って押印した○印が、3~4ヵ所。その下に洗礼名のポル

ガル語。この文字は、筆でなく、多分ペン字でしょうが、かなり、習熟した感じが

あります。五枚の紙をつなげ、赤○印が契印で4ヵ所。最後に、信仰を守って

いくとの決意の文章。


これを見ている時に、ふと、二つの疑問が湧いたのですが、一つは、この文書が

バチカン図書館にあるということで、日本からローマに送った文書で、信仰を守る

という文書が、コーロス徴収文書、コリャード徴収文書(これについては千々石に

も関係あり、調べている途中なので、後日紹介します)があります。

Img_20151206_0001

  (近代初期日本関係 南蛮資料の研究~松田毅一著)

上が「コーロス徴収文書、コリャード徴収文書」で、上の2段になっているのが、

大村からの文書ですが、右に(長いので写真が切れていますが)日本の状況、

信仰を守る旨等の事が書いてあります。この形式は、すべて一緒です。


「御主てうす乃御名誉の為又何国にても真の証拠阿らハれん為に左乃理を書記

す者也

一 此以前の事は不申及而内府様日本乃き里志たんたあてに対しへるせきさん

を・・・・・・」(近世初期日本関係南蛮資料の研究~松田毅一著)と文章が続き、

その後、署名、印か花押が続きます。


この、「口之津連判状」では、いきなり名前から始まり、最後に決意をする経過が

書いてあり、形式が違っています。


最初に「組中」となっており、普通は「ロザリオ組中」、「周防国岩国きりしたん」、

「有馬組中」等、どこかに書いてあるのですが、これについては、根井浄氏(元龍

谷大学教授)が、「連判の『組中』とは初期キリシタン信者の組織を示唆してお

り・・」と書いています。
   


さて、もう一点、あれ!と思ったのが、筆跡が非常に似た部分があること。

1 2 3

「るいす」(Lisu)という洗礼名が3名ほどあります。この「連判状」の筆跡につい

ては、根井浄氏によると、「・・・筆跡の鑑定はできないものの、個々一人ひとりに

よる署名とは考えがたい。清書された感じがあり・・・」(嶽南風土記16号~有家

史談会刊)とあります。


氏名については、42名中、姓と名があるのが35名、名のみが7名と、ある程度

上部の者と思われます。 

                                  (以下次回)


2015年9月19日 (土)

「サント・ドミンゴ教会跡」~長崎市

Photo

サント・ドミンゴ教会跡ですが、桜町小学校の一部にあります。昔は勝山小学校

で、小学校の統廃合で、桜町小学校になり、その折、校舎の建て替えで、発掘調

査で発見されたもの。


さすが、長崎で保存状態はバッチリ。近くの図書館とか、歴史文化博物館には

時々行っているので、ここの事は知っていたのですが、少し時間があったので寄

てみました。


入口になりますが、横の注意書き、タバコに携帯電話にペットはダメよ、と、英語

中国語、韓国語。日本語では書いてありませんが、日本人はマナーがいいです

から、マナーが悪いところのために書いたのでしょう。

Photo_2 Photo_3

この一体は、昔、大村藩がイエズス会に寄進したところで、

Photo_5

         (「長崎観光ガイドブック」より)

ここらに、「サンフランシスコ教会跡」、「山のサンタマリア教会跡」等ありますが、

人家があるために、発掘はできません。青丸が、サント・ドミンゴ教会。


なお、一番左の赤丸が、「イエズス会本部」があった跡で、その後、奉行所西役

所、海軍伝習所になります。現在は、県庁が建っていますが、県庁は移転を決

めているため、建物を壊しますが、多分、出るものが出るヨ。かも知れません。

なにせ、イエズス会本部があったところですから。発掘調査は勿論やるでしょう。


この、教会は京泊(現鹿児島薩摩川内市)の教会を解体し、長崎に運び建設さ

れたものです。土地は村山等安が寄進しています。


村山等安は、秀吉の許しを
得て、長崎の御免地以外の直轄地の奉行となります

(長崎は「御免地」を「内町」それ以外を「外町」と言います)。


教会は禁教令のため、他の教会と同時に破壊されます。その後、代官となる
「末

次平蔵」がこの土地に代官屋敷を建てます。わずか5年の命の教会です。


この、村山等安(東安・東庵等もあり)、末次平蔵については、下記の本は小説

がらも、当時の長崎の様子を良く捉えていると思います。興味のある方は御一

読を。

Img_20150919_0003

中の方も、よく保存され、

3

井戸の跡ですが15基発見されたそうです。後の代官、高木屋敷時代に使わ

たそうですが、代官屋敷の終わりと共に埋められたそうです。

Photo_6 2

石畳み、これも5ヵ所ばかり見つかったそうです。土杭(どこう)と礎石跡。教会時

代の土杭の上に、末次代官屋敷の礎石が重なっています。

Photo_7 Photo_8

地下室跡。ここから花十字紋の瓦等が発見されたそうですが、何の目的かハッ

キリしないそうです。当日は学芸員の方がいないので、ハッキリはしませんが、

受付の方の話では、穀物を貯蔵していたのではないかと。二列に並んだ排水

溝。

Photo_9 Photo_10

あと、十字架とかメダイもあったのですが、目を引いたのが、花十字紋の瓦。

Photo_11

これが、各種あって、なぜだかは不明だそうです。

2_3 Dsc03005

中を見て、この規模かと思ったら大違い。発掘中の航空写真ですが、黄色い所

学校校舎、赤い所が「資料館」、緑の所に井戸跡、柱穴等の造形物があるの

が分かります。


ただ、緑の所が、教会跡であるのか、代官屋敷跡であるのか、残念ながら、学芸

員の方がおられず、詳しい事は分かりませんでした。

Photo_12

できれば、青い所も保存して欲しかったと思うのですが、長崎は土地がないか

ら、しかたありませんね。青い所は現在埋められグラウンドになって、子供たちが

遊んでいました。


なお、資料館の入場料は無料。駐車場は無いので、すぐ近くの「歴史文化博物

館」の駐車場へ入れた方が無難でしょう。


(参考・引用:「サント・ドミンゴ教会跡資料館」パンフレット・各説明版・「長崎観光

ガイド」より)




2015年6月25日 (木)

「踏絵」之事⑥~その他之事・これでおしまい・・・多分

Photo_3 Photo_4

「踏絵」之事④で、「踏絵」が紙とか木では、たくさんの人が踏むため、傷んでいく

ために、長崎古川町の鋳物師の「裕佐」に20枚の踏絵を作らせたことを書きまし

た。このうち19枚は国立博物館に所蔵されているそうです。左がその1枚です。


「重要文化財 真鍮踏絵 キリスト像(エッケ・ホモ) 萩原裕佐作 長崎奉行所旧

蔵 江戸時代・寛文9年(1669)」となっております。

右は信徒から押収した大型のメダイ(キリストやマリヤを表したもの)を板には

込んだもの。裕佐の作ではありません。これについて、こうコメントしてあります。


「大量の人に踏まれて摩滅もしたのでしょうが、もともとはっきり表現していなかっ

た可能性もあります。それは別として、真鍮踏み絵のキリストはプロポーションが

変です。顔があまりにも小さい。茨の冠はさざえの角のようです。もちろん正確な

描写や造形の優秀さを求められていなかったのですから仕方ありません。」と書

いてあります。


この鋳物師「萩原裕佐」について小説にしたものがあり、長与善郎著「青銅の基

督ーーー名南蛮鋳物師の死」。筋を書くと長くなり、今は古本屋でしか手に入ら

ないみたいですが、「青空文庫」で、ロハで読めますので、興味あるかたは、お読

み下さい。


なお、後書きに、著者が次のように書いています。

「寛文の頃長崎古川町に萩原といふ南蛮鋳物師がゐた事、そしてその踏絵の

神々しく出来すぎた為信者と誤られ殺されたことは事実である。又拷問の仕方

や、始めの歴史叙説は無論、沢野忠庵と云ふ転び伴天連が踏絵を発明したこと

も事実であり、アントニオ・ルビノ(注:小説の登場人物、裕佐と同時に死罪になり

ます)と云ふばれてんが殺された事も事実である。但しそれらが同時代であった

かどうかは自分は知らぬ。」と書いてありますが、確かに殉教者のなかに、「寛永

20年 ルビノ神父等八名」(長崎の殉教者~片岡弥吉著)との記述があります

が・・・


沢野忠庵が踏絵を発明したことは、年代的に合わないということで、片岡弥吉氏

は否定をしております。大正12年作ですから、キリシタンの研究は現在ほどに

んでいない時です。


この小説は昭和30年に映画化をされており、監督が渋谷実、主演がなんと岡田

英治、ほかに、香川京子とか、山田五十鈴さんの名前も見えます。音楽が黛敏

郎、そして、考証が「広辞苑」の新村出(しんむら・いずる)氏。新村氏は南蛮文

化、キリシタン研究でも有名です。なお、この映画はカンヌ国際映画祭で上映さ

れたそうです。テレビ化もされています。


近くの、ビデオレンタル、ツ○ヤさんに借りにいったら、予定どうりありませんで

た(田舎だから)。


さて、芥川龍之介はキリシタンについて多くの小説を残しています。その中で、

「おぎん」という短編小説を書いています。大阪から父母とともに長崎に流浪し

きます。父母は亡くなり、キリシタンの、ジョアン孫七に引き取られ、育てられ

が、孫七夫婦と共に捕まり、焚刑になりますが、直前に、おぎんは「わたしはおん

えを捨てることに致しました」と言い、その理由は


「わたしはおん教えを捨てました。訣(わけ)はふと向こうに見える、天蓋のような

松の梢に、気のついたせいでございます。あの墓原の松のかげに、眠っていらっ

しゃるご両親は、天主のおん教えもご存じなし、きっと今頃はいんへるの(注:地

獄)に堕ちになっていらしゃいましょう。それを今わたし一人、はらいそ(注:天国)

の門にはいったのでは、どうしても申し訣がありません。わたしはやはり地獄の

へ、御両親の跡を追って参りましょう。どうかお父様やお母様は、ぜずす様や

マリヤ様のおそばへお出でなすって下さいまし。その代わりおん教えを捨てた上

は、わたしも生きてはいられません。・・・」


なお、妻は孫七のお供はするが、それは天国に行きたいからではなく、ただ、お

供をしたいだけだと。


要するに、妻も、イエスの教えを理解しているのではなく、夫の供をしたいだけだ

ということです。これを聞いて、孫七はついに堕落(棄教)してしまいます。


読んで見ると、日本人の宗教感、家族の繋がりの違いが、キリシタンとは違うの

がよく分かります。


もう一つ、「おしの」という短編小説もあり、これも、日本人とキリシタンの価値観

の違いがよく分かり、これも「青空文庫」で読めます。



【追伸】

「踏絵」之事④~踏み絵の歴史を載せましたが、これに寛永六年説がありまし

た。


「長崎実記同根元記合書」。これ、実は私が参加している、古文書研究会が出版

されたものに書いてあり、すっかり見落としていました。


「寛永六己巳年長崎奉行水野河内守様変わりとして・・・」で始まる文章で、島原

藩主松倉豊後と新奉行が会い、キリシタン弾圧の一つとして、雲仙の地獄責め

の事を話しますが、「・・・宗旨を改メ釈門尓人墓を祭り佛像を拝し正法に成候に

絵を踏セらる是より踏絵始る」とあり、寛永六年説もあるということです。


今回は、片岡弥吉氏の「踏絵・キリシタン」と、長崎文献出版の「長崎文献叢書」

に世話になりというより、ほとんど、引用させていただきました。ありがとうござい

ました。


ところで、「長崎文献叢書」は、全10巻で廃刊になっていて、入手も困難なので

すが、10巻揃いで、某古書店に売ってあるのですが、これが、20万円。二週間

ばかりどうするか、悩んでいます。


まあ、酒もだめ、バクチもしない、女にはもてない・・・せめて本代だけは自由に、

思ってはいるんです・・・・・が・・・・




より以前の記事一覧

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ