グルメ・クッキング

2020年7月 2日 (木)

私の「コーヒードリッパー」について

Photo_20200701201101 Photo_20200701201201

コーヒーの入れ方については、サイフォン、エスプレッソ、トルコ方式、今、家庭で手軽に使えるコーヒーメーカーも普及してきているようです。

一般的なのは、上の写真ようなドリップ式を使っている方が多いと思います。左は一杯ずつ分けてあり、そのまま使えてポイできるので便利ですが、コストが高め。右は、ドリッパーだけ準備すれば、買うのはコーヒー豆とフィルターだけで、後始末も簡単でコスパに優れています。


今回買ってみたのが、ステンレスのドリッパー。紙のフィルターがあると、コーヒーオイルが吸い取られ、コーヒーの味わいが薄くなるとか。ステンレスドリッパーだったら、ストレートにコーヒーが漉されるので、その分味わいが深いとかいうことで入手してみました。


Photo_20200701201301

入れ方は普通のドリッパーと一緒で、コーヒー粉を入れ(私のには、1,2の目盛りがあり、1は一人分)お湯を入れるだけ。右の写真、八分目までお湯を注ぐと、約150CC程度。

Photo_20200701201302 Photo_20200701201303

お湯が落ちるまで1分30秒程度。最後は下の左の写真のように、多少お湯がお残りますが、これからは「ポタリ・・・ポタリ・・・ポタリ・・・」という感じで、最後まで待つと、いつになるのか分からないので、ここらで終わるのがベター。全部お湯が落ちるのを待つと、コーヒーが冷えちゃいます。

紙のフィルターと違って、多少粉が残りますね。お手入れは上の二つに比べると、少し面倒臭い。4杯分のドリッパーもありますが、多分、時間がかかりそうな感じで、1杯分が無難かと。


お味ですね。確かに紙のフィルターよりコーヒーの味が深まった感じでした(個人的感想)。10回程度使いましたが、後始末は今のところサッと洗い流すだけ。目詰まりしたら、ブラシなんかを使う予定。


Photo_20200701201401 Photo_20200701201402

以前使ってたもの。

Photo_20200701201601

カップの上にフィルターの部分をのせ、本体を取り付け、コーヒー豆を投入。

Photo_20200701201602 Photo_20200701201902

上にお湯を入れるカップをのせ、矢印の所に印があるので、ここまでお湯を入れます(1杯分のみ)。で、右のボタンを押すと本体が回り、コーヒーにお湯がまんべんなく注がれる、という仕掛け。見ていると楽しい。できあがりが150CC程度。

Photo_20200701202001 Photo_20200701202002

お湯が冷えないようにフタをかぶせておき、約1分半程度。これも、紙のフィルターを使わないので、コーヒーの深い味が楽しめます(個人的感想)。フィルター部分の編み目が少し荒いためか粉が若干残ります。後始末も若干面倒臭い。

Photo_20200701202003 Photo_20200701201402

私の母の実家は少し洒落ていて、昭和30年代、遊びに行くと朝からはパンとコーヒーでした。人数が多いので、ホーローのポットにネルのフィルターを使ってコーヒーを入れてました。

喫茶店でこの方法で入れている所もまだありますね。アレって、いっぺんに沢山作るので、一番美味しい気がしています。

以上が昨日6月2日のブログでしたが、今日6月3日に間違いに気づいたので、訂正と気づきです。

(訂正と気づき)

ドリップした後のコーヒーの粉が残った写真、二枚同じものを使っていました。
「以前使っていたドリッパー」の写真は下の方が正解です。

Photo_20200703191001

なお、コーヒーの粉は細挽きを使いましたが、中挽き、荒挽きなら又別の結果も出るかとm(_ _)m。




2020年5月18日 (月)

「極上 ずぼら飯」(だれウマ著)~でなすび料理を2品ばかり

Img_20200518_0001

3月の末「世界一美味しい手抜きごはん」を紹介したばかりですが、今日、本屋さんに行ったら上の本が置いてあったので買って来ました。著者の”だれウマ”さんはYouTubeだそうです。

少し以前は健康指向の本が多かったのですが、最近は手抜き料理の本が多くなってきました。


皆さん、共稼ぎなどが多くなってきたので、簡単に作れる料理が好まれるのでしょう。「短・安・旨」ですね。短時間で、安くて、旨い。


せっかくだから、なすび料理を二品ほど作ってみました。「なすの蒲焼き丼」と「なすの揚げない揚げびたし」。最近太ってきて、なすびのカロリーの少ないものをということです。


材料は「なすび」。調味料は酒・みりん・醤油、各々大さじ3、砂糖大さじ2。なすびは二本になっていますが、多すぎるので一本。その分調味料は加減しました。


なお、醤油は地元の醤油さんのもの。昔ながらの作り方で、一樽しか作って無く、お値段は少々張ります。カミサンが使ってみて、「これ昔の醤油の味!」と言ってました。カミサンの家では醤油、味噌も造っていたそうです。私のところは都会(中途半端に)で、自家製の味噌、醤油は作ってないのでよく分かりませんが、確かに市販のものとは味が違っていました。


元に返って、なすびはヘタを取り、皮をむいてラップをして3分30秒(なすび2本、レンジ600ワットで3分30秒)。


1_20200518193901 2_20200518193901

なすびに包丁で縦に切り込みをいれる。酒、みりんを中火で煮立て、醤油、砂糖を加えとろみがつくまで煮詰め。

3_20200518194001 5_20200518194001

なすびを挿入(”なすび”というとアレを連想するので・・・失礼しましたm(_ _)m)投入。じっくり煮からめ(煮からめ過ぎました、ご注意を!)ご飯に乗せて出来上がり。

6 7

なすびが1本余っていたので、もう一品。
余った”なすび”は取っといて、次の日に使えば良い?長崎では宵越しの”なすび”は食いません。野菜は新鮮な方が良い。人間もそうですね。


なすびは乱切りにして5分ほど水にさらします(1本)。その間にタレを作ります。めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2、水大さじ4。ごま油(好みで)大さじ1/2、おろししょうが小さじ1。


ウチ、めんつゆが無かったので、醤油、ダシの素、みりん、酒等で作りました。おろししょうがはチューブ入り。なんとなくタレの味がもの足りなかったので豆板醤を少々。


小さめのフライパンにサラダ油を大さじ3。なすびが色づき、柔らかくなるまで揚げ焼き。


Photo_20200518194301 Photo_20200518194302

油を切り、熱いうちにタレに漬け、味をなじませ、できあがり、トッピングに削り節。
右の写真はなすびのアクを取った後の水。アクでかなり濁ってますね。


Photo_20200518194401 Photo_20200518194402

アクといえば、煮物をするときにもアクがでます。これ、そのままにすると、味にエグミがでます。このアクをそのままにしている方もいますが、徹底的に取って下さい。私の料理の先生曰く「料理はアクとの戦い、徹底的にアクを無くしましょう(アク=悪のシャレです)」。

Photo_20200518194501

なすび料理、簡単で意外と良いお味でした。手抜きの料理本も、1冊は持っていても良いのではないかと思った次第です。



2020年3月24日 (火)

「世界一美味しい手抜きごはん」★はらぺこグリズリー著~二品ほど作ってみたら

Img_20200324_0001

子どもが小さいときは、結構手が込んだ料理をしていました。今やカミサンと二人なので、カミサンがいないときは、コンビニ弁当か手抜き料理をしています。

本屋さんに行ったら、上のようなハデハデな本が並んでいて、私にピッタリなので買って来て、二品ほど作って見ました。


一品目が「伝説の卵かけご飯(改)」。以前にも「ふわふわ!卵かけご飯」のことを紹介しました(→こちらをクリック)。だもんで、どちらが美味しいか比べようかと・・・


Dsc_0123

材料⚫温かいご飯・・150g⚫卵・・1個。
調味料⚫醤油・・小さじ1⚫砂糖・・小さじ1/2⚫和風だし素・・ひとつまみ

カミサンガ健康志向なので、砂糖はさとうきびの砂糖


卵は白身と黄身に分けます。右のように卵を半分に割って、左右に何回か移していくと、きれいに分かれます。


Dsc_0115Dsc_0116

調味料と卵の白身を入れ「箸を使って1分30秒全力で混ぜます」(かなり疲れました。歳だから)。あとはご飯にかけ黄身をのせて、かきまじぇる(東京の方言では「かき混ぜる」。長崎の標準語では「かきまじぇる」)だけ。

お味は、先に紹介した卵かけご飯が初めての経験で、意表をつき感動していたためか、今回の卵かけご飯は、大体検討がついていたので、まあまあこんなもんであろうと想像通りでした。


ただ、最初に紹介した卵かけご飯は、しっかりと白身を泡立てないとならないので大変です。時間があるときは前者を、時間が無いときは今日紹介した方をと使い分けたが良いかと・・・


Dsc_0120 Dsc_0121

二品目が「身近な素材だけで作れる超本格!麻婆豆腐」。

Dsc_0153

・材料(二人分)⚫ひき肉・・100g⚫豆腐・・一丁⚫長ねぎ・・1/2(長ねぎは自家製)
・調味料(いささか面倒くさく)⚫にんにくチューブ・・3㎝⚫みりん・・大さじ1⚫味噌・・小さじ2⚫醤油・・小さじ2⚫ケチャップ・・小さじ2⚫ラー油・・小さじ1⚫和風だしの素・・小さじ1/2⚫水・・100ml
・水溶き片栗粉⚫片栗粉・・小さじ2、水・・小さじ2
・炒め用⚫ごま油・・大さじ1

調味料は、料理をしながらいちいち入れるのが面倒なので、最初から混ぜ合わせました。豆腐はキッチンペーバーで拭き、水気をきる。となっていますが、水はしっかり切った方がいいので、まな板を少し傾け、大きめの皿をのせ水切りをしました。「手抜きごはん」なので、キッチンペーパーで拭くだけが正解か?


Dsc_0138 Dsc_0142

ごま油を引き、ひき肉、長ねぎを中火で炒め、ひき肉の色が変わったら、豆腐と調味料を加え、そっと混ぜる。最後に水溶きかたくり粉を入れ、軽くかき混ぜて完成。かたくり粉は、同じ所に、いっぺんに入れると、そこだけが固まりますから、グルッと回して入れてください。

Dsc_0145 Dsc_0149

お味ですね。「手抜きごはん」にしては、結構なお味でした。辛いのがお好きな方は、ラー油を多めに。

共稼ぎが多い世の中、コンビニの弁当、インスタント・レトルト食品もやむをえないでしょうが、できるだけ家庭料理をと考えると、この「手抜きごはん」は役に立つと思います。


「マヨ醤油塩昆布うどん」は冷凍うどんをレンチン。塩昆布、マヨネーズ、醤油、ごま油と混ぜるだけです。今度、作ってみようかと思っております。



2020年3月 5日 (木)

「杉下右京の紅茶」(相棒)& 新・紅茶の入れ方

Dsc_0823

最近「相棒」を続けて見ています。多少、都合の良い筋立てがあるのが気になりますが、それはそれで・・・

で、見ていると、右京さん、高いところから紅茶カップに紅茶を入れる、という独特な紅茶の入れ方が気になり、あと、時々、カップをスプーンでかき回すところがあるので、砂糖かミルクか、はたまた両方入れているのか、なんとなく気になり第一話から見てみました。とにかく、「些細なことが気になるのが、私の悪い癖」だから。


博学な右京さんだから、紅茶の入れ方、これが本式かと思い、日本紅茶協会のホームページを見たら、このような入れ方は紹介されて無く、ごく普通の入れ方でした→日本紅茶協会はこちらをクリック


ということは、この入れ方は右京さん独特の入れ方だと思われます。


たしか、第二話だったか三話ですね。紅茶を入れるシーン。普通の入れ方でした。そのあと、何やら入れていますが、手に持っているのはミルクピッチャーです。


ということで、右京さんはミルクティーを飲んでいたことが分かります。なお、この後そのまま飲んでいますから、砂糖は入れておりませんでした。

なお、右京さん、時々置いてあるポットから紅茶を入れるシーンがありますが、これって、どう見ても冷えた紅茶なので、右京さんって本当の紅茶好きなのかと疑われます。

なお、「相棒」はまだ全部見ていないので、なにか訳があるのかもしれませんが。

Dsc_0806 Dsc_0810_20200305194401

さて、今日のネットを見ているとTwitterに投稿されたミルクティーの入れ方が紹介されていて、イギリス人も飲んだとたん「何これうっま・・・いといえないこともない・・・お前・・・何者だ・・・?」と言われたそうです。

なにせ、イギリス人といえば紅茶の入れ方にはうるさく、ミルクティーは紅茶を先に入れるのか、ミルクを先に入れるのかの論争が真面目に何年も続いた国です。そのイギリス人が驚く入れ方です。


用意するのは水、マグカップ、ティーバッグ、牛乳、タイマー。


最初にカップにティーバッグを入れ、お湯をカップ半分くらいまで入れて30秒蒸らす。


Dsc_0812 Dsc_0816

その後、ミルクを好きなだけ入れる。それを、そのまま電子レンジに入れる(ティーバッグがホッチキスが止めてあったら外しておく)。1分30秒チンする(何Wにするかは書いてありません。私の場合は500Wで試してみました)。それで、できあがり。

Dsc_0817Dsc_0819

さっそく飲んでみましたが、残念ながら、私、イギリスに行ったことも無ければ、イギリスの方からミルクティーを入れて貰ったことも無いので、本場の味なのかどうかは分かりませんでした(^_^;)。一度お試しを・・・



2020年2月 1日 (土)

カップみそ汁「医者が考案した長生きみそ汁」★完全再現

Dsc_0693

「医者が考案した長生きみそ汁」。一昨年だったか本が出て大ヒットしました。その折、ブログにも取り上げ、実際に作ったものの三日坊主に終わりました。ブログは→こちらをクリック

一週間ほど前からカミサンが風邪にかかり、私も三日遅れで風邪になり発熱したので、病院に行って鼻に棒など入れられ調べて貰ったら、「当たりました、A型です!」だって。


ということで、両人ともまだ回復していないので、ここ数日コンビニで食事調達。で、目に入ったのが上の「医者が考案した長生きみそ汁 完全再現」のカップのみそ汁。


監修は当然「順天堂大学医学部教示 小林幸弘」と書いてあります。作ったのが、長野県の「旭松食品株式会社」。


味ですね。現在、まだ、熱があり、味、まったく分かりません。ということで、今日はお休みなさい。あ!売ってあるところはローソンさん。他のコンビニにはおいてありませんでした。皆様もインフルエンザにはご注意を、病院できくと猛烈に流行しているそうです。



2020年1月23日 (木)

平野レミ「明太バター餅」VS朝イチ「ふわふわ!卵かけご飯」★簡単レシピ料理

Dsc_0652

今日はカミサンがお食事会とやらで留守。

コンビニの弁当を考えましたが、少し飽きたので、ネットを調べると、平野レミさんの「明太バター餅」というのが出ていて、超簡単なのでこれをひとつ。


レミさんと言えば若いときラジオに出ていて、ジュークボックスの音楽をかけ、参加者が男性の歌手が出るか、女性の歌手が出るか当てるとき「男が出るか!女が出るか!」と大声で言っていましたが、その平野レミさんも御年72歳。


今年もNHKで早業の調理をやっていましたが、少しお年のせいなのか、手順が違ったりで、アナウンサーの方が訂正の助言などをしていました・・・

さて「明太バター餅」です。お餅(冷凍の場合はレンジでチンして少し柔らかくしておいた方がベター)と明太子小さじ1、バター小さじ1を左のように準備し、醤油をタラリ、ラップをして電子レンジ600Wで50秒程度(餅の大きさにもよります)。かき混ぜて、あとは海苔に包んで出来上がり。

まあ、本当に簡単で、味の方はなんとなく、やみつきになるなという感じ。小腹が空いたとき、時節柄、受験生のチョットした夜食にピッタリです。


Dsc_0646 Dsc_0648

餅だけでは足りないので、もう一品と思っていたら、NKHあさイチのJAPA-NAVIで冬の鎌倉特集のなか、電車の中でご飯を食べるところがあり、それが「ふわふわ!卵かけご飯」。

「休日ともなると、早朝から行列のできる人気の『卵かけご飯』」となっていましたが、電車に乗って、風景を楽しみながら食事をするのが好きな方は別として、「ふわふわ!卵かけご飯」だけだったら、電車にのらなくても、行列をしなくても自分の家で作れます。


Dsc_0660

最初は卵の黄身と白身を分けます。ここで、都々逸などを口ずさみ「私とあなたは卵の仲よ/僕は白身で黄身(君)を抱く」。いい都々逸すね、口ずさみながら、いい声だな~と思いました。

あとは、白身を泡立てメレンゲ状態にするだけ。番組では小さな泡立て器(ケーキを作る泡立て器の小型)を使っていましたが、無ければフォークを写真のように二つ組み合わせて、といってましたが、やりにくいのでフォーク1本で泡立てました。しっかりと泡立ててください。

電動式の泡立て器もあるのですが、少し時間はかかりますが、自分の手でした方が、「料理を作ったぜ!」という気分は味わえます。泡立てのコツは、ただ、かき混ぜるのでは無く、空気を入れ込むような感じで混ぜること。


で、あとは上の写真のように黄身をのせますが、潰れてしまいました。どうせ、全部混ぜるのでどうでも良いことですが。


Dsc_0653 Dsc_0658   

番組では醤油も特別なのを使っていましたが、私は減塩醤油で。

食してみて、ビックリしました。「卵かけごはん」が、白身をメレンゲにしただけで、こんなに変わるもなのか。「卵かけご飯」の概念が変わりました。コロンブスの卵、考えた方は天才。


これも、簡単なので是非作って食べてみてください。これが不味いという方、味音痴の方です。



2019年12月 5日 (木)

病院帰りの「コメダ珈琲店」

Img_5336

今日は、1年に1回検査をしている総合病院へ。7年前だったか、血液検査で異常値がでて紹介され通いました。主に肝臓などを検査しています。

今日は、お医者さんから「7年間検査をしました。私たちは、どれだけ悪化するかが心配だったのですが、検査結果としては悪化しているところは認められなく、大体、卒業していい頃かと思います。あとは、地元の主治医さんに文書連絡をしますから、主治医さんに見てもらってください。おかしな所があったら、また来て下さい。」といわれましたが、嬉しかったですね。卒業!!


甘いものを控え、野菜食を多めに、毎日30分程度のウォーキング、たばこ、アルコールは勿論、なるだけ間食を控え、女性には近寄らず、パチンコにも行かずの毎日。で、お医者さんから卒業といわれたので、今日くらいは思い切ってケーキでもと思ったのですが、家で食べてて、カミサンに見つかっては大変なので、最近、諫早市にできた「コメダ珈琲店」に行ってみました。


話としては聞いていたのですが、場所が分からず、知っている人に聞いて行ってみたら、何のことはない国道沿いの吉野屋の所。

住んで
いる所には、コーヒー屋さんもある事はあるのですが・・・どちらかといえば、不毛地帯ですね。もっとも、昼間から地元のコーヒー屋さんでウロウロしていると、知った人ばかりですから「暇人」と思われるのがオチです。ね。

で、「コメダ珈琲店」まで20分くらいの所で、いつも買い物にいったりしているので、病院の帰りがけ寄ってみました。
下がお店屋さん、右が入った所のショーケースですが、メニューはまだ沢山あります。

Img_5346 Img_5344

初めてで、迷いましたが、「コメ黒」コーヒーと、コメダの奥義とやらの「シロノワール」のセット。一番上の写真です。

で、「シロノワール」とは???と思ったら「シロノワールは、日本語のシロ(=白)と/フランス語のノワール(=黒)を組み合わせた造語で/黒っぽいデニッシュの上に乗った白いソフトクリームを表しています/熱々(あつあつ)のデニッシュと/冷々(ひえひえ)ソフトクリームのうれしい出会い」だそうで、確かに熱々と冷々のシロノワールは不思議な味で面白かった。久しぶりで甘いものを腹いっぱい食ったという感じで満足、満足。


コーヒーもいろいろあって、楽しめますね。


で、スパゲッティとかサンドイッチとかコロッケとかグラタンとかもあるんですね。もちろん、あったほうが何かちょっと食べたいという人には便利なんですが、伊奈かっぺいさんがどこかで言っていました。「ラーメン屋でコーヒーを出すのは許す、ばてん、コーヒー屋でラーメンを出すのは絶対許さねえ(青森弁で読んでください)」。スパゲティですね。難か所ですが、どげんなんでしょう?(ここは長崎弁で読んでね)。


Img_5337  Img_5343

という事で、久しぶりにコーヒー屋さんだな、と思うようなお店で楽しんできました。

コーヒーはおいしかったかというと、実は私、若いころ小さな喫茶店に毎日コーヒーを飲みに行ってました。時々、マスターが出かけることがあり「淹れといてネ」と言われ、私がカウンターに入ってコーヒーを淹れておりましたが、お客さんからは「今日のコーヒーはまずいな」といつもいわれました・・・(^_^;)


今まで一番おいしかったコーヒー屋さんは、東京の旧日劇の裏にあったお店屋さん(名前は忘れました)。あそこのコーヒーの味は今でも覚えています。数十年ぶりに上京したら消えていました。


「コメダ珈琲店」さんは、ゆったりした感じもあり、気に入ったので、また、来週、近くに行くので、寄ってみようかと思います。できれば、話上手の30歳くらいの美女と一緒に。該当する方は、私を見かけたら声をかけてください。コーヒーくらいは奢ります。ケーキもネ。



2019年11月20日 (水)

カルビーポテトチップス「長崎の味 ちゃんぽん味」vs「佐賀の味 いかしゅうまい味」ついでに「こどものための ボンカレー」

Dsc_0406

カルビーから11月18日「チャンポン味」のポテチが発売されると聞いてはいたのですが、今日まで忘れていて、いつものコンビニ、スーパーにいっても無い。で、4軒ばかり回って、やっと見つけました。

ふと、横を見ると「佐賀の味 いかしゅうかい味」があるじゃありませんか。で、これも早速購入。その横に「こどものためのボンカレー」が目についたので、これもゲット。


分かりにくいですが、「長崎の味」の上の方に、長崎国体の時誕生したマスコットキャラクター「がんばくん らんばちゃん」の姿があり、久しぶりですね。どっかに駆け落ちしてたと思っていたのですが。無事、生きていましたか。


佐賀の方は「佐賀観光PRキャラクター 壺侍」で壺の所に「DOGAN SHI TA TO」(「どがんしたと」東京の方言では「どうしましたか」)その下に「MAY I HELP YOU?」と書いてあり、長崎のより親切みたい。


佐賀といえば「武士道と云うは死ぬことと見つけたり」という「葉隠」の武士道精神が有名で、さて、「壺侍」とはなんぞやと調べると、「実はお侍さん、大昔の佐賀の武士の子なんです。遊んでいるうちに壺に入ってしまい、現在にタイムスリップした際にヒゲとちょんまげ姿になってしまったそうです。」なんだそうです。壺と云えば陶器で、陶器といえば佐賀の「有田陶器市」が有名。と言うことで「壺侍」の意味が分かりましたが、はやり「葉隠」の武士道精神が頭に染みこんでいるせいか、なんとなく、違和感がありますね。


佐賀と長崎といえば、九州新幹線の問題で長崎と佐賀はこじれてしまっていますが、わたしら下々の人間にすれば、よく分かりません。で、パス。


さて、お味ですが、はやり「チャンポン」ですね。「チャンポン」といえば、世界に冠たる食べもので、野菜、お肉、貝類等々(値段によって入っているものは違いますが)、麺の炭水化物、おつゆは、豚骨、鶏ガラでとって、コラーゲンいっぱい。


長崎の子どもは、生まれたとき、チャンポンのおつゆで産湯を使うという伝説もあるくらいで、チャンポンさえ食べていれば、これだけで一生を過ごせます。


裏を見たら、PRの欄があり、長崎は「長崎かんぼこ」、佐賀は「聖地巡礼 私たち、行きたい! ゾンビランドサガ」。

「ゾンビランドサガ」とはなんぞやと調べたら、佐賀が絡んでいるテレビアニメだそうで、キャッチフレーズが「私たち、生きたい!」だそうで、「私たち、行きたい!」はキャッチフレーズのもじり、ですね。


佐賀といえば以前はなんとなく田舎っぽい感じでしたが、これを見ると完全に佐賀が垢抜けて来た感じで、長崎が遅れを取って来た感じがします。


Dsc_0415

さて「子どものためのボンカレー」ですが、まだ食していませんが、「3歳から」と書いてあるので、私、大丈夫ですね。精神年齢は歳を取ったら段々逆に戻って、現在12歳くらいですが・・・

「チキン甘口」で、「保存料・着色料・香料・化学調味料不使用」「じゃがいも・にんじん・たまねぎ・さつまいも・コーン・かぼちゃ・ごぼう・トマト・ブロッコリー・ほうれんそう(野菜は国産のみ)」と、健康食ではありませんか。おまけに「温めなくてもおいしく召し上がれます」ということで、非常食としても使えますね。


なお、大人のカレーは180グラム程度、このカレーは130グラムですが、カロリーは大人のカレーは195㎉、こちらはなんと81㎉。ということで、肥満気味の私、こちらのカレーに変えるかな?



2019年11月 5日 (火)

「防災食」を食べてみた!

Dsc_0347

ウチのカミサンが防災訓練に行ったとき、防災食の「エナジーカレー」と「パン『パンカン!』」を貰ってきました。
ところがですね、ウチのカミサン見向きもしないので、カミサンが留守の時、試食してみました。

Dsc_0340

普通、災害用のパンと言えば、私ら年代は、あの固い乾パンを思い出すじゃありませんか。しかしですね、これ缶入りで2個入り、しかも柔らかい。加えてチョコチップ味。
「災害伝言ダイアル117番」の注意書きまであって。エネルギーが380キロカロリー、ご飯一膳160グラムで269カロリーだそうですから、まあまあのカロリーですね。

さて、「カレー」ですね。レトルトは温めなければいけないんじゃないか、と言う声も聞こえますが「お召し上がり方『そのままでもお召し上がりいただけます・・・。』」ですって。もちろん温めてもOK。ちゃんとスプーンまで入っています。


「ごはん」がないじゃないか?心配無用。ちゃんと「ライス入り」です。ただし、コンニャク加工米使用。カロリーが379キロカロリー。賞味期限が5年。


でも、カレーっていうと、温かいイメージあるじゃないですか、冷えたカレーが旨いのかどうか。災害の時は火も水もないということがあり、そのまま食べなければいけないこともあるので、一応、冷えたまま恐る恐る食べて見たら、意外といけますね(個人の味覚によって違いはあります。多分)。で、ですね温めたらどうなるか温めて見たら、やっぱり温かい方が美味しかった。


パンの方は、多少パサつき気味で、お年寄りの方は飲み物がないと、少し喉につかえるかな、という感じ。


Dsc_0346 Dsc_0344  

でも、災害時、水も火もないところで、食事をしなければならない、ということを考えると、そのまま食べられ、少しでも美味しいものをと努力のあとがみえ、みなさん良く考えていると思います。

災害が多い時代になりました。皆さんも、いざというときに備えて、非常食をあれこれと味見をして、準備をされてはと思います。



2019年10月23日 (水)

「今日はステーキ」ただし「エノキ」のですが・・・「エノキのステーキ」

Photo_20191023195901

今日は、カミサンがいないので奮発してステーキを作りました。ただし、「エノキ」のステーキですが。

「ビッグコミックオリジナル」の「深夜食堂」に載せてあって、最近、流行っているらしいんです。


キノコの下の部分って、いつも捨てるじゃないですか。その部分を生かしてステーキを作るなんて、なんてステーキな考えだと思い、挑戦、というほど大変ではありませんが。


Img_20191023_0001 Img_20191023_0002

で、スーパーに「エノキ」を買いに行きましたが、まてよ、わっしら料理人(ある事情で調理師免許を取れたのですが・・取りませんでしたが)には材料が命ではないか。

ご近所に、キノコの工場があり、その横にキノコの加工食品が売ってあり、また、軽食、喫茶もできます。そこにキノコ採りの体験ができるところがあったのを思いだし、買いに行きました。


キノコは工場で栽培をしているものを持って来ているので新鮮。


Photo_20191023195601 Photo_20191023195902

見てください、この大きさ。新鮮さ。

右の写真は市販のパック入りと比較したもの。お値段は、取れ立てが200円、パック入りは98円。どちらが得かは考えてみよう。


Photo_20191023200001 Photo_20191023200002

一番下の部分は、おが屑がついているのでここは食べられません。その上を切りましたが、もう少し取れそうなので、切ったらきれいに切り取れ2枚分。

Photo_20191023200101 Photo_20191023200102

あとはフライパンを熱し、バターを溶かしエノキを入れ、蓋をして焦げ目がつくまで待ち、ひっくり返し又蓋をして、しばし待ち醤油で味付け。

ナメコも買っていたので、生姜醤油でかるくいためました。が、これは止めた方が良い。箸でつまむとツルツルして掴みにくい。みそ汁に入れるのがベターですね。


Photo_20191023200103 Photo_20191023200201  

マンガにも書いてありましたが、なんとなくホタテの味。歯ごたえは意外にありましたが、ただ、歯にはまるのが玉に瑕。今まで何気なく捨てていた物も利用法があるのだと、誰が考えたのか感心しました。

ヒョッとしたら、ガーリックステーキ風にしても美味しいんじゃないかとも思いましたが、また、作ってみようかと思いました。楽しいお味でした。






より以前の記事一覧

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ