« えんがわ・一畳のきまぐれ資料館~予告の予告 | トップページ | メンタリズムを解く »

2021年10月 6日 (水)

亀田製菓の柿の種~柿の種とピーナツのバランスについて

Img_3802

きっかけは、9月24日の「どうでもいい附録」の所。

亀田製菓の「無限えび」が話題になっているので買に行きましたが、その際、「チコちゃんに叱られる!」で柿の種の話題を思い出し、同社の「柿の種」を買ってきました。


食していると、なんだか変なのです。おや?ピーナツが少ないな?と感じました。ということで、なんとなく好奇心を持ち、柿の種とピーナツの比率を調べてみました。


柿の種は”普通(という表現にします)”、”わさび”、”梅しそ”とあり、他にもあるようですが、こちらでは手に入りません。ただ”ピーナツなし”というのはありました。


”ピーナツなし”はアレルギーの関係かなと思っていたら裏に「本品に含まれるアレルゲン」として「本製造工場では・・・落花生を含む・・・」と書いてあるので、アレルギーの対策ではないようです。多分、信じられませんが”ピーナツいらない”という方がいるんでしょうか?


比較のために(株)椿屋さんとファミマさんのを買ってきました。


で、小袋を開けて、トレーに広げて調べてみましたが、途中、「あれ、これ比較するんだったら重さを調べれば良いじゃん!」と思って、普通(梅しそ、わさびでないやつ)でやってみたら(”柿”
は柿の種、”ピ”はピーナツの略)・・・そう簡単では無く。

個数でいくと

柿72個、ピ11個。端数切り捨てで、 柿86% ピ13%
重さでいくと
柿22.4g ピ9.3g。で、柿が70% ピ29%

柿とピの比率、個数と重さでは違います。ナンじゃこりゃ?と思いしばし考えたら、柿の種とピーナツの1個の重さが同じなら問題は無いのですが、ピーナツと同じ形の柿の種を作ったとしたら、柿の種は中がスカスカなので、ピーナツと同じ重さにはなりません。密度が違うということです。個数と重さでは同じ比率にはならないということです。多分ですね。私、文系なので感覚的に間違いないと思いますが。


せっかく、個数と重量を調べたので書いておきます


梅しそ

(個数)柿73個、ピ11.5個。で、柿86% ピ13%
(重さ)柿21.8g、ピ8.2g。で、柿73% ピ27%

わさび

(個数)柿70個、ピ10個。で、柿88% ピ13%
(重さ)柿21.2g ピ7.8g。で柿73% ピ26%

計算が違っていたら、各自直しておいて下さい。 


Img_3797

で、こんなことをアホみたいにやっていると、亀田製菓さんの事なので、ヒョッとしたら柿の種とピーナツの割合がホームページなどに書いてあるのではと思い調べたら、ビンゴ→こちらをクリック  にありました。

読んで見て、今まで調べた私の努力はナンなのさ(^_^;)、とは思いましたが。

すでに、亀田製菓では2019年に「柿の種とピーナツ」の比率を従来の”6:4”を「当たり前を疑え!国民投票」と言うことで、国民投票を実施していたそうです。知っている方もおられるとは思いますが・・・


商品は「200g 亀田の柿の種 6袋詰」「柿の種とピーナツの比率は重量比です」ということで、結果「6:4」が「7:3」になったそうです。私が上で計算したのも大体7:3です。


比率が違ってくると、柿の種とピーナツの数がどう違ってくるか計算しようとしていたら、これも計算済みでした。さすが、亀田製菓さん。「6:4」が「7:3」に変わると、柿の種が4.6粒増え、ピーナツが1.8粒減るそうです。


さて、せっかく他社の”柿の種”も調べたので・・・

ファミマの柿ピー
柿92個、22.5g   ピーナツ65個、61.3g。  左写真です。断然、ピーナツが多いですね。

(株)椿屋の柿ピー

柿71個、21.9g   ピーナツ17.5個、11g  右の写真です。 


Photo_20211005190201 Photo_20211005190202

なお、亀田のホームページでは「200g 6袋(注:小袋)」となっていますが、私が買ってきたものでは6袋入りで190g。わさび、梅しそは173g。ファミマの柿ピーが一袋で86g。(株)椿屋が6袋で200gになっています(何れも、内容量)。

さて、ここで一つ気になることが。私たちが柿の種を食べるとき、重量では無く、「柿、柿、柿、ピーナツだ(^o^)、柿、また柿か(>_<)・・・」ということで食べているのではないかと思うのです。だとしたら、重量での比率ではなく、個数での比率が良いのではないかと思うのですが。

この3日ばかり、柿の種を数えたり、重さを計ったり、アホなことばかりやっていました。これも私の好奇心から始まったことですが、今年のノーベル物理学賞を取られた真鍋淑郎博士も「最も面白いのは、好奇心に基づいた研究だ。・・」と発言されています。


好奇心を持つことは大事なことで、この点、わたしも真鍋博士と一緒なのでは(^_^)vと思ったりもしました。もっとも、柿の種を数えてもノーベル賞はもらえませんが。


« えんがわ・一畳のきまぐれ資料館~予告の予告 | トップページ | メンタリズムを解く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

お菓子類」カテゴリの記事

コメント

ご苦労様です。。。イグ・ノーベル賞の候補ぐらいにはなるのでは?

ありがとうございます。
ただ、ただ、どっと疲れました(^^;)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« えんがわ・一畳のきまぐれ資料館~予告の予告 | トップページ | メンタリズムを解く »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ