« 「涼を求めて冬の滝」~諫早市高来町轟の滝 | トップページ | 「荒飛甚太夫」とは何者か?~千々石町温泉神社力石について »

2019年2月 1日 (金)

「平成最後のポテトチップス」

Img_20190201_0001_2 Img_20190201_0002

「降る雪や明治は遠くなりにけり」という俳句がありますが、昭和も段々遠くなってきたみたいです。

最近は何でも「平成最後の・・・・」と枕を付けて言うことが多くなってきたようです。こちらは「湖池屋」さんの「平成最後のポテトチップス」・「賞味期限 平成31年4月31日」と書いてると、あ~、平成も4月31日までか、と寂しさを感じます。

つい先頃「平成」になったと思ったら、平成に生まれた方も、早い人は30歳を迎えています。


「ゆとり教育」。「2,000円札」ありましたね、ほとんど使われなかったけれど。「センター試験」また、試験方法が変わるそうですが。消費税「3%→5%→8%」そしてもうすぐ10%。どこまで上がるんでしょう。「バブル経済」良かったですね。あの頃が一番良かった時代かな。

普通はテレビなど見ながら、ポテトチップスをボリボリ食べるのですが、今日はパッケージを見
ながら、いろんな事を考えて食べました。

本当にいろんな事があったな、真知ちゃん、洋子さん、亜衣さん、芳香ちゃん、佐智さん、旬子さん・・・みんな元気にしてるかな。

裏側を見たら、丸印のところ、「製造工場では特定原材料中、卵、えび、かにを含む製品を生産しています。本品で使用している青のり、あおさは、えびやかにが混ざる漁法で採取しています。」だって。食品会社は気を遣っていますね。それだけ、アレルギーなどを持った人、特に子どもが多くなっているからでしょうが、こんなところにも時代の変化を感じます。




« 「涼を求めて冬の滝」~諫早市高来町轟の滝 | トップページ | 「荒飛甚太夫」とは何者か?~千々石町温泉神社力石について »

お菓子類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/67654302

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成最後のポテトチップス」:

« 「涼を求めて冬の滝」~諫早市高来町轟の滝 | トップページ | 「荒飛甚太夫」とは何者か?~千々石町温泉神社力石について »

フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ