« 「iPhone11」★スマホは踏まないで・・・ | トップページ | 「入増盛算」を読み解く~河鍋暁斎・勝文斎合作 »

2020年1月23日 (木)

平野レミ「明太バター餅」VS朝イチ「ふわふわ!卵かけご飯」★簡単レシピ料理

Dsc_0652

今日はカミサンがお食事会とやらで留守。

コンビニの弁当を考えましたが、少し飽きたので、ネットを調べると、平野レミさんの「明太バター餅」というのが出ていて、超簡単なのでこれをひとつ。


レミさんと言えば若いときラジオに出ていて、ジュークボックスの音楽をかけ、参加者が男性の歌手が出るか、女性の歌手が出るか当てるとき「男が出るか!女が出るか!」と大声で言っていましたが、その平野レミさんも御年72歳。


今年もNHKで早業の調理をやっていましたが、少しお年のせいなのか、手順が違ったりで、アナウンサーの方が訂正の助言などをしていました・・・

さて「明太バター餅」です。お餅(冷凍の場合はレンジでチンして少し柔らかくしておいた方がベター)と明太子小さじ1、バター小さじ1を左のように準備し、醤油をタラリ、ラップをして電子レンジ600Wで50秒程度(餅の大きさにもよります)。かき混ぜて、あとは海苔に包んで出来上がり。

まあ、本当に簡単で、味の方はなんとなく、やみつきになるなという感じ。小腹が空いたとき、時節柄、受験生のチョットした夜食にピッタリです。


Dsc_0646 Dsc_0648

餅だけでは足りないので、もう一品と思っていたら、NKHあさイチのJAPA-NAVIで冬の鎌倉特集のなか、電車の中でご飯を食べるところがあり、それが「ふわふわ!卵かけご飯」。

「休日ともなると、早朝から行列のできる人気の『卵かけご飯』」となっていましたが、電車に乗って、風景を楽しみながら食事をするのが好きな方は別として、「ふわふわ!卵かけご飯」だけだったら、電車にのらなくても、行列をしなくても自分の家で作れます。


Dsc_0660

最初は卵の黄身と白身を分けます。ここで、都々逸などを口ずさみ「私とあなたは卵の仲よ/僕は白身で黄身(君)を抱く」。いい都々逸すね、口ずさみながら、いい声だな~と思いました。

あとは、白身を泡立てメレンゲ状態にするだけ。番組では小さな泡立て器(ケーキを作る泡立て器の小型)を使っていましたが、無ければフォークを写真のように二つ組み合わせて、といってましたが、やりにくいのでフォーク1本で泡立てました。しっかりと泡立ててください。

電動式の泡立て器もあるのですが、少し時間はかかりますが、自分の手でした方が、「料理を作ったぜ!」という気分は味わえます。泡立てのコツは、ただ、かき混ぜるのでは無く、空気を入れ込むような感じで混ぜること。


で、あとは上の写真のように黄身をのせますが、潰れてしまいました。どうせ、全部混ぜるのでどうでも良いことですが。


Dsc_0653 Dsc_0658   

番組では醤油も特別なのを使っていましたが、私は減塩醤油で。

食してみて、ビックリしました。「卵かけごはん」が、白身をメレンゲにしただけで、こんなに変わるもなのか。「卵かけご飯」の概念が変わりました。コロンブスの卵、考えた方は天才。


これも、簡単なので是非作って食べてみてください。これが不味いという方、味音痴の方です。



« 「iPhone11」★スマホは踏まないで・・・ | トップページ | 「入増盛算」を読み解く~河鍋暁斎・勝文斎合作 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「iPhone11」★スマホは踏まないで・・・ | トップページ | 「入増盛算」を読み解く~河鍋暁斎・勝文斎合作 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ