日記・コラム・つぶやき

2017年12月15日 (金)

「引札」~忘れられた日本の文化

Dsc_0085

「引札」、現代の広告、チラシ、開店、売り出し用宣伝になりますが、その中でも、ハデハデなのが「正月用引札」。

「引札」は、「お客を『惹く』」、「お客を店に『引っ張ってくる札』」、「『引く』というのが『配る』ということを意味しているために配る札」、というように諸説あるようです(「明治・大正の広告メディア〈正月用引札〉が語るもの★熊谷一紗著」)、興味をもたれた方はお読みください。

「正月用引札」は目出度い絵に屋号などを記したものを、年末年始に、ご贔屓さんに一軒づつ訪問し、配布したそうです。

明治末期から使われたそうですが、「引札」は段々とポスター型に変わったりしたりし、大正期に衰退していったそうです。

「引札」は「木版」、「石版」を使い、手がかかり、たぶん印刷機の発達の影響があったかと思うのですが・・・

さて、上は来年が戌年だから、犬さんのを載せました。下は、「ここ掘れワンワン」で、小判がザクザクでいかにも目出度い。

Photo

美人の絵柄は多いですね。右は、ニワトリが描いてありますから、酉年でしょう。

Dsc_0095 Dsc_0102

と思えば、いい男もあります。

Dsc_0096

左は、「酢・醤油」屋さん。何となく祭りのような感じ。右は、果物屋さんですね。可愛い恵比寿さんと大黒さん。


Dsc_0091 Dsc_0099

今や、忘年会の時期ですが、七福神も忘年会があるんですね。気があっている同士、飲んだり、腕相撲したり、おしゃべりしたり。

Dsc_0088

左は大黒さんが一人でがんばっていますが、ブラック企業かな?
さて、右のような引札がありますが、多分、「見本」で、注文を取って、左側に店名、取り扱い物品、住所等を書き込んだのでしょう。ほかのも、裏から見ると、絵の部分は木版ですが、字の部分は多分「石版」だと思われます。


Dsc_0103 Dsc_0100

飛行機が飛んでいたり、気球が飛んでいたり、ロードレース(競輪かな?)をしたり、現代的。大正3年の図柄です。

Dsc_0089_2

下の「引札」をみて、あれ?と思う方は敏感な方。
「星製薬」といえば、以前流行作家だった星一(はじめ)さんのお父さんが明治43年(1910)に作った会社です。星一さん、ご存じない?失礼しました (*_ _)ゴメンナサイ 。小説は面白いので、是非、ご一読を。


Dsc_0104 Dsc_0105

さて、今のチラシ、ポスター。何となく、同じようなものばかりですが、「正月用引札」を見ていると、何となく、ホットしますね。

どこかのお店屋さん、こんなの作って見ませんか。絶対に受けますよ。製品の紹介は、裏側に印刷すれば良いだけですから。

今では全く忘れられた日本文化の一つですが、こんな文化もあったということを、ご紹介。でした。

(参考・引用;
「明治・大正の広告メディア<正月用引札>が語るもの★熊谷一紗著)




2017年12月 9日 (土)

「ちょっと、疑問な・・・」★千々石ミゲルの碑

Img_2933_2

先日、千々石清左衛門(千々石ミゲル)の遺物等について書きましたが、直接の遺物ではありませんが、支所前に銅像、そして、この「天正遣歐使節 DO MIG(C?)HAEL 千々石清左衛門之碑」と三段に分かれて書いてあります。昭和35年の建立になります。

左側に「釜蓋城由来」の看板が設置してありますが、ごらんの通り、世界登録遺産というような感じ。碑の裏側は千々石ミゲルの由来が書いてありますが、わざわざ裏まで回って見る人はいないでしょう。


Img_2930 Img_2935

先日も書いたように、千々石には、三先人として、橘中佐、釧雲泉、千々石ミゲルがいるわけですが、橘中佐の場合は、神社があり、釧雲泉については、境内右手に、下のような記念碑があり、これが、「釧雲泉」の記念碑で、右手の赤丸の石が、「手習い石」で、雲泉が幼い頃、この上に泥を塗って絵を練習したといわれています。(雲泉の画は、時々、贋作があるので要注意)

ですから、橘中佐、釧雲泉の遺物は、同じ所にあり、すぐに見られるわけです。

Img_2947 Img_2951

さて、千々石ミゲルの碑は、社殿に向かうところ、二股になった道があり、右の道をたどります。

Img_2981 Img_2980

しばらく行くと、「千々石ミゲルの父を祀る神社」の看板がありますが、地元の産土神を祀る「天満宮」になります。

上の方に行くには、階段もありますが、足が悪い方は、普通の道を行った方が、と思います。いずれにしても、登りです。お歳のかたは、かなりつらいです。


Img_2963 Img_2964

このような感じの上り坂になります。

Img_2967 Img_2966

途中の「天満宮」の鳥居ですが、ここも階段があり、かなり、きつい階段です。横の方から、近道はあります。

鳥居の反対側を見ると別の鳥居が見えます。江戸期のものですが、おぼろげながら覚えているのが・・・


Img_2975 Img_2976

確か、ここらあたり「千々石ミゲル」の碑があったような・・・神社の社殿から五分もかかりません。

Img_2977

で、話戻って、坂道を上がると階段があり、この階段を上がると、展望台があります。久しぶりに上ったら、キツかった。

Img_2968 Img_2969

こちらが、展望台になりますが、「釜蓋城」といっても、山城で、このような天守閣はありません。間違われないように。単なる展望台です。念のため。

Img_2971

この展望台の横の所、赤丸の所に、「千々石ミゲル」の記念碑があります。

問題は、この展望台の下に駐車場があり、車で来られますが、大鳥居の駐車場からは、途中、軍神橋があり、橋が痛む恐れがあり、通行止めです。

ここまで車で来るには、いったん国道に出て、グルッと回ってくる必要があるのですが、地元のはすぐ分かりますが、地元以外の方は簡単には分かりません。ということは上に書いたように、登り道を上がってくる必要があります。

なお、見ていると、橘神社には観光客が多く、必然的に観光バスを利用しますが、高齢者の方が多く、ここまで上ってこられるもんじゃありません。

千々石の三先人といいながら、「千々石ミゲル」の記念碑だけが見られないわけです。誰が、こちらに移したのか知りませんが、墓碑ならともかく、記念碑ですから、三先人の記念碑は近くにまとめて貰いたいものです。

千々石ミゲルはクリスチャンで、神社の境内に飾るのが不都合なら大鳥居の所に橘公園があるじゃないですか。本当に、何も考えていませんね。展望台を作ったから、その横になにか縁(ゆかり)のものをという発想でしょうが、観光客のかたは見受けたことはありません。

ということで、ここに「千々石ミゲル」の記念碑を持ってきたのには、ちと疑問があります。

Img_2974

最近、橘神社の雨漏りがひどいらしく、浄財の寄進をしておりました、私も少しばかり寄進をしてきました。皆様もよろしければ、必ず良いことがあります。と思います。
Img_2961

2017年12月 7日 (木)

「大正天皇御大喪」の写真

Img_20171207_0002_6

天皇陛下の生前退位も無事決まり、この後の儀式がいろいろあると思いますが、天皇陛下、皇后陛下が被災地を訪問され、外国の戦場地だった所に赴かれ、亡くなられた方の慰霊をされるお姿を見るにつけ、お歳を考えると、もう、良いんじゃないかと思っていました。

若いころは、急階段では、さりげなく天皇陛下が皇后陛下に手をさし伸ばされ、最近、天皇陛下の足がおぼつかないときは、皇后陛下が背中を手で支えられ、本当に良いご夫婦で、日本の夫婦のありかたの見本だと思っておりました。

ウチなんか、手をさし伸ばすものなら、「セクハラはよしてよ」と怒られるところですが。

先日書いたように、古写真、絵葉書を少し買い集め、調べ物をしているところですが、大正天皇の御大喪儀の写真が出てきました。が、カラー写真はまだまだの時代で、写真の手彩色だと思います。

最初が先導の行列が歩いていきます。


Img_20171207_0003_4

葱華輦(そうかれん)。辞書を引いても出てこないので、いつもの「近世風俗志(守貞謾稿)」を引いてみるとありました。

「文政△年、仙洞御所、洛東学修寺(院)に御幸あり、その時の御輿を
葱華輦と聞けり。その時、余浪華(なにわ)にありし時なれども、幼年にて上京を得ず、遂に拝し奉りざりし。いかなる形にや、後考を待つ。

ということで、作者は実物は見ていないと。で、最後の手段でネットを見たら、ちゃんと書いてありました→こちらをクリック

Img_20171207_0004

下は、「宮中御車寄の御轜車(じゅしゃ)」。貴人の葬儀の時、お棺を運ぶ車だそうです。昭和天皇のときは、自動車で運んでいたようです。YouTubeでその様子はご覧いただけます。

Img_20171207_0001_2

「葬式場殿(そばうどの)正面」。天皇陛下の葬儀の際、葬儀場に設ける仮殿だそうです。

Img_20171207_0005_2

なお、国の儀式として行われるときは、「大喪の礼」。皇室の儀式として行われるときは、「大喪儀」というのだそうです。

引退をされても、ご夫婦で、お元気で過されるされる事をお祈りいたします。


2017年11月25日 (土)

2017 「三十路苑」~iPhoneⅩで撮る

Photo

三十路苑は毎年見に行っていますが、行くのが早すぎ、青葉ばかりの時が多かったのですが、今日は色づいていました。

さて、今日は人が多いな、と思っていたら土曜日ですね。例のごとく、耳慣れない言葉が飛び交っていましたが。


Photo_2 Img_1328_2

いつもは、ニコン(現在故障中)とデジカメで写真を撮っているのですが、iPhoneを使い始めて、数十年。実は、iPhoneのカメラを使ったことはありません。あの、写真を撮る格好があまり好きでなく、といってもⅩを買ったので、今日はどれくらい使えるか試してみました。

ということで、今日はⅩで撮った写真で写りが悪いのはⅩのせいです。

Img_1333 Img_1336

2

竹林もだんだん、らしくなってきました。

Img_1339_2 Img_1340

どこかの団体さんの記念写真ですね。言葉は分かりません。

Photo_3

ということで、iPhoneのカメラもまあまあ使えますね。もっとも、ニコンを買い換えるかどうか悩んでいるところですが・・・・・



2017年11月24日 (金)

「遅れて週刊誌」&「神迎え」

Img_20171122_0001 Img_20171122_0002

ここ数日、ブログをサボりましたが、とにかく、特定健診、研修会、近くの方の逝去(同じ班なので、受付などのお手伝い)ということで、まあ、忙しいこと。

定年したら、縁側で猫のシラミなどを取って、ゆったと過ごそうと思っていたのですが・・・・

で、週刊誌は火曜日に買っていたので、紹介しようと思っていたら、紹介するのが、「遅れて週刊誌」ということで、興味のあるタイトルだけでも。

■「ルポ東京23区「健康格差」地帯を歩く

「寿命」と「収入」の不都合な真実とありますが、東京にお住まいの方、どこに住んでいますか?荒川区?あ~残念ですね、平均寿命ワーストです。

全国的に見ると、長崎は平均寿命(男性)は、ワースト37位。まだ、下がありますから、ご安心を。

■「『貴乃花が許せなかったモンゴル派閥『血の結束』」
■「日馬富士『ビール瓶殴打事件』と『貴乃花』の『遺恨』。

まだ、事件の全容が分かっていないので、何ともいえませんが、優勝は白鵬でしょう。

■「病気と遺伝のタブーに踏み込む」

「人間ドックで『親の病歴』を訊かれる本当の理由は」「老後になって発露する『親の遺伝』はこれだ」、ということで・・・

「大腸がん、前立腺がんは遺伝しやすく(私もです)、肺がん、肝臓がんは遺伝しにくい?脳卒中を起こしやすい遺伝子ががある?糖尿病、緑内障、ED・・・あなたのリスクは?」ということで、到底書き切れないので、買ってお読みください。

■「小池百合子『死んだふり辞任』で『橋下新代表』が動き出す!?」

賞味期限切れのお二人が、まだウロウロするんですか?ヤダな。食中毒おこしちゃうよ。

■「妻に先立たれ『70すぎて独り暮らし』どれだけ大変で、どんな心構えが大切か」

先月、カミサンが嫁のところに一ト月ばかり子守にいきましたが、大変でした。取り残されないように、カミサンより先に行くように頑張りましょう!

■あと、皆様のお好きな記事がありますので、秋の夜長、楽しんでください。

さて、昨日は地区の氏神様の「神迎え」の儀式でした。「天満宮」で、菅原道真を 祀っています。同時に、千々石ミゲルのお父さん「千々石直員」とその家臣も祀られていますが、普段本殿は閉めてあります。

近くの方が毎日お参りに来ていたそうですが、二人の息子は、有名国立T大学に入学し現在研究室におり、毎月、外国の学会に参加をしているそうです。

ということで、ここの天神様は効果があります。橘神社の裏山のところにありますが、こちらの神社にもお参りを。特に、受験を迎える方は。

Img_2711

神事のあとは、直会(なおらい)で、夜12時まで。入れ替わり、立ち替わりでしたが、なかなか顔を合わせる機会が少く、話、この「天満宮」を中心に町おこしができないか、ということまで至りました。

Img_2708 Img_2718

さて、以前にも書きましたが、神送り、神迎えのとき、必ず風が吹くんですね。この日も、静かな夜だったんですが、夜12時ころ、ヒヤリとした風が吹き込み、提灯がフワリと動いて、「あ!帰ってこらした」。

神送りの時は、12時になると、一瞬、灯明と電気がフト暗くなりました。というこで、はやり、いるんですね。神様。

家にもカミサマがおられることは、おられるのですが、こちらは、おっかなくて・・・・



2017年11月15日 (水)

え~!「黒い郵便ポスト」?


Img_1272

島原駅あたり、いい女の子がいないかとブラついていました。といっても、昔みたいに、「おねえちゃん、お茶しない?」、と声をかけると、セクハラ、迷惑防止条例になりますから、ただ、眺めていただけですが。

そのとき、矢印の所に気になるんものがあるんですね。で、行ってみたら、「黒い郵便ポスト」でした。

Img_1276 Img_1288

製作が平成2年ですから、今から17年前。「市制施行五十周年記念ポスト」。「黒いポスト」と「五十周年」。この関係は、いくら調べても理解不可能。

昔は黒いポストもあったらしく→ポストの歴史はこちらをクリックしてネ loveletter 

なお、長崎には県庁の横の坂、グラバー園にもあるそうです。ネットで、見ると地味ですね。ポストというと、「赤」と思っているので、そのせでしょうか?なお、〇撫してみたら、木製でした。

Img_1282

それで、考えたのですが、「黒」があるなら他の色があってもいいじゃないですか。

「幸せの黄色いハンカチ」という映画がありましたが、幸せになりたい人は「黄色いポスト」を利用する。恋愛中の人は「ピンクのポスト」を利用する。ガーデニングが好きな人は「緑のポスト」を利用する。腹黒い人は「黒のポスト」を利用する等々。

町がカラフルになって、町おこしになるじゃないですか。「七色のポストのある町」なんちゃって。


2017年11月13日 (月)

はや!~iPhoneⅩ

Img_2484

前回のiPhone7のジェットブラック、一月ばかり待ち、待ちきれずブラックを買いました。

今度発売のアイフォンⅩ(エックスではなくテン、10の事です)。同時発売がiPhone8でしたが、それならiPhone9はどうしたのでしょう?

で、前回のiPhone7JB(ジェットブラック)が騒動でしたから、Ⅹは、まあ、今年中に入ったらいいなと思っていたら、昨週の金曜日に入荷しましたと連絡があり、ちょうどお隣の本屋さんにいたので、飛んでいきました。

一時、iPhone8を頼んでいたのですが、私のかわゆい手には少し大きく、キャンセルをして、iPhoneⅩを頼み直したので、まあ、ゆった~と待っていたのですが、発売から一週間ほどで着いたので、お~、はや、と思いました。

左がⅩで、右が7。Ⅹがフルスクリーンだと分かると思います。
中を開けたらいつも通りですね。イヤホーンはいらないのですが・・・・


Img_2495

今回は、シルバーを頼みましたが、7より少し大きめで、私の手にはちょうどフィットして助かりました。もっと、大きいと思っていたのですが・・・・

Img_2489

ところがですね、PCに繋いだら、iTunesの12.7でしか使えないと。今使っているのが12.6。アップデートをすると、途中でWindowsのインストラパケットが使えないとかで、これ、困るんですよね。結局、iPhoneⅩが使えない。

で、金曜日の晩から今までいじくって、結局最後の手段、PCを初期化したら、難なくできましたが、少しばかりAPPが消えたりしましたが、今から、まだ調整をするので、今日はここまで。

昔はもっと簡単だったのですが、2年たったらガラケーけーに戻るかな。



2017年10月27日 (金)

iPhoneⅩ「予約狂騒曲」

Photo


今日は、iPhoneⅩの発売予約日で、まだ、世間様には出回っていないので、上の写真は他の方のブログの写真を(無断)借用しました (*_ _)人ゴメンナサイ 。

当初は、8Plusを予約していたのですが、実機をいじくっていると、私のかわいい手には少し大きすぎ、8だと今持っている7とあまり変わらず、で、後で調べると、ⅩはPlusと8との中間の大きさで、まあ、これなら良いかなと、8Plusはキャンセルをして、iPhoneⅩに乗り換えをすることにしたのですが。

皆さんご存知のように、昔は徹夜してショップの前に並んでいたのですが、現在はWEBで注文になりました。

と言っても、こちらは田舎で、以前の6Sだったかな、受付時間30分前に行ったら、並んでいるのたった2人。

今回はWEBで申し込みをし、前日から何回も練習をし、電波時計を3台準備し、申し込みはPC、タブ、スマホと3台でスタンバイをし、あと、受付開始の4時1分を待ち、ジャストで申し込みをしたら、もう、「ただいま混雑しておりますしばらくお待ちください」ですって、で、3台を使って次々にアクセスしたら、4時25分にやっと受付が出来ました。

調べてみると、皆さんなかなか繋がらなかったみたいで、大体、4時20分前後からつながり始めた感じ。で、ショップ受け取りにしましたが、家電屋さん受け取りが良かったかな?

昨年、7ジェットブラックを注文し、ショップ受け取りにしたら、全く音沙汰がないので、「まだ?」、「まだなんですよ」、「いつ頃になる?」、「・・・・」、「一日何台くらい入荷してる?」、「・・・・・」、「一台くらい?」、「一週間に一台くらいです」だと。その足で、某家電にいったら、数台入荷してました。なお、情報によると、ショップに並んでいた方が受付が早かったとか。

毎年、同じ状態が続き、今回も同じことが起こるのは目に見えた事でしょう。IT企業とはいいながら、実に遅れた対応です。

さて、発売日は、11月3日で、予約のメールが届いて、予約状況は、「商品取り寄せ中」となっていますが、私のiPhoneⅩは、多分今年中には届かないでしょう。来年のクリスマスには届くと思いますが。

大体、11月3日発売なら11月3日に発売するのが当たり前でしょう。こんな商売をするお店屋さんなんてありません。

3GS時代から使っていますが、最近のAppleの商法には合点がいかず、2年後の再契約時には普通にショップに行って、普通のガラケーに変えようかと思っています。





2017年10月 9日 (月)

「栗原玉葉」~文化を考える

Img_20171009_0001_2

思ひ出は芋の畑にあぜみちにとんぼ追ひたる古里の秋  玉葉

と書き始め、やっと終わりだなと思ったら、またもや、全部飛んじゃいました。書き直す気も無くなり。またね。



2017年10月 4日 (水)

「今宵は『中秋の名月』」

Img_20171004_0001 Img_20171004_0002

本日は、揺れ動く政局などを書こうと思ったら、TVで「今日は中秋の名月で・・・」
とやっていたので、調べると本当に今日が中秋の名月。
少し雲が出ていましたが、少しすると雲が切れ、きれいなお月さま。

例によって、売れの残り現品処分1万2千円のデジカメですが、意外ときれいに撮れるもんで・・・・

Img_2219

という事で、今日は月でも眺めながら、心清らかにお過ごしください。
なお、本物の月はまだ出ております。




より以前の記事一覧

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ