ウェブログ・ココログ関連

2016年11月28日 (月)

「かんころ餅パイ」~長崎県立長崎明誠高等学校

Photo

「かんころ餅パイ」。県立長崎明誠高校の生徒と、ローソンと共同開発しもので、今月13日に発売になっています。新聞を読んですぐに買いに行ったら、まだ置いてなく、で、ローソンはウチの町にはなく、ファミマさんと、イレブンさんばかりで、やっと手に入れ記事にしようと思っていたら、忘れていて、いささか遅くなりました。


Dsc06650 Dsc_0136

上の写真、新聞記事。「かんころ餅パイ」を切ってみたところ。赤の矢印が「かんころ餅のクリーム」、黄色い矢印が「ほっこりとしたさつまいも」。

で、パッケージには、明成高校の校訓などが載せてあります。「自主・自律」「~正しく自己を表現し、生きる力を育み、社会に適応する力を身につける~」。

開発した生徒は、「フードデザイン」を受講している3年生だそうです。まあ、私らのころには、「フードデザイン」なんて洒落た講座はありませんでしたが・・・・


Dsc_0155 Dsc_0141

商品は、ローソンが地産地消を通した地域活性化事業、「高校生ベーカリー商品開発企画」で、昨年7校27点の中のアイディアから選ばれたということです。

五島独特のかんころ餅が入ったペーストにサツマイモをトッピングし、パイで包んだものです。

確か、先日TVで五島の「かんころ」の紹介があっていたみたいで、下の本に、長崎の郷土料理が載せてあります。五島の所をみると、「にぎにぎだんご」とか、「かべかべだんご」とか、「ぞうよ」(贈与ではありません)とか書いてありますが、どんなんでしょう?

対馬に4年ほどいたとき、「いりやき」を作るというので、てっきり、なにか焼くのかと思ったら、ちゃんこ鍋風なもので、キツネにつままれた感じがしました。あと、B-1ブランプリでシルバーグランプリを取って、全国的に有名になった、「とんちゃん」も、良く食べたものでした。

さて、話、元に戻って、「かんころ餅」はこちらでも作っており、カミサンに聞いたら少し違うということでした。材料はもちろんサツマイモですが、下の本によると、「ゆでかんころ」と「白切り」とあり、「ゆでかんころ」は「ゆで干し」と「抜き干し」があり、「白切り」には、「棚干」と「つるし」があるそうですが、長くなるので興味のある方は、本をお読みください。

最近では、いろいろなお菓子があるせいか、「かんころ餅」は食べることが少なくなったみたいですが、「かんころ餅パイ」などを通して、もう一度、郷土料理を見直してもらいたいものです。高校生の若い方の、柔軟な頭脳で頑張ってもらいたいと思います。

上の、お嬢さん方が考えられた、「かんころ餅パイ」、なかなかのお味でした。特に、材料のサツマイモは便秘にも良いとかで、女性の方は是非食べてみてください。残念ながら、12月中旬までの期間限定発売です。


Img_20161127_0001  

さて、私たちも、「神迎え」の日、神様がお帰りになるまで、「きびなご」の一夜干しと、「かんころ餅」を炭で焼いて食べましたが、「よもぎ」入りの、かんころ餅もあり、おいしかったですね。久しぶりに食しました。

Dsc06639

「住めば田舎、食は郷土料理」、ですね。


2014年9月27日 (土)

NHK連続小説「マッサン」&ウィスキーつれづれ その1

Photo_14

日本酒を初めて飲んだのは、高校の時。友人の下宿で飲んで、天井やら部屋がグルグル

回って、お~世の中、こんな楽しいものがあったのか、と思ったのですが、あとは、ゲロ吐い

て二日ほど寝ておりました。


ウイスキーを始めて飲んだのがいつか、忘れましたが、確か東京に行ってからだと思いま

す。


以前、新聞で「鼻毛とアン」 despair 失礼しました「花子とアン」の次は「マッサン」というのがあ

ると出ておりまして、「マッサン」とは何ぞや、と思い読んでみると、「・・・本格的な国産ウイ

スキーの誕生に尽力した竹鶴孝政夫婦をモデルにしたストーリーで・・・・」と書いてあり、竹

鶴孝政氏といえば、ニッカウヰ(イと読みます、今は学校で教えてないので、念のため)スキ

ーの竹鶴社長さんではありませんか。(ニッカウイスキー正式には「ニッカウヰスキー」で

す)。

Photo_20

実は、私、一時「スコッチ・モルト・ ウイスキー」に凝っていたことがあり、久しぶりに酒店に

入ったら、洒落たポケット瓶。たしか、以前は箱に入って、小さなプラステックのコップが入っ

ていた記憶があるのですが、おまけに、缶入りのハイボールまで、ハイボールは私たちより

一世代前に流行ていたのですが、私たちの時代には水割が主流でした。


一応、ウイスキーの知識を持っていたほうが、TVを見るのに面白いかなと思って、私も一

言。知ったかぶりで・・・


「スコッチ・モルト・ウイスキー」と一概にいっても、作る場所で、「アイランズ・モルト」

「キャンベルタウン・モルト」「スペイサイド・モルト」「ハイランド・モルト」「ローランド・モル

ト」、そして、「アイラ・モルト」があります。「アイラ」という島で作られたウイスキーです。


人気があるのが、「アイラ・モルト」。タレントさん、作家の方が、「アイラ・モルトが良いね」な

んて言ってますが、私が所有しているウイスキーを捜してみると、以外と「アイラ・モルト」

を持ってました。下の写真が「アイラ・モルト」です。写真だけで、スミマセン。

Photo_2

なお、「スコッチ・ウィスキー」については、「スコッチ・ウィスキー規則」というのがあり、規定

されています。


私の好きな、「バルヴィニー」という名の、スペイサイドのウイスキーですが、10年、12年、

15年、21年(成熟させるのにかけた年数)もの。矢印のところ。

Photo_13

下の左の写真、12年もの。「First Cask」「Second Cask」と書いてありますが、これは、ウ

イスキーを成熟させるとき、最初にオーク材の樽で熟成し、その後、このウィスキーの場合

は、「Serry」と書いていてありますから、シェリー酒を作った樽に入れて、熟成させた、ダブ

ルカスクのものです。


下の右の写真、15年もの。赤字で書いてありますが、「9.2.96」は「1996年2月9日」に

ボトリング(瓶詰め)した日。「6.10.80」は「1980年10月6日」に蒸留した日。


「13308」は樽のナンバー、「19」はボトルナンバー、「13308番」の樽から、「19番目」

に瓶詰めしたということでしょう。もちろん手書き。こんなのも、飲みながら、どんな人が書い

たのか想像しながら、見ていると楽いものです。


21年ものには「PortWood」と書いてありますから、ポートワインを作った樽に、ウイスキーを

入れて作ったもの。他に、バーボン等の樽を使ったものがあり、それぞれに、独特の香りが

楽しめます。

3_3 2

左は、「CAOL ILA(カリラ)」。読みにくいですが、ここら辺りは、ゲール語が混じっているそう

です。強烈な味わいと香りがします。超辛口のモルト。もちろん「アイラ」です。最初飲んだ

時は、ビックリしました。


右は「MACALLANN(マッカラン)」。スペイサイド・モルト。「百貨店のハロッズが出した『ウ

イスキー読本』で、シングルモルトのロールスロイスと絶賛されていたものが、このマッカラ

ン。」(「改訂版 モルトウィスキー大全~土屋守著」より)と書いてあります。

Photo_4 Photo_3

下は、英国の「スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティー」からお取り寄せのもので、ウイス

キーは樽から出した時がアルコール度数が50~60度くらいあります。


ウイスキーは同じように作っても、樽ごとに、微妙に違っていますから、ベテランの人が確

認して、樽ごと買ってきて、会員に販売します。ただし、作った会社の関係もあって、銘柄は

わかりませんが、そこは・・・・

2_2

1991年に樽に入れ、2003年にボトリングした12年物。アルコール度数56.7度。

銘柄はNo87.7で、会員だけ、リストが配られています。

Photo_8 3_4

先ほどから「アイラ」と言っていますが、「ISLAY」と書きます。これもケール語かな?さて、先

に書いたように、ウイスキーは50度くらいのものに加水して、40度くらいにしますが、その

折、少しばかり、白濁します。これを、濾過しますが、風味が薄くなるというので、大きい不

純物だけ取って、そのままボトリングしたものを「CASK」といいます。上の協会のウイスキー

は全部「CASK」です。

これ、機会があったら是非飲んでみてください。濃いけれど、すごくおいしいです。ただ、飲

みすぎないように。

Photo_10

左の写真、左はカスクそのまま、右はカスクに加水したもの。少し白濁しているのが分かと

思います。

右の写真、普通の40度程度のウイスキーと、それを水で割ったもの。水で割ったものは、

色が薄くなっているだけだ、ということが分かります。

Dsc_0081 Dsc_0085

あと、グラスの問題。少し良いやつを。間違っても、○○ビールなどと宣伝の入ったグラス

など使わないこと。


左がバカラのタンブラー。「ロック」用。右がカスク用で、「スコッチ・モルト・ウイスキー・ソ

サエティー」から購入したもの。ちゃんと、紋章まで入っています。鼻がちょうどグラスの中

に入って、香りが楽しめます。会員しか手に入りませんから、ワイングラスで代用を。

Photo_18 Dsc_0053_2

さて、後は飲み方ですが、これは、ニッカウヰスキーのホームページに載っています。

こちらを→クリック

例えば、簡単なようで、美味しく作るハイボール。Photo_19

あと、水割り、ロック、ホット等、それぞれに、美味しい作り方が載っていますから、お読みく

ださい。


私、残念ながら、ドクターストップで飲めません。

死んでから、お供え物に、あげてもらおうかと思っていたら、お寺さんから貰ったお知らせ

に、供え物として、故人が好きだった、ビールとかお酒は供えるなということ。


お釈迦様の時代に、弟子、信者も決められた戒律として、「不飲酒戒(ふおんじゅかい)」と

いうのがあり、お酒を飲んではならない、という規則だそうです。死んでも飲めない、この悲

しさ。宗旨を変えるか?まあ、坊さんも般若湯を飲んでいるから、良しとするか。


明日は、ウイスキーの作り方。「マッサン」の話などを少しばかり・・・また、長くなるかな?




(参考:「改訂版 モルトウイスキー大全~土屋守著」「ウイスキー銘酒事典~橋口孝治

 著」「ニッカウイスキーホームページ」より)


2014年8月11日 (月)

涼を求めて水族館~長崎ペンギン水族館

2

長崎ペンギン水族館です。見ていたら、30分ばかりこの姿勢のまま動きません。私も、ボ

ーッと30分ばかり見ていたわけですが、何となくペンギンさん見ていると、ホッとしますね。


別に、水族館を、見に行ったわけではないのですが、日見峠の腹切り坂を調べに行ったつ

いで、暑くもあり、少し涼んでいこうかと。


確か、左側が以前、水族館だった記憶があるのですが、現在は長崎総合科学大学附属高

校の校舎になっているみたいです。


水族館は経営不振で、ペンギン館に特化し、持ち直したみたいです。右の茶色の建物が、

大学で、確か、私たちの時は造船短期大学といってみたいたいですが、調べたら、前身は

いろいろあるようで、川南高等造船学校が出発みたいです。


この、造船短期大学当時、滑り止めと、試験の度胸づけに、附属高校を受験しましたが、ど

ういうわけか、水族館の無料の入場券を貰った記憶が残っています。右の茶色の建物が

大学です。

2_2 Photo

入り口を入ると、自然体験ゾーンがあり、時期的にはオタマジャクシなども見られます。

Photo_2 Photo_3

沖縄の水族館みたいに大きくははありませんが、結構沢山の、お魚さんが泳いで、子ども

たちも喜んで見てました。.

Dsc_0358 Dsc_0371

どちらかが、イワシで、どちらかが、アジです。魚の名前には弱く、女性の名前には強いの

ですが・・・・こちらが沙織ちゃん、そちらが彩矢ちゃん、向こうが友梨さん。キャバレーの話

ですが・・・・・良く金を使いました。キラキラして、綺麗ですヨ。

Photo_5 2_3

不思議な風景です。左がアンドンクラゲたったかな?右がイソギンチャクとクマミノ。魚がク

マミノで、一夫一妻ですだそうで、私と一緒です。イソギンチャクはクマミノを捕食者から守

り、クマミノは、イソギンチャクを食べる魚を追い払い、共生しているそうですが、これは、不

思議な美しさでした。見ている子供を押しのけ、しばし、見とれていました。

Dsc00562 Dsc00566

タイ国では、神の使いと呼ばれる、「プラー・ブック」。女性の方が、しばらく見ていましたが、

何を考えているんでしょう?魚を見ながら、別れた彼氏の事を考えるわけもなく。さて、この

魚、刺身にしたら、何人前くらいとれるのでしょう?

Dsc_0456_3

永井さんといわれる方が、世界中のペンギンの作品を集めたコーナー。良く見ると、面白い

のがたくさんあります。

Photo_6 2_4

ペンギンって、卵で生まれるんでしたっけ。勉強不足でした。右が骨ですが、見かけによら

ず、複雑な骨。

Photo_7 Photo_8

気持ち良さそうに泳いでイマスネ。一緒に泳ごうと思ったのですが、残念ながら、私、全然

泳げません。

2_5 Photo_9

Photo_11

いつもは、ペンギンショーもやっているのですが、この日は台風接近のため、中止でした。

ペンギン飼って、散歩に連れて歩くのどうですか。ただ、足が短いので、歩くのが遅くて・・・

私も一緒か。


暑い中、遠くに出かけるのも良いですが、お近くの施設を見つけて、遊びに行くのも良いで

すよ。お金もかからないし。


フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ