趣味

2014年5月26日 (月)

また、買いました~iPod classic

Dsc_0259

え~、また買ってしまいました、「iPod classic 180G」。(左の方)


数年前、最初、iPod miniを買って、ああ~これ良いなと思っていたら、今度はiPod na

noが発売になり、買い換え。それで、しばらく使っていたのですが、容量が少なく、iPod 

classicを買いましたが、最初、買ったのが、液晶を壊して、修理に出そうと思ったら、修理

代の高いこと。結局は、右側の120Gを買いました。


使うこと5年あまり。電池の交換もあって、高いので、左の新しいのを買う事に。容量が上

がって160Gになっていました。今まで、白、シルバーだったので、今度はブラックを。


iPad、iPhoneと持っているのですが、音楽などを入れると、容量が足りなく、現在、曲数で

iPodに5025曲、podcastが2555。これでも、使っているのが76G、空きが72G程度。本

当に、余裕、余裕。CD、LPで1,000枚程度あるので、ボチボチと入れていきますが・・・・


最初買ったのが80Gで、次が120G、今度買ったのが、160G。最初と比較すると倍の容

量で、厚さも薄くなっています。


もちろん買ったのが、オンラインのアップルストアー。少し待たされますが、後の方に、刻

印サービスがあるので、いつもこちらで買っています。


「カミサンが元気でありますように 私に優しくしてくれますように」と刻印してもらいまし

た。本当ダヨ(カナ?)。

Dsc_0239 Dsc_0242

注文してから、大体1週間かかるのですが、今度は早いこと。


5月18日 昼注文。

5月19日 海外荷物受付 11時49分 上海支店。(iPadは深センでした。)

5月20日 海外発送 17時42分 上海支店

5月20日 国内到着 22時52分 ADSC支店

5月21日 発送 12時11分 ADSC支店

5月21日 調査中 羽田クロノゲートベース (この調査中が非常に気になりましたが・・・)

5月22日 配達中 07時17分 愛野センター

という事で、5月22日、午前中に配達完了。意外と早くて、ビックリ。


中身は相変わらず、USBケーブル、DOCKアダプター、アップルのロゴシール、説明所等。

イヤホーンは、iPhoneの様な、新しいイヤホーンではなく、昔、附属していたイヤポーン。こ

こらあたり、はやりclassicですね。

Dsc_0254

よく、落とすことがあるので、ハードタイプのケースと、液晶フィルムを準備して。この、液晶

フィルムを貼るのは、iPhoneみたいに気を使わずに、楽なこと。

Dsc_0243

Bluetoothのスピーカーを持っているので、このiPodにBluetoothの機能が付いていれば、

文句ないんですがネ。なにしろ、Classicですから・・・・・仕方ないか。


もっとも、音楽は、レコードをターンテーブルにおいて、ゆったり聞くのが一番なんですが、

カミサンから「ウルサイ!小さい音で聞け!」って怒られるもんで、最近は、iPodばかりで

楽しんでいます。まあ、音も良くなり、便利で良いですね。


【附録】 家のヤマボウシも咲いていましたが、やはり、山で見る花が、風情がありますね。

Dsc_0278


2014年1月18日 (土)

趣味はお持ち?

1_2

私の家の、猫さんです。

といっても、陶芸です。S市のS公民館の陶芸グループに作っていただいたもので。玄関を

飾っています。


この陶芸ブループ、平成8年の公民館講座をきっかけとして結成され、現在29名が加入

しているそうです。


高齢化社会になって、退職して趣味もなく、仲間もできず、淋しい思いをしている、高齢者

の方もおられるとか。何かの趣味を持って、仲間作りをしていくのは、これから先の時代、

もっと必要になってくるのではないでしょうか。


さて、この公民館、陶芸の人が置いていくのか、あちらこちらに、作品が・・・

4_2 5

7 9

6_2 8_3

私がいただいた、猫さんも並んでいました。

10

やさしそうに見えて、なかなか難しいのが陶芸。湯飲みを作っているつもりが、だんだん上

の方が広がって、いつの間にやら、お茶碗に。プロの陶芸家の方、曰く「こんなものを作り

ました。というのがプロ。こんなものが出来ました、というのがアマチュア」、なかなか含蓄

のある言葉で、絵でも、写真でも、同じ事。目的を持って、意図したものが作れるのがプ

ロ。


現在、ひな祭りに合わせて、雛人形を作っているとか。この後、乾燥させ、素焼き、色つ

け、本焼きの手順です。既製品の人形より、お孫さんにあげると、喜ばれるのでは・・・・

11 12_2

ここの公民館の良い所が、陶芸室と窯がある事。

陶芸は粘土を使いますから、綺麗に拭き上げたつもりでも、乾いてしまうと、白く粘土が残

ってしまいます。

窯も、学校のを借りたり、個人の窯を借りたりで、大変のですが、これなら充分腕が振るえ

ます。なお、窯は電気窯で、ボタンさえ押しておけば、火の調節は自動で出来るとのこと。

  13 14

使う道具も手作りが多く、右の黒くて丸いのはロクロですが、大きいものを作る時は、右の

木製の台をかぶせて使うそうです。これも手作り。


私もロクロを持っていたのですが、これ、クルクル回るので、盆栽の手入れするのに、最

高なんですよね。

16 15

いま、各公民館、カルチャーセンター等で、各種講座をやっていますが、自分の好みに合

った、良い趣味をもたれたら如何?

私?良い趣味より、良い女。





2013年2月28日 (木)

Aura vitaさんとAura vividさん

P2060407

今日はカミサンの白内障の手術で、一日病院で付き添い。でも、なんで、病院って、いるだ

けで疲れるんですかね。2日ばかりの入院です。


さて、Aura vitaさんとAura vividさん、カミサンがいないからといって、金髪娘を引き入れた

わけではありません。


この間から、悩んでいたアンプ、CDプレーヤーを入手しました。どうして、この機種にした

かというと、どうも、よく分かりません。でも、昔は、結婚相手が分からないまま、家同士で、

決めたこともある、という事で、良いんじゃないですか。上がアンプのvitaさん、下がCDの

vividさん。


前に持っていたアンプが、30㎏で、動かすのに苦労したのですが、これ、実に楽でした。

到着したのが、カミサンのいないときで、実に助かりました。すぐに、見えないところに隠し

て、カミサンがいないときに、組み立てようと、早く遊びに行け、早く遊びに行け、と願う事、

二日間。


やっと、いなくなった隙をみて、組み立ててみました。組み立てているところを見つかると、

例の冷たい目をして、「カミサン・ビーム光線」が飛んで来ますから、あせった、あせった。


普通は、こういう風に、二段に重ねて使うのは良くないのですが、PRに「多くのユーザーが

慣れ親しんだオーソドックスな様式、すなわち薄型のCDプレーヤーとアンプを重ねて使う

英国流儀の中に・・・・」と書いてあるので、重ねて使う事に。

表もシンプルなら、裏もシンプル

P2060413

残念ながら、スピーカーがもう一つつけられるように、ターミナルがあと一つ欲しい。

P2060420 P2060417

左が前に買っていたスピーカー、DYUNAUDIO。いつか書いた、「デンマーク人、嘘つか

ない、でも、間違いはある。」という社長さんの言葉が気にいって買った物。


アンプの入力は、普通のコードと、バランスXLRがあり、バランス入力がお薦めしてあった

ので、バランスコードと、ついでに、オーディオ用のテーブルタップも新調。これで○万円し

ましたが、あと、インターコネクトコードとスピーカーコードも。今は、福岡の有名オーディオ

店○○苑の、お薦めのを使っていますが、そろそろ替え時。といっても、スピーカーコードも

1.5mペアで、315.000円なんてある世界(本当の話)。頭痛いですね。とにかくこの世

界は、入れば泥沼。


ここまでいったら、思い切って、家を建て替えて、リスニングルームでも作るか。ウチのカミ

サンが花粉症で、洗濯物を部屋の中で干していますから、パンティーなんかがヒラヒラし

て、バッハもモーツァルトもあったもんじゃない。


音は、大当たりですね。小型スピーカーなので、小さい音では低音が多少力不足。ボリュ

ームを上げたら、2階から「うるさい!」のカミサンの怒鳴る声。


さて、今日はカミサンがいないので、ガンガンかけていますが(田舎なので、近所迷惑は無

し。)音を上げると、以外に低音も伸びてきます。


グールドのバッハ、モーツァルト、カザルスのチェロ組曲、ブラームス、シューベルトの冬

の旅、マーラー、レスピーギの古典的リュートのためのアリア、グルダのアリア、中学校の

時良く聴いた、エラ&オスカー、アタワルパ・ユパンキのインデイオの道。


「爪」「あいつ」「学生時代」の作曲者平岡精二さんの自ら唄ったCD,石川セリが武満徹の

唄を歌った「翼」。グラシェラ・スサーナのアルゼチンタンゴ、吉田日出子の「上海バンスキ

ング」、メアリーブラック、久しぶりに、かけてみたアマリアロドリゲス、ドリスディ、ビリー・ホ

リディ、越路吹雪さん、嵯峨美子さん。大人の歌ですね。みんな良いな。


良い曲を、思いっきり聴けるって良いな。今日と明日は音楽の大饗宴。

今日はポチと幸せ。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 






2011年9月19日 (月)

また皿まわしをしてきました~炭酸泉・上の川湧水(雲仙市・小浜)

また、頼まれてボランティアで皿まわしをしてきました。本当は隠し芸なので「隠して」いた

のですが、いつの間にかばれていました。

隣町の敬老会です。皆さん元気ですね、昔は老人クラブは六十歳から加入でしたが、いつ

の間にか六十五歳からになっていました。

いつだったか、公民館のホールで高齢者の方が大会をしていたので、なんだろうと思って

覗いたら、舞台の看板に「老人クラブ青年部結成大会」と書いてありました。今の高齢者

の方が、草食系男子よりパワフルなのではないでしょうか?


今日の敬老会の対象の方は七十歳以上の方だそうでしたが、まだまだ若い若い。

私のたらい回しです。

P1050562_2 

少しお手伝いをして、お婆ちゃんにも回して貰いました。

P1050549_2

今日回したものは、小皿、中皿三枚回し、中華丼、ステンレスお盆、まな板、土鍋の蓋と

本体、プラステックのたらいでしたが、結構喜んで頂きました。

P1050591

帰りがけ、道に迷って裏通りを回っていたら、こんな所がありました。小学生が描いた説明

文でしょうか、下に小浜小学校平成18年度生と書いてありました。なかなか良くできてい

ます。

P1050567

中に入ると、池があり右の写真のように水がボコボコしていました。よほど熱いのかと思っ

て、手を入れたらぬるいお湯でした。

説明文によると、自然湧水で、25~27度だそうです。炭酸ガスと硫化水素を多く含み皮

膚病に効くそうです。浴用以外にも味がサイダーに似ていると言うことで、小浜に来られた

方の飲料にも使われたこともあるそうです。飲んでみると、なるほどサイダーの味がしまし

た。

P1050572 P1050574

少し行くと、有名な上の川湧水でした。

P1050584_2   

ここには、水を汲に来る人が次々と。ペットボトル数本に入れている方も。地元の中学生

もクラブに行く前に水を汲んでいました。

P1030976

後ろの方は庄屋元跡です。石垣が立派なのはそのせいでしょう。

たまには、裏通りを行くのも良いですね。いろんな発見があります。



2011年9月13日 (火)

皿まわしをしてきました

私の隠し芸は皿まわしです。大分県に日本皿まわし協会というのがあって、、そこの五段

(大師範)です。

Photo

一番良かった頃の写真です。皿まわし協会で全国大会をしていますが、トロフィーはその

時優勝した時のものです。

Photo_2

きれいどころの三味線でやったこともありましたっけ。(随分昔。回しているのは土鍋で

す、皿回し協会にはもっとすごいものを回す方がいますが)


先日からケアハウスからボランティアの依頼があり出かけてきました。体調を崩しここ2~

3年サボっていて心配だったのですが、まあ、何とかなると引き受けてみました。今日は

保育園の子どもたちの歌とかゲーム、私の皿回し、職員の方の演芸でしたが入所者の皆

さん喜んでおられました。

P1050125

私もこんなに可愛い時期もあったのかと、つくづく年月の過ぎゆく速さを感じました。

P1050126

もうすぐこの方たちの年齢に近づいて行くのかと思うと・・・・


皿まわし?ミスなくできたことはできたのですが久しぶりに緊張しました。まあ、結婚式で

良く頼まれますが、あれは本当に緊張します。落としたり、落として割ったりしたら不吉です

から。


終わって、南島原の原城、西望公園に行ってきましたが、島原の乱の原城いつ行っても

厳粛な空気を感じますね、いずれ、この事も書いてみたいと思います。

P1050242

綺麗な花が、パチリと一枚。ところでこの花の名前なんでしたっけ、以前は知っていたので

すが、最近はまだらぼけになってしまって・・・思い出せません(;ω;)







2011年8月30日 (火)

モルトウィスキーへの想い

「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり」昔は酔狂をして、酒を飲ん

だものですが、この白秋の「静かに飲むべかりけり」の心境になった時、悲劇が訪れたの

です。

ドクターストップです。心臓病を発病したのです。

かわいそうなのは、残されたこの子(モルトウィスキー)たち。

P1040460

全部で、シングルモルトウィスキーを100本弱飲んだのですが、これだけ残されてしまいま

した。長崎ではなかなか手に入らないので、福岡までリュクサックを担いで買い出しに行っ

たのですが・・・


一時日本酒を飲んでいたのですが、良さが分からず、出会ったのがシングルモルトウィス

キーでした。そしてこの一冊。

P1040474_2

左が初版、右が改訂版です。モルトウィスキーのバイブルというべき本です。

この本に、モルトウィスキーの一本一本の説明、エピソードが書いてあります。

たとえば「アイル・オブ・ジュラ」、このウィスキーは人口わずか200名の島で作られていま

すが、「ジュラはまた、ジョージ・オーウェルが小説『1984』を書いた島としても知られてい

ます。」と書いてあります。結核のため、一時本土へ戻り再びジュラ戻り、書き終えたそうで

す。1950年46歳で死去。村上春樹さんの「1Q84」の本と関係があります。

Photo_3

このようなことを読みながら、ひょっとしたらジョージ・オーウェルもこのウィスキーを飲んだ

のかなと思いながら飲む秋の夜ほんとうにしみじみしたものでした。

ウィスキー一本一本の話を読みながら、静かに飲むのは最高の楽しみでした。


もっとも、かみさんの兄弟、連れ合い10名集まってビールが2本ですむという下戸ばかり

ですから、私が飲んでいるのを見ると、段々目が吊り上がって行くのが分かるので、大体

11時頃、かみさんが寝てからぼちぼち飲み始めるのですが、毎日1時か2時頃まで飲ん

でました。

翌日、職場へ行くと「酒臭い」と言われ、いつも飲酒勤務です。

いまはこの子たちを見ながら思い出に耽るばかりです。


私の好きな「バルベニー」と言う銘柄のウィスキーですが、21年ものもあります。

ポートワインの樽に入れて、熟成させたり、オークの樽に入れた後、シュリーの樽に入れ成

熟させたダブルウッドとかいろいろあるので違いを楽しめます。旨いですよ。

P1040463_2

ついでに、面白い酒を2本

P1040464P1040467_3

左は「レモンハート」ラム酒。蘊蓄漫画で有名な古谷三敏の漫画「レモンハート」の題名に

なった酒です。アルコール度75パーセントです。

左はポーランド製ウオッカ。名前は読みきれません。アルコール度96%です。裏のレッテ

ルに「蒸留を繰り返すこと70数回純度を極めたポーランド産ウオッカの勇です。」と書いて

ありますが、その下に大きな字で「アルコール度数が高いため、火気に注意してくださ

い。」とアンダーラインいりで書いてあります。もちろん両方とも飲みましたが、強い、強い。

もうすぐ秋、飲みたいな、飲みたいな、飲みたいな(´Д⊂グスン





2011年7月11日 (月)

ヘンな時計!

気持ちの良いくらいの暑さでした。10時から一時間ほど外を歩いてきました。

覚悟を決めて歩けば、これくらいの暑さは気持ちが良いものです。

私の好きな俳句に

          七月は脳を休めて水飲んで      唐沢動火

          暑き故ものをきちんと並べをる    細見綾子

という句があります。何となく納得のする句だと思いませんか?

さて、プロフィールに書いたように趣味は多かったのですが、ほとんど中途半端に終わりまし

た。

一時、時計(機械式)に凝ったことがありますが、あの世界は世間とは価値が違い、少しいい

なと思うと何百万円、もう一桁多いのもありました。

自分の手の届く範囲でと思い、7~8個ほど売り買いをしたのですが2~3個ほど残して止め

ました。

下の写真時計どこかヘンでしょう。

P1020666

短針がないのです。値切って買ったために短針を抜かれたのではないのですが。

中央上の枠の中の「3」が時を現します。下の丸いところが秒針です。ですから、この時間は

3時15分23秒です。

分針が一回まわると枠の中の数字がジャンプして進んでいくので「ジャンピングアワー」という

名前の時計です。

裏側もすばらしく

P1020664

綺麗なスケルトンです。

いつまで見ていても飽きません。機械式時計は人を魅了するものがあるのでしょう。

値段は、給料ほどでしたが、妻から領収書を見つけられ、怒られる怒られる。

もう一つ「ZENITH」のクロノマスターというのを持っていますので、機会があったら紹介しま

す。

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ