日記・コラム・つぶやき

2017年7月22日 (土)

ぶらっと「唐比ハス園」~諌早市森山町


Photo

毎日暑くて、もはや仮死状態というか、夏眠状態になっておりますが、一日中ゴロゴロしているのも体に悪いなという事で、お近くの「唐比ハス園」まで、お出かけしてみました。

思った通り、下の写真のようにハスの花はほとんど散っていましたが、種類が違うと花期も少し違うのか、まだ、楽しめるところもあります。

Photo_2

ほとんど散ったばかりの花ですが、右の写真、青い所に実が3か所ほど見受けられます。これが、落ちてしまうと右のように枯れてしまいます。お家のちょっとしたインテリアにも似合います。取っていっても、別に怒られません。多分。自己責任で・・・

Photo_3 Photo_4

ここの土地は、植物が積もったピートモスで柔らかく、場所によっては飛んでみると「揺れる大地」が感じられます。

花は散っていましたが、写真を撮っておられる方も数名。ただ、接写に夢中になると、泥にはまってしまうので、ご注意を。

Dsc_0100 Dsc_0108

【ドブに落ちても 根のある奴は いつかは 蓮(はちす)の花と咲く】
渥美清さんを偲びつつ、一曲。

ハスの事を「ハチス」とも言いますが、実が落ちて穴が開いている様子が「蜂の巣」に似ているので「ハチス」とも言うそうです。





2017年7月16日 (日)

「天皇陛下お召し上がりのクッキー」を食す

Img_1970

先週から、お葬式が二つ続き、昨日は天満宮(産土神)の護持会の役員会。今日は朝の5時から起きて町内一斉清掃と、少しくたびれました。

で、カミサンから「パンがないから買ってきて」とのご催促。私はどこのパンでもかわないのですが、カミサンにはこだわりがあってですね。こだわるのよくありませんね。人種にこだわり、主義にこだわり、国境にこだわり、思想にこだわり・・・ですから争いが絶えないのです。

私、カミサンに「パンなんて、何だって良いじゃないか」と言おうと思ったのですが、平和主義の私、「ヘイ、ヘイ」とお買い物。

いつもの、お店屋さん行って、ヒョットみるとあるじゃありませんか。「長崎国体の際、天皇陛下が召し上げられたクッキーです」の説明書き。

長崎国体と言えば、平成26年でした。で、天皇陛下御夫妻のファンとしては、買わないわけにはいかないじゃありませんか。天皇陛下お召し上がりと言えば高価かな、と思ったら、5枚入りで税込み190円。天皇陛下もこんな安いのを食されるなのかと、感動。ご覧の通り、ほとんど売り切れ状態。

お味ですね。天皇陛下が召し上がられたものと同じものを食べているかと思うと、味なんぞはわかりませんでした。

数十年前、こちらに来られた時、休憩されたところで、「お菓子は、食べて音が出ないものを出してください」と言われたという話を聞きました(本当かどうかは知りませんが)。ですから、煎餅などは出せなかったらしいのですが、このクッキーは噛むと少し、サクサクと音がするので、少し気にはなりましたが・・・時代が変わったのかな?

血糖が上がるのを気にしながら、2包み、10枚ばかりいただきました。


Img_1954 Img_1955

で、帰りがけいつもの、ところ店屋さんへ寄ろうと思ったら、お隣の湧き水が出ているところで、お祭りをしていて、水神様のお祭りかな、と思ったら、火の神様のお祭りでした。

のぼりを見ると「火産霊之神」と、書いてあり、この神様イザナミが生んだ、火の神様ですね。そのため、イザナミは命を亡くしてしまいますが・・・

実は、この神様の隣には水神様が祀っておられるわけですが、水と火とは仲が悪いのですが、並んでいていいのでしょうか?


Img_1960

左の写真が「火の神様」、石には「火神鎮座」と書いてあり、最初はここから数十メートルばかり離れた、この三差路付近にあったそうです。

多分、道路の拡張をするとき、ここに移したとは思うのですが、学力偏重の時代、このような地元の話も、段々と忘れ去られる時代になってくるのでしょうが、なんとなく、忘れられていく故郷(出身は長崎ですが)を思うと、少しばかり淋しい気持ちがした一日でした。


Img_1963 Img_1964



2017年7月 1日 (土)

7月1日は。

Img_1897_2

7月1日は毎年書くように、「ところ天の日」です。全国的に普及しませんが weep

この、ところ天屋さん、7月1日から9月31日までのみが営業で、ほかはお休みになります。

7月1日に開店になると、あ~、一年たったなと思い、一年の早さを実感し、いつまで生きられるのだろうと考えます。

ということで、7月1日は私にとって、「ところ天の日」になります。俵万智さんにとって、7月6日が、「サラダ記念日」のように。

昨年と変わらない店内。レトロな扇風機。

で、レトロというと、最近またレコードが復活してきたようですが、私は伯父さんが持っていた手回し式蓄音機から、電蓄、ハイファイ、部屋の四隅にスピーカーを置いて立体感出す装置、CDと経験してきたわけですが、このレコード復活も一時的なものでしょう。若い方は飽きやすく、とにかく、レコードをかけるのは面倒臭いから。

小林秀雄の「蓄音機」、五味康祏の「いい音いい音楽」など読めば、先人が音と音楽に対してどう取り組んできたか、わかるから読んでみてね。

あ、それからレコードにはヒゲをつけないでね(これが分かる方は、昔、かなりレコードを聴いた方です)。

Img_1898_2 Img_1899_2

いつものオバチャン。昨年と変わらないような感じ。
ラムネは、冷蔵庫でギンギンに冷やすのでなく、井戸とか、川とか、湧き水で冷やすのが一番。


Img_1902_2 Img_1904_3

私の前にも、若い女性が食べに来て、買っている時に老夫妻が来店しましたが、皆さん開店するのを待っている感じでした。

ところてんは「心太」とも書き、食べると心が太く、豊かになります。夏は何といっても、ところてん。


2017年6月19日 (月)

求めよさらば与えられん~「クラフトボス ラテ」



Dsc_0711

左の二本が「クラフトボス ラテ」、一番右が「クラフトボス ブラック」。

なんで、この写真を載せたかというと「クラフトボス ラテ」がお店に無いんですって。

土曜日の長崎新聞に、下のようなお詫びの広告が載っていて、「クラフトボス ラテ」が当初の想定を大幅に上回り、今後の注文に供給量を確保できないことから、体制が整うまで、出荷を一時停止せざるを得ない状況だそうです。

でもって、無いとなれば欲しいのが人情。まして、探求心の塊の私。さっそく、ご近所のコンビニ、ストアを7,8軒回ったら、本当にないんですね。一番右の「クラフトボス ブラック」は、大量にありましたが。

そんで、昨日の日曜日、土曜日に行ってなかったコンビニを回って5件目。お~、なんとあるではありませんか。7,8本。「求めよさらば与えられん」。実感しました。


もちろん買ってきました。新聞記事によれば、「出荷を一時停止」しますですから、もちろん、土、日曜日にお店に入荷したものではありません。売れ残った分になります。このコンビニのお客さん、新聞を読まなかったのか、「クラフトボス ラテ」には興味が無かったのか、でしょうが。今日も諫早方面に行くついで、3,4軒覗いてみましたが、本当にありません。

Dsc_0699

まがい物ではなく、ちゃんとしたものです。私が中身を入れ替えたのではないのは、ラベルを見ていただければわかると思います。

Dsc_0714

お味ですね。ラベルに書いてあるように・・・

BOSSは手間を惜しまない
本当に良い豆か。旨味を引き出しているか。ブレンドは最適か。
200を超える工程で職人の目が光る。手間を惜しまない。
BOSSのクラフトマンショップがつまったおいしさです。

さて「カフェラテ」「カフェオレ」「カプチーノ」。それぞれに入れ方は違いますが、原料は、「コーヒー」と「牛乳」です。日本語で昔は(今も)「コーヒー牛乳」です。

あの、「コーヒー牛乳」の一番おいしい飲み方は、「大衆浴場」にいって、風呂からあがり、腰に手をあて、ビン入りの冷えた「コーヒー牛乳」の一気飲み。あれ、家の風呂あがりにやっても、あまり、おいしくないんですね。はやり、大衆浴場。

さて、「クラフトボス ラテ」、大衆浴場で一気飲みしたら美味しいんでしょうが、肝心の「大衆浴場」がありません。隣町は、小浜の温泉街ですが、温泉なんて高級浴場では雰囲気が合いません。やはり、「大衆浴場」です。という事で、我慢して家の風呂あがりにでも一気飲みを。

都会の方で、「クラフトボス ラテ」を飲まれたい方は、田舎までお越しを。どこかにあるかしれません。「住めば田舎」 cafe 。もっとも、通販でも買えるみたいですが、昨日時点では・・・






2017年6月15日 (木)

大村にて

Photo

今日は大村の病院へ肝機能の検査。半年に一回検査をしもてらっていますが、血液検査があるため、朝飯抜きで腹の減る事、減ること。結果は、まあまあで無罪放免。

今の病院は、美容院あり、コンビニあり、マッサージありで便利になりました。探しましたが、キャバクラはありませんでした。


Img_1682 Img_1685

「ランチパスポート」を持っていたのですが、診察時間終了までに少し時間がかかったので、病院のレストランで食事をすることにしたのですが、おや?お店屋さんが変わっていました。さすが、病院のレストランだけあって、メニューには、カロリー、タンパク質、糖質、塩分の表示。

Img_1641 Img_1662

ここが良いのは10階にあることで、大村湾を望みいい景色。で、しばらくするとドクターヘリが出動。昨日は、千々石にも降り立っていましたが、出動回数が多いとか。患者の方が無事なら良いのですが・・・ちなみに、私の知り合いも運ばれたことがありますが、あまり乗り心地はよくなかったとか。

Img_1650_2 Img_1653

昼食はチャンポン。カロリーが一番低かったからです。長崎といえばチャンポンですが、野菜、肉、炭水化物、エビ、アサリ、イカ等入っていて、これさえ食べていれば、他はいりません。世はラーメンブーム(少し落ち着きましたが)ですが。ラーメンよりチャンポンが断然いいのは分かりきったことで、長崎のラーメン屋さんで行列ができるところはマレです。

テラスを見ると何やら見慣れないものがあって、ワイヤーが張ってあったので、多分、ハト、カラスよけでしょうが、こんな手もあったんですね。


Img_1659 Img_1658

いつものように、病院のギャラリーを覗くと、今回は木工作品。
諫早の眼鏡橋。根気よく彫ってありますね。


Img_1676

Img_1666 Img_1667

かわいらしい作品もありますが、私好みの作品もあって、これ、いいですね。

Img_1670 Img_1674

他に、どうしても寄りたい所がありましたが、途中諫早公園があり、スマホで調べると、菖蒲の盛りは過ぎたが、まだ、見ごろだということで、寄ってみると、まだまだ十分見られますね。

Dsc_0642

とはいっても、枯れた分は刈り取っていましたが、多分、今週いっぱいまでは楽しめるのでは思います。オタマジャクシも泳いでいて、久しぶりに見ました。写真では分かりませんね。

Dsc_0658 Dsc_0668

帰りのお土産は、もちろん大村寿司。カミサンと二人で食べたお寿司はおいしかったけれど、「これ、いくらしたの」とは尋ねられました。なにか、尋問にあっているみたい。

Dsc_0691 Dsc_0696





2017年6月10日 (土)

昨夜は「ストロベリームーン」(2017年6月9日)

Photo

昨日は、「ストロベリームーン」でした。

本当は、もっと、色が綺麗だったのですが、なにせ、現品処分1万円のデジカメではこれが限度でした。

ネットで調べると、ネイティブアメリカンが付けた名前。6月がイチゴの収穫時期で、その頃の満月が赤くなることから、「ストロベリームーン」と付けられたそうですが・・・

仙台天文台では、「この時期は月の高度が冬より低いため、赤く見えるように思うかもしれないが、この日の月が特別に赤いわけではない」と断言。
東京天文台も「赤さは大気の状態による。今日の月が普段より赤く輝くわけではない」と話した。(朝日新聞デジタル版より)

なんとなく、天文台のお話は味気ないですね。七夕の織姫星、彦星だって、実際に星が動いて会いに行くわけではないでしょう。

さて、この日に、好きな人と一緒に見ると「永遠に結ばれる」とかいう話もあるようですが、カミサンと一緒に見た月は綺麗でした。もっとも、熟年離婚ばやりの昨今「永遠に結ばれる」かどうかは分かりませんが・・・

あ!6月9日というのも良いですね、熱く語り合った後の「69」というのは如何だったでしょうか?来年は、6月28日が満月で「69」とは関係ないですね。残念ですが weep



2017年6月 5日 (月)

「漱石先生、カステラをなんと書かれた?」~松翁軒広告・カステラ文学館49

Img_1499

長崎のカステラの名店、松翁軒の広告です。いつも面白く読んでいるのですが、今回は少し気になるところがあるので・・・

最初の部分です。見にくいので、書き写すと

夏目漱石は当て字の名人だった。『吾輩は猫である』では秋刀魚(さんま・注ルビにて表記)を「三馬」と書いた。『それから』には「馬尻(ばけつ)」が出てくる。『三四郎』では、「盆槍」とかいて「ぼんやり」と読ませる。文豪がいま中学生に生まれ変わったら、国語のテストがいちばん心配だ。(以下略)

夏目漱石は当て字、誤字が多いと以前から聞いてはいたのですが。


Img_20170604_0002 Img_20170604_0001 Img_20170604_0003

ここに3冊の本があります。いずれも古文書の入門書になります。

「古文書はじめの一歩」には街道筋にある、夜の村の見回り、門の開け閉めの事などが書いてありますが、夜には門を閉め、朝開けますが、このところの表現は「翌朝門共明(よくあさ、もんどもあけ」ですが、「明」は現在「開」であり、今の学校で、「開け」を「明け」と書いたらもちろん✖ですね。

油井さんは、「”間違って”いると思われたでしょうか。確かに現在の漢字テストでは『門を明ける』と書いたら、バツをされてしまうでしょうね、しかし、古文書では、音(オト)さえ合えば、まるでいろいろな書き方を楽しんでいるようかのように多様な表現が見られます。それは、単に”当て字””勘違い””間違い”というだけではなく、何か豊かな世界を感じます。」と書き、例字を書いていますが、ほかの2冊にも例字が載せてありますので。

「浮空」は「上の空(うわのそら)」。「深切」は「親切」。「留主」は「留守」。「異見」は「意見」。「墓無」は「はかなし(むなしい事)」。

油井さんが書いているように、「音さえ合えば」適当に書いていく。それが、昔の「日本語」の書き文字になりますが、油井さんは続いて、「”間違っている”と目くじらをたてずに、『なるほど、面白い』『書き方の正解が一つしかない、という文化ではないのだ』と思っていしまった方が、奥行きが深い古文書と長く付き合っていくためには賢明です。」

という事で、夏目漱石の文字も、間違い、当て字と言わないで楽しんでいきましょう。なお、私のブログも誤字が多いとのご指摘もありますが、わざと間違っているものです happy01

「古文書をはじめる前の準備講座」に

第二期◆文明開化時期(明治維新1868から明治33年1900まで)
明治の文化革命(明治維新)により、活字・活版の時代に変革しました。
かなの使用は従来同様でしたが、新聞や活字本が急速に民間普及するのにともなって、徐々に一音一字に移行していきます。・・・・・・

第三期◆戦前期(明治33年1900から昭和20年1945まで)
文部省は、明治33年に「小学校令施行規則」をもって、50音図を示して、かなの一字一音使用を定めました。(以下略)

という事で、日本の文字が段々と味気なくなった、という事です。

さて、夏目漱石の「虞美人草」には、カステラの事を、「・・・チョコレートを塗った卵糖(カステラ)を口いっぱいに頬張る。」と「カステラ」の事を「卵糖」と書いています。なるほどの表現です。

「松翁軒」さんは、明治中期、チョコレートを使った松翁軒オリジナルのカステラ「チョコラーテ」を創り出しており、これは、チョコレートをカステラに練りこみ、夏目漱石の「チョコレートを塗った」カステラとは違うようですが、なんとなく気になる所ではありました。




2017年5月29日 (月)

前立腺ガン放射線治療日記 4


Photo

さて、今回は実際に治療を受けた様子。これから、治療を受けられる方に、注意する事など書きたいと思いますが、あくまで、私は治療を受けた立場で、お医者さんではないので、素人の感想、また、病院によっては治療機器が違うので、そのつもりで、お読みください。

下のグラフは、私が入院した病院のがん患者の登録者数で、左が男性、右が女性。

男性は見ればお分かりのとおり、一番多いのが前立腺がん、次に大腸がん、胃がんと続き、これなければ、がん患者が大幅に少なくなるのがわかると思います。女性は、乳がん、大腸が多いですね。

前立腺がんは他のがんと違い、進行が緩やかだといわれていますが、がんはがんで転移などもあるそうですから、要注意。

Img_1315

さて、治療は下記のような機器に横たわり、下の台が丸い部分の中に入り、この丸い部分が回り、私の場合は7方向から放射線を当てるわけですが、回りながら7回ほど止まり、いろいろ音がしていましたから、放射線が出てくる部分は一カ所かと思います。

下の図は着衣していますが、実際はお腹から膝あたりまでは脱ぎます、下の方には先日書いたように、体の型どりをしていますから、それに合わせて横になります。

それと同時に、おなかの方も型どりをしています。プラステックを熱で柔らかくして、それを腹部にあて型を作ります。オヘソの下あたりから、ヒザの上あたりまで、もちろんあの部分も型が取られます。冷えればきれいに型ができます。少し熱かったな。

で、胸部から膝の上あたりまでスッポンポンになり、下の型に体を合わせ、上からも型を押し当て、体が動かないように固定をし、さらに、先日書いたように、太ももの部分、オヘソの部分に印をつけていますから、多分レーザー光線を当て印に合わせると、毎回同じ姿勢になるわけです。
放射線を照射する時間は10分程度。入室して、着替えなどもして、15分程度。


Img_20170528_0007

で終わればいいのですが、一番上の図(あの部分はもちろん黒塗りにしました)。御覧の通り、前立腺の周りには臓器がいろいろありますから、放射線がこれに影響しないようにすることが必要で、特に、膀胱と直腸。

治療時間一時間前におしっこをして、その後コップ一杯の水を飲みます。こうしておけば、膀胱の中のおしっこは、いつも一定になるわけですが、おしっこが
近い方、頻尿の方は一時間も待っているのは辛いらしく、治療が終わったとたん脱兎のごとく、トイレに駆け込む方もいるとか。なお、自分ではオシッコがたまっていると感じても、全然の方もおられるという事で、また、水の飲みなおしになります。

もう一つ、直腸の問題があり、この部分に便などが溜まっていると、直腸が膨れ放射線が当たり、影響を受けますから、空っぽにしておく必要があります。

ところがですね、私、便秘ぎみなんです。で、緩下剤(便を柔らかくするお薬)と下剤を毎日飲みましたが、それでも、「便がまだ溜まっていますね。出してきてください。歩くといいですよ」。

と言われても、歩くところは病院内しかなく、一度は病院内を歩くこと1時間半、一万歩は軽く超えました。便器にしゃがむ事5回。あの時は辛かった。これから、同じ治療を受けられる方は、腸内環境を整えてください。と言っても、病院に入ると体をあまり動かさないので、便秘になる方が多いですね。

さて、便の他に厄介なのが、「ガス」。要するに、おならが溜まることで、「ガスが溜まってますね、直腸が膨れていますので、ガス抜きをします」。何をするかというと、肛門様から管を入れガスを抜くわけですが、これは、大腸の内視鏡の検査、前立腺の検査で肛門様から指を入れられ、グリグリされるのよりははるかに楽で、管の大きさは、いわばトンネルの穴とストローの穴の大きさぐらいの違いですが、5日ばかり続けてガスが溜まり管を入れられましたが、5日も続けると、めげました。

Img_1328 Img_1342

上の写真の左側、おいしそうなビール。ではなく、私のオシッコです。この日は、面白いテレビをやっいて、おしっこを我慢していたら、いつもの倍出ました。

これ、おしっこを出すたび容器に取り、機械に入れると、分量、比重などが記録されますが、便が固まらないように、いつもより多く水を飲んでいたので、毎日十数回、おしっこのたび測りましたが面倒でした。

なお、尿道、肛門あたりにも影響が出てくることがあり(個人差あり)、私の場合は、37回の放射線照射のうち35回目あたりから影響が出始め、現在も多少、軽い痛みが残っています。

写真右が、肛門付近の炎症等を和らげる薬ですが、肛門の近くに少し塗り、あと、先のほうを肛門に入れ、薬を中に入れますが、これが見えないので、やりにくい、やりにくい。あと、薬が肛門付近にベッタリくっついているので、現在も、紙パンツをはいています。

浮気をしようと思っても、「ズボンを脱いだら、紙パンツ」というのは、話にもならないので、我慢しているところです。

なお、放射線の影響は忘れたころに出てくる(腸炎等)事があるそうですから、数年間は要注意になります。

ということで、前立腺がんにはご注意を。

イラストは、適当なのがなかったので、病院での説明時のものを使いました。






2017年5月26日 (金)

前立腺ガン放射線治療日記 3 ~ やっと退院

Img_20170526_0002_2 Img_20170526_0003_2

本日、無事退院をしてきました。

放射線治療をする事、土、日、祝祭日を除き37回。入院日が3月31日、放射線治療最終日が5月25日、退院日が5月26日、約2か月間弱。

今日は、実際の治療の手順、感想などを書こうと思ったのですが、家に帰ったとたん、どっときて、疲れ果てたので、来週にでも治療の実際の体験でも。

さて、一番上の写真の左側、治療が終了した日に看護師さんにいただいた、「放射治療終了証」。


おつかれさまでした。
あなたは、37回毎日根気よく治療を続けられました。
よって、ここにそのその努力を称え修了書を贈呈いたします。
私たちスタッフは今後もあなたの治療を応援しています。


戴いたとたん、涙が流れ落ちました。長かった日々でした。

右側が治療の確認に使った表。なんとなく、ラジオ体操の出席票を思い出しました。

さて、現在時間が22時15分。病院の消灯時間が21時ですから、この消灯時間に慣れしまったので、22時15分というと、眠たい、眠たい。ということで、次週にでも、放射線治療の実際の体験記でも・・・

あ、病院のお風呂は男性が午前中ですから、久しぶりに夜のお風呂に入ってきます。






2017年4月15日 (土)

前立腺ガン放射線治療日記 2

Photo

入院2週間目になりました。今日は家に一時帰還。
桜はほとんど散って、桜の満開は見られませんでした。

繰り返しになりますが、以前にも書いたように、男性の前立腺ガンが増えているとかで、ひょっとして前立腺ガンになって、入院される方もいるとかと思いますので、自分も日記がわりに、時々、blogにしたいと思います。

まづ、入院が決まったら、入院生活の準備ですが、最近の総合病院には、コンビニがあったり(酒、たばこ類はありません)、コインランドリーがあったリ、病院によっては美容室、ベーカリー、整体屋さんまであって、便利なので荷物は最小限でいいですね。病院によって違いがありますから、前もって下見を。

でもって、病院に行って入院手続き。その前に、医療費が高額になるので、国保の方は、「国民健康保険限度額適応認定書」を役場で貰ってきておいてネ。社会保険等の方はそれぞれ違うので、病院で指示があるかと思います。なかったら、聞いてネ。

さて、入院手続きが終わったら、お医者さんの説明があります。

前立腺ガンの治療は、ホルモン治療、手術、放射線治療があるそうですが、ホルモン治療(女性ホルモンのお注射ヨ!
)では、一応ガンは抑えられるそうですが、5~10年位で悪化していくらしく、高齢者の方以外は、勧められないそうです。

放射線治療の場合は、放射線を使うので微妙なところがあるようで、一度に強い放射線は当てられず、私の場合は37回放射線を当てるそうです。土曜、日曜、休日は治療がお休みで(病院によって違いがあるかもしれません)、その分、入院日数が伸びます。

気が短い方、思いっきりのいい方、仕事の都合で長期入院は不可能な方は手術の方が良いかも。です。

説明が終わったら、治療室に入って、体が一定になるように、型どりをしますが、これは横になっているだけ。で、一番上の写真のように印を左右の太ももあたりに付けられます(ちなみに、写真は私の美しき太ももです)。あと、オヘソあたりににもこの印を。お風呂に入った時、こすると印が消えるので、こすらないようにネ、との注意でした。この印にレーザー光線をあて、体の位置を確実に一定にするような感じです。

いよいよ、部屋に入りますが、大部屋(4~6人程度)、個室(トイレ、冷蔵庫、テレビ、シャワー付などありますが、お値段はそれぞれ違います)。個室が良いか、大部屋が良いかは各自の性格、フトコロ具合、同室者との相性にもよります。大イビキをかく人もいるので要注意。

なお、個室はしゃべる人もなく、見舞い客、家族が来ない限り、寂しいものです(カミサンは2週間に一度しか来てくれませんでした。さみしいナ~、という気持ちでいっぱい)。

看護師さん、お医者さんは回って来ますが・・・ ただ、何か勉強してみようと思う方には、個室は最適です。

さて、実際の治療、感想については次回に・・・・・

あ!現在飲んでいる薬、持っていれば「お薬手帳」は持って行ってください。これは、入院した時必ず聞かれ、絶対必要です。なお、別の病院でお薬を貰っている方は、足りなくなったら、
入院先の病院で出してくれます。多分。ただし、バイアグラは出してくれません。



より以前の記事一覧

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ