« 「荒飛甚太夫」とは何者か?~千々石町温泉神社力石について | トップページ | 挑戦!「ぬか漬け」!! »

2019年2月 7日 (木)

千々石に寄港した客船。

Img_20181018_0017_3

Img_20180417_0018_3

上の写真も下の写真も、千々石海岸から撮ったものです。

上の写真は海岸付近の「福石様」の所です。船が写っていますが、漁船で無いことは分かると思います。このころ、千々石では写真に見るとおり小舟ばかりでした。

この船は茂木航路の客船です。

下の写真は小浜方面を撮った写真ですが、同じように船が見えますが、これも、小舟にしては大きく、煙が見えます。これも、客船です。

昔、千々石、小浜、雲仙に遊びに訪れた方が多く(外人さんも)、千々石では「千々石ホテル」を利用し、小浜、雲仙方面にも行ってたとか。

さて、本当に千々石に客船が寄港していたかというと、下は長崎新聞社(現在の長崎新聞社とは関係ありません)明治42年発刊の「温泉(うんぜん)小浜案内記」~中川観秀著です。

赤い線の所「千々石」とあり、寄港地を見ると「千々石→唐比→有喜→江の浦→茂木」となっています。

Img_20190203_0001

なお、下図は昭和2年雲仙岳後援會(長崎縣廳内)より発刊の「雲仙」。これを見れば、茂木から直接小浜に行く航路、茂木から橘湾沿いの各地に寄港していることが分かります。

大正15年発刊「雲仙小濱風光記」(関善太郎著)には、陸路、海路、複数書いてありますが、千々石関係は・・・

三角際崎→天草島5,6ヵ所→茂木港において陸路長崎より来たれる客を乗せ→江の浦→有喜→唐比→千々石→小浜、と書いてあります。

多分、汽船会社、時代によって寄港地が違っているのかとも思いますが・・・・

Img_20190203_0002

さて、千々石に客船を停める桟橋があったかというと、現在、海が埋め立てられて分かりませんが、漁船を停める所はたくさんあったとか。

なお、茂木から千々石へ汽船に乗って嫁入りした、おばあちゃんがいるとかで、現在、聞き取りにいってもらっています。

下は、茂木港ですが、ちゃんと客船が停められる桟橋があります。

Img_20190207_0001

下は、小浜港ですが桟橋はありません。
客船と、丸印の所には階段が見えます。小浜では、沖に客船を停め小舟でお客さんを運んでいたそうです。なお、階段の上の建物が、船の待合室かと思われます。

千々石も小浜と同じく、沖に客船を停め、小舟でお客さんを運んだものと思われます。

Img_20190207_0002_2

« 「荒飛甚太夫」とは何者か?~千々石町温泉神社力石について | トップページ | 挑戦!「ぬか漬け」!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/67676669

この記事へのトラックバック一覧です: 千々石に寄港した客船。:

« 「荒飛甚太夫」とは何者か?~千々石町温泉神社力石について | トップページ | 挑戦!「ぬか漬け」!! »

フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ