« 第7回「えんがわ・一畳のきまぐれ資料館」~雲仙市千々石町 | トップページ | 「ひとりぼっちの誕生日」 »

2021年1月22日 (金)

今年は「豆本」集め

Photo_20210122195401

孫に送ってやろうと「豆本」を買ったら、これが、なかなか面白く、結局自分の本棚に入れました。

先日、正月用のマスクを紹介しましたが、これは百人一首の豆本を買ったときのオマケです。本よりマスクの方が高いのでは、という感じですが。マスクは本の表紙に使っている布と一緒のものです。


右は、絵が描いてある豆本。なかなかに面白く、五百羅漢に鳥獣戯画に東海道五十三次。


Photo_20210122195402 Photo_20210122195403

金子みすゞさんの詩集。少し大きめですが、手のひらにすっぽり入り、字も大きめですからポケットに入れて、ちょっと時間があるときなどにでも。

Photo_20210122195501 Photo_20210122195503

本格的に豆本ですが、十円玉と比べてみてください。

Photo_20210122195601

スティーブン・キングの本。本の題はハッキリ見えますが、中身はよく分かりません。表紙はちゃんと印刷されています。3冊入手しました。

Photo_20210122195602 Photo_20210122195603

レンブラントの画集に、子どもの絵本。

Photo_20210122195701 Photo_20210122195702

右側はマザー・グース。

Photo_20210122195801 Photo_20210122195802

"石川啄木”の「悲しき玩具」。箱はちゃんとして、本もキチンと入ります、スピン(紐しおり)も付いています。もちろん字もキチンと読めます。「八年前の/今のわが妻の手紙の束!/何処へ蔵ひしかと気にかかるかな。」

Photo_20210122195803 Photo_20210122195901

絵本は子どもが好きですが、豆本の絵本ならもっと喜ぶと思います。

さて、本をしまうときクシャミをしまして、ステーブ・キングの本が一冊吹き飛んで行方不明になりました。当分は、この部屋、掃除が出来ません。



« 第7回「えんがわ・一畳のきまぐれ資料館」~雲仙市千々石町 | トップページ | 「ひとりぼっちの誕生日」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第7回「えんがわ・一畳のきまぐれ資料館」~雲仙市千々石町 | トップページ | 「ひとりぼっちの誕生日」 »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ