« 「絶対に出る 世界の幽霊屋敷」~ロバート・グレンビル著・片山美佳子訳・日経ナショナル ジオグラフィック社発行・中村直哉発行者 | トップページ | 淋しい夏 »

2020年6月 7日 (日)

「ドーナツ」を買った日「カケラ」を買う

Img_0409

ミスド(ミスタードーナツ)で新発売のドーナツの宣伝をTVで盛んにしているので、諌早に行った時、買って来てみました。

上の方が「ボン・デ・パイ 宇治抹茶」
もちもち生地とサクサクパイを一度に楽しめる商品。宇治抹茶ホイップと一緒に。
下の方が「ボン・デ・パイ ショコラ」
もちもち生地とサクサクパイを一度に楽しめる商品。チョコホイップでデコレーション。

ボン・デ・パイ・ショコラを分解したら下のようになっていました。下の方がパイをチコレートでコーティング、その上にチョコホイップをのせ、それをドーナツの穴に突っ込んだもの。


ドーナツを買って帰りがけ、本屋さんに行ったら、湊かなえさんの「カケラ」が置いてあって、帯を見ると「あの子、大量のドーナツに囲まれて死んでいたらしいよ。」との文字が名に入り、ドーナツを買った日に、この帯を見たら買っていかないわけにはいかないじゃないですか。


Img_20200607_0001

本の扉を開けたところに

田舎町に住む女の子が、大量のドーナツに囲まれて自殺したらしい。

モデルみたいな美少女だとか。
いや、わたしは学校一のデブだったと聞いたけど・・・。

ということで、この自殺した女の子の謎を解くため、有名な整形美容外科医でマスコミにも顔を出す久乃が、関わりのある人物(久乃も関わりのある人物)を訪ねていくのですが、という展開で、もちろん最後の方で謎は解き明かされます。


ただ、文章が関わりある人物の語りばかりで、これって何故か疲れました。登場人物の関係、名前がトリックで、”謎”のヒントになるので、私みたいに登場人物の名前を3名以上覚えきれない方は、メモをとりながら読まれることをお勧めいたします。


さて、買って来たドーナツを食べながら、ドーナツていうのは穴があるからが面白いので、どうやったら穴を作れるのか、ドーナツの穴は存在しているのか、ドーナツの穴だけ残して食べる方法は?、逆にドーナツの穴だけ食べる方法は、ドーナツの穴に愛が見える、ドーナツの穴はタイムトンネルだ、ドーナツの穴に宇宙をみた、ドーナツの穴から見たアナタが一番美しい、など色々哲学的なことを考えられるじゃないですか。


「こうやってドーナツをのぞくと、あの子が向こうの世界で幸せに過ごしている世界が見えるからね。・・・」

「ー自分の見たい風景を思い浮かべて、穴の向こう側を見るの。それから、そのドーナツを食べると、穴の向こうに描いた風景が現実のものとなる・・・」などと書いてあり、湊かなえさんもドーナツの穴には関心があるようです。

ということなどを考えて穴を詰めたドーナツを食べましたが、美味しかったので、穴の無いドーナツもありかなと。本当に日和見な私。



    ドーナツの穴をくぐるや若葉風 sugikan (どこかで読んだような気がしますが・・・)


忘れていました、本の題の「カケラ」の意味ですね。最後の方に書いてあります。もう一つ、このドーナツは午前11時からの発売です(諌早の場合は)。



« 「絶対に出る 世界の幽霊屋敷」~ロバート・グレンビル著・片山美佳子訳・日経ナショナル ジオグラフィック社発行・中村直哉発行者 | トップページ | 淋しい夏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

お菓子類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「絶対に出る 世界の幽霊屋敷」~ロバート・グレンビル著・片山美佳子訳・日経ナショナル ジオグラフィック社発行・中村直哉発行者 | トップページ | 淋しい夏 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ