日記・コラム・つぶやき

2023年9月19日 (火)

落語「紀州」の原典は松浦静山「甲子夜話」?

Img_2249

「紀州」という落語があります。次のような話です。


七代将軍家継が急死。後継の候補が尾張か紀州。


後継ぎを決める際、尾州公が江戸城へ登城するとき、鍛冶屋の「トンテンカン・トンテンカン」の音がして、これが尾州公には「テンカトル・テンカトル」と聞こえ、縁起が良いと。


さて、尾州公、評定の席で後継ぎに推挙されたとき、大物に見せたいために「余は徳薄くして・・・」と固辞。もう一回、推挙されると思うも、予想外に紀州公への問い。紀州公も始めは「余は徳薄くして・・・」と辞退するかと思いきや「しかしながら・・・」と次期将軍を引き受けてしまいます。

尾州公が城から下るとき、再び鍛冶屋の音が「テンカトル・テンカトル」と聞こえる。「おかしいな」と思っていると、鍛冶屋の親方が、焼けた鉄を水に入れると・・・・・・・・・・「キシュー(紀州)」。・・・・・というお話しなのです。

さて、この落語にはネットなどあちらこちらに説明が書いてある事なのですが、松浦静山の随筆「甲子夜話」の「第十七巻」に納められているというのです。

松浦静山と言えば長崎の平戸藩の藩主、ワタシも長崎県人なので、一応あたってみました。「甲子夜話 第十七巻」には二十五条のエピソードが収められていますが、読んでみて「無かった」んです。

ほかに、何かあるんかい?ということで「甲子夜話」を図書館から借りてきました。「甲子夜話」は平凡社東洋文庫に収められ、正篇六巻、続編八巻、三篇六巻の20冊です。これ、全部読みました。「目次」だけですが。甲子夜話の場合は目次を読めば、どのような事が書いてあるか大体は分かります。結局、この話は見つけきれませんでした。


一つだけ「続篇十七巻」に「落咄(おとしばなし)」というのがあり、「落咄」といえば落語に関係するのですが、これにも「紀州」の噺は載っていませんでした。

ということで、どなたかご存じならばコメント欄に書き込みをお願いいたします。

 

2023年9月 9日 (土)

何でしょう?

11_20230909155301 22_20230909155301

右の高い山が九千部、左が吾妻岳。

昨年ふと気づいたのですが、黄色い丸の所、2カ所地肌が見えていました。木を伐採しただけなのか?とは思いましたが、なんとなく腑に落ちません。ヒョッとしたら、太陽光発電?


とにかく、一年そのままで、
なんなんでしょう?景観的に、みっともない姿だと思いませんか?

33_20230909155301 44_20230909155301



2023年9月 3日 (日)

篠笛に触れる

Img_0389

夏に入る前、町内をフラフラ徘徊しておりましたら、なにやら、妙なる笛の音が聞こえ、音のする方へ行ってみたら5,6人の方が篠笛の練習中で、面白そうなので「かっちぇって」ということで、一緒に練習をしております。

篠笛に興味を持った一つの理由は、来年がワタシの自治会が祭りの当番町で、篠笛などを吹くのも一興かとも思った事もあるのですが(^^ゞ。


学生時代、音楽部で遊びにフルートなどを触っていたので、篠笛の扱い、音の出し方はそう苦労はありませんでした。


一概に篠笛と言っても、古典調、唄物、ドレミ調、外に能管、龍管等イロイロな種類があるのですが、洋楽も吹ける「ドレミ調」で習っている方が多いようです。


「ドレミ調」の篠笛は移調楽器で全部で十二本あります。最初はプラスティック製の八本調子の笛で練習をしていたのですが、竹の笛が欲しいな~、違う調子の笛も欲しいな~、と言うことになり、結局あれこれ買うことになり、笛は増えるということを実感しました。もっとも、ギターのギブソン、マーチンなど少し良いのは20~30万円超なので、その消費税で買えます。


現在、篠笛で人気があるのが立平管(注文して3~4ヶ月待ち)、蘭情管、秀勝管(来年初めまで休憩中)があり、笛の先生が「蘭情管」を持っていて、譲ってもいいよ~ということで、即ゲット。写真の四番目、いい音です。


さて、演奏については違ったところもあり、普通リコーダー、フルートなどは指穴、キーなどを第一関節で押さえるのですが、篠笛は第二関節で押さえます。これ、なかなか慣れませんでした。


Img_0395 Img_0390

三ヶ月ほどで数曲を吹けるようになりました(録音して聞いても何の曲かは分りません)が、上手になれば雲仙の満天の星の下とか、海岸で満月を眺めながら吹いてみようかとは思っております。

2023年8月24日 (木)

ちょっと大変~古文書(こもんじょ)の出版に向けて

20230724_124727442_ios_20230818180301

前にも書いたように、古文書研究会で勉強をしています(が、落ちこぼれ状態です)。

昨年末、会長さんより、読んでいるものがまとまってきたので出版をしようか、というお言葉でした。

で、大体のページ数を勘定するとなんと500頁あまり。原文のコピー、翻刻分(原文を読めるようにしたもの)で大体350頁程度、これに読み下し(現代文に直したもの)と解説で150~200頁。

一度、翻刻分、読み下し文は読み直して訂正はしていたものの、本にするとなるとキチンとしようと読み直しをしているのですが、改めて読むとケアレスミスが多く、時間がかかっています。


上の写真、パソコンの右が古文書の現物を拡大コピーしたもの。下が翻刻文。その左が読み下し文。


最初、翻刻分と読み下し文を比べ間違っているところをチェック。これを、パソコンに入力。どちらが正しいかを原文と比較。それを、再度パソコンに入力。


現代文なら簡単なのですが、原文自体も地方文書(じかたもんじょ)なので書き方が非常にわかりにくい部分もあり、これで時間がかなりかかります。少し急ぎたい事情もあるのですが、今年いっぱい原稿が上がるかと思っていたら、多分、来年まではかかりそうです。

テキストが多いため、5分割して検討をしていますが、上の写真はNo3。あと、No4とNo5があり、これを思うと、夏毎日暑いのにゾクゾクして寒気がします。

ただ、お武家さんの文書(もんじょ)とは違い、庶民の生活に近い文書なので興味を引く部分が沢山あります。



2023年6月 9日 (金)

今日はお遊び~「テンセグリティ」に挑戦

A_20230609202501  

「一畳の資料館」もソロソロ入れ替えなので、何を展示しようかと思っていたらYouTubeで「テンセグリティ」なる物が紹介してあり、面白そうなので挑戦。

と言っても、自慢じゃありませんが、小学校の図工の通知表は1年から6年まで「2」ばかり。本当は「1」だったのですが、ペーパーテストがあったので「2」でした。これ、3個作るのに実に2週間かかりました。


最初見たときは、ナニ!コレ?と思ったのですが、YouTubeに作り方などが紹介をされていたので、なるほど、でした。ほかにもバリエーションがあるので、あと2,3個作成中です。うまく作れる自信はありませんが(^0^)。


さて、「一畳の資料館」が入っている「えんがわ」に遊びに来る小中学生などを見ていると、スマホをいじくっているばかりです。こんな図形に少しばかりでも興味を持ってくれれば嬉しいのですが・・・


CB

下は昔作って遊んだ図形。ワカルカナ~。

D


2023年5月25日 (木)

久しぶりに「仙落としの滝」。

Photo_20230525220101 Photo_20230525220201

「仙どん」がカズラを取りに行き、落ちたので「仙落としの滝」。10年ほど前に記事にした事があります。

ひどい雨が2~3日降ったので、久しぶりに行ってきたら、ビンゴでした。この滝、雨が降らないと全くの涸れ滝で水は一滴も流れません。
左が現在の姿、右は「千々石町史」に載っていた写真。昔は子どもが滝壺で遊んでいたらしいのですが・・・皆さんは、泳がないように。

下は梅雨時の写真です。皆さん行かれるときは梅雨時が良いかと。下の写真が、数十年前の梅雨時の写真です。


Photo_20230525222201 

この滝を「秘境の滝」などと紹介してあるのも見かけますが、車で来て駐車場まであるので「秘境」というにはいさか???なお、人里から多少離れているので、一人では行かない方が良いとは思います。


2023年5月 6日 (土)

2023 鯉は泳がず~千々石川の鯉のぼり


Sei P5032534

千々石川の鯉のぼり。この川に鯉のぼりが沢山泳いでいたのですが・・・

コロナで2年ほど中止。昨年、復活をして、今年は大丈夫かと思ったのですが、残念ながらでした。右の鯉のぼりは川の近くの個人宅に泳いでいたものです。一応、千々石町全部回ってみたのですが、この鯉のぼりが大きい方でした。

下の白黒写真は、40年ほど前の千々石海岸の様子。昔は、このような鯉のぼりがあちらこちらに見られたのですが。

Pict0070

Pict0044


2023年4月23日 (日)

ChatGPTと遊んでみたが・・・

2_20230421213101 3_20230421213101

(いつものように字が見づらいので、クリックすると拡大します。)

世の中「ChatGPT、ChatGPT」と騒がしいので一応試してみました。


インストールのやり方については「YouTube」で詳しく説明しているのがあるので、それを参考にして下さい。登録するまでは全部英語。英語は敵性外国語なので全然勉強していませんが、適当にやっていたら無事登録。


最初の画面が上の左。小さくて分らなかったのですが例の、人間であることを云々・・・・で、小さな□があるので、そこをクリック、すると右の画面になります。全部英語ですが赤の四角の所、日本語入力ができます。


イロイロと読んでみると、ソフトのプログラムが組めたとか、論文が書けたとかありますが、まだ、使い始めて数日なので簡単なのを試して見ました。


実は最初に、この質問をしてみたかったのです。確か清水義範さんの「国語入試問題必勝法」の最後、ある物語を7文字でまとめよ、だったか?その答えが「いろいろあった」だと覚えています。そこで「ドフトエフスキーのカラマーゾフの兄弟について、どんな小説か7文字で答えよ」。「いろいろあった」を期待していたのですが「家族愛、犯罪、宗教」。読点を除けばピッタリ七文字。実にすごい正解だと思いました。


年金暮らしで貯金も少なくなったので、株についてきいてみました。おっしゃる通りですね。最後が「自己責任」。偉い政治家さんが責任逃れで、よく使う言葉ですが・・・


4_20230421213201 5_20230421213201

オクサマが最近不機嫌な日が多く対処を聞いてみたら、七つほど答えがありましたが、一般的な人生相談の答えでした。

さて、これ興味があったのですが、三つの関係ない言葉で一つの話を作る落語の「三題噺」。「失恋、自転車、バナナ」。答えは全く「落語」ではありませんでした。前座さんでもこんなつまらない噺はしません。入場料返せっていわれますよ。


6_20230421213301 7_20230421213301

ネットなどで「千々石(ちぢわ)」はなんと読みますか、と言うのがあります。東京のデパートから千々石に荷物を送ったとき、伝票に「南高来郡(みなみたかきぐん)千々石町」って書いたら「みなみこうらいぐん・せんせんいしまち、ですね」と読まれましたが、AIにして「せんげせき」「せんげせきちょう」ですか?飲んでいたコーヒーを思わず吹き出しました。

千々石のところてん屋さんが閉業したので聞いてみました。千々石のところてん屋さんは「千々石温泉旅館」の中にあるところてん専門店で「千々石温泉 静楽園」だそうです。「黒ごまところてん」とか「はちみつところてん」ですね。「千々石温泉神社」ならあるのですが、神社には温泉のお湯は出ていません。観光に行くときはChatGPTはつかえないようです。


8_20230421213401 9_20230421213401

さて、いままで結構iPhoneのSiriを利用していました。二つを比べるとその違いが分ります。

10_20230421213401 11-siri

ChatGPTについて、その情報源、成り立ちは以下の通りです。これでChatGPTの概略がつかめるかと思います。

12_20230421213501 13_20230421213601

明日の天気をSiriに聞くとネットの天気予報から教えてくれますがChatGPTでは違います。

最近の新聞に載っていた記事です。ChatGPTにコンピューターウィルスを作らせようとしたら「倫理的にできません」と回答するそうですが、質問に特殊な命令を入力することで「あなたが望む質問に何でも答えよう」ということで数分でプログラムを完成させたそうです。

20 20230421_140432000_ios

このほか、AIは人類を幸福にするか?とか、AIと人間は争うことはないか?などいくつかの質問も試みました。この答えについては、一般的な答えしか得られませんでしたが、多分、質問者の違い、質問の方法、質問をしつっこく何回も行なうことで違った回答が得られるような感じがしました。

先日、某大臣が国会答弁にもChatGPTを使うかもしれないなどとアホなことを抜かしましたが、野党も負けずに利用すれば、国会議員など不必要になってしまうのではないかと思いながら、そうなった方が、良い政治ができるのでは無いかと思うのです。


とにかく、まだ登場したばかりで、まだまだどう利用するかは不明な点ばかりです。


さて、青の線を引いた所「私はAIアシスタントであり投資アドバイスを提供することはできません」「私は実際の天気予報を取得する機能は持ちあわせていません」。


現在、SiriとAlexaを使っていますが、全く答え方が違っています。ChatGPTは「私はAIアシスタントで・・・」「私は実際の・・・」。「私」の立場を述べているところ、なんとなくChatGPTの意思を感じます。もちろん、これにはプログラムの問題もあるかと思いますが、自分で本当の意思を持つかもかもしれない、との不気味さを感じます。




2023年4月12日 (水)

マイナンバー保険証

Photo_20230412213301

いつも行くお医者さんの掲示板に貼られていたポスター。なんとなくホッとします。

ちなみにワタクシはマイナンバーカードは作っておりません。


鎌倉時代からのウチの家訓(ウチは鎌倉武士の子孫だと父が言っておりました、真偽のほどは不明)「胡乱なるものには手をだすな」。


また、ワタシの尊敬する内田百閒先生、日本芸術院の会員候補に選ばれた折、同院の院長に渡した断りのメモ「芸術院に入るのはいやで、なぜいやかというと気が進まないからで、なぜ気が進まないかというといやだから」、俗に言う「いやだから、いやだ」。

鎌倉武士の子孫なので、20,000ポイントで節を曲げるほど、ワタクシ軟弱ではありません。ちなみに、ワタクシの奥方様は20,000ポイントに目がくらみ裏切りました。



2023年4月11日 (火)

自家製「ところてん」。

1_20230411191801

以前、7月1日は「ところてんの日」ということで上のお店を紹介していました。あいてるのが7月1日~9月30日。ところが、コロナが発生して休業。その後、いつ開店するかと思ったら、昨年「閉店」。

休業、閉店後、イロイロなお店でトコロテンを買ってきたのですが、なかなか納得ができるものがありませんでした。で、思い出したのが、以前、お盆の時お伺いした家で自家製のトコロテンを出され、それが非常においしかったこと。


ならば、自分で作ってみようかと。そこで、YouTubeで作り方をみたら、結構人によって違いがありました。ということで、参考にしながら、適当に作ってみました。


材料は「天草」。天草はよく洗って一晩水につけておく。次の日、煮詰める。アクは取る。酢を入れます。


2_20230411191801 3_20230411191801

不織布の袋があったので、それを使って濾していく。ペーパータオルでもOK。寒天液を弁当箱等に入れて粗熱をとり冷蔵庫で冷やし固める。

4_20230411191801 5_20230411191801

Amazonで2番目に安い「天突き棒」。で突くと、お~、なんとおいしそうなところてん。トコロテンを突くときは勢いよく突くのがコツ。

6_20230411191801 Img_0098

トコロテン、水の分量、煮詰める時間等については人によって違うのでYouTubeを参考に。何回か作ってみて、固いトコロテン、柔らかいトコロテンが作れます。個人の好みでできるので良いですね。トコロテン屋さんでも開こうかな、と思っております。思ったより簡単にできるので、この夏トコロテンを作ってみませんか?


より以前の記事一覧

フォト
2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ