« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月15日 (月)

狭心症その後

Photo_20240414163701

薄汚い手でスミマセン。幼少の頃は天使の手って言われていたんですが(^_^;)。

昨年9月に狭心症のカテーテル手術をしました。今年の4月に検査入院を、ということになっていて、なにも無いなら、無事解放ということでしたが、何やら胸の痛みが出ており心配だったのですが・・・


月曜日に入院、火曜日に検査。で、赤丸印の所からカテーテルを入れるわけですが、痛いのなんのって「痛いの痛いの飛んでいけ~」とは言ったものの無駄。心臓の手術とはいっても、手の部分の局部麻酔のみ。カテーテルをズ~ズ~ズ~と入れていくと、なんとなく、ここまで入ったかという感触があるのですが・・・前回は足の方から入れて、あまり痛みは感じませんでしたが、今回の痛みはチンコの先から内視鏡を入れられた痛みに次ぐものでした。


さて、心臓に管が入り映像(自分からは見えません)を担当医さん
と2名ばかりの助手さんが見た途端「あ!出てる」と同時につぶやきました。何やらイヤな予感。で、担当医さんが「この間、風船を入れたところが、また、縮んでいます。今回はステンを入れます。」と言うことで、ステンを入れ、所要時間2時間程度。その後、手の所の処置。あまり、難しい手術ではないとの言葉でした。

前回、足から治療でしたが、足からの時は術後4時間寝たまま。その後、一晩ベッドの中、寝返り程度は可。足の方から入れるのは難しい手術の場合だそうです。手からは即起き上がれます。


さて、多少太り気味で心臓の血管にコレステロールなどが付着しているということで、コレステロールと糖尿の薬を飲んでいます。最近TVで糖尿の薬が痩せると言うことで放送があっていましたが、5キロほどは痩せましたが、キチンとした投薬の管理は必要だそうです。


ということで、無事解放というわけにはいかず、次回の検査入院は10月になります。また、10月頃に報告を致します。乞御期待。

2024年4月 3日 (水)

iPhoneの計算能力について

Img_0591_20240403111301 Img_0594_20240403111301

X(旧Twitter)に左のような写真が載っていました。iPhoneの計算機画面と一般の計算機。これで、同じようにキーを打っていきます。

最初に「50」次に「+」次に「50」次に「×」次に「2」最後に「=」にキーを押します。
すると、iPhoneは「150」、計算機は「200」の答え。答えが違っていますね!で、右の写真、自分のiPhoneと計算機でやってみても同じような結果でした。

ということで、しばし考えると、計算機は「50」に「50」を足して「2」を掛けると、順番にやっていたのですが、iPhoneは、加減乗除の優先を考えたものだと思われます。計算式においては、加減(+・-)より乗除(×・÷)を優先します。

「50+50×2」の数式では「50×2」を優先します。ということは「50+(50×2)」という数式になり、結果「150」という答えが出てきます。多分「=」を押した途端、iPhoneの中で「50+50×2」が「50+(50×2)」の計算式に変換されるのではないかと思われます。

さて、これ、割り算もですが、2人で買い物にいってリンゴを50円分、ミカンを50円分買って、二人で分けて、割り勘すると当然一人頭50円になるのですが、iPhoneでは「50円+50円÷2人」が「50+(50÷2)」になって一人頭75円になってしまします。

Img_0595

加減乗除が混じる計算はiPhoneの電卓ではしない方がよろしいかと。AI時代とはいっても不便なのか、便利なのか・・・

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ