« 「相棒」→「ラムネ菓子」→「ラムネ」→坂口安吾「ラムネ氏のこと」 | トップページ | 「ドーナツ」を買った日「カケラ」を買う »

2020年6月 5日 (金)

「絶対に出る 世界の幽霊屋敷」~ロバート・グレンビル著・片山美佳子訳・日経ナショナル ジオグラフィック社発行・中村直哉発行者

Img_20200605_0001

世に「怖い物見たさ」という言葉があり、幽霊が出る所、廃墟、事件があった部屋に住む方もおりますが、私は気が小さいので絶対にダメ!

小学校の時、火の玉を見たことがあり、あの時はそのまま寝込み学校を休みました。私のカミサンの実家から墓場が見え、昔は野外で薪を組んで、火葬をして(江戸時代ではありません、戦後の話しです)、その火が家から見え、火の玉も再々見えたそうです。「怖かった?」「別に」と言うことで、あの人、度胸があるのか、鈍感なのか。


人によって幽霊が見えるかどうかは個人差があるようで、以前、荒れ果てた山城の空堀(敵の侵入を防ぐためのもの・南北朝の時戦いがあり、城が落とされ大勢の死者が出たのは想像できます)の写真を撮っていたら、もう一人写真を撮っていた方が「写真を撮ったら、モヤモヤとした霧みたいなものが写っているんですよね。前後の写真はなんとも無いんですが・・・」と言うことだったのですが、私のはきれいに撮れていました。


ちなみに「相棒」”杉下右京”さんも、幽霊の存在を信じていますが、まだ見たことが無いのを残念がっていました。


さて、本の方は幽霊が出る、世界の90ヵ所ばかりの城、要塞、墓地、ホテル、公共施設、家、屋敷、宮殿等々の写真と説明が載せてあります。


下は、カナダのバンプ・スプリングス・ホテルでマリリン・モンローもハネムーンで訪れたそうです。ここに長年勤めていたサム・マッコーリーというベルボーイが1970代に死んで以来、幽霊になって出るそうです。なんとなく”シャイニング”に出ていたホテルのような感じ。


せっかく新婚旅を海外で、と考えておられる方、いかがでしょう。思い出深い、楽しい旅行になりますよ。


Img_0619

下の写真の説明ですね。

”メアリー・キングス・クロースい浮かぶ幽霊のような影”

1992年に訪れた日本の霊能者(訳注:宜保愛子とみられる)が、家族に置き去りにされて死んでいった「アニー」という名の少女の霊に会った。霊能者の足を強く引っ張ったという。それ以来、アニーの部屋を訪れる観光客が増えた。

といいますから、好きな方は好きなんですね。


Img_20200605_0002

今年の夏も異常な暑さが予想され、暑い夜は眠れぬかと思いますが、この本を読んでお休み下さい。寒くなって、幽霊が絶対に出てきますよ。


« 「相棒」→「ラムネ菓子」→「ラムネ」→坂口安吾「ラムネ氏のこと」 | トップページ | 「ドーナツ」を買った日「カケラ」を買う »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「相棒」→「ラムネ菓子」→「ラムネ」→坂口安吾「ラムネ氏のこと」 | トップページ | 「ドーナツ」を買った日「カケラ」を買う »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ