« 2021年9月 | トップページ

2021年10月

2021年10月16日 (土)

2021/10/15島原「火張山花公園コスモス・ひまわり」と島原市をウロウロと

Photo_20211016194801 Photo_20211016194901

一昨日の白木峰に続き、昨日は島原の「火張山花公園」のコスモスとヒマワリを見に行きました。春は桜、菜の花、ホピーが楽しめます。

朝から墓掃除に行って、その後火張山花公園に向かい、着いたのが10半頃。平日にもかかわらず、すでに沢山の車が並んでいました。後にしたのが11時半。その頃は続々と車が来ていました。日曜日は朝から天気が良さそうなので、かなりの人出だと思います。


ここの公園の良いところは、花の中に遊歩道が作ってあり、その中を歩けること。これ、気持ちいいですよ。


昨日の白木峰のコスモスに比べると、花の丈が高いです。
向こうに見えている山が平成新山。

Photo_20211016194902 Photo_20211016195001

花畑の真ん中あたり、休めるように空き地が作ってあり、テーブルも2,3あるので、お弁当でも。いつものペアーブランコと写真撮影用のハートの作り物。♡印はもう少しハッキリと作って欲しいのですが・・・ウチのオクサマと一緒に撮りたいナ。

Photo_20211016195101 Photo_20211016195102

掲示版がこわれているのかな、と思ったら、写真撮影用の額縁ですね。奥様に写真を撮らせていましたが、いろいろなポーズを取っておられました。葬式の遺影に使うのかな?と、やっかみ半分で思いました。

Photo_20211016195201 Photo_20211016195202

こちらが砂防ダムがある所。最初は芝桜を植えていました。生育が悪く上手くいきませんでしたが、”ヒマワリ”は上手くいったような。ヒマワリのアップの写真を撮ろうとしたら、皆さんあちらを向いて、嫌われようです。

Photo_20211016195701  Photo_20211016195301

そのあと、島原図書館へ。島原図書館で島原・天草一揆の原城の攻防の絵図の展示をしていましたが、写真で見るより迫力あります。興味のある方はお出かけを。

島原城は枯れハスとススキの風景でしたが、なんとなく趣があります。


図書館の横、昔、法務局の官舎だったかな?図書館の駐車場が狭いので、駐車場にできないか市が交渉したようですが、ダメだったという話しを聞きましたが、いつの間にやら芝生公園かな?ここ、昔、発掘調査をした所です。


Photo_20211016195801 Photo_20211016195802

昼になり、大村のようにマグドナルドで遊ぼうと車で住宅街を走っていたら、らしからぬ所に”ランチ”と幟があったので、ふと入ると会席料理のお店でした。まあ、いいやと入りましたが、高級なランチでした。この料理を食べて腹一杯になり、夜は食べられませんでした。情けないですね。

Photo_20211016195901 Photo_20211016195902

水屋敷に行こうと商店街を歩くと、空き店が多い事。諌早も大村も商店街はガランとして、郊外の大型店舗が栄えるばかりです。

Photo_20211016200001 Photo_20211016200002

島原商業高校の「島商ップ」が頑張っています。高校が地元を応援するのは良いですね。

Photo_20211016200101 Photo_20211016200102

水屋敷。湧き水の音を聞きながら、風を受けながら、”かんざらし”。本当の豊かな時間とは、このような時間かと。このような事を考えるのは歳のせいですネ。

Photo_20211016200201 Photo_20211016200302

あちらもこちらもネコだらけ。見たような顔もあります。

Photo_20211016200303 Photo_20211016200401

最後に回ったのが「天如塔」。からゆきさんを祀っています。以前、紹介した事があります→こちらをクリック

Pa152105  

さて、次は紅葉の話題になります。雲仙の仁田峠は10月末から紅葉になるとの情報がありました。


2021年10月15日 (金)

2021/10/14 「白木峰コスモス」と大村をウロウロと

Photo_20211015193401 Photo_20211015193301

白木峰のコスモスが見頃だとかで、いつもの如く出かけてみました。

最近、カメラ(今、流行の一眼ミラーレスの一番安い物の中古)の調子が悪く、最近はスマホで撮ることが多くなりました。昨年だったか、新聞記者さんを案内した折、見た目30万円ほどのカメラで撮っていましたが、途中、やおらスマホを取り出し「こちらの方が撮り易いですね」だと(実話です)。この写真もほとんどスマホです。


いつものように、各写真はクリックすると多少見やすくなります。と思います。


白木峰に到着したのが9時頃。平日だったので駐車場もガランとしていましたが、一時間ほどで私が帰る頃は、貸し切りバスも来ていました。多分、明日からの土曜、日曜はかなり混むと思います。

左側の写真、右が雲仙岳、有明海、コスモス畑が入り、ちょうど良い風景だったのですが、残念ながら逆光。朝からはモロ逆光になります。逆光写真が上手な方は絶好のシャッターチャンス。だと、思います。

Photo_20211015193201 Photo_20211015193001

気になることが。後ろで話しているのを何気に聞いていると「昔はもっと丈が高かった気がする・・・」。私もそんな気がします。今年も雨が長かったり、夏は昔に比べて異常に暑かったりで、そのせいかとも思います。まさか、コスモスに連作障害は無いですよね。

Photo_20211015193101 Photo_20211015193202

この後、大村へ。一番の目的は古書店に掛け軸を見に行ったのですが、悩みながらも購入。転売すれば高く売れます。年金だけでは苦しいので・・・

珈琲のプロの方に「諌早でいい喫茶店ある?」と聞いたら「・・・・」。「・・・・」が意味する所は不明。「大村にはアルマロードコーヒーがあります」ということで寄って見ました。空港通り、マックスバリュのお隣です。

中に入ったら洋服屋さんで、アレ?と思ったら、一番奥にありました。小さなお店ですが、雰囲気も良く、バランスの取れたコーヒーをいただきました。珈琲豆も買ってきました。

Photo_20211015194901 Photo_20211015195001

ちょうど昼になったので、マグドナルドに入ってみました。マクドは数十年ばかり前に1回入ったきり。注文の仕方が分からず、イロイロ聞いていたらいつの間にか後ろに列ができて、このジジイ何やってんだ、という冷たい視線を感じたので、わざと耳が遠いふりをし「え?なに?これとこれを組み合わせて注文?で、これを頼むとタンピンになる?ところで、タンピンってなに?」などと遊んできました。

はやり、マクドさん、日本の食堂とは雰囲気が違います。また、遊びに行こう(^_^)v。


Photo_20211015195002 Photo_20211015195003

いつも書いているように、雲仙市の本屋さんは絶望的です。イオンには明倫堂書店が入っているということで見に行きました。イオンって広いですネ。一階をウロウロしても分からず、フト見ると二階があるんですね。しかも、エスカレータ付き。本屋さんは二階。

今の本屋さんは、マンガと実用書ばかりで、明倫堂書店さんもフロアーは広いものの、ここも同じでした。


Photo_20211015195101 Photo_20211015195102

イロイロお買い物をしたので、懐が淋しくなり、競艇に行きましたが、駐車場ガラガラ、昔はいつも満員だったのですが。パチンコ屋さんも同じようです。ボートレースも災害、コロナ、子育て支援をしています。

Photo_20211015195201 Photo_20211015195202

ということで、昨日は諌早、大村方面をウロウロしましたが、実は、今日は島原市の火張山公園のコスモスを見に行ってきました。ウチから見ると白木峰は西、島原は東、真逆の方角になります。


   コスモスや/今日は東に/明日は西  sugikan作 お粗末でしたm(_ _)m


■なお、上の記事には一部創作が入っております。



2021年10月12日 (火)

「えんがわ・一畳の気まぐれ資料館」~いつの間にやら9回目

Photo_20211012171201 

チラシの発注を忘れ、印刷が遅れ昨日出来上がってきました。

気がつけば9回目の展示になりました。


第1回目が”千々石・小浜の明治・大正・戦前の古絵はがき”。第2回がアニメと挿絵原画”。第3回が”島原・天草一揆関係”。第4回が”栗原玉葉と正月用引き札”。第5回が”肥前長崎之図と長崎の古絵はがき”。第6回が”キリシタン禁制高札”。第7回が”栗原玉葉と長崎古版画(復刻)”。.第8回が”古文書各種と有馬晴信がローマに送ったお礼状(複製)”。


長崎から来られた方、大村から子どもと一緒に来られた方、栗原玉葉の時は説明に数回呼びだされたりもしました。古文書関係は”くずし字事典”などを持ってきて勉強する姿も。


大体三ヶ月もすると人間は飽きてくるので、年4回入れ替えをと思っていたら、コロナの影響で四ヶ月に伸ばしたものもありました。一応来年の予定も立てました。正月の栗原玉葉は定番。


大人向けが続いたので、今回は”豆本”を並べてみました。チラシには「豆本百冊」と書いていますが、実際には123冊。


最近、ニュースを見ていると”子どもの絵本の読み聞かせ”が苦痛だという方が多い、という調査結果がありました。忙しい、何回も同じ所を読まされる等々理由はあるようです。


私も子どもが小さいときは読み聞かせをしていましたが、「お父さんの声、暗いから、イヤだ」と言われたときは、ショックで3日ばかり寝込みました。


豆本の絵本は小さくて、子どもも大人も楽しく読めるので、利用してはどうでしょう。中学生が先日来たとき、”カワイイ~、
売らないのかな?”と言っていたとか。

展示の内容については前に紹介をしているので省略。チラシはクリックすると拡大します。



2021年10月 9日 (土)

メンタリズムを解く

1_20211009192601Photo_20211009192601

最近、YouTubeを見ていたら、マジックの面白い動画がありました。

相手が思っていることを当てたりするのを普通”メンタルマジック"といいます。こちらのマジッシャンの方は”メンタリズム”といっていますが、どう違うのハッキリした定義は無いようです。


マジックの種明かしは教えないのがエチケットだったのですが、今やYouTubeなどを見てもネタバレバレの状態です。ということで、私も一つ。


スッキリしたマジックで、技法もありませんから、アレンジなどして、お孫さんにでも見せたら喜ぶかと思います。使うのはタブレットですが、広告用紙の裏側に書いても、かまわないと思います。


YouTubeで見て、こちらの解説を見た方がベターかと→こちらをクリック


やり方は、皆さんも一緒にどうぞ・・・

❶上の右側、最初に1~5まで好きな数字を選びます。


❷好きな数字を2倍します。「2」を選んだ方は「4」になります。


❸その数字に該当する単語を覚えます。「4」の方は「かわいい」になります。


Photo_20211009192801   Photo_20211009192901

❹覚えた単語から連想する言葉を下の5つのコトバから選びます。

 Photo_20211009193001 6_20211009192901

タブレットを除けるとお犬様(忠犬ハチ公)が現れます。

皆様も同じになったかと。

7_20211009193101

章で書くと多少分かりにくいですが、YouTubeではテンポ良く見られます。

さて、これを見て考える事、2分33秒、トリックが分かりました。すぐに解説を見ても面白くないので、皆さんも3分ほど考えてみてください。












考えましたか?


❶の1から5まで選ぶのは何らトリックはありません。


❷で、はやトリックが現れます。1~5までをの数字を2倍すると偶数になります。2.4.6.8.10になります。「ペット」「かわいい」「ももたろう」「秋田」「どうぶつ」が該当します。10個の単語から選んでいるようでも、実際には5個の単語から選ぶことになり、マジッシャンのトリックにはまっています。


❸「ペット」「かわいい」「ももたろう」「秋田」「どうぶつ」から連想するものが「ハードディスク」「犬」「机」「はぶらし」「パン」「会社」「水」。


「ペット」で「ハードディスク」を連想する方は、よっぽどPC愛の方ですね。「秋田」といえば「犬」が定番。「ももたろう」で「パン」、あの時代「パン」は無かったでしょう。


ということで考えると、「ペット」「かわいい」「ももたろう」「秋田」「どうぶつ」で連想できるのは「犬」ですね。結果、お犬様の銅像のお出ましになります。



さて、私たちは自分で選んでいるようで、いつしか他人の思惑にハマってしまっている事があります。コロナのワクチンを打つと遺伝子が変わるとか、不妊になるとか、ナノチップが入っていて個人情報が分かるとか、冷静になれば分かるのですが・・・ネット時代、自分で考える事を大切に。


2021年10月 6日 (水)

亀田製菓の柿の種~柿の種とピーナツのバランスについて

Img_3802

きっかけは、9月24日の「どうでもいい附録」の所。

亀田製菓の「無限えび」が話題になっているので買に行きましたが、その際、「チコちゃんに叱られる!」で柿の種の話題を思い出し、同社の「柿の種」を買ってきました。


食していると、なんだか変なのです。おや?ピーナツが少ないな?と感じました。ということで、なんとなく好奇心を持ち、柿の種とピーナツの比率を調べてみました。


柿の種は”普通(という表現にします)”、”わさび”、”梅しそ”とあり、他にもあるようですが、こちらでは手に入りません。ただ”ピーナツなし”というのはありました。


”ピーナツなし”はアレルギーの関係かなと思っていたら裏に「本品に含まれるアレルゲン」として「本製造工場では・・・落花生を含む・・・」と書いてあるので、アレルギーの対策ではないようです。多分、信じられませんが”ピーナツいらない”という方がいるんでしょうか?


比較のために(株)椿屋さんとファミマさんのを買ってきました。


で、小袋を開けて、トレーに広げて調べてみましたが、途中、「あれ、これ比較するんだったら重さを調べれば良いじゃん!」と思って、普通(梅しそ、わさびでないやつ)でやってみたら(”柿”
は柿の種、”ピ”はピーナツの略)・・・そう簡単では無く。

個数でいくと

柿72個、ピ11個。端数切り捨てで、 柿86% ピ13%
重さでいくと
柿22.4g ピ9.3g。で、柿が70% ピ29%

柿とピの比率、個数と重さでは違います。ナンじゃこりゃ?と思いしばし考えたら、柿の種とピーナツの1個の重さが同じなら問題は無いのですが、ピーナツと同じ形の柿の種を作ったとしたら、柿の種は中がスカスカなので、ピーナツと同じ重さにはなりません。密度が違うということです。個数と重さでは同じ比率にはならないということです。多分ですね。私、文系なので感覚的に間違いないと思いますが。


せっかく、個数と重量を調べたので書いておきます


梅しそ

(個数)柿73個、ピ11.5個。で、柿86% ピ13%
(重さ)柿21.8g、ピ8.2g。で、柿73% ピ27%

わさび

(個数)柿70個、ピ10個。で、柿88% ピ13%
(重さ)柿21.2g ピ7.8g。で柿73% ピ26%

計算が違っていたら、各自直しておいて下さい。 


Img_3797

で、こんなことをアホみたいにやっていると、亀田製菓さんの事なので、ヒョッとしたら柿の種とピーナツの割合がホームページなどに書いてあるのではと思い調べたら、ビンゴ→こちらをクリック  にありました。

読んで見て、今まで調べた私の努力はナンなのさ(^_^;)、とは思いましたが。

すでに、亀田製菓では2019年に「柿の種とピーナツ」の比率を従来の”6:4”を「当たり前を疑え!国民投票」と言うことで、国民投票を実施していたそうです。知っている方もおられるとは思いますが・・・


商品は「200g 亀田の柿の種 6袋詰」「柿の種とピーナツの比率は重量比です」ということで、結果「6:4」が「7:3」になったそうです。私が上で計算したのも大体7:3です。


比率が違ってくると、柿の種とピーナツの数がどう違ってくるか計算しようとしていたら、これも計算済みでした。さすが、亀田製菓さん。「6:4」が「7:3」に変わると、柿の種が4.6粒増え、ピーナツが1.8粒減るそうです。


さて、せっかく他社の”柿の種”も調べたので・・・

ファミマの柿ピー
柿92個、22.5g   ピーナツ65個、61.3g。  左写真です。断然、ピーナツが多いですね。

(株)椿屋の柿ピー

柿71個、21.9g   ピーナツ17.5個、11g  右の写真です。 


Photo_20211005190201 Photo_20211005190202

なお、亀田のホームページでは「200g 6袋(注:小袋)」となっていますが、私が買ってきたものでは6袋入りで190g。わさび、梅しそは173g。ファミマの柿ピーが一袋で86g。(株)椿屋が6袋で200gになっています(何れも、内容量)。

さて、ここで一つ気になることが。私たちが柿の種を食べるとき、重量では無く、「柿、柿、柿、ピーナツだ(^o^)、柿、また柿か(>_<)・・・」ということで食べているのではないかと思うのです。だとしたら、重量での比率ではなく、個数での比率が良いのではないかと思うのですが。

この3日ばかり、柿の種を数えたり、重さを計ったり、アホなことばかりやっていました。これも私の好奇心から始まったことですが、今年のノーベル物理学賞を取られた真鍋淑郎博士も「最も面白いのは、好奇心に基づいた研究だ。・・」と発言されています。


好奇心を持つことは大事なことで、この点、わたしも真鍋博士と一緒なのでは(^_^)vと思ったりもしました。もっとも、柿の種を数えてもノーベル賞はもらえませんが。


2021年10月 2日 (土)

えんがわ・一畳のきまぐれ資料館~予告の予告

1_20211002202001

今日は別の記事を用意していたのですが、一畳の気まぐれ資料館の入れ替えを10月に予定していてのが、ウッカリしてチラシを印刷屋さんに頼むのを忘れてバタバタしていました。

一応、今日並べてはみたのですが、説明版を忘れていました。不足の資料を作ったりで、詳しくはチラシが出来てからにしますが今日は簡単に。


豆本を集めていたら、いつの間にか溜まり、秋は読書シーズンと言うことで豆本を100冊ほど展示することにしました。


親子で読める本と言うことで、前にグリコで出していた豆本の絵本。大きい本だと、赤ちゃん抱っこして読むのは少しきついですね。これくらいの本だと意外と楽に読めます。小さい本なので幼児さんも喜ぶかと思います。


右は京都で作っている豆本、表紙は京都らしさがでています。一番右はネコさんが表紙になったアクセサリー、場合によってはメモ帳。


2_20211002202101 3_20211002202101

一番左下の本は”美輪明宏”さんの豆本。サイン入りです。その上の本は「舐めたらいかんぜよ!」の”宮尾登美子”さん。宮尾さんの豆本は意外と出ています。自分が着ていた和服の布地なども使って、洒落た豆本が多いです。

折り本が2冊。下の方は珍しく御朱印帳の豆本。


右の写真、ケースに入っているのが以前紹介した、2㎜と4㎜の”マイクロブック”。世界最小のマイクロブックが0.75㎜でネットで随分探したのですが残念でした。神田の古本屋さんを回ればとは思ったりしたのですが・・・


4_20211002202301 6_20211002202601

と言うことで、今から準備があるので今日は失礼を。資料館の方は明日準備を完了して、来週から観覧できます。


« 2021年9月 | トップページ

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ