環境

2016年1月14日 (木)

ダーウィンとミミズ

Img_20160114_0001_2 Img_20160114_0002_2

「種の起源」を書き、進化論で有名なダーウィンの最後の著作が、「ミミズの作用

による肥沃土の形成とミミズの習性の観察」。


日本語訳で、「ミミズと土」。この本、お近くの図書館には置いてないので、読ん

ではいませんが・・・

51nr8yc08gl_sx326_bo1204203200_1_3

ダーウィンは28歳の時から、途中、中断をしますが、亡くなるまでミミズの研究と

観察をしたそうです。


きっかけは、おじの家の牧草地に連れて行かれた時、「何年も
前に地面にまか

れた炭殻やレンガのかけらが、今では芝の下7~8センチの地中に埋もれている

ところを見せた。ミミズが糞を積み上げたせいで、長年のうちに、ここまで深く埋

没したのだとおじはいう。」という事だったそうです。


普通、ミミズというと釣りの餌か、ミミズが沢山いるから畑が肥えている。という程

度しか考えず、ミミズに頬ずりするほど可愛いと思う人は、まずいないでしょう。


「ダーウィンのミミズの研究は」、ダーウィンがどんな風にミミズを観察し、研究し

ていったかを書いていますが、作者は、なんとダーウィンが研究をした牧草地ま

で行って、実際に掘ったそうです。絵本ですが、少し大きな理科好きの子供な

味を持つと思います。


「ミミズの話」は、ダーウィンの話を紹介しながら、ミミズの生態、種類(なんと1メ

ートルのミミズもいるそうです)、外来種のミミズが森林に被害をもたらしたこと、

ユリの花の香の体腔液を持つミミズ等も書きながら、将来ミミズの商品化、家畜

の蓄糞処理、下水処理、環境浄化へのミミズの利用も紹介をしています。


が、作者は家庭菜園をやっており、「ミミズコンポスト」でミミズを飼って利用して

いますが、家庭菜園家としての目でミミズをよく観察しています。家庭菜園をして

いる方は、この本読めば、目からウロコでしょう。


なお、「ミミズコンポスト」は市販もあるようですが、ネットで検索すると自作の方

法がたくさん書いてあります。興味ある方は取り組みを。


私の家庭菜園も、ミカン畑だったところで、最初は掘るとミミズがイヤになるほど

出てきたのですが、だんだん少なくなってきたので、検討を考えています。ただ、

カミサンがですね、あれ見ると・・・


この本を読むと、木や花や草を見た時、その土の下にミミズがいる事を意識する

と思います。ネコや犬より、ミミズの方をペットにしようかな、と考えるでしょう。

ミミズは地球を救う!というのが感想でした。


(参考・文引用:「ダーウィンのミミズの研究」「ミミズの話」)








2011年12月 3日 (土)

諫早湾干拓

P1060847

以前から、社会問題になっている諫早湾干拓の水門です。

用事があり、堤防の道路を走ってみました。堤防は、7キロ。前に見える山は多良岳。

P1060868

道路の脇も、このように延々と続いています。

P1060850_3


この、水門のゲートが開くかどうかが、問題になっているのです。

P1060853_3

諫早近隣に住んでいる私としては開門、閉門、どちらの意見も分かるのですが・・・

以前書いたように、まだ堤防が出来ていない時、台風、大雨の時は、海の満潮と川の流

れ込みが重なり、森山地方は国道まで水浸し、植えたばかりの稲は、沈没状態で、それ

が数日続いていたものでした。堤防が出来たおかげで、そのようなこともなくなりました。


自然体系が変わってしまい、漁業に大きな被害が出ているのも分かります。又、海流が変

わったため有明海の自然も変化をしているのでしょう。又、入植された方の問題もありま

す。

学者の意見を聞いても、両派あり、こちらを聞けばこちらが正しいような。あちらを聞けば

あちらが正しいような。政治的解決と言っても駆け引きばかりで全然解決に動けない状

態。

誰かが、民主主義とはお互いの立場の違いを容認し、納得するまで話し合うことだ、と言

った覚えがあります。しかし、ここまでこじれると、解決までに数十年はかかるでしょう。


ここを通るたびに、どうあれば良いのか思案をします。

長崎に「思案橋」がありますから、こちらは「思案堤(てい)」とでも名付けたらどうでしょう。

「思案堤ブルース」か?あまり売れそうにないな。

冗談を言っている場合ではないのですが・・・


2011年7月 7日 (木)

日本一小さな水力発電所げな?

Hatudennsho1

千々石の第3発電所です。発電力では日本で一番小さな発電所げな(※注 げ

な)。

千々石の国道下の谷間にあります。

確かに九州電力電力の九州管内水力発電所資料をを見れば九州内では一番

小さな発電所です。

長崎県内では、8カ所の水力発電所がありますが、そのうち5つの発電所が

千々石にあります。

松浦水力発電所700.000KW、相浦発電所875,000KW、鰐川発電所

320KWだそうです。

千々石は第一発電所170KW、第二発電所150KW、第四発電所330KW、第五

発、電所120KW、そして第三発電所が65KWです。大正7年から運用を開始し

ています。

これに続いて小さいのが熊本県の下滝下水力発電所で68KWで34軒分の電気

をまかなっていたそうです。

Photo

このような送水管から、水を流して発電機を回します。水源がどうなっているの

か見にいきたかったのですが、フェンスがはられて入れませんでした。若いころ

ならよじ登ってはいていたのですが・・・

さて、これに対して、玄海原子力発電所では1号機から4号機まで合わせて電力

出力3,478,000KWだそうです。3,478,000KW対65KW、横綱と幼稚園生

の相撲にもなりません。

いま、原子力発電に対して賛否両論ありますが、こんな小さな水力発電があり、

私たちの家に電力供給をしていることを忘れてならないでしょう。

原子力発電の危険性が分かった今、いろいろな発電の可能性について、この発

電所をみて考えています。

※げな~自分で見たり確認した事ではないが、他人から聞いた噂話など等を           

      するとき使う言葉「あん(あの)二人はよか(良い)仲げな」

      「あん人はげなげな話が多して。」 と言うように使います。        
     

 
さて、これを書いたのは7月でしたが、もう一度調べると、福岡県の筑後川支流の栗木 

 野発電所が60Wで千々石が5W負けていました。申し訳ありませんお詫びいたします。

 はやり、私のは「げなげな」話だったみたいです。(^-^;


またまた訂正ですm(_ _)mもっと小さいのがありました。9月21日のブログを見てく

ださい。

申し訳ありません。(9月21日訂正)





フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ