旅行・地域

2024年2月19日 (月)

観桜火宴のお知らせ

Img_0001_20240219214401 Img_0002_20240219214401 

観桜火宴が3月30日に開催されます。
全国各地、大きなイベントが復活開催されていますが・・・

2023年11月27日 (月)

橘神社「大門松造り」進捗状況&「福石様」しめ縄張り替え

11月26日、千々石海岸「福石様」のしめ縄の張り替え、橘神社の三回目の作業がありました。

大門松は、11月19日が土台作り、23日が竹の選別・竹入れ込み。26日が竹の成型。竹の先端を斜めに切っていきますが、高所で足場が悪い上に切っていく竹の本数が多く、また、竹の先端が揃っているか確認できないため、大変な作業です。下から指示はしていますが・・・思い通りには・・・

1_20231127115701 2222

機械の調子が悪かったためか、左の門松しか切れなかったそうです。上の作業の時は完全装備。消防署に勤めていた方なので、高所は慣れているようでした。

3333 4444

福石様のしめ縄は雨風にさらされ、台風の時などは潮をかぶり痛むので、毎年の締め替えになります。舟人さんや近くの人が集まってしめ縄作り。

11_20231127163501 22_20231127163501

33_20231127163501 35_20231127163501

あとはお祓い、で完成。話をしていると張り替えた後は写真を撮る方が多いそうです。夕日の時はきれいにです。

44_20231127163601 55

2023年11月13日 (月)

幻の鉄道(長崎~北有馬)

2_20231111170101

  (地図はクリックするとハッキリと見えます)

明治28年発行の「大日本管轄分地図 長崎県管内全図」。島原半島の部分を下に拡大しています。

長崎駅が開業したのが明治38年、島原鉄道の本諫早~愛野間の営業が明治44年、と言うことを考えると、まったく考えられない鉄道なのですが・・・


島原鉄道発行の「島原鉄道100年史」によれば、明治5年、新橋~横浜間が開通。その後全国へ鉄道網が広がる中、「島原半島でも明治初期から商品流通が盛んな島原半島と九州鉄道予定駅諫早を結ぶ鉄道建設計画が出されていました。有明鉄道、島原鉄道、長崎鉄道、不知火鉄道は、それぞれにこの敷設を企てたものでありました。・・・」。という事を考えれば、この鉄道は、まだ、構想であったものを載せたと思われます。


もっとも、この鉄道が完成していれば、島原半島の経済も歴史も変わって、面白かったのではないかと思うのですが。


Photo_20231111170101 
Photo_20231111170102

2023年9月 9日 (土)

何でしょう?

11_20230909155301 22_20230909155301

右の高い山が九千部、左が吾妻岳。

昨年ふと気づいたのですが、黄色い丸の所、2カ所地肌が見えていました。木を伐採しただけなのか?とは思いましたが、なんとなく腑に落ちません。ヒョッとしたら、太陽光発電?


とにかく、一年そのままで、
なんなんでしょう?景観的に、みっともない姿だと思いませんか?

33_20230909155301 44_20230909155301



2023年6月30日 (金)

2023「唐比ハス園」~諫早市唐比(からこ)

Photo_20230630214001 Photo_20230630214101

「唐比ハス園」の花が咲いているということで寄ってみました。新聞に載っていたせいか、平日の午前中にもかかわらず、沢山の人が訪れていました。

ハスは区画ごとに種類が違い、十分に咲いているもの、まだまだ全然咲いていない所がありますが、順次咲いていきます。

Photo_20230630214102 Photo_20230630214103

見に行った日が、雨が降ったり止んだり、又、風が強く、花びらがかなり乱れていました。行くなら、天気の良い風がない日が良いかと思います。

Photo_20230630214105 Photo_20230630214104

左は花弁がすっかり落ちたものです。右は冬の完全な枯れハスですが、非常に趣の深い風景です。ワタシはひねくれているので、こちらの風景に心を引かれるものがあります。

P6293173 P3240197

以前は「唐比ハス祭」が開催されていたのですが、コロナで中止。今年はと期待していたのですが開催されないようです。

2023年5月25日 (木)

久しぶりに「仙落としの滝」。

Photo_20230525220101 Photo_20230525220201

「仙どん」がカズラを取りに行き、落ちたので「仙落としの滝」。10年ほど前に記事にした事があります。

ひどい雨が2~3日降ったので、久しぶりに行ってきたら、ビンゴでした。この滝、雨が降らないと全くの涸れ滝で水は一滴も流れません。
左が現在の姿、右は「千々石町史」に載っていた写真。昔は子どもが滝壺で遊んでいたらしいのですが・・・皆さんは、泳がないように。

下は梅雨時の写真です。皆さん行かれるときは梅雨時が良いかと。下の写真が、数十年前の梅雨時の写真です。


Photo_20230525222201 

この滝を「秘境の滝」などと紹介してあるのも見かけますが、車で来て駐車場まであるので「秘境」というにはいさか???なお、人里から多少離れているので、一人では行かない方が良いとは思います。


2023年5月 6日 (土)

2023 鯉は泳がず~千々石川の鯉のぼり


Sei P5032534

千々石川の鯉のぼり。この川に鯉のぼりが沢山泳いでいたのですが・・・

コロナで2年ほど中止。昨年、復活をして、今年は大丈夫かと思ったのですが、残念ながらでした。右の鯉のぼりは川の近くの個人宅に泳いでいたものです。一応、千々石町全部回ってみたのですが、この鯉のぼりが大きい方でした。

下の白黒写真は、40年ほど前の千々石海岸の様子。昔は、このような鯉のぼりがあちらこちらに見られたのですが。

Pict0070

Pict0044


2023年4月 9日 (日)

2023 諫早眼鏡橋のツツジ~長崎県諫早市

Img_7922

桜が2,3日前から散り始め、今日はすっかり散ってしまっていました。と、思っていたら諫早の眼鏡橋のツツジが新聞、テレビで報道されていました。

コロナ以前は諫早つつじ祭りで出店、イベントなども行なっていたのですが、2023諫早つつじ祭りとしては4月1日~30日までライトアップが行なわれるだけの様子です。詳細については不明。


一番上の写真、定番です。反対側から撮すもの良いのですが・・・


ほか、写真の撮り方で面白いのでは、お隣の芝生公園のミニ眼鏡橋から撮すと向こう側に親方の眼鏡橋も写ります。ミニ眼鏡橋の池が汚れているので、ドアップで親方の眼鏡橋を中心に撮すのもよいのではないかと。欄干の間からも上手に撮れば面白いかも。


Img_7943 P4070060

道を隔てた銅像からだとツツジと眼鏡橋も写ります。池の噴水からも良い景色ですね。橋の下のアーチ部分もう少し入れた方が良かった。

P4070122 P4070075

実は最近は映像の方にはまっており、密かにYouTuberを狙って動画を中心に撮ってたので、写真の方はうまく撮れませんでした。皆さんもあれこれと工夫した写真を撮ってみては如何でしょう。(写真はクリックすると拡大します)




2023年4月 6日 (木)

2023 桜めぐり~雲仙市・島原市・諫早市

◆雲仙市橘公園

1_20230406210601 2_20230406210601

3_20230406210601 4_20230406210601

◆諫早市森山町仁反田川砂防親水公園・桜のトンネル

1_20230406210701 3_20230406211001

◆諫早市白木峰高原

1_20230406211101 2_20230406211101

◆島原市火張山公園

2_20230406211201 3_20230406211201

4_20230406211201 1_20230406211201

◆雲仙市小浜町杜鵑山(とけんさん)公園

2_20230406211301 1_20230406211301

今年も桜見物に6カ所ほど回ってきました。杜鵑山公園は桜が開き始め時に行ったので参考にはしないで下さい。(各写真はクリックすると拡大します)

橘公園の桜は一日で満開になり、ここ二日ほどであっという間に散ってしましました。他にも小さな公園、道路沿にも桜が満開で、改めて日本人の桜が好きなことを実感しました。これから葉桜、裸木、また来年花を咲かせるわけですが、来年を楽しみに・・・


◆「勧 酒」~于武陵作・井伏鱒二訳 

  勧君金屈巵  コノサカズキヲ受ケテオクレ
  満酌不須辞  ドウゾナミナミツガシテオクレ
  花発多風雨  ハナニアラシノタトエモアルゾ
  人生足別離  「サヨナラ」ダケガ人生ダ


2023年3月13日 (月)

最近のことなど

001 002

最近、なにやら忙しくブログに投稿するのをサボっていました。

この時期、鍋島邸の緋寒桜が開花するので一週間程前行ってみたら、寂しい姿でした。本来、ここには二本の緋寒桜があり、左の写真のように
2006年に行ったときは見事に綺麗でしたが、一本の緋寒桜が枯れてしまい、今では一本になっていました。あと数十年、以前の姿に戻るのを待ちたいと思っています。

この時期、緋寒桜祭りが開催され、地元産品の販売、地元の方の案内、演芸会などもあっていたのですがコロナのために3年ばかり中止。今年は再開すると思っていたのですが残念ながら開催されないような感じです。

Hikan Torisaki

さて、先日iPhone14Proの事を紹介したとき「ジンバル」の紹介も少ししました。特に動画を撮るのには便利です。ただ、左の写真のように持って行くのですが多少目立ちます。島原の雛祭りで商店街のウィンドーにお雛様が飾ってあるので、商店街の中をこれをもって撮影するとなんとなく奇異な目で見られ、皆さん避けていきます。で、ショウインドーに写るジンバルを構えた己の姿がどう見ても尋常ではないのです。若い方なら似合うのですが・・・

と言うことで、探していたら、右のようなものが見つかりました。手のひらサイズですが、動画はもちろんですが、普通の写真も撮れます。動画は4K(TVの4Kの画面)、フレームが24,30,60(映画は一秒間に24コマ写ります。これが24フレーム、TVが30フレームだそうです)。写真はRAWが使えます。ということで、かなり優秀。思い通りに使うには練習がいります。

003 004

だだ、右の写真で分るように、画面がかなり小さく、この画面でイロイロな設定をするのはチト苦しいのですが、別売りのアダプターを使えば下の写真のようにスマホと連動して使えます。これを腰の高さあたりに構えればそんなに奇異な感じはしません。画面は右のようにしっかりしたものです。スマホにスローモーション、パノラマ、タイムラプスの機能も付いていますが、これを使うともう少し進んだ機能も使えます。

005   006

3年ぶりの「橘公園花まつり演芸会」なのですが、大丈夫なのかな?とは思っています。マスクは自己判断、コロナは五類≠コロナ消滅、です。

2023_0005 2023_0004


より以前の記事一覧

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ