家庭菜園

2017年2月 2日 (木)

「チェンソー」がやって来た

Photo

「チェンソー」がやって来た、といっても、私が買ってきたのですが。

「チェンソー」といえば、「13日の金曜日」の「ジェイソン」の武器みたいですが、映画通の方によれば「ジェイソン」は、チェンソーは使っていないそうです。

家庭菜園では、あまり使いませんが、菜園に木などを植えている方の参考に。

チェンソーは、燃料だけでなく、回るソー チェーンの部分が熱をもって、焼き切れるので、チェンソー専用のオイルが必要です。電動式もありますが、電気コードの長いのが必要で、力が弱そうなので、燃料式のをチョイス。

できれば、ではなく、完全武装をしてください。バイクに乗っている方はフルフェイスを被れば最高です。なお、足元もスニーカーなどではなく、最低長靴を。


Photo_3 Photo_5

チェンソーで一番気にかかるのが、ソーチェン(回っている部分)が外れたらどうなるかということ。

仕事柄、20年ほど前、かなり使いましたが、外れたのが一回。ただ、飛んでくることもなく、ガシャといって外れただけでした。

今回、買ったのは、イチジクの木を植えていたのが大きくなり、土地が合わないのか、実はなるものの大きくならず、すぐに落ちるので邪魔になり、切ることに。で、ノコギリで切っていったら、とてもじゃない。他にも、南天が増えすぎて、これも、処理することに。

やはり、機械の力ですね。あっという間に、処理できました。たぶん、ノコギリを使っていたら、一日かかったでしょうが、箱から取り出し、処理するまでに1時間くらいでした。切る実際の時間は30分程度。見事な切り口。


2 Photo_6

切った木が長いので、これも短めに切りましたが、この時は下のほうに向けて切るので、足元に注意。

Photo_8 Photo_9

面倒くさいのが、後のお手入れ。赤丸の部分が、ノコギリでいえば”歯”の部分になりますが、これが摩耗し矢印の丸いヤスリで研いでいきます。慣れないと意外と時間がかかります。

ということで、庭に植えた木の処理、大きな木の枝の選定なども役に立ちます。あれば、便利なものです。ただ、使うときにはケガをしないように、ご注意を。


Photo_10

こちらにも、チェンソー・アートをされる方がいるそうですが、音が大きく、近所迷惑になるので、山の中に小屋を作って作製しているそうです。なんとなく心惹かれるのですが、図工の成績が「2」では、ちょっと無理ですね。ストレス解消にはなると思うのですが・・・



2014年10月 7日 (火)

ウチの雑草菜園

Photo

前にも書いたように、今年は体調悪く、せっかく新調した管理機(耕耘機の小さなもの)も、

草刈り機を使う機会も無く、草ボウボウ。


以前に書いたことがありますが、いつも、雑草一本生やしたことが無いように、きれいに畑

をしていたおばあさんが、数ヶ月入院。


帰ってみると、畑は草ボウボウ。ところが、耕してみると、土は軟らかく、いままでいなかっ

た、ミミズがワンサカ出て来たとか。自然の力に驚いたそうです。


ウチの庭も、以前はミカン畑で、耕したら、今まで見たことの無いような、大きなミミズが沢

山。


ところが、耕すにつけ、だんだんとミミズが少なくなり、土地が痩せてきたのかな、と思って

いたので、今年はあまり手を入れずに、といっても、カミサンが少しは何か植えたらしく。


本当に荒れてしまいました。少し体調を見ながら整地をするつもりですが。

Photo_2

ナスビ。親の小言と茄子の花は、千にひとつの無駄もない。本当によく言ったものです。

白のニガウリ、あまり苦くなくて、ウチではいつもこれを植えます。結構よくなります。

Photo_3 Photo_4

昨年柿が沢山なったので、今年はどうかなと思ったら、去年よりなっていましたが、殺虫剤

をやってないので、虫に噛まれ放題。

Photo_7

しそ。一回植えると、種が飛ぶのか、思わぬ所に生えてきます。里芋。植えた覚えがないの

に、昨年堀り忘れたのが、2,3本大きくなっていました。

Photo_5 Photo_6

ザクロ。この程度には大きくなるのですが、いつの間にか落ちて食べられませんでした。

カミサンが、この間植えていたもの。何だっけ。

2 Dsc_0299

秋桜も、少しばかり貰って植えていたのですが、いつの間にか増えすぎて・・・・金が増える

のなら、良いのですが・・・・

Photo_10

一番上の写真が、今日の収穫。夫婦2人分。サツマイモは、カミサンに強制的に植えさせら

れたもの。瓢箪は、通りがかりの人から貰ったもの。このほか、夏場はキュウリと、ミニトマト

がありました。


【おまけ】

米の収穫があちらこちら始まりました。農協ではなく、業者との取引が多くなったとか。左の

稲は農協へ出荷するもの。収穫適正日が書いてあります。右は、イチゴ畑。もう少しする

と、ビニールを張ってマルチハウスにします。

Dsc01077_2 Dsc01079

カミサンは、ほとんど堆肥も肥料もやっていませんが、野菜は意外と成るもんですね。





2014年6月21日 (土)

今日は、サツマイモ植え

Photo_2

女性の好きな、サツマイモさんです。


井原西鶴の一節に「とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 芋蛸南瓜(なんきん)」とあるそう

で、関西地方の女性が、好むものらしいのですが。


サツマイモは、薩摩藩から持ち出し禁止の時代があったらしく、ウィキペディアによれば、

「1711年、薩摩を訪れた下見吉十郎が薩摩藩領からの持ち出しが禁止とされていたサツ

マイモを持ちだし、故郷の伊予国瀬戸内海の大三島での栽培を開始した。」と書いてありま

す。


長崎県対馬にも同じような話があり、対馬は耕作地が少なく、土地がやせており、食糧不

足のところがあり、上県町(現対馬市上県町)久原の原田三郎右衛門が、命がけで薩摩に

入り、種芋を持ち帰っています。40年ばかり前、ご子孫の方とお話をしたことがあります。


さて、この間、晩生のタマネギを収穫したので、少し土地が空き、「芋でも植えんね」という、

御領主様(カミサン)のお言葉。


カミサンは千々石育ちで、小さい時から、サツマイモばかり食べていて、兄弟集まれば、そ

の話を良く聞いていたので、「食い飽きてるから、いいだろう」と、反抗したかったが、抵抗し

ても無駄だから、「へい、へい」。


ということで、サツマイモの種類、いろいろあれど、紅あずまが人気があり、いつもの八重種

さんへ行ったら、売り切れ。「新品種でなんとか(なんとか、という名前ではなく、私が名前を

忘れたもの)が、人気ありますよ。紅あずまは、明日、又入荷します。」ということで、なんと

かを10株買って、次の日に、紅あずまを20株購入。


右がなんとか10株、左が紅あずま20株。

実は、私、中途半端な都会に育ったので、サツマイモは、ジャガイモとかサトイモと同じよう

に、種イモ自体を植えるのかと思っていたら、なんと、このツル(茎)を植えるんですネ。始

めての時は、ほんまかいナ、と思いましたが。

Photo_3 2

ここ数日、雨が降っていたので、本来なら、管理機で耕した方が良いのですが、地面がジュ

ルケて(じゅくじゅくになっている)ので使えず、スコップと、鍬で耕作。サツマイモ専門の肥

料が売ってあったので、それをばらまいて、畝立て。本当は、もう少し深く畝を立てたいので

すが、なにしろ、「色男、金と力は無かりけり」で・・・・・


始めて、植えたときは、間隔を取りすぎて、プロのおばさんが通りかかって、「あら、もったい

なか、こげん間ば取って。」といわれましたが、今日は少し詰め過ぎたか?

Photo_5 2_2

3 Photo_4

ツルの植え方にもいろいろあって、大きい芋を育てかったら、垂直気味に、たくさん取りたか

ったら、水平か、舟形に。葉は地面から出して。私は、舟形に植えました。

Photo_6 2_3

これで、一時間程度の作業でしたが、プロの目から見たら、作業には入りませんネ。本当に

プロの作業は見ていてすごいもんです。おかげで、食料には困らないことを感謝です。輸入

野菜も多くありますが、やはり、メイドインジャパンが一番ですね。できれば、自分が作った

ものが・・・・・


【おまけ】

雨の中、庭のユリが、奇麗に咲いていました。雨にぬれるユリも、楚々として良いもんです

ね。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」。昔はウチのカミサンも、そんな感じで

したが、今では、見る影もありません・・・・

Photo_8





2014年4月 4日 (金)

花まつり★ガルデン(八江農芸)~諫早市

Photo

「花まつり」といっても、桜の方ではなく、園芸の花の方です。


花や野菜の種、苗を販売しているガルデン(八江農芸)で毎年開かれ、種類が多く、安い

のでいつも買い出しにに行っています。九時半頃に行ったら、駐車場はもういっぱい。


一般ガーデン用の苗に、ちょっと手が出ない、胡蝶蘭。

Photo_2 Photo_3

あじさいにミニサボテンまで。

Photo_4 Photo_5

こちらは、どちらかというと野菜苗を見にいったので、本店とバイパス店に。これだけある

と目移りがします。

Photo_6 Photo_7

左の写真何だか分かりますか?プランタンに植えたゴーヤです。実もちろんご覧の通り

立派なもの。昨年は、緑のカーテンとして流行りましたが、これくらい繁ると立派なカーテン

替わり。今年はいかがですか?

Photo_8 Photo_9

茄子にトマトこれも鉢で育ててあります。

2 Photo_10

ピーマン。なんと鉢で育てた、かぼちゃ。ご立派。

Photo_11 2_2

これくらいまでなら許せますが、メロンに、スイカまで鉢植え。これ見ると、土地がないから

野菜ができませ~ん、なんて、甘いこと言えませんね。為せば成る、とかいいますから、頑

張ってみましょう。といっても、私も以前、挑戦はしましたが、なかなかですね・・・さすがプ

ロの技。

Photo_12 Photo_13

こちらは、私が好きな山野草コーナー。一時、寒葵を集めていたこともありました。

Photo_14

本当に、私と同じく目立たない、寒葵の花。冬咲きますが、こんなに目立たなくては、蝶々

さんも、蜂さんも寄りませんよね。カンアオイの広がり方については、まだ、良く分かってな

いそうです。あまり、見たことがないと思いますので、載せておきます。花ですよ!

Photo_15 Photo_18

期間中は、洋ランの植替え実演販売、野菜等のミニ栽培講習会も予定されていますか

ら、確認の上、参加して立派な野菜を育ててください。

期間は4月6日までですが、土曜、日曜は人が多いと思いますので、お早めに。

会場には、近隣町の特産品店があったので、

Photo_19 Photo_20

お土産に、以前書いた、「幻の高来そば」と「雲仙こぶ高菜まんじゅう」を買って帰りまし

た。カミサンが今晩はいないので、晩ご飯です。「雲仙こぶ高菜まんじゅう」は、あんこの代

わりに「こぶ高菜」が入って、独特の味です。

Photo_21 Photo_22

カミサンは昼から行ったらしく、買ってきた物をみたら、ポピーと「幻の高来そば」。よりによ

って、同じ物を・・・・・ angry プンプン。


2013年11月23日 (土)

タマネギ植え~ボケの一日

Dscf5567_2

昨日、園芸店に頼んでおいた、タマネギが着いたとの連絡があったので、取りに行き、今

日植えました。少し広めに耕していたので、キャベツ、レタス、パセリ、新種のアイスプラン

ト(メタボに効くと書いてあり)、を少々。


数日前に、有機石灰、堆肥、肥料を入れて置いて準備はOK。機械を使うと楽ですね。一

日かかっていたのが、一時間程度。耕作した所と、していないところでは、違うことが分か

ると思います。

Dscf5371_2 Dscf5385_2

iPhoneの水平機を使って、水平をとって(そこまで、やることはないか)。右は、カミサン。

農家の娘だけあって、良く似合うな。表は、見るほどのものじゃないけれど。

Dscf5377_2 Dscf5373_2

大体、十五センチ間隔に棒で穴を開けて、植え付け。100本程度ですが、かがんだまま

だから、きついですね。専門農家が何万本と植えるのは、想像を絶します。


早生はマルチをかけて、晩生はマルチをかけないと聞いていたので(以前にも書いてます

が)、マルチをかけないと作業が楽。但し、園芸店の方の話では、素人さんは早生の方が

作りやすいとか。

Dscf5575_2 Dscf5579

ということで、無事タマネギは植え終わりました。


タマネギの後に、黒マルチが見えますが、大根です。園芸店でマルチをかけてください、と

いわれたので、黒マルチを。

Dscf5596_2

マルチは、穴が開いているものがあるのですが、手持ちがないので、ペットボトルの下を

切って(缶詰でも可)。ペットボトルは固いやつを。これを、マルチにかぶせて、2~3回グリ

グリと回すと、穴が開きます。

Dscf5582 Dscf5584

種袋がこんな所に置いてあって、ウチのカミサン、時々、ポンと置く癖があり、又か、と思

ってよく考えると、私が先日置いたものでした。大根を蒔くとき、種が見当たらない。捜すこ

と30分。ポケットの中に入れてました。


作業をするとき、足元に違和感があり、作業を終えて良く見ると、長靴を左右逆に履いて

ました。ホントに、ボケ爺になりにけり、の実感をした一日でした。

Dscf5598_2 Dscf5597




2013年11月 8日 (金)

冬野菜の準備

1

この夏、体調を崩し、いつもはボチボチ手入れする畠も、そのままにしていたら、とにかく、

草に覆われる状態。


特に、このピロピロとした草がくせもので、「名前のない草はない」、という名文句がありま

すが、私にとっては単に、「名前を知らない草」。

2

これ掘ると分かりますが、この根のイモみたいなところが問題で、ここから根っこみたいな

のが出て、どんどん拡がっていきます。つながっているのが分かると思います。


皆さん方の畠にも、この草が出てきたら、根っこごと掘って、処分して下さい。カミサンの話

では焼いても、完全に焼かないと、また、焼いたあたりから、草が出てくるそうです。

3 4

さて、こちらの体も本調子には戻ってないし、カミサン一人では、除草できないし、シルバ

ー人材センターに頼んだら、女性というより、女性を過ぎた方が二名。


農家の経験者の方でしたから、上手なこと。やはりプロですね。朝9時くらいから夕方5時

近くまで・・・・・おかげで、上の写真みたいに、きれいになりました。集めた草と根っこは、

左の大きな袋に20個ばかり、見た目より重いので、ゴミ収集場に持っていくのに苦労しま

した。


さて、準備ができたので、堆肥でも入れて耕かそうかと思って、いつもの無人堆肥売り場

行ったら、一つも無い。


この堆肥売り場は、牧場の経営者の方がやっていますが、一袋200円と安いので、買う

人が多いのですが、いま、皆さん冬野菜の準備をしているのか?他に2カ所ばかりあるの

で行って見たら、そちらもカラッポ。

5 6

何を植えるか、ほうれん草、春菊、大根、白菜、キャベツ、カイワレダイコン、ニンニク、い

ろいろありますが、苗屋さんあたりを見て決めることに。


今まで、畠にしていなかったところも、除草作業がしてあって、一回り広くなった感じ。多

分、全部は使えないかも。でも、日本が食糧難になっても、我が家は大丈夫。


今日見た風景です。稲刈りが終わったと思ったら、早々と早生のタマネギの植え付け。以

前書きましたが、早生のタマネギは、マルチをかけること。晩生のタマネギは、マルチはか

けないこと。プロのタマネギ作りに聞いた事です。畑焼きの風景、如何にも日本の秋という

感じ。

7 8

ため池のオブジェ、何回か紹介しましたが、地域の仲間が集まって、季節に合わせて作っ

ていますが、今回は秋に合わせてモミジ。迷子の犬を捜すポスター。ウチは、カミサンが

行方不明になっても、こんなポスター出しません。


思い出したので・・・・・ロシアのジョークのパクリです。

「お前のカミサンを誘拐した。100万円(100万円の価値があるか?)持って来い。」

「金を出さなかったら、どうするんですか。」

「金を出さなかったら、家にかえすぞ。」

「それ、やめてください。」

Dscf4997 Dscf4999







2013年5月15日 (水)

お庭で散歩

Photo

今日は、電気屋さんに室内工事を頼んだので、出かけるわけにも行かず、かといって部屋

にいたら邪魔になるし、お庭を散歩して見て回りました。


本来なら、夏野菜を植えてた時期なのですが、昨年末から、いろいろあって、意欲がわか

ず・・・


まあ、サツマイモが今からですから、植えてみますか。といっても、ウチのカミサン、田舎育

ちで、小さい頃、サツマイモばかり食わされ、見るのもイヤという状態だしなあ。


写真のヤマボウシ、植木が一本枯れたので、その代わりに去年植えたら、その年から花を

つけ、今年も咲いてくれました。この花、下から見るとあまり目立たないのですが、二階か

らみると、昨年より、花数が増えていました。


月桂樹。西洋料理に使う、「ローリエ」。小さな苗木をもらったのですが、いつの間にか、庭

の片隅を占めるまでになりました。重宝しています。ただ、増えすぎて・・・

ツワブキ。春先になると若芽が出てきて、食卓にのぼります。これ、皮をむくのが面倒くさ

く、指先が黒くなってしまうので・・・・山で採ってきて、植えていたらいつの間にやら、増えて

きました。

Photo_2 Photo_3

日本ヒイラギ、家を建てるとき、「日本ヒイラギは魔除けになるよ。」と言われ、植えたもの。

カミサン除けになる木はないものか?

ミント。まあ、増えますね。根がどんどん広がって、あっという間に畑の一角を占めたので、

ほとんど処理して、少しだけ片隅に植えました。根が広がらないように、ビニールの板を植

え込んで、囲っています。

Photo_4 Photo_5

庭の片隅にひっそりと咲いていた花。名前はよく知りません。昔、子供に「お父さん、あの

鳥、なんていう鳥。」と聞かれて、「小鳥だよ。」と答え、バカにされましたが・・・・

「名のない草はない。」と言ったのは、確か昭和天皇たっだと思います。

柿の木、大きくなりました。下に立つと、太陽の光を通した葉の緑が、気持ちいい。リラクゼ

ーションにもってこいの場所です。

Photo_6 Photo_7

昨年、里芋を掘ったとき、残っていた里芋の芽があちらこちらに伸びていました。

シャクナゲ。2~3年前、シャクナゲ見物に行って買ったものですが、土が合わないのか、

咲きそうで、咲きません。(見えそうで、見えないパン○○○と一緒かな?)

Photo_8 Photo_9

またも来ました、タマネギです。これで3軒目、今年はタマネギの値が安いのか、タマネギ

農家は困っているそうです。あちらこちら配って、それでも、あまった分は、どこかに捨てに

いくとか。どうも、ジャガイモの値もあまり良くないらしく、困ったもんです。

ニンジンの堀り忘れがあったので掘ってみたら、葉っぱばかりでしたが、この葉っぱ、天ぷ

らにすると、美味しいんですよね。好物です。

Photo_10 Photo_11

アジサイはぼつぼつ蕾をつけてきました。沖縄は梅雨に入ったそうですが、アジサイが咲

き始めると梅雨。ぼちぼち正月の準備ですね。

昨年、いただいたジャガイモですが、全部は食べきれず、いつの間にか芽が出ていまし

た。

Photo_12 Photo_13

ろくな手入れもしないのに、良く育つもんです。たまには庭のお散歩も良いもんですね。季

節が感じられました。

今日はポチとゆっくりした日でした。例によって、カミサンはお留守だし。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年3月23日 (土)

今日は草刈り

P3230580_2

水菜の花です。野菜の花もこうして見ると、綺麗なもの。


今晩は、自治会の常会があるとかで、前もって、ちょこっと書いていきます。

この2~3ヶ月いろいろあって、庭の方の手入れに意欲が湧かず、そのまましていたら、ご

覧の状態。

P3230564

これはいくらなんでもと、草刈りを。

いつもの、相棒の草刈り機を取り出したのですが、ずっと使ってなかったので、エンジンが

かからない、かからない。はやり、使わなくても時々は動かしておくべきですね。

P3230569 P3230570

これ、以前書きましたが、普通は先が金属の円盤になっていて、歯がノコギリみたいになっ

ていますが、私のは、ナイロンのヒモみたいに(私はヒモではありません、みたいなもんで

すが・・・)なった物を使っています。大きな石が多いところ、又、木があるところは、木を痛

めずに(少しは傷がつきますが)、手軽に使えます。


ヒモはすれて、段々短くなりますが、回しながら、真ん中の所を、石みたいな固いところで、

トントンとたたいてやると、また、伸びてきます。

なお、草刈り機を使うときは、小石が飛んで来るときがあるので、防護マスクを忘れないよ

うに。


一時間ほどで

P3230572_2

まあ、見られる程度には。あと、一週間ほど枯らかして、焼きますが、野焼きは禁止されて

いますから(このあいだ回覧板で回ってきました)、よい子の皆さんは、野焼きはなさらない

ように。ここらへんは、誰でもやっていますが・・・・(これ内緒)


あと、堆肥をいれて耕して、なにを植えようかと思っていたら、諫早の八江農芸(花や野菜

の種、苗をうっています)から、花まつりのお知らせが来ていました。野菜栽培のミニ講習

会もあるとか、ナス、トマト、キュウリ、ニガウリ、ピーマン、スイカ、エダマメ、トウガン、カボ

チャ。これだけあると、何植えるか迷いますね。


参考のため、日程を貼っておきますが、バイパス店の方ではなく、本店の会場だそうです

から、お間違いのないように。

Img

ところで、草刈民代さんっていいですね。ファンです。先祖の方は、草刈りと関係があった

のかな?


千々石の橘公園の桜は満開で、お客さんがポチポチではなく、どんどんやって来ていま

す。常会が終わったら、ポチと夜桜見物でも・・・一人っきりで・・・・淋しく・・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年10月30日 (火)

管理機(耕うん機)買い代えました

Pa300231 Pa300224

「管理機と女房は新しい方が良い。」と言ったのは、断じて私ではありませんが、やはり、

新しいのはいいですね。肌つやといい、スタイルといい、元気な事といい・・・・


今まで、10年ほど使っていたのですが、馬力がなくなってきて、そろそろ買い替え時かと。

若い時は、スコップと鍬で耕していたのですが、20~30坪ほどあると、段々しんどくなって

買ったものでした。使えば、便利は便利。


以前のものより、少し大型ですが、使ってみると、前のものより、深く耕すことができまし

た。


98cc、1,5馬力、空冷4サイクルOHV式ガソリンエンジン。いま、家庭用カセットこんろボ

ンベで使えるのもあるようで、考えたのですが、なんとなく、頼りがないようで、ガソリンのも

のにしました。昔取った杵柄で、改造車にしようかな・・・


調べてみると、耕うん機は正式には「耕耘機」と書くそうで、田んぼや畑を耕すもの。「管理

機は」、様々な作業を行えるものですが、耕耘機の家庭用汎用機と思えばいいでしょう。

Pa300229

新しいのは、爪が4枚付いていること、以前のは2枚でした。赤の所に爪が2枚、黄色い所

に爪が2枚。


黄色い爪は、ピン1本だけで、簡単に外せます。赤い爪の所だけ使うと、狭い所も耕せると

いう、すぐれもの。


畝立て用のアタッチメントもありますが、そんなに大げさにやるほどは広くはなく、金もない

ので、こちらは手でやることに。


さて、説明書の最初の所を読んでいると

Img_2

いつも「悪い例」の方でやっていたのですが、今度からは「良い例」にならって、やってみま

す。


★今日のお昼ごはんriceball

「和牛の祭典」に行って、牛さんを食べられなかったので、コンビニの「牛丼」で。

Pa290192

ちゃんと、「長崎和牛銘柄推進協議会」のラベルが貼ってありました。


「モーモー」は牛さん。「ポチ、ポチ」は私。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年8月 7日 (火)

家庭菜園~草刈機の事、白ゴーヤその他

P8070205_2

暑い毎日が続きますが、今日は朝から少し雲が出たので、朝は墓掃除、昼からは草刈

り。


上の写真が、愛用の草刈り機ですが、ここ、一月半ほど膝を痛めていたので、畑(30坪

程度)をそのままにしていたら、草が生えている生えている。


手ではとうてい処理できないので、久しぶりに草刈りを。この草刈り機、草を刈る所、金属

の円盤ではなく、通帳「ひも」と言われているのを使っていますが、「ナイロン」の紐です。


使っていると段々すり減って短くなりますが、回したまま、真ん中をトントンと、石など硬い

所に打ちつけてやると、自動的に延びるという優れもの。

P8070207_2

これが、高速回転して草を刈っていくわけですが、大きな草は、切り難いのですが普通の

草なら十分。左が刈る前、右が刈った後。

Cimg0131_2 Cimg0133

「ヒモ」を使うと岩が多かったり、植木があるところは、金属のものと違い、岩にあたったシ

ョックが少なく、植木を傷めることも少なく、また歯を磨く手間も省け便利なものです。女性

の方にも扱いやすいと思います。ここ数年、こればかり使っています。


ただ、小石をかなり拾って飛んできますので、顔のガードを必ずして下さい。顔や目にも飛

んで来ますので要注意。


左の中型のトマトはかなり良くなりました。右の大型のトマトもなりましたが、カラスから突っ

つかれるので、赤くなる頃に袋が必要でしょう。

P8070193 P8070194

サトイモはあまり水やりをしてなかったのですが、意外と葉が茂っていました。敷藁が必要

かなと言うところです。柿は結構なっていますが、これからが問題で毎年ボタボタ落ちて、

やはり少し殺虫剤が必要かな?あまり、使いたくないのですが・・・

P8070201 P8070203

今年は植え付けるのが遅くて心配だったのですが、ようやくなり始めました、「白ゴーヤ」で

す。

P8070198

あと、キュウリ、茄子はカミサンが取っていて夕食に出ていました。


今年は、足を痛め、カボチャ、サツマイモが植えられませんでしたが、ボチボチ秋に何を

植えるか、考えなければならないのですが・・・土も少し耕がやかそうと思っていたら、雨

が何日も降っていないので、硬い、硬い。熱中症にになりそうなので中止しました。

でも、雑草は水もやらないのに、何であんなに元気に生えているんでしょう?


ポチして、雑草のように元気で、しぶとく生きていきましょう。 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ