« 例年の桜巡り | トップページ | ★五味康祐著「スポーツマン一刀斎」★「水木しげるの妖怪まちがいさがし」 »

2022年3月31日 (木)

鯛の「おかしら」付き

Img_148139

庄屋さんの書いたもので、お武家さんの書いたものとは違い読みにくい。というより、いまだに、ほとんど読めません。

読んでいると上のようなところがありました。最初の字は「尾」次の字は「頭」です。


漢字のクイズで「鯛のおかしら付きの『おかしら』はどう書きますか」というのがあります。「お(御)頭」「尾頭」とありますが、正解は「尾頭」。



広辞苑によれば


【尾頭付】尾も頭もついたままのさかな。神事・祝事になどに用いる。「鯛のー」



一応このことは知っていたのですが、実際にこうして書かれたものを読むと、なんとなくうれしくなり、こんなところにも古文書の面白さを感じます。

Img_6941 Img_6949

左が「尾頭付き」、右が「お頭付き」。尾が無いのでは絵になりませんね。


« 例年の桜巡り | トップページ | ★五味康祐著「スポーツマン一刀斎」★「水木しげるの妖怪まちがいさがし」 »

古文書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 例年の桜巡り | トップページ | ★五味康祐著「スポーツマン一刀斎」★「水木しげるの妖怪まちがいさがし」 »

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ