書籍・雑誌

2019年7月17日 (水)

「消しゴムでかいた落書き」&「言葉の贅肉」★伊奈かっぺい著~赤い糸か?

Img_20190717_0003 Img_20190717_0004  

目の調子がまだ悪いので、簡単に。

目の調子が悪く、気が滅入っているので、こんなときは面白いものをと、久しぶりに伊奈かっぺいさんの本を適当に選んで、Amazonに頼みました。


伊奈かっぺいさん、定年まで青森放送に勤務し、東北では有名なマルチタレント。長崎では無名ですが・・・NHK教育放送で方言の時間だったかに出演していました。和田アッコさんと一緒に番組も持っていました。


買ったのが「言葉の贅肉」。で、これに「消しゴムでかいた落書き」のことが書いてあり、これが伊奈かっぺいさんが初めて書いた本で、しかも自費出版、しかも出版部数が500冊。中身は下の通り、手書きの原稿をそのまま印刷したもの。実はこの本、私の手にあるのですが・・・


Img_20190717_0001

伊奈かっぺいさんは北の青森、私は西の長崎。

総務省統計局の令和元年6月1日の日本の人口が1億2623万人(概算値)。


ですから、1億2623万人÷500冊ということは、252460人(iPhoneのSiriで計算させましたから、計算が違っていたら、私の責任ではなく、Siriの責任です。)に一人しか持ってないということです。


もっとも、500冊印刷して「すぐ増刷」と書いてありますが、ここは無視して、私のは初めの500冊の一冊(だと確信しています)ということはすごいことです。なにせ、約25万人に一冊しか持ってないのですから。

ですが、実は
この本、どこで買ったかは覚えておらず、伊奈かっぺいさんをどうして知ったかもよく覚えていないのですがファンになって、CDも10枚以上、本も数冊持っています。

さて、青森で500冊出版された本が、どうして長崎まで流れてきて、私の手に入ったのか(古本屋さんだっか?)、まったく不可解で、伊奈かっぺいさんと私が赤い糸に結ばれているとしか思えません。もっとも、赤い糸の先は若い女性の方が良いのですが・・・・


伊奈かっぺいさんのCD、落ち込んでいるとき聴くと効果てきめんです。昔は手に入りませんでしたが、今ではAmazonなどですぐに買えます。「一家に一枚、伊奈かっぺい」。




2019年5月17日 (金)

「キマイラ14 望郷変★夢枕獏著」~一気読み

Img_20190517_0001

やっと出ました、「キマイラ14 望郷変」。

"13巻 堕天使変”が出たのが1018年3月。で、この前はチェックするのを忘れ読んだのが4月25日。

今回は、予約をして到着が6月頃になっていたのですが、着いたのが今月16日で一気読みしました。


今回の序章には、不死を求める始皇帝と余市、そし余市が連れてきた”赤”。”赤”はなんと始皇帝を殺してしまうのですが、この”赤”については、一番最最後の章に出て来ますが、今までの物語と微妙に関係をしてきます。


さて、本論の方ですが、ルシフェル教団に捕らえられた織部深雪を、主人公の大鳳吼と九十九三蔵が救出に出かけますが、ここで菊池 良二に出会い戦いますが、無事逃げる事が出来ます。


が、大鳳吼と九十九三蔵をつけていた龍王院弘とフレードリッヒ・ボックが出会い、戦いますが、前回はフレードリッヒ・ボックに破れた龍王院ですが・・・ですね。この部分の格闘技の駆け引き、格闘技好きの人には最高に面白いです。


そのほか色々ありますが、「キマイラ」の秘密が長い物語を通じ段々と明らかになっていきます。


ここまで書いてきて、分からない方には全然からなかったと思いますが、好きなものは好きなので、一応書いてみました・・・m(_ _)m


さて、夢枕獏さん「『陰陽師』などを、五七五でやってみようと。」思い、俳句に取り組んでいるそうで、「今は、もっとシンプルに、俳句を『世界で一番短い定型小説』として、作ってみたいと思っているのである。」ということで、七句ほど紹介してあり、大したことないだろう思ったら・・・


・湯豆腐を虚数のような顔で食う

・沈むなら五月の森の難破船
・秋の指青き乳房の贄となる

と、現代俳句ですね。本格的な。さすが夢枕獏師匠。

後書きに「あと一息、二息だ。」とは書いていますが、この人の”一息”は長いから、あと何年かかるのか。餓狼伝も進まないし、東天の獅子はどうなっているのか?どこかの雑誌で連載をしているようですが、ダラダラ読むより一気読みの方が性に合うので、単行本になるまで気長に待つつもりではありますが・・・


2019年4月18日 (木)

夫と妻と~「夫の墓には入りません★垣田美雨著」「妻の取説★黒川伊保子編著」

Img_20190418_0001 Img_20190418_0003

「夫の墓には入りません」は、2017年「妻を止める日」として発刊、文庫本化にあたり、「夫の墓には入りません」と改題。最近の、はやり文句みたいですが。

夫が若くして急死。小説の最初の出だし・・・・


どうして悲しくないんだろう。

夫が死んだというのに、何の感情も湧いてこない。
それどころか、祭壇に飾られた遺影を見つめるうち、まるで知らない人のように思えてくる。

最後の部分・・・・


自分たちは五つ星の夫婦だった・・・ということにしておこう。

その方が、精神的にも良さそうだから。

ということで、この対照的な、出だしと、最後の部分。この間、どんな事が起こるかが読みどころです。


夫の親族、恋愛、墓問題等々がからみ、主人公が選んだ道が、「姻族関係終了届」。今、このことにつては話題になっているようです。


さて、「夫の墓には入りません」、「妻を止める日」。なんとなく内容と題名がピッタリこないような。ストレートに「姻族関係終了届」が良いような感じだするのですが。この制度、知らない人がまだまだ多いので・・・・


「妻のトリセツ」

だいたい、トリセツと言えば、テレビにしても、クーラー(ウチ、20年使って、ぶっ壊れたので先日替えました)にしても、カメラ等のトリセツにしても、読むの面倒くさいですよね。字は小さいし。カミサンなんか絶対に読まないで、「これ、どうすんの?」は、いつもです。

「地雷を踏むセリフに気をつけよう」「母と娘も女女問題がある」「妻の失敗は無邪気に指摘」「妻より先に売り場に着こう」「サプライズは逆効果になることも」「お土産を買って、家に帰ろう」等々。


この本読んで、実践するとすると、お父さん、ノイローゼになりますね。多分。


ウチ、カミサンが先日誕生日だったので、ケーキを買ってきて、今日は会議で遅くなるので、洗濯物を取り込んで畳んで置いたのです・・・がね・・・・人生はそんなに甘くありません。


先日紹介した、ターシャ・テューダーさんの「何があっても前を向いて」で、中に書いてあるように「そんなものよと、達観してしまえば」、という事ですね。



2019年4月16日 (火)

「何があっても前を向いて~ターシャのシンプルメッセージ」~文・絵:ターシャ・テューダー

Img_20190416_0001
ターシャ・テューダーさんの本は以前にも紹介をしましたが、本屋さんに行って見ると上の本が並んでいるので、パラパラと読んで見るとココロがなごんできたので買ってきました。

前にも書いたように、歳をとったら丸くなる。というのは間違いで、だんだん気が短く、何でも無いのにイライラしたりと、ココロにトゲが生えてくるのが分かります。


で、最近、悩むこともあったのですが、このページ、6匹の犬からジッと見つめられ、「そんなものよと、達観してしまえば?」と言われれば誠にその通りで、なんとなくココロが楽になりました。



Dsc_0051

とかくギスギスした世の中、ココロに鬱屈することとがあったら、読んで見て下さい。なんとなく、ココロが癒やされます。


2019年3月13日 (水)

お父さんは、かわいそう。

Img_20190313_0001 Img_20190313_0002

お父さん、かわいそう。いよいよ、捨てられるんですか?

おかあさんに気をつかい、むすめの成長に気をつかい、グレないように、悪い虫がつかないように注意して、挙げ句の果ては、「パパうざい」といわれ・・・本当にかわいそう。

そのうえ、「旦那が何を言っているかわからない」と言われ、子供は小学校のときから、お母さんの「取扱説明書」を読み、お母さんの機嫌をうかがいつつ・・・

Img_20190313_0003 Img_20190313_0004

本は買いましたが、なにが書いてあるのか怖いので、まだ読んではいませんが・・・わたしも、ボチボチ断捨離されるのかな (^^;) ・・・・



2019年2月28日 (木)

「マジ?」~モービルオイルCMと橘中佐の微妙な関係

Scan001

1973年(昭和48年)1月号の「SNOOPY」です。この年に生まれた方は46歳になります。多分。

この雑誌、私は読んだことがないのですが、他に調べ物をしていると、ひょんな事に気がつき・・・・

最後の所に「CM SONG CARD」というこのがあり、上の段が「モービル石油・コマーシャルソング」の「気楽に行こう」(マイク真木作詞・作曲・歌)。まあ、ここまでは良いのですが、なぜか下の段の歌・・・

「軍神橘中佐」(鍵谷徳三郎作詞・安田俊高作曲)が載っており。

あなたですよ、若者向けの雑誌、しかも昭和48年発行。それに、橘中佐の「遼陽城頭夜は闌けて 有明月の影すごく・・・・」と戦時中の歌を載せて、誰が歌うんですか?しかも、全国向けの雑誌ですよ。

Scan001_2

次のページをあけたら、この歌19番まで載っていました。本当はまだ長いのですが。

で、赤の四角の所読んだら、よく分かりました。そのまま書いてみます。


モービル石油のCMは、ユニークなモップスの鈴木博三(注:鈴木ひろみつ・2007年3月、60歳没)と”軍神橘中佐”の歌で決まっています。
今、若い人たちの話題を呼んでいるこの歌、CMを撮る際、”気軽に行こうよ”の前に、何か歌を流そうかいナンテいってたら、鈴木博三クンが、この歌を歌いはじめたんだって。そくざに、それていこうー!って決まったそう。
この歌は、このあと下の巻13番と続く、長~い歌です。(原田英子)


だったんですって。


Photo

で、このCMは大ヒットしたので、テレビで良く見ていたのですが、橘中佐入りのCMは記憶がなく、YouTubeあたりにないか調べたら残念でした。

ネットであちらこちら調べると、意外と”橘中佐”入りのCMを覚えている方が多く、某ブログでこの歌をYouTubeに投稿した方がおられたみたいですが、再生したら、下の画面。誠に残念でした。

Img_20190228_0001

削除された原因は色々と推察されますが、橘中佐の生誕地に住んでいる人間としては、橘中佐の歌入りの「気楽に行こう」。聞きたかったな~。

どなたか、ネットあたりで流しているのを知っている方、お知らせをm(_ _)m。



2019年2月21日 (木)

「寺山修司 青春書簡ー恩師・中野トクへの75通」~九条今日子監修・小菅麻紀子編著

Img_20190221_0001 Img_20190221_0002

「寺山修司 青春書簡」が出版されたのが、2005年12月10日。

寺山修司を知ったのは、高校生の時。それから、随分の本を読みました。

カミサンから本が邪魔といわれて、随分処理をしたのですが、寺山修司の本だけは一冊も処理できませんでした。

表紙は寺山修司が野原に腹ばいになっているところ。


・方言かなし菫に語り及ぶとき
・車輪繕う地のたんぽゝに頬つけて


最近は方言が流行しているようですが、昔は東北の方は方言に屈折した思いがあるのか


ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく


と歌ったのは石川啄木。


裏表紙は寺山修司が線路を走っていますが


「ロンググッドバイ」

地があつい鉄道ならば
走り抜けてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう
同じ時代の誰かが
地を穿つさびしいひびきを後にして
私はクリフォード・ブラウンの旅行案内の最後のページをめくる男だ
合言葉は A列車でいこう だ
そうだ A列車でいこう
それがだめだったら走って行こう
(以下、長いので省略)


A列車と言えば、ゲームとか旅行会社が使っているようですが、元来はジャズのスタンダードナンバーのひとつです→詳しくはこちらをクリック

ただ、昔、聞いた話では、黒人奴隷をカナダに逃がすため「地下鉄道」という名の組織があり、そのルートを隠語で「A列車」といっていたと言うことだったのですが・・

裏表紙、寺山修司が走っている姿と、「そうだ A列車で行こう それがだめだったら走って行こうよ」という詩をよむと、そちらのほうがピッタリだと思うのですが・・・

さて、本に載っている「恩師・中野トク」さん。直接の教え子では無く、中野先生の教え子、広瀬隆平氏が「寺山はあまり幸福ではないから、先生に会ったら少しは幸福になれるかもしれない」ということで二人を紹介したそうです。

当時は、公共図書館も無く、中野先生が自分の自宅を、放課後の生徒に解放していたそうです。家には色々な本があり、生徒たちは各々好きな本を読んでいたそうです。

寺山修司が中野先生に宛てた書簡は、高校二年生の昭和28年から昭和38年までの75通になるそうですが、この本は寺山修司の手紙をそのまま写しています。決して上手な字とはいえませんが、寺山修司の作品を思い出しながら読むと、納得できる「字」でした。

書簡の内容は、作品とは違った面も見られ、また、作品の理解に役にたつかもしれません。



2019年2月17日 (日)

「のび太の月面探査記」~★原作・藤子・F・不二雄★著・辻村深月

Img_20190217_0001_2

ドラえもんの本が書店に並んでいて、セロファン紙で包んであるので、てっきりマンガかと思って買ってきて、セロファン紙をあけると、なんと、ベラり、活字。


おかしいなと思って帯の裏側を見ると「『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の脚本を手掛けた辻村深月が、自ら書き下ろし小説化」という事でした。なんとなく、納得したようなしないような。なお、本の方は、今日、行きつけの本屋さんでは売り切れていました。

なお、作者の辻村深月氏は「章タイトルをすべて『ドラえもん』のひみつ道具にした『凍りのくじら』」があるそうですが、私、残念ながら、辻村深月氏の本を読んだことがないのですが、「ドラえもん」がよほでお好きなのでしょう。本の帯の裏側に、作者が「ドラえもん」をいかに好きだったかも書いてあります。

さて、小説の出だしは、月面探査機ナヨタケのカメラに映った白い影。

謎の影ですが、のび太は月にいるものといえば「ウサギ」だと言いますが、もちろん皆にはバカにされます。

で、のび太とドラえもんは月に行き、「あのクレーターにウサギ王国を作ろう!」というわけですが、もちろん、ドラえもんの秘密道具が活躍します。

話変わって、某日、ルカという何となく冷たいような、でも、勉強はできる、体育は万能という、なんとなく不思議なルカという転校生がきますが、実はルカは・・・・と
いう事で話は、大きく展開してくるのですが・・・・


私としても、1800円+税という事で、大枚払って買ったので、これ以上は書きません。興味のあるかたは、ご自分で買ってお楽しみください。たまには、このような冒険小説も良いですよ。

なお、この映画は「3月1日にロードショー」という事で、読んでから映画を見るか、映画を見て本を読むか、映画はみない小説も読まないか、悩みますね。私は既に読んだので・・・映画は見るかどうかの問題ですが・・・・




2019年1月25日 (金)

「傑作!広告コピー516」~メガミックス編

Img_20190121_0001

俳句、和歌、詩、コピー。
短いながらも、長編小説にも負けず、人生、世相を感じます。以前、別の本を紹介しましたが、今回も少々ご紹介を。

■いいおばあさんになりたい。

孫をもって、いいおじいちゃんとは何か考えましたが、良い爺とは頑固者だと思います。
最近は、切れる爺さんが多くなってきたようですが、「切れると」、「頑固」とは違いますね。
「いいおばあさん」のことは、爺さんには分かりません。

■女だって女房が欲しい。
■日本のお母さんは、いつか倒れると思う。

カミサンが、10日ほど留守しました。その間、掃除、洗濯、調理、風呂入れなど大変でした。つくづく、主婦の大変さを自覚しました。

■キスというものを、ここしばらく、していない。
■キスがなかったらつまんない。

このキスは、高校生の小鳥のようなキスが良いな。大人の激しいのでなく・・・・

■アタマのキレイなひと。
■ヘタなカツラをつけるなら、ハゲのままでいい。

そとがキレイか、なかがキレイな方が良いか、悩みますね。

■私の主食は、レタスと恋とカンビールね。

これ、以前にも紹介した覚えがあるのですが、何回読んでも良い文句だと思います。

■酒でしか女を口説けない男にはなるなよ。ベイビィ。

酒飲んで口説いたことはありますが、全敗。口説くときは、真面目に。

■スカートも哲学書も、めくるのは十代だった。

いわれれば、確かに・・・

■うるさそうな女に会ったので酒はジンにした。
■あまり、話たくないので酒はジンにした。

この場合、ジンはストレートですね、カクテルでは無く。絶対的に。私はバーボンにしますが・・・

■こんにちは、まっすぐの不良でございます。矢沢永吉。

私たちの時代は、石原裕次郎、赤城圭一郎でした。憧れましたが、真面目なサラリーマンになりました。というより、真面目なサラリーマンにしか、なれませんでした。

■ぼくが、一生に会える、ひとにぎりの人の中に、あなたがいました。

と思って結婚したんですが・・・・

■カワイイだけじゃだめなのよ。きちんと仕事もしないとね。

当たり前でしょう、「甘えるなよ」。可愛い子にはモテなかった男の独り言でした。

■入りたい会社、あります。やりたい仕事、ありません。
■職人は”人”です。会社員の”員”て何ですか。
■あなたが今辞めた会社は、あなたが入りたかった会社です。

就活、就活といいますが、なんの為に働くのか良く考えましょう。

■鎌倉時代より室町時代より江戸時代より、高校時代です。

鎌倉時代より室町時代より江戸時代より、高齢化社会時代です。

■「忙しいなら無理して帰らなくていいよ。」は、ほとんどの場合、嘘です。
■大人の気持ちが、子供にわかって、たまるか。

分かっているようで、分からない。分からないようで、分かっている。親子って難しい。

■「やっぱり、人妻はいいなあ」。そういうあなたの奥さんも人妻です。

ならば、口説いてみるか。ふられるの覚悟で。

まだまだご紹介したいコピーがありますが、あとは本をお求め下さい。損はしない一冊です。



2018年12月31日 (月)

「チコっと冒険 First」~チコちゃんに叱られる

Chiko

今年、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」で流行語大賞をとったチコちゃん。

私、小さいときは、勉強はできず、気は利かず、毎日先生から叱られたものですが、この歳になると、向こうが気をつかうのかドジを踏んでも、叱られることもなく、なんとなく寂しい毎日です(別段Mっ気はありませんが)。

ところが、なにげにNHKを見ていると、可愛い女の子の「
ボーっと生きてんじゃねーよ!」とNHKらしからぬ声が聞こえ、はっとしました。本当にいままで、「ボーっと生きてきた」、私。心より反省をいたしました。

ということで、本が出ているということで(こちらの本屋さんには置いてありません、なにせ田舎だから)お取り寄せをしました。

5つの部分からなっていて、「チコっとプライベート」「チコっとガーリー」「チコっとジャーニー」「チコっと変身」「チコっとじゃねよ!100の質問」。

チコちゃんのTVでは見られない、かわゆい姿がみられます。「
チコっとジャーニー」では、チコちゃんの趣味がよく分かりますね。大人が一人で読んでも良し、子どもと読んでも良し。楽しい本です。

さて、キヨエちゃんの姿は載っていますが、「岡村~」の姿が見られません。
読んでいくと
「チコっとじゃねよ!100の質問」のなかにチョッコとでてきます。

Q:無人島にひとつ持って行くなら?
A:岡村

Q:1日だけ誰かと入れ替わるなら誰になって何をしたい?
A:岡村になって結婚。

と、いろいろな質問の答えが面白いですね。

さて、先ほどNHK紅白歌合戦に少しばかり出て来ましたが、本番が楽しみです。

あと少しで、今年も終わりますが「ボーッと生きてんじゃねーよ!」とチコちゃんに叱られないよう、来年はしっかり生きていきましょう。




より以前の記事一覧

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ