日記・コラム・つぶやき

2021年11月28日 (日)

「福石様」しめ縄の張り替え★附録~橘神社「大門松」情報(雲仙市千々石町)

0-img_9497

11月9日に釜蓋城の下にある天満宮のしめ縄作りをしました。続いて、今日、28日福石様のしめ縄の張り替えでした。

調べて見ると、福石様のしめ縄は2015年(平成27年)に復活をしています→こちらをクリック。


この時は、初めての事だらけで、日曜日の2日にかけて準備、取り付けでした。その後は慣れたので、1日で作業をするようになりました。


今日は午前8時集合、最初に(^▽^)地(スミマセン、”わらうち”と入れたら、変に変換されました)。いつもの「おとうは土間でワラ打ち仕事」の現代機械化で、天満宮ではローラー、今日は点圧機でした。
その後、いつものようにわらをまとめていきます。一番右側が、福石様しめ縄保存会(だったかな?)の会長さんです。後ろの山が釜岳。千々石少年自然の家があります。

1-img_4428 2-img_9372

天満宮のしめ縄は短いので、3本撚り合わせる中心に一本だけロープを入れます。福石様のしめ縄は15メートルほどあり、長くて重量があるので、一本一本に各々ロープを入れていきます。都合、6名の手がいります。

しめ縄作りは、一年に一回しかしないので、どこでも「どうじゃったかな」とか「そうじゃなか」と言う言葉が聞かれます。


3-img_9385 4_20211128202301

このしめ縄、二つの岩に張るので大変です。岩は登りにくく、足場不安定。右の岩の上の石祠を調べに数年前登りましたが、今は無理。左のお地蔵さんも調べたかったのですが、まだ死にたくなかったので止めました。

しめ縄を張るために、ワイヤーを張っていますが、それに金具の輪っかをとおし、輪っかにしめ縄を番線でくくりつけ向こうの岩まで引っ張っていきます。


5-img_9405 6-img_9423

ということで、無事作業も終り橘神社の宮司さんによるお祓い。皆で記念写真。有志が集まっての福石様のしめ縄で、今回も事故もなく無事完成でした。

この福石様、夕日をバックに写真を撮られる方が多く、新聞、チラシ、ポスターなどにも良く見かけられます。今から、特にきれいな夕日が見られますので、どなたもお越しを(^_^)v。

7_20211128202501 8-img_9469

附録】

橘神社の宮司さんが見えられたので、大門松の準備状況を尋ねたら、もう準備にかかっているとのことで、帰りがけ寄ってみたら随分進んでいました。

Img_9508

総仕上げが12月19日(日)。大門松竣工清祓い式は12月26日だそうです。鉄炮隊の演武もあるようなので、詳しくは後日。



2021年11月23日 (火)

雲仙市の「LINE」チョイ見(^_^)v

Img_9304 Photo_20211123091301

先日、雲仙市のLINEで緊急連絡等の情報が流れるので、ということでお友達追加しました。

最初に3つばかりコロナワクチン接種の情報があり、その後が「猿」の出没の情報。本当に田舎!という感じ。といっても、この情報、同報無線で流れること数回。時々はイノシシの情報も流れます。


下の方を見たら「雲仙ホームページ」「雲仙市Facebook」「全員集合 雲仙ポータル」と並んでいたので拝見しました。ただ、2021.11.17の記事が一番新しいみたいで、情報がなにか遅いなと思いながら見たら。


意外と面白そうでした。「雲仙で5泊6日」は今のご時世、チト無理かと。


Photo_20211123091401 Img_9314

ただですね、記事が8月6日、9月8日、11月18日と情報の出方が遅いような。情報としては盛りだくさんで楽しめます。

「雲仙市Facebook」ですが、見ていくと下のような意見がありました。「雲仙市じゃなくて市長さんのHPみたいだな」ということです。「爺さんの戯言」というのが面白いですね。同年配の方だと思いますが、私も同様な事を感じました。

ということで、お暇な方はご覧下さい。「全員集合 雲仙ポータル」は面白いですよ。

Img_9315 Img_9308_20211123092001

Twitterはガセネタが多いので、本当かどうかは不明ですが、本当なら大変ですね。ガセネタである事を祈りつつ・・・

Img_9319




2021年11月20日 (土)

「三十路苑開園」~雲仙市小浜町(2021/11/20)

Photo_20211120190301

最近、すっかり有名になった「三十路苑」。今日開園したので出かけて見ました。

あまり期待もしていなかったのですが、素晴らしい風景でした。調べてみると、2011年に初めて来たようです。駐車代が300円。今年は600円の入場料でした。もっとも、三十路苑は年々工事、整備をしているので、この紅葉なら納得の入場料です。


今、写真を撮るのにデジカメ、ミラーレスの一眼、スマホを使っていますが、比べるとスマホが一番のような(^_^)。


写真をイロイロ貼っておきます。各写真はクリックするとハッキリと見えます。多分。

Photo_20211120190401 Photo_20211120190402

Photo_20211120190501 Photo_20211120190502

紅葉と竹の組み合わせも良いですね。

Photo_20211120190601 Photo_20211120190702

Photo_20211120190801Photo_20211120190901

夜はライトアップもして、以前行ってみてきれいだったのですが、一人で行くもんじゃありません。二人でお手々つないで、ですね。

12月5日まで開園をしているようです。


今日から開園という事で、開園時間9時少し前に着きました。駐車場は数カ所ありますが、停まっていたのが4,5台。帰る時はご覧の通り、思ったより少なかったです。この駐車場の前にもありますが、ご覧の通り空いていました。もっとも、帰りがけにはひっきりなしに車が来ていたので昼前には満車になるような感じでした。車の誘導員も配置をされていました。この飛び石連休は多いかも、です。


Photo_20211120211201  Photo_20211120191301

団体旅行の方もゾロゾロと。片側しか舗装していない場所もあって、矢印の車は私が通り過ぎるまで待っていました。十分すれ違う幅がありますが、多分、未舗装道路を走ったことがない都会もんだと思われます。運転に自信がない方は、国道の所にも駐車場があったような気がしますので、そちらをご利用ください。

Photo_20211120191302 Photo_20211120191303
 
寒さが厳しくなってきているので、厚着をして来て下さい。

2021年11月18日 (木)

男と女の間には・・・&新馬鈴薯料理など

1img_9200

先日、ネットのニュースを見ていると上のような記事がありました。

明治安田生命のアンケートで、夫婦円満でない人の内、夫婦仲を改善したいと思っているかどうかです。


夫婦仲を改善したいと思っている夫は約半数の49.3%。妻の方は26.4%だそうです。随分、男性と女性では差があります。ふと、”黒の舟歌”を思い出しました。


男と女の間には 深くて暗い河がある 

誰も渡れぬ河なれど エンヤコラ今夜も船を出す 
ROW&ROW ROW&ROW ふりかえるな ROW ROW

11月22日は「いい夫婦の日」だそうです。1988年に、財団法人「余暇開発センター」によって定められたそうです。


この時期、同法人で「夫婦に関するアンケート」を実施したそうですが、「生まれ変わったら今のパートナーではなく、別の人と結婚したい」の問いに対し・・・

「別の人と結婚したい」と答えた女性が27.5%、男性が13.8%。女性の方が「今の旦那、イヤ!」という方が多かったそうです。これが33年前の話。

今の調査をネットで見ると、意外と「一緒になりたい」という方が女性も男性も多いようです。


もっとも、調査は、調査主体、方法によってかなりの違いが出ます。先日の衆議院選挙の事前調査はマスコミが大外れでした。


最近の「一緒になりたい」については、若い方の意識は昔とは随分違ってきているようです。

若い男性に「愛してる」って奥さんに言ってる?と聞くと、怪訝な顔をして「言ってますよ、起きたとき、寝るとき、食前食後、行為前後。当たり前でしょう」と。私たちの世代では、恥ずかしく言えません。仲が良いことは良いことだと思います♬~。



新馬鈴薯が出ていたので、買ってみましたが「170円」。地元産だから、いつもは100円ですが。外のお野菜も高いようですが。
最近は、iPadでレシピを見ながら料理をしていますが便利ですね。

2img_4331 3img_4332

新馬鈴薯の醤油バター炒め。片手間に好物のジャガサラダ。食べるときに、キュウリとか玉ねぎのみじん切りを入れます。コレで3回分ほど。明日はオクサマがいないので、上のお肉で豚の角煮などを。

今年は柿の当たり年で沢山採れました。ウチのは甘柿で、例年虫とかカラスにやられていたのですが、多少の虫食いはあるものの、結構良い柿で食べきれなかったので、知り合いの家に配ったりしましたが、ですね、某家から渋柿をどっさり持ってきまして、これは干し柿にしました。


4img_4335 5img_4338

私も夫婦仲を改善したいと思い、また、生まれ変わったら一緒になりたいのですが、オクサマはそうもなさそうで、なんとなく「あの素晴らし愛をもう一度~♫・・・」などと口ずさみながら、新馬鈴薯を料理いたしました。

思い出しましたが、私たちの結婚式は「11月12日」。「いいひに結婚(良い日に結婚)」だったのですが。


2021年11月 6日 (土)

ブラリと諫早駅だよ♬~

Photo_20211106193901 Photo_20211106194001

諫早駅の工事関係が随分進んできました。先日、調べ事で諌早に行ったので寄ってみました。

上の左の写真。左の矢印が島鉄バスの発着所。右の矢印が県営バスの発着所。上から見た風景です。右の写真、通路の右側にはお店ができています。


下の左、看板に「バスターミナル 2022年春 ー機能移転予定ー」と書いてありましたが、島鉄バスか県営バスか両方共のバスターミナルなのか?「機能移転」ってナンなのさ?という感じもしますが、多分、切符売り場とか事務所的な所なのかなという感じがします。右の写真、ここがバスの乗降所なのか?タクシー乗り場の感じもするのですが。


Photo_20211106194101 Photo_20211106194102

山勝食堂さん。唐揚げの福まん屋さん。「福まん」というと、なにやら連想をするのですが・・・・(^^;)。少しお隣にシアトルコーヒー屋さんがあります。

Photo_20211106194201 Photo_20211106194202

一階はガランとしています。多分、物産販売などをするとは思います。高いところにディスプレイなどがあり、諌早市、雲仙市、島原市、南島原市のPRをしていました。誰も見る人はいませんでした。

Photo_20211106194301 Photo_20211106195301

雲仙市は7ヶ町の紹介。小浜町は雲仙が中心。小浜も紹介をしてあります。

Photo_20211106195302 Photo_20211106195401

南串山は国崎半島自然公園。良いところですが、階段があり少し行きにくいところが玉に瑕。小浜チャンポンまで宣伝してますね。

 
Photo_20211106195402 Photo_20211106195501

千々石展望所のじゃがちゃん。この風景、ネットによくでていますが。千々石の紹介でじゃがちゃんですね・・・。愛野町が無いようでしたが、私の見落としか?

パネルのポスターです。諌早方面のフォトコンテストみたいですが、ポスターのような良いカメラ持ってないのでパス。左のポスター「長崎の恋・・・」と思ったら「長崎の変・・・」でした。写っている男性、誰かは知っていますが、私は嫌いなので無視。基本、私より良い男、モテる男は嫌いです。


Photo_20211106195502 Photo_20211106195503

二階は吹き抜け。ガラスの右側に通路があります。

Photo_20211106195701 Photo_20211106195702

通路の外にはベランダみたいな所があり、風が心地よく、良い風景でした。スタバがあるのでコーヒーなどを買ってきて、お二人で。この日は高校生が、キャッキャとしておりました。

さて、2階の通路、上の右の写真、赤丸。奥に続いているようなので気になって行ってみました。多分、こちらがホテルのようで、ショッピングなどをする所みたいですが、全部シャッターが下りていました。


Photo_20211106195703 Photo_20211106195901  

一軒だけ開いていたのがイタリアンレストラン。食事でもと思いましたが、開店が17時から。ガランとしたところに一軒だけで、大丈夫でしょうか、という感じでした。ホテルが営業を開始すればと思います。

Photo_20211106195902 Photo_20211106195903

三階に改札口があります。右側にミスタードーナツさんがあり、改札口の先の方、シャッターが先日まで閉まっていて、お店ができるのかな、と思っていたら、新幹線のりばでした。「2022年 新幹線開業」だから、来年の今頃ですね。

Photo_20211106200001 Photo_20211106200101

工事はまだまだ。最初見たとき「新鳥・栖」と呼んで「新島」ってどこだっけと思ったら「新・鳥栖」でした。「博多方面」はせっかくなら「東京方面」として欲しいですね。

Photo_20211106200201 Photo_20211106200301

スタバと外の風景。良いですね。

Photo_20211106200401 Photo_20211106200402

「観光・PRセンター」。コスモスの開花情報がありました。

Photo_20211106200601 Photo_20211106200602

スタバの隣のお店。看板とかポスターがまったく無く、なんのお店なのかと思っていました。ただ、暖簾の代紋がやけに大きく、その筋の方かと思っていて、数日後行ってみたら、右側のディスプレイ。エステ屋さんですね。目立たない所にヒッソリと置いてありました。

Photo_20211106200603 Photo_20211106200701

ゆっくり見たかったのですが、スケベイジジイと間違われたら大変なので(その通りですが)、警察官さんがいないのを確かめて、写真を一枚だけ撮らせていただきました。



2021年11月 2日 (火)

「肥前國高来郡之内三拾三箇村壹分四拾間之圖」に見る論地について

1_20211102203701

先日、古文書研究会で勉強していると、上のような文書(もんじょ)がありました。下手な字で薄く書いてあるのは私が書いたもので、無視して下さい。


元禄八亥年北有馬村より当村

野方境論合候間御裁許


概略書くと、元禄八年、北有馬村より野方(高地などの開墾したところ・高台の耕作に適しないところ【大辞林】)の境につき論合(論じ合うこと・論争)があったが、代官所(多分)より裁許(申し出の是非を判断して許可を与える)があった。



以前、小浜から南串山を通り雲仙に至る所に「論所原」という場所があることを書きました→こちらをクリック


昔は土地の境がハッキリせず、村と村でどちらのものか論争しています。上の古文書はそういうことが書かれています。


古文書を読んで、島原半島にどれくらいの「論所」の地があったのか、少し興味があるので調べてみました。


下は文久3年に書かれた絵図です。「肥前國高来郡之内三拾三箇村壹分四拾間之圖」です。白いところは佐賀藩飛び地、佐賀藩神代領。島原藩の領地ではありません。なお、地図の現物は旧家にあり、どのような事情か複製(印刷物)がでていて、公的な所で2ヵ所、数人の個人所有があるようです。ブログに載せているのは印刷物なので、文字が分かりにくいと思います。

色い付箋を貼ったところが「論地」。ほとんど山間地で土地の境が分かりにくかったものと思われます。

古文書の南串山と北有馬の「論地」は赤の矢印のところ。今の論所原に当たります(多分間違いありません)。


2_20211102205601

左がその部分を拡大したもの「北有馬村・南串山村・論地」が分かると思います。

右は「田代原」。島原~千々石に至る街道の途中にあります。ここは千々石村と土黒(ひじくろ)村、土黒村と多比良(たいら)村の論地が見られます。
なお、千々石においては郷土誌等、この論地の事はまったく書いてありません。

3_20211102205701 4_20211102205701

もう少し見てみると山田村と野井村。現在の吾妻町と愛野町になります。

右は沢山あるので、書きませんが山間部ですね。


5_20211102205701 6_20211102205901

千々石の場合、この論地については、まったく分かりません。というより、庄屋さんの子孫の方が、家に残されているものを全部廃棄をしたらしいのです。ただ、千々石の庄屋さんが、論地について書いたかは不明ですが。

南串山の場合は、庄屋さんの子孫の方が古文書を保管され、家を解くとき郷土史研究会に寄贈され、それを古文書研究会で解読をし、論地のいきさつが解決に至るまで分かるわけです。地図と照らし合わせれば場所も分かります。


現在、古い家の建て替えの時、古文書が出てきても読めないから燃やした、という話しを聞くことがあります。ですが、上に書いたように貴重なものがあります。現在、島原半島3市には学芸員が勤務しているので、持ち込めば読んでもらえると思います。ぜひ、昔のものは簡単に廃棄をしないように。


2021年10月28日 (木)

2021/10/28 雲仙「仁田峠の紅葉」情報

Img_9068

TVやら新聞やらネットの天気予報やらで「仁田峠の紅葉の見ごろは30日頃」とやっていました。

10月30日(土)はゴルフ場を開放して「はだしで遊ぼう雲仙」が開催されます。→こちらをクリック


仁田峠は循環道路なので一方通行になります。一度入ったら、抜け出せません。紅葉の季節の休日は駐車場に入るまでかなりの時間がかかります。と言うことで、この土曜、日曜はかなりの混雑が見込まれるので、今日の朝早く出かけました。循環道路の開門は午前8時です。


循環道路の入口の道路情報に「紅葉見頃」とありました。看板に「100円を目安にご協力ください」と書いてあり、協力だから、どうしましょう。いつも迷います。

Pa282122 Pa282127

仁田峠の途中展望台があります。いつもの写真ですが、遠くから見るとなんとなく安定をしているようですが・・・


望遠レンズで見ると、まだまだ。雨が降ったときの跡がハッキリと分かります。


Pa282139 Pa282131

仁田峠に着いてみると、紅葉はまだまだでした。ただ、妙見岳の頂上の方はなんとなく紅葉かな?

Photo_20211028203001 Photo_20211028203101

ということで、ロープウェイで妙見岳まで。まだ、十分な紅葉ではありませんでした。

Photo_20211028203102 Photo_20211028203201

右の写真は妙見岳の頂上です。

Photo_20211028203301 Photo_20211028203401

仁田峠で働いている人に訊ねたら、まだ4分くらいだろう、と言うことでした。見頃は、多分、来週中旬過ぎになるかと。観光協会などに聞いてみて下さい。

一番上の写真は、ロープウェイの展望台から橘湾方向を写したものです。なお、ロープウェイを使われる方は、駐車場から乗り場まで、かなりきつい坂、階段があるので(個人的感想です)、足の筋肉を鍛えられんことを。


【附録】

Photo_20211028203501 Photo_20211028203502

■最近、町内で電柱の建て替えをあちらこちらとしていました。工事が終り、数日後「光が使えるようになりました」とNTTから電話があり、即申し込みをしました。思えば10年ほど前から、NTTには電話をかけ続けていたのですが、これでネット難民にならずにすみそうです。工事は11月15日になるそうです。

■ユニクロに行ってズボンを買いました。本来ならM寸ですが、腹が出ているのでL寸を買っています。以前は、ズボンの裾をかなり切っていたのですが、ユニクロではL寸で裾上げはしないでピッタリでした。という事はですね、ユニクロのL寸は私の足の長さでピッタリなので、私が標準体なのかな、と思うのですが・・・



2021年10月23日 (土)

「100万回死んだねこ★覚え違いタイトル集」~福井県立図書館

Img_20211023_0004

この話はネットの間では話題になっていました。今回、一冊の本にまとまりました。

図書館で本を探してもらう場合、司書さんに尋ねると思いますが、その時キチンと本の題などが分かっているなら良いのですが、うろ覚えで間違った情報を伝えたとすると、司書さんも頭を絞るわけです。


上の本の題「100万回死んだねこ」。これ、間違いはすぐ分かりますネ、本を探しに来た方は「100万回死んだねこ」と思っているわけですが、本当は「100万回生きたねこ」。


例えば、うろ覚えで、「その辺の石」という本を探していると聞かれて、本当の本の題が何なのかを答えられる方、かなりの読書家で勘の良い方。正解は「路傍の石」。


福井県立図書館では「どんな相談があって、どう対応したか」を共有すべく、記録をつけているそうです。と言うことで「覚え違い」の本を厳選して紹介している本です。


どんな思い違いがあるかを少しばかり・・・


「おじおじのたんじょうび」→「ジオジオのたんじょうび」(岸田矜子作・中谷千代子絵)。「痔」→「痣」(井岡瞬著)。「大木を抱きしめて」→「敗北を抱きしめて」(ジョン・ダワー著)
。「トコトコ公太郞」→「とっとこハム太郞」(河合リツ子著)。「年だから解雇よ」→「トシ、1週間であなたの医療英語を100倍にしなさい。でなければ解雇よ」(田淵アントニオ著)。「だいぶつじろう」→「大佛次郎(おさらぎじろう)」。

こうしてみると、覚え間違いってイロイロとありますネ。あまり書くと皆さんが読むとき面白くないので、これで止めますが、以下の思い間違いの題、本当の本の題名はなんでしょう?


「国士舘殺人事件」。「これこれちこうよれ」。「ラムネかサイダーみたいな名前の新人作家/ミステリーで何かの賞を受賞した人」。「オニのいましめ」。「ひやけのひと」。「ストラディバリウスはこう言った」。「昔からあるハムスターみたいな本」。「海の男」。「独身男性が若い女性を妻にしようとして色々失敗した話」。


上の本の本当の題を知りたい方は、この本をお買い求め下さい。近年まれに見る面白い本です。一番最後の本は、私のことみたいですが(^_^;)。なお、取り上げられている本の簡潔な紹介もしてあるので、便利です。お値段1,200円ですが、私、三回楽しめました。


一番最後に「司書」のことについて書いてあります。いつもカウンターに座って本の貸し出しをしている人と思いがちですが、意外と沢山の仕事をこなしています。その中に、皆さんからの相談に答える「レファレンスサービス」がありますが、これについては、まだ充分に理解されていないみたいです。皆さんも、この本を読んで、司書さんに気軽に御相談をして下さい。後書きには、本の探し方が書いてあり、いろんな事を調べるときに参考になるかと思います。

余談ながら、「百万回生きたねこ」は私の記憶に残る本です。私とオクサマが婚約中、オクサマにこの本をプレゼントしました。が、ですね、よく理解されまいまま、この歳になりました。

忘れていました。私も司書の資格を持っています。もっとも、ペーパードライバーと一緒の感じですが。



2021年10月16日 (土)

2021/10/15島原「火張山花公園コスモス・ひまわり」と島原市をウロウロと

Photo_20211016194801 Photo_20211016194901

一昨日の白木峰に続き、昨日は島原の「火張山花公園」のコスモスとヒマワリを見に行きました。春は桜、菜の花、ホピーが楽しめます。

朝から墓掃除に行って、その後火張山花公園に向かい、着いたのが10半頃。平日にもかかわらず、すでに沢山の車が並んでいました。後にしたのが11時半。その頃は続々と車が来ていました。日曜日は朝から天気が良さそうなので、かなりの人出だと思います。


ここの公園の良いところは、花の中に遊歩道が作ってあり、その中を歩けること。これ、気持ちいいですよ。


昨日の白木峰のコスモスに比べると、花の丈が高いです。
向こうに見えている山が平成新山。

Photo_20211016194902 Photo_20211016195001

花畑の真ん中あたり、休めるように空き地が作ってあり、テーブルも2,3あるので、お弁当でも。いつものペアーブランコと写真撮影用のハートの作り物。♡印はもう少しハッキリと作って欲しいのですが・・・ウチのオクサマと一緒に撮りたいナ。

Photo_20211016195101 Photo_20211016195102

掲示版がこわれているのかな、と思ったら、写真撮影用の額縁ですね。奥様に写真を撮らせていましたが、いろいろなポーズを取っておられました。葬式の遺影に使うのかな?と、やっかみ半分で思いました。

Photo_20211016195201 Photo_20211016195202

こちらが砂防ダムがある所。最初は芝桜を植えていました。生育が悪く上手くいきませんでしたが、”ヒマワリ”は上手くいったような。ヒマワリのアップの写真を撮ろうとしたら、皆さんあちらを向いて、嫌われようです。

Photo_20211016195701  Photo_20211016195301

そのあと、島原図書館へ。島原図書館で島原・天草一揆の原城の攻防の絵図の展示をしていましたが、写真で見るより迫力あります。興味のある方はお出かけを。

島原城は枯れハスとススキの風景でしたが、なんとなく趣があります。


図書館の横、昔、法務局の官舎だったかな?図書館の駐車場が狭いので、駐車場にできないか市が交渉したようですが、ダメだったという話しを聞きましたが、いつの間にやら芝生公園かな?ここ、昔、発掘調査をした所です。


Photo_20211016195801 Photo_20211016195802

昼になり、大村のようにマグドナルドで遊ぼうと車で住宅街を走っていたら、らしからぬ所に”ランチ”と幟があったので、ふと入ると会席料理のお店でした。まあ、いいやと入りましたが、高級なランチでした。この料理を食べて腹一杯になり、夜は食べられませんでした。情けないですね。

Photo_20211016195901 Photo_20211016195902

水屋敷に行こうと商店街を歩くと、空き店が多い事。諌早も大村も商店街はガランとして、郊外の大型店舗が栄えるばかりです。

Photo_20211016200001 Photo_20211016200002

島原商業高校の「島商ップ」が頑張っています。高校が地元を応援するのは良いですね。

Photo_20211016200101 Photo_20211016200102

水屋敷。湧き水の音を聞きながら、風を受けながら、”かんざらし”。本当の豊かな時間とは、このような時間かと。このような事を考えるのは歳のせいですネ。

Photo_20211016200201 Photo_20211016200302

あちらもこちらもネコだらけ。見たような顔もあります。

Photo_20211016200303 Photo_20211016200401

最後に回ったのが「天如塔」。からゆきさんを祀っています。以前、紹介した事があります→こちらをクリック

Pa152105  

さて、次は紅葉の話題になります。雲仙の仁田峠は10月末から紅葉になるとの情報がありました。


2021年10月15日 (金)

2021/10/14 「白木峰コスモス」と大村をウロウロと

Photo_20211015193401 Photo_20211015193301

白木峰のコスモスが見頃だとかで、いつもの如く出かけてみました。

最近、カメラ(今、流行の一眼ミラーレスの一番安い物の中古)の調子が悪く、最近はスマホで撮ることが多くなりました。昨年だったか、新聞記者さんを案内した折、見た目30万円ほどのカメラで撮っていましたが、途中、やおらスマホを取り出し「こちらの方が撮り易いですね」だと(実話です)。この写真もほとんどスマホです。


いつものように、各写真はクリックすると多少見やすくなります。と思います。


白木峰に到着したのが9時頃。平日だったので駐車場もガランとしていましたが、一時間ほどで私が帰る頃は、貸し切りバスも来ていました。多分、明日からの土曜、日曜はかなり混むと思います。

左側の写真、右が雲仙岳、有明海、コスモス畑が入り、ちょうど良い風景だったのですが、残念ながら逆光。朝からはモロ逆光になります。逆光写真が上手な方は絶好のシャッターチャンス。だと、思います。

Photo_20211015193201 Photo_20211015193001

気になることが。後ろで話しているのを何気に聞いていると「昔はもっと丈が高かった気がする・・・」。私もそんな気がします。今年も雨が長かったり、夏は昔に比べて異常に暑かったりで、そのせいかとも思います。まさか、コスモスに連作障害は無いですよね。

Photo_20211015193101 Photo_20211015193202

この後、大村へ。一番の目的は古書店に掛け軸を見に行ったのですが、悩みながらも購入。転売すれば高く売れます。年金だけでは苦しいので・・・

珈琲のプロの方に「諌早でいい喫茶店ある?」と聞いたら「・・・・」。「・・・・」が意味する所は不明。「大村にはアルマロードコーヒーがあります」ということで寄って見ました。空港通り、マックスバリュのお隣です。

中に入ったら洋服屋さんで、アレ?と思ったら、一番奥にありました。小さなお店ですが、雰囲気も良く、バランスの取れたコーヒーをいただきました。珈琲豆も買ってきました。

Photo_20211015194901 Photo_20211015195001

ちょうど昼になったので、マグドナルドに入ってみました。マクドは数十年ばかり前に1回入ったきり。注文の仕方が分からず、イロイロ聞いていたらいつの間にか後ろに列ができて、このジジイ何やってんだ、という冷たい視線を感じたので、わざと耳が遠いふりをし「え?なに?これとこれを組み合わせて注文?で、これを頼むとタンピンになる?ところで、タンピンってなに?」などと遊んできました。

はやり、マクドさん、日本の食堂とは雰囲気が違います。また、遊びに行こう(^_^)v。


Photo_20211015195002 Photo_20211015195003

いつも書いているように、雲仙市の本屋さんは絶望的です。イオンには明倫堂書店が入っているということで見に行きました。イオンって広いですネ。一階をウロウロしても分からず、フト見ると二階があるんですね。しかも、エスカレータ付き。本屋さんは二階。

今の本屋さんは、マンガと実用書ばかりで、明倫堂書店さんもフロアーは広いものの、ここも同じでした。


Photo_20211015195101 Photo_20211015195102

イロイロお買い物をしたので、懐が淋しくなり、競艇に行きましたが、駐車場ガラガラ、昔はいつも満員だったのですが。パチンコ屋さんも同じようです。ボートレースも災害、コロナ、子育て支援をしています。

Photo_20211015195201 Photo_20211015195202

ということで、昨日は諌早、大村方面をウロウロしましたが、実は、今日は島原市の火張山公園のコスモスを見に行ってきました。ウチから見ると白木峰は西、島原は東、真逆の方角になります。


   コスモスや/今日は東に/明日は西  sugikan作 お粗末でしたm(_ _)m


■なお、上の記事には一部創作が入っております。



より以前の記事一覧

フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ