« 又、コンビニぶらり~ファミマで「ドラゴンボール」と「マイバッグ」 | トップページ | 「キリシタン訴人の報償金」と長崎の濃密な関係 »

2020年8月 2日 (日)

「切支丹禁制高札」を読む

P7280356

「高札」については以前2回ほど書きました。

1→こちらをクリック
2→こちらをクリック

今回、「気まぐれ資料館」に展示をするので、内容説明のため読んでみました。多少、間違いもありますがお許しあれ。

なお、上の写真、下の説明文とも、クリックするとはっきり見えます。


Img_20200802_0001


意味は概略ですが


キリシタン(注:切支丹・吉利支丹・きり志たん・貴哩志丹、時代により色々な表現があります)は従来から禁止されている
不審な者があれば申し出でよ
褒美として

バテレン(司祭・神父)を訴えた者には 銀500枚

イルマン(修道士)を訴えた者には 銀300枚
キリシタンに立ち帰った者を訴えた者には 同じく(銀300枚)
同宿(教会の世話人)・キリシタンの者を訴えた者には 銀100枚

を与える


隠して他の者より分かった場合には、名主(庄屋)、5人組まで共に罪に問われる



他の人より訴えられ、バレた場合は名主、5人組まで罰せられるとは、厳しい。


さて、報償金の額を現代のお金に直すのは難しく、江戸時代、価格の変動があり、比較として大工の手間賃にするか、米の値段にするかで違いもあり、ということですがネットで検索すると「銀500枚は3,500万」「銀500枚は3,400万」「銀1枚は160gの重さで、これは庶民の約1ヶ月分の賃金に相当し、非常に高額な賞金である事が分かります」などと書いてありました。


なお、高札場は各村にもありましたが、下の絵は都会の高札場。左は三代目広重の「東京三十六景  日本橋御高札」。右は作者、場所不明。

Img_20200801_0002 P7310573

次回は、キリシタンを訴えたときの報償金と長崎の密接な関係を。多分。・・・夏バテしてなかったら・・・



« 又、コンビニぶらり~ファミマで「ドラゴンボール」と「マイバッグ」 | トップページ | 「キリシタン訴人の報償金」と長崎の濃密な関係 »

キリシタン関係」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 又、コンビニぶらり~ファミマで「ドラゴンボール」と「マイバッグ」 | トップページ | 「キリシタン訴人の報償金」と長崎の濃密な関係 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ