日記・コラム・つぶやき

2018年8月12日 (日)

「ブログどころではない!」

Photo_12

女子世界ソフトボール大会。第一戦から応援していますが、今日はダブルヘーダーで、上野選手が好投して勝ちましたが、わずか三時間半でアメリカとの決勝戦。1日おいての連投なら分かりますが、三時間半ですよ。これ、本気で応援しないわけにはいかないでしょう。ということで、今日は「ブログどころではない!」

ところで、TVのスポーツニュース、新聞での扱いが少ないですね。たしか、1,2回戦では、完ムシだった気がします。高校野球、プロ野球の扱いに比べると、男女差別ではないですか。ということで、今日はおしまい。応援に専念します。




2018年8月 9日 (木)

「8月9日」

Img_20180809_0002

昭和20年8月6日、広島に原爆が投下。そして、8月9日、今日、長崎に原爆が投下されました。

上の写真が戦前のカトリック浦上教会。下が、原爆を投下され倒壊した教会。

Img_20180809_0001

広島の原爆ドームが保存をされているように、この教会遺構が残されることができなかったのかとは思うのですが・・・・

市議会では保存の決議がなされますが、最終的には、浦上天主堂とアメリカへの配慮を優先した当時の田川市長の意向があったみたいで、また、浦上天主堂再建の資金援助を、カトリック長崎司教・山口愛二郎氏が、アメリカに求め渡米しますが、米国側から条件として、天主堂遺構の撤去を求められたそうです。

詳しくはウィキペディアの「カトリック浦上教会」の中の「原爆遺構の保存問題」に詳しく書いてありますので、是非お読み下さい。→こちらをクリック

母方の祖父(おじいちゃん)もこの原爆で亡くなりました、私が生まれる前ですが・・・・アメリカの圧力に負けず、残すべきだったと毎年思っているのですが。

なにしろ、キリスト教の国がカトリック教会を破壊し、また、この地区には沢山のキリスト教の信者が住んでいた所です。



2018年8月 6日 (月)

「大江健三郎さんの思い出」

Img_20180806_0001 Img_20180806_0003

今日、いつものように本屋さんへ行ったら「大江健三郎全小説」が二巻置いてあって、第3巻をみると「セブンティーン」と「政治少年死す」が掲載されていました。

「政治少年死す」の主人公は、当時の社会党委員長・浅沼稲次郎氏が演壇で演説中、浅沼氏を刺殺した山口二矢がモデルになっています。このシーンはテレビニュースでも放送され、衝撃を受けたものです。山口二矢は当時17歳、鑑別所にて自死。

この小説は、第一部が「セブンティーン」、第二部が「政治少年死す」になっています。

初出が「文学界」の昭和36年(1961)の1月と2月号。樺美智子さんが60年安保で亡くなった(6月15日)次の年に発表されたものです。

「右翼少年死す」は発表後、右翼からの抗議、脅迫により、以後、表には出ていない小説で、地下出版、個人のネット配信、図書館に文学界のバックナンバーが運良く揃っているかですが(長崎ではほとんど絶望でしょう)・・・

で、ふと、思い出すと、私がこの二冊を取って置いた記憶があり、捜すとありました。大事にしていたので、パラフィン紙で頑丈包んで保管していて、上の写真はパラフィン紙の上からスキャンしたので、ぼけています。

Img_20180806_0002_2

Img_20180806_0004

さて、今日の話はこの小説に関するものではなく、タイトルは「大江健三郎さんの思い出」とはしましたが、酒を一緒に飲んだとか、文学を論じたとか、家に遊びに行ったとかいうことではありません。

私、学校時代は成城学園(学校は成城学園ではありません)に下宿をしており、学校に入ったばかりのとき、夕方、少し暗くなった頃、夕食を食べに出かけましたが、前の方から大学教授風の、どこか見たような、中年の男性が歩いてきまして、東京にでてきたばかりで、顔を知っているこの年配の人といえば、ゼミの先生かなと。

私、小心で律儀な性格なので、一応「こんばんわ」と挨拶をしたら、相手も軽く頭を下げながら「こんばんわ」。と、すれ違ったとたん「あ!大江健三郎だ!」。本当に気さくな挨拶の仕方でした。

もう一つ、駅の向かい側のプラとフォームに大江健三郎さんと、小さい子供が一緒にいて、電車の音がうるさく、子供の声が小さいのか、大江健三郎さんが身をかがめ、子供の口の所に耳を近づけ、一生懸命話を聞いていました。息子さんの大江光さんです。現在、音楽家です。これが「大江健三郎さんの思い出」です。

たわいないと言えば、たわいない話ですが、この二つのシーンはいつまでも、私の脳裏に残っていて、大江健三郎さんの人柄を知る良い思い出になっています。

《附録》
私の下宿のおばさんが、小沢昭一の伯母で、私が帰郷する前日、ご主人(かなり高齢)が亡くなり、数日して、下宿に帰ったら葬儀の折の写真を見せていただきましたが、小沢昭一さんが神妙な顔をして、位牌を抱いている姿も、まだしっかりと覚えています。




2018年7月25日 (水)

「旧日見トンネル」の思い出など

Img_20180725_0001_2

「長崎二十五號國道日見隧道」です。年代は分かりません。馬車が通っているのはビックリものですが・・・

長崎街道はこのトンネルのを上を通っていて、日見峠があります。江戸時代、蕉門十哲の一人、向井去来が江戸に向かうとき、送ってくれる人と最後の別れをしますが、その時の句が「君が手も 交じるなるべし 花すすき」。

あまりの難所のため明治15年、日見新道が完成。大正時代、自動車が普及するにつれ、日見新道では対応できないため、大正15年に日見トンネルが開通をしています。

以前、島原方面から、長崎市に行くにはこのトンネルを使ったものですが、新日見トンネルができたため、交通量はめっきり減りました。

このトンネルしか無かったとき、このトンネルを通るとき、夏は地獄でした。当時の私の車にはクーラーが無く、車の内部はサウナ状態。かといって、窓を開ければ、港が見えるじゃなく、排気ガスがモロに入り、おまけに、いつトンネルから抜けられるか分からない慢性渋滞でノロノロ運転。

このトンネルを長崎市から網場方面に抜けた所に、「トンネル饅頭」(だったかな?)があり、途中寄って買っていったものですが、名物で繁盛をしていました。

饅頭と言えば「町でまんじゅう買うて 日見で火もろうて 矢上で焼いて 古賀でこんがらかして 久山でうち喰うた」という唄があり、「町」の「ま」と「まんじゅう」の「ま」、「日見」の「ひ」と「火」の「ひ」、「矢上」の「や」と「焼いて」の「や」・・・言葉遊びですね。

こうして、長崎から日見峠を越え、江戸まで85日ばかりかかったといいます。

上の写真、もちろん私たちの頃は、車の渋滞でしたが、こんなのんびりした風景もあったのですね。


2018年7月22日 (日)

「夏休學習帖」

Img_20180722_0004_2

いよいよ夏休みです。思えば、学校を卒業するとき、これで一生、夏休みが無いのだなと思ったものでした。

子供にはうれしい夏休み、大人には頭の痛い夏休み。なにせ、子供が一日中家にいて、遊んでうるさい。共稼ぎの家庭は、子供がどうしているか心配。

で、子供も夏休みの宿題というのが無ければ、もっと楽しいのですが。私たちのころは「夏休みの友」といっていたかな?こんな友とは絶交したいのですが、もっとも8月31日は、父母が私の代行で宿題をやっていましたが・・・

上の「夏休學習帖」は、大正六年「高等小學 第二学年」のものです。32ページくらいのもの。昔の小学校は、尋常小学校と高等小学校があり、尋常小学校は四年間で義務教育、高等小学校は尋常小学校終了後四年間で、義務教育ではなかったそうです。高等小学校の就学年齢は10歳から14歳まで。

といっても、時代によって少し揺れるようですが、高等小学二年生と言えば、12、3歳で今の小学校六年か中学校一年くらいかな?

中を見ると、答えが書いてない部分があり、日記の部分は途中から筆跡が変わっており、明らかに、お父さんかお母さんが書いていることが分かり、あまり、勉強熱心な生徒でないことが分かります。

さて、下の右のページは算術(算数)で、これは分かりますが、右の「歴史」が難しい。

一、足利義満驕奢の有様を書け。
二、足利幕府衰亡の理由を書け。
三、應仁の亂の原因及び結果について書け。

ベストセラーの「応仁の乱」は一応読みましたが、よく分かりませんでした。で、「夏期學習帖」に課題として載っているということは、習っていたということで、現在の子供は習っているのかな?あなた、答えは分かりましたか?

Img_20180722_0005

左が「理科」ですが・・・

一、骨の成分を書け。
二、運動の必要なる理由を記せ。
三、心臓の畧圖を書いて其作用を示せ。
四、消化器の衛生法に付いて書け。

Img_20180722_0006_2

左が、漢字に仮名遣いを付けるもの。なんとか、できますね。右が歴史。

一、織田信長の勤皇に付いて記せ。
二、何故に本能寺の變起りたると思ふか。
三、秀吉が朝鮮征伐は 如何なる利益を得たるか。

今もって、本能寺の変については各種の本が出ており、まだ、結論は出てません。高等小学校には無理だな。

Img_20180722_0007_2

最後のページ「教育問答」です。

1、飛行機の飛ぶ理如何。
2、電氣の効用を書きなさい。
3、念力岩をもとほすとはどういふことですか。
4、「病は口より入り、禍は口より出ず」とはどういふことですか。
5、獨逸は随分強いようですがなぜでせう。
6、軍艦の種類を書きなさい。
7、潜水艇はどふいう用をしますか。
8、毎年八月下旬か九月上旬には暴風の來る理如何。

Img_20180722_0008

という事で、皆さん、どれくらいできましたか?最初に書いたように12、3歳の子供の問題です。読みながら、つくづく、現代に生まれて良かった、と思いました。


2018年7月19日 (木)

「富貴楼」の解体に思う

Img_20180719_0001

富貴楼。ホームページを見ると「当店は平成29年6月10日をもって休業致します これまでのご利用ありがとうございました」とありました。

富貴楼についての詳しくはこちらをclip(クリップ)じゃなく、クリックですね→富貴楼

ところが、ネットの「長崎市公式観光サイト あっと!長崎」には、まだ閉店の記事は無く、「データーは2016年2月10日現在のものです。」だそうで、観光長崎にしては、情報の鈍さを感じます。

さて、今月15日の長崎新聞に、総合長崎大学教授のブライアン・バークガフニさんが寄稿をされていました。富貴楼の明治40年の写真が載っていますが、色が付いているので、年代、色からみて手彩色でしょう。

上の写真が私が持っているもの、多分、ブライアンさんの方が古いかなと思われます。で、長崎事典(風俗文化編・長崎文献社刊)をみると、まったく同じ写真が載っていて「大正ごろの富貴楼」となっておりました。

ブライアンさんの写真には「四方富貴楼」となっており、調べてみると、俳人紫暁暁
の日記に「『千秋亭(注;富貴楼の前身の名前)に到り終日和漢の珍味に飽り」「四方眺め比類なし』」とある。」(富貴楼ホームページより)。で、こういうことから「四方富貴楼」と書いたのではないかと思います。あくまで、憶測ですが。

Dsc_0495

ブライアンさんの寄稿は「返上の日を懸念」となっていて、先日「長崎と天草潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されたことに触れつつ、元潜伏キリシタン集落の過疎化に触れながら、「教会堂が美しくも無用の抜け殻になりかねない。」と懸念をしながら、「地域経済の救済策として『観光』の話が持ち上がっても不思議はない。」としていますが、まったくその通りで、長崎県は経済基盤が弱く観光に頼らざるをえません。

と書きながらも、世界遺産の石見銀山遺跡、富岡製糸工場の観光客の減少にも触れています。

ここから、富貴楼の話になり「先日、私は諏訪神社前を歩いているときショックを受けた。石垣の上にたたずむはずの富貴楼は、まるで消しゴムで消されたかのようにその姿がなくなっていた幕末の志士やイギリスの文豪キプリングも訪れ、時の内閣総理大臣伊藤博文のすすめで名付けられた老舗料亭は、老朽化や人手不足、また改装にかかる多額の費用を捻出できない事を理由に取り壊された。」と書いています。

この料亭は、文化庁 国登録有形文化財登録、長崎県 まちづくり景観資産に登録されていますが、解体前に登録を解除していたそうです。朝日新聞によると、2016年4月25日の「市景観審議会」で市指定解除が諮られ、異議はでなかったそうです。

県なり市なりが手をかけ「心田庵」みたいに一般開放すれば良いとは思うのですが、見学期間中は「心田庵」は県内外の人で一杯です。

長崎では、日本初の西洋式病院「小島養生所」をどうするかで紛糾しました。遠くは原爆で破壊された浦上天主堂をどうするか検討され、結局、取り壊されました。広島の原爆ドームの取り扱いとは段違いです。平和の象徴として残すべきだったでしょう。なにしろ、キリスト教の国が、教会を原爆で破壊したのですから。

と言うように、長崎ではあまりにも、日の当たる文化財のみが大切にされているみたいです。

現在、県庁移転に伴う跡地利用をどうするか、なにを作ろうかの議論が盛んですが、旧県庁跡地は「サンパウロ教会」があり、その後「長崎奉行所西役所」があり、また、その後、勝海舟が学んだ「海軍伝習所」があった場所であり、発掘調査をすれば何か出てくるはずなのですが、トンとその様な話は聞きません。

お宝は地下にあり、空中にはないのです。地上に何かを作るとか、跡地利用をどうするかより、歴史に寄り添った開発を考えて貰いたいものです。

多分、登録遺産地区については広範囲にわたり、今後の努力が必要ですが、なんとなく、石見銀山遺跡、富岡製糸工場の二の舞を感じます。数年間は大丈夫でしょうが・・・・ブライアンさんが書いているように、富貴楼と同じように
「返上の日を懸念」にならなければ良いのですが・・・・



2018年7月16日 (月)

「集処(あつまりどころ)えんがわ」で一休み~雲仙市千々石町


Img_3935_2

「えんがわ」のある家って少なくなりました。広くて良いですね。

この家、元来は病院だったとか、その後、一般の方が入り住宅として使い、その後、町おこしの方が入り拠点として使っていましたが、現在、農業加工場として使われています。

が、ですね。加工場、あまり広くなくても良いらしく、上の方の座敷の部分は使わなくても済むとか。

で、会社の代表の方が、もったいないと、近所の方などに使ってもらえないかと、室内が荒れているのを自分で補修して、「集処えんがわ」としてオープン。上の写真です。私、喫茶店が出来たとか聞いたのでチョット寄ってみました

可愛いウェイトレスさん、いません。マスターもいません。私が行ったとき、声をかけても誰もいないようで、しばらく寝っ転がっていると、加工場から音がしたので、声をかけると代表の方が現れ、少し話をしたら、だれでも、ぶらっと来て昼寝するなり、お友達と来てお喋りしてもいいとか。

コーヒーは300円ですが、なんとなく、頼んでも頼まなくても良いような感じ。要するに、気楽に、アバウトで使っても良いような場所です。

場所は少し分かりにくく、下の写真の赤の矢印が千々石郵便局、千々石郵便局の前に親和銀行があります。親和銀行の前が千々石郵便局です。当たり前だけど、念のため。緑の矢印が「集処えんがわ」、中には、何台か車はとまります。

Img_3956 Img_3953_2

下の左の写真、入り口を入ったところ、緑の矢印が加工場。「まるゆでやさい」が買えます。カミサンが一度もらって来ましたが、料理の時、野菜を茹でる時間がいらないので便利です。特に、この暑い時期には助かります。
赤い矢印が「集処えんがわ」。

Img_3948 Img_3950_2

ご近所のおばちゃんが作られた、クラフトバック。

Img_3942 Img_3943

ほか、いろいろと手作りの物が置いてあります。

Img_3944 Img_3947

近くには、昔、「千々石ホテル」が建っていたところ。自由に遊べます。外人さんが利用をしたそうです。

Img_3959

ということで、ご近所の方、通りすがりで運転に疲れた方、カミサンに怒られ、プチ家出をしたい方など、是非一回ご利用を。なお、自然のクーラーですが、意外と風は通るような感じでした。広々した所で、大の字になって昼寝するのは気持ち良いですよ。室内には誰もいないので、帰りは、「来た時よりも、美しく」。



2018年7月10日 (火)

長崎市「思案橋」★古写真より


Img_20180710_0001

「行こうか 戻ろか 思案橋 ちょいと行って 思い切り橋」、だったかな?思案橋を渡ったところに、遊廓の丸山がありました。多分、写真の手前の方角が丸山かな?

先日、書いたように、古写真、古絵はがきを故あって集めていますが、上の写真が手に入りました。思案橋の写真です。

橋の赤丸印「志あんばし」と書いてあります。上の赤丸印「電車のりば」とあります。青い丸印は「食」「思」と書いてあります。


電車は「正覚寺下」まで続いているのですが、どこにも、その気配はなく、あれ?と思っていたのですが・・・


下の図と写真は「長崎事典・風俗文化」に載っていて、左は「大正時代の思案橋」、右は「上記(左の絵のことです)の前身、思案橋終点の建物」とあり、調べたら、大正10年・西浜町~思案橋間開通、とあり、この先、正覚寺まで電車が延びるのは昭和43年、「思案橋~正覚寺下開通」になっています。


Img_20180710_0003_2_2 Img_20180710_0003
       (長崎文献社刊「長崎事典・風俗文化編」より)

下は「東宮御成婚記念」の「日本交通分縣地図」を切り取ったものですが、大正13年4月10日のものです。

黄色の矢印、線に小さな丸印がありますが、電車の軌道です。白い丸印が遊廓の「丸山」。わざわざ「遊廓」とまで書いてあります。で、緑の矢印が「思案橋」の停留所、停留所の所に川が流れているのがわかります。ここに架かっていたのが「思案橋」(少し上の方かな?橋が見えます)。

Img_20180710_0004_2

下は、ウィキペデアから拾った写真ですが、赤丸に「電車のりば」の看板。緑の丸印「思」「案」「食」の字。停留所の二階には食堂があり、モダンな建物だったそうで、名前は多分「思案橋食堂」ではないかと推察する次第です。

Photo

    (「ウィキペデア」より)

と言うことで、思案橋・丸山方面には若い頃お世話になりましたが、最近は活気が無くなったとか。

私が小さい頃、時々通りましたが、昔は朝から行くと、ゲロばかりで、昔は酒を楽しむと言うより、ベロベロに酔いたいという時代でした。


現在の「思案橋電停」です。

Photo_3
            (「Google Earth」より)


2018年7月 9日 (月)

《雨に泣いた七夕祭り・千々石町上塩浜》&《ベビースター・ラーメンアイス》&《ピカチュウ浜に佇む》


Dsc_0029_2

上塩浜自治会で毎年開催している七夕祭りです。

先週は台風のため、晴れの日が一日だけ。多分その日に飾りつけをしたものと思われますが、残念ながらまたもや雨。という事で、今年は去年みたいに派手さは無いもの、雨にしっとり濡れた飾りも風情があっていいものでした。とは言っても、来年の晴れを願うばかりですが・・・で、この写真を撮ったのが7月4日。

昨日、ご近所の方が亡くなり、30年ばかり前、引っ越してきたときは元気な方だったのですが、最近、亡くなる方が多く、回りを見れば、高齢者の夫婦が多くなり、何とも寂しい限りです。

で、昨日今日と通夜、本葬気と受付を頼まれ、その帰りヒョッと見るとまだ七夕の飾り物があるではありませんか。上塩浜のマスコット「はまっぺ」もでていました。昨年よりは少し寂しかったものの、飾りが太陽にキラキラ光って、なかなか綺麗なものでした。

Img_4355

さて、帰りがけコンビニをブラブラしていたら、変なものを見ました。
ベビースターといえば、ラーメンじゃないですか。ところが、アイスクリームケースの中に入っていて、といえば、アイスじゃないですか、ラーメンの熱々とは真反対。

で、どんなんかと思って買ってきたら、ニオイを嗅ぎつけたのか、いつものお友達が寄ってきて、選ぶべきは友達ですね。こんな悪友とは付き合わないように。

Dsc_0441 

中を開けたら、アイスの上に、まぎれもないベビースター。
食べるときは、良くかき回してすぐに食べてください。麺のパリパリ感が楽しめます。少し間を置くと麺が湿って柔らかくなり、食感が楽しめません。

Dsc_0447 Dsc_0453

いつものように、海の様子を見に行ったら、日曜日なのかピカチュウが夏バージョンで来ていました。

後ろの方の部分かなり広いですが、以前はここに桟敷席があり、繁忙期は席が取れないくらいでした。

段々、お客さんが少なくなり、悪いことは重なるもので、海岸に岩が露出し海水浴場は閉鎖。

せっかく、カッコをつけて、ガールハントにきたピカチュウさんでしょうが、誰もいない浜辺に、寂しく、一人佇むピカチュウさんでした。少し遊んであげましたが、男の子じゃダメだって。

Img_4350_31



2018年7月 7日 (土)

懐かしき、ガラケー★「半分、青い」より

Dsc_0420 Dsc_0423

昨日、鈴愛さんの携帯のことを少し触れましたが、きょうは弟の草太君と携帯電話で話す場面があり、もちろんガラケーですが。少し懐かしいので・・・

私は大体電話が嫌いで、電話が目の前で鳴っていてもカミサンに「オーイ、電話」という具合で、まして、携帯電話が出現して、皆が持っていても欲しいとは思わずいたものを、仕事の都合で買ったのが、50歳少し前くらいだったか。

使ってみると、彼女と連絡するのに便利で、携帯会社も通話料で儲けるためか機器の代金は安く、後は取っ替え引き替えで、次々と買い換えましたが、あの時分は、下取りがなく、面倒くさいのでそのままにしていたら、増えるばかりでした。

手持ちの携帯電話については、何年か前に紹介をしましたが、きょうの「半分、青い」のなかで、鈴愛さんと、弟の草太君が携帯電話(もちろんガラケー)で話す場面があり、懐かしくもありでした。

両方とも先端に凸がついていたので、アンテナ付きだと分かりますが、草太くんのには、矢印のところに、カバーがついているので、多分、下の形の携帯でしょう。

Dsc_0430_2

鈴愛さんのはカバーが付いてないので、左側は小型の携帯ですが、下の部分が大きいのがあったような気がします。ボタンはむき出しで誤って押しそうですが、送受信用のボタンは右側に付いています。鈴愛さん、ヒョッとしたら右のタイプのような気もするのですが・・・どちらでしょう?

Dsc_0426 Dsc_0429

なお、左のガラケー、小さくて、昔のものとはいっても、赤丸印、ちゃんとカメラ付きです。16Xズーム付です。なお、アンテナ無しのもあります。アンテナ伸ばした方が通じやすかったかな?

Dsc_0437 Dsc_0431

一番左が現在使っている、iPhoneⅩ、右の小豆色の携帯と比べれば、大きさが随分違うことが分かります。二つ折りで、愛用していました。とにかく、ポケットに入れておいても、全然邪魔にならない。一番右は、画面の部分が横と縦に動かせます。

こうしてみると、昔のガラケーが特徴あって面白そうで、次回の買い換えはガラケーと思っていたのですが、無くなってしまうとか。残念な話です。

Dsc_0434

いまのようにSIMがないので、(と思っていたらdocomoにはFORMAカードなるものが入っていました、解約の時抜き取られています。失礼。)、充電して使おうと思ったら、充電機のコードがボロボロで残念でした。




より以前の記事一覧

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ