« 2018年2月18日 - 2018年2月24日 | トップページ | 2018年3月4日 - 2018年3月10日 »

2018年2月25日 - 2018年3月3日

2018年3月 3日 (土)

「堂々と『週刊ポスト』『週刊現代』」を読む」

Img_20180302_0001 Img_20180302_0002_2

ポストとか現代とか読んでいると、カミサンから冷たい目で見られますが、カミサンがまだ行方不明なので、「堂々と『週刊ポスト』『週刊現代』を読む」ことができました。

■「47都道府県『格差』」

「健康」「お金」「教育」「職」「暮らし」「○生活」について書いてありますが、長崎は・・・・

「健康」で高知県がトップ。
説明は、「高知は『病床数』『医師数』トップの病院王国/医療費は埼玉の1.5倍かかっている」そうですが、長崎は「一人当たり健康医療費」が2位。
これ良いことかな?悪いことかな?

「お金」の所、「投資も保険も抜かりない神奈川県」が一位で、「一世帯当たりの有価証券」で、長崎は名誉ある45位。

「一世帯当たり教育費」。なんと長崎が47位。これは、「教育費の内訳を見ると私立大学授業料が押し上げている。」「長崎は国立への進学指向が高い」と言うこと、ですって。

■「年金からこんなに税金を奪われていた!」

「約20年間で手取りが32万円減った!」ということで・・・・

1999年 年金受取額 270万円 手取り265万円
2017年 年金受取額 270万円 手取り233万円
消えた手取り額はどこへ行ったのでしょう。

なお、年金だけでは無く、2018年に負担額が多くなるのが、「エコカー減税の縮小」「国民健康保険の引き上げ(上限額が73万から77万)」「高額医療費制度の自己負担上限引き上げ」「介護保険の自己負担上限引き上げ」「たばこ税増税」「国際観光旅客税の創設(外国に観光旅行する方、出国のたび1000円取られます)」「消費税増税(10%になります)」「公的年金等控除の引き下げ」
と言うことで人ごとでは、ありませんぞ!

■「年金は早くもらうほどを得をする。」

「『75歳からもらえば受給額84%にダマ』されるな」。何歳まで生きるか分かれば得か、損かは分かるのですが・・・

最近、俳優さんが何人か亡くなりましたが、年齢は75歳以下ばかりでした。

■「35万円取り戻せる かんたん確定申告」

確定申告はしてない方があると思いますが、私は医療費が高いので、確定申告をしていますが、意外と返還金は多いです。

「生活習慣病治療でスポーツジム利用料も『医療費』の範囲に含まれる」そうです。難聴と診断され約40万で補聴器を購入して、申告したところ、6万以上の返還があったそうです。

ケースバイケースがありますから、よく読んでチェックして下さい。領収書と関係書類(診断書等)があったら取っておくように。どこかの誰かのように、廃棄しましたと言わないように、あれは国会答弁だから通るので、確定申告では通りません。

■「私、絶対に結婚するから」

「部屋に閉じこもり、小室圭さんとLINE交換する眞子さま」。と、部屋に閉じこもりしているのに、LINEをしているのが、どうして分かるのでせう。盗聴器をしかけているのかな?

「家族会議のテーブルには大量の週刊誌記事のコピーが」「宮内庁幹部は『あの男(小室さん)KYなのが一番困る』」「『400万騒動』解決の秘策に、紀子様の実家が浮上」と、お互い平民で良かったですね。

■「『元特捜のエース78歳の転落』」~若い女と早朝ゴルフで「暴走ひき殺し」

TVでは、「知人」と言っていたみたいですが、「若い女」で、ひき殺した人間が78歳。しかも、元特捜ですから、犠牲者の方を思えば何ともいえません。

■「朝日新聞”口撃”に必死の安倍首相の器の小ささは日本の『保守』の劣化の証明だ」

まったくその通りで、昨日の国会を見ていると、答弁のアホらしさ、漫才より面白いですよ。もっとも、劣化したのは、野党もですが・・・

■「危ない かかりつけ医の見分け方」

4月から診療報酬が改定されるそうですが、「かかつりけ医優遇制度」だそうです。患者に向き合った制度かどうか、よく見ないとなんともいえません。ただ、大病院を受診する場合は。かかりつけの医者の紹介状が必要ですが、なんとなく、言いにくいですね。また、簡単に紹介状は書いてくれません。かかりつけ医に命を預けることになります。

「看板に多くの『診察科』が掲げられている」~「医者は医師免許さえ持っていれば、麻酔科を除いて、好きな科目をいくつ揚げてもいいのです。・・」だそうです。「スリッパに履き替えさせる」。誰が履いたかわからないスリッパ、履くのイヤですよね。「初診の際に触診をしない」。「セカンドオピニオンに否定的」。「『心配しなくても大丈夫ですよ』と言う」。「お願いするとすぐに薬を増やしてくれる」。「初診時に血圧が高いと高血圧の薬を出す」。「『お大事にだけでおわる』」は要注意。

と言うことで、かかりつけ医の選択には気をつけましょう。といっても、田舎にはお医者さんが少ないからナ。

■「『親方の次は、弟子も潰せ!』貴乃花『苦難の春場所』」

まだ、ゴタゴタは続いております。「『あの部屋から関取を一掃すれば、貴乃花はもう何も言えなくなる』ー執行部派とモンゴル互助会の包囲網が築かれた」そうですが、もうすぐ春場所。揉めるんなら、「国技」の看板下ろしたらどう?

■「平成の世に継承される江戸、吉原の○技」

と、昔が良かったのかな?

■グラビアですが、「パンストの文化史」「ザ・自動販売機」

パンストにもいろいろありますナ。勉強になりました。

自動販売機といっても○ル○の雑誌を売る自動販売機で、最近めっきり減りました。ウチから車で20分の所にあるので、カミサンはいないし、久しぶりに覗いてみるか。



2018年3月 1日 (木)

「記憶力を維持する」★ロッテ・歯につきにくいガム



Dsc_0366

以前は、少し物忘れが多くなっても、「ウチのじいちゃん、少し呆けたかな」で、すんでいたのですが、今や、「認知症」という言葉が「呆け」に変わり、皆さん、少し物忘れがあると、過剰に心配されている方もおられると思います。

今日は、ドラッグストアーで買い物をして、レジの所に行ったら、上の商品が並んでいるじゃありませんか。

「歯につきにくいガム」は以前から、愛用していたのですが、あまり売れないみたいでした。

で、今回は「記憶力」の付加価値を付けたのが良かったのか、朝から箱に一杯でしたが、夕方には、ほとんど売れ切れで、あとは、私が全部買い占めてきました。

なかのガムにの包み紙。表には、図形とか数字とかが書いてあり、「よく見て覚えて下さい」とあり、裏には、「一番左端の人は何色?」などと問題が書いてあり、私、一パック試してみましたが、全然ダメでした。


Dsc_0367_2 Dsc_0368

パッケージの表には、「中高年向き/機能性表示食品/イチョウ葉注出物配合」と書いてあり、横には、「本品はイチョウ葉フラノイド配糖体及びイチョウ葉ペルテンラクトンが含まれています。イチョウ葉フラノイド配糖体及びイチョウ葉ペルテンラクトンは中高年の、認知機能の一部である記憶力(言葉や図形などを覚え、思い出す能力)を維持することが報告されています。」と書いてあります。

と言うことは、「中高年」向けのガムで、今受験シーズンだかといって、受験生の皆さんが噛んでも効果はありません。

ただ、一度に大量に食べるとお腹がゆるくなる場合があるそうです。また、「ワーファリンなど抗血栓薬を服用している方は摂取を避けて下さい。」と書いてあり、実は私、抗血栓薬を飲んでいるので、ガムを選ぶべきか、薬を選ぶべきか、と悩んでいます。




2018年2月28日 (水)

「『足裏アーチ』でひざと腰の痛みが消える」★川口雄一〈監修〉

Dsc_0356

私のカワユイ膝っ小僧ですが、最近調子が悪く、痛くなって歩けない、歩けない。

医者にいっても「加齢ですね」と言われ、湿布をもらうだけなので、2,3年前買っていた湿布が余って、賞味期限はまだなので貼っています。

さて、今日の新聞を読んでいると、なんと、私が巻き爪の治療に通っている病院の理学療法士さんが、膝、腰に関する本を出しているのですね。直接には治療は受けていませんが・・・・

Dsc_0354

でもってデスね。私、この本、持っていたのです。

それで、どれだけ良くなったかというと、私の悪い癖で、本は買ってきて読まない。と言うことで、まだ読んでないんです。本には、付録としてサポーターが付いています。

Dsc_0351

ということで、今から本を読んで、明日から実践します(どうせ三日坊主)ので、今日はこれで終り。皆さんも、加齢には注意しましょう。古人いわく、「加齢は、だまって、忍び寄る」


2018年2月27日 (火)

「ヴァチカンと有馬」展★有馬キリシタン遺産記念館~あれ?この絵なに?

Photo

先日から、南有馬町のキリシタン遺産記念館で、「世界遺産登録推進特別企画展『ヴァチカンと有馬』~長崎と天草地方の潜伏キリシタン関係遺産~」、という企画展をやっておりました。

世界登録遺産を目指しての企画展でしょうが、少し展示品が寂しかったかなという感じでした。世界遺産を目指すなら、もう少し目玉になるのが欲しかったかな?

で、その中で、下の展示品、「有馬・島原から送られた奉投書」と言うことで、説明によると「1619年、教皇パウルス5世は迫害に苦しむ日本人信徒に激励の手紙をだしました。
この書は、その返礼として島原半島の信者代表12名が署名をしローマへ送ったものです。(中略)信者の代表の一人であるパウロ内堀作右衛門は、かって日野江藩主であった有馬直純の旧臣で、寛永4年(1627)に雲仙地獄で最初に殉教を遂げた人です。」となっており、この書状を見ると、イヤに汚れているな、と思ったのですが、よくみると・・・・

2

全面、色が塗ってあり、所々に絵が描いてあります。左は真ん中の所。枯葉みたいです。右も同じくの感じ。他に倒れそうな杭が描いてあったりで、なんとなく荒涼とした感じです。上の写真、赤丸はラテン語で書いてあります。

3 Photo_2

一番気になったのが、下の写真の部分。日本の石垣なら、石を積んでいるはずなのですが、コンクリートで固めたような感じ。このため、自分だけかもしれませんが、なんとなく西洋画の印象を受けました。

この前、山田右衛門作(天正3年《1575》?~明暦3年《1657》)の事を書きましたが、山田右衛門作は、ポルトガル人に南蛮画を習い、有馬直純(慶長19年《1614》に日向延岡に移封)、松倉重政、松倉勝家に仕えていたそうです。

字が邪魔にならないように絵を描くというと、かなりの技量が無ければ描けないでしょう。

ガイドさんと話をしていると、上に書いたパウロ内堀ではないかと言うことですが、両方とも有馬直純に仕えていますから、ひょとしたら絵を習っていたのかもしれませんが、1,2年習ってもこの広さの紙に、字が邪魔にならないように下書きをするのは無理でしょう。残念ながら本物で無く写真のレプリカで、しかも、展示ケースの中ですから良く確認はできませんでした。

Img_3545

で、家に帰って思い出したのが、大正3年初版、昭和2年に第3版が出版された、「増補・改訂 切支丹史料集~對外資料寶刊行會発行・永山時英著」。見てみると同じように、「元和三年のジュピレオに際し法王パオロ5世(パウルスの間違いか?)の下したる罪障全赦の喩文い對し元和七年長崎の信徒等の呈したる奉答書」

説明によると、「本書も亦十八圖(注:有馬・島原から送られた奉答書)と同じく一千六百十七(注:島原・有馬とは年が違うみたいですが、ママ)法王パウロ(ママ)五世が信徒に下したる喩文に対する奉答書にして、金泥にて模様を散らし描きしたる鳥子紙に認めあり、・・・」

と言うことで、本では白黒写真でよく分からなかったのですが、金泥で模様を描いているのですね。確かに島原・有馬の奉答書も良く見ると金泥みたいです。

Photo_3

図柄が樹木だったり、右の赤丸印は船の感じで、長崎を現しているのでしょうか。

4_2 3_2

ただ、長崎の分は日本画風に書かれています。

有馬・島原の奉答書の下書きの絵を描いたのは誰でしょう。なお、文はラテン語が入っていますから、この時代、当然ラテン語ができるのは神父さんに限られます。ガイドさんに質問すると、この時代、口之津に中浦ジュリアン(天正遣欧少年使節の一員、穴吊の刑にて殉死)が滞在していたそうですが、ひょっとしたら、と言うことでした。絵を描いたの中浦ジュリアンかな?

いろいろ調べたのですが、この方面の研究は皆無でした。




2018年2月26日 (月)

「一汁一菜でよいという提案★土井善晴著」~料理、思いつくまま

Img_20180226_0001

この本を買う予定では無かったのですが、ペラッとめくったところに、「家庭料理はおいしくなくてもいい」という言葉が目に入って、思わず買ってきました。

以前、「粗食」という言葉がはやりました。「粗食」は、どんなにうまくても、心がこもっていなくては、たんなる、「食べ物」。この本に書いてあるのは、「素食」、「質素」だけど心がこもった、「一汁一菜」について書いてあります。エッセイと、特に「一汁」についての作り方が書いてあります。

私たち、終戦後すぐ生まれた者はカロリーを取れば良いと言うような感じで食事をとり、現在はカロリーを取り過ぎるなと医者からいわれ、減量に励んでおりますが


奥様方は、毎日、何を作ろうか、おいしいものを、と頭を痛めていると思いますが、「よく母親の作る料理を『家族はなにも言ってくれない』と言いますが、それはすでに普通においしいと言っていることなのです。なんの違和感もない、安心している姿だとおもいます」、と書いてあれば、何となく、心が楽になりますね。献立は、「一汁一菜」ですむなら、なお楽になります。

「一汁一菜」というと、「ご飯を中心として汁(みそしる)と菜(おかず)をそれぞれ一品をあわせた食事の型です。ただし、おかずは昔の庶民の暮らしではつかないことも多く、実際には『味噌汁』『ご飯』『漬物』(=汁飯香)だけで一汁一菜の型を担っていました。」ということです。

ご飯をおいしく炊くのは当たり前ですが、味噌汁については、以前「食育」の講演会で、「本当の味噌汁は、突き立てた箸が倒れないように、具を沢山入れること」と言われたことがありますが、この本の味噌汁の写真を見ると具だくさんです。

「『具』は何を入れても結構です。畑の野菜といわれる豆腐や油揚は大豆食品。ベーコンやハム、卵はタンパク質や脂資。野菜、きのこ、海藻は体調を整えるビタミンや食物繊維。・・・」と、まあ、なんでもありという感じで書いてあり、ベーコン入りの味噌汁は食べたことがないので、カミサンはまだ行方不明で、一人なので作ってみました。

ベーコン、人参、じゃがいも、しいたけ、白菜(これは始めから入れると、クタクタになるので、味噌を溶かす少し前に入れてください)。あとから、冷蔵庫をみると、タマネギとサツマイモが入っていて、残念。味噌は吾妻の添加物まったく無しのもの。私の義姉のところは、今でも自分の家で作っています。

で、注意をするのは、アクを取ること、私の料理の先生も、「料理はアク(悪)との戦いです!アクなき戦いです!」と言っていましたが、土井氏も、「和食の調理は濁りを嫌って、きれに澄むことが大事です。物事がうまくいけば『すみ(澄み)ました』といい、うまくいかなければ『すみ(澄み)ません』と謝ります。・・・」ということで、アクはこまめに取りましょう。とらなかったら、汁が濁り、味に雑味が混じります。


Dsc_0334 Dsc_0337

と言うことで、具だくさんの一汁ができあがりで、これにご飯と香のものをつけて、夕の晩ご飯。おいしゅうございました。なお、体がいつもより軽い感じでした。

なお、お一人ご飯の時は食卓に並べるより、お盆を使った方が良いと言うことで使ってみたら、食卓は汚れないし、いっぺんに持ち運びできるし、便利でした。


Dsc_0344

上の写真の「箸」ですね。私のが見当たらないので、カミサンのを使いましたが、ご覧の通り長さが違っています。ストレスが溜まって、かじっているのかな?悪いのは私ですが。

なお、この本、短い文で、いろいろなことが書いてありますので、暇なときに少しずつ読まれた方が良いかと思います。急いで読む本ではありません。食に関して考えながら読む本です。

なお、著者の土井善晴氏のおとうさんは、料理研究家の土井勝さんで、NHKの「今日の料理」に出演され、いつもニコニコと独特のしゃべりで良く見ていました。



« 2018年2月18日 - 2018年2月24日 | トップページ | 2018年3月4日 - 2018年3月10日 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ