« 2018年12月9日 - 2018年12月15日 | トップページ | 2018年12月23日 - 2018年12月29日 »

2018年12月16日 - 2018年12月22日

2018年12月22日 (土)

いよいよ正月「橘神社大門松」完成★「観櫻火宴」のお知らせ

Photo_2

先月23日から始まった「大門松」作り、今日が仕上げで例年通りの見事な完成でした。

2000年から始まり、今年で19年目になります。来年が、成人式です。

鳥居前で「弥栄(いやさか)」と拳をあげているのが、実行委員会の皆さん。休日返上での作業でした。今年も、お疲れさまでした。正月にふさわしい、大門松です。

最近は県外からも、大鳥居の作り方を研修に来ておられます。

明日が「大門松竣工祭」で、午前8時~13時までが総仕上げ、竣工祭が13時30分、肥前千々石鉄砲隊の演舞が14時からです。

明日の天気予報が思わしくなく、心配なのですが・・・・


さて、来年の事を言うと鬼が笑うと言いますが、今日、「日本一の松明武者行列」の実行委員長さんから、2019年の「観櫻火宴」のチラシができたので、いただきました。

日程は、来年の3月30日(土)になります。

今回のチラシの絵柄がガラッと変わっていて、外人雇用なんとかかんとか法ができたせいか、外国人の可愛いお嬢さんの武者姿。これも、意外とインパクトがあって良いですね。

Img_20181222_0001_2 Img_20181222_0002_2




2018年12月21日 (金)

「高札」の取扱について

Img_20181221_0001_2

昨年7月30日に、この高札「『キリシタン禁制』の高札」と言うことで、書きました。

昨日、M村の庄屋日記を読んでいると、(私は他人が読んでいるのを聞くだけですが・・・・)

「出火」の時にどうするか書いてあり


一 出火ノ折者(は)御高札場郷蔵(年貢米の一時保管倉)付近辺堅ク相守(あいまもり)其余ハ庄屋元へ懸付(かけつけ)火防き可申候・・・

と言うことで、一番先に守るのは、高札と郷蔵であり、高札がいかに大事にされていたかが分かります。

この高札は正徳元年ですから307年前になりますが、字があまりにも新しく、このことについては以前書きましたが、
「江戸時代のお触れ(藤井穰治著)」によると

高札は「・・・・年号の変わるたびに高札が書き改められ(中略)また文字の見えないものは書き改めることを命じることによって、キリシタン高札は大名領内にも幕府・公儀の高札として定着した。」と書いてあり、書き直されたことも大いにあるわけです。

このことについては、島原藩飛び地領が豊前豊後国境にあり、島原半島では三万八千石、飛び地領で二万七千六百石、合わせて六万五千九百石余りになります。

この、飛び地領の橋津組大庄屋・本多政辰により政務のため編纂された「執睨録」に高札について以下の文章が見られました。


●御高札御墨入願之事

 (略)

「右村々御高札場、風受強、其上木陰二御座候故、打雨ニ文字薄相成、難相分御座候間、何卒御墨入被成下候様出申候、此段相叶候様、宜被仰上可被下候、以上。」と言うことで、御代官宛に橋津左源太(庄屋)から願い出が出ています。

要するに、高札が雨風等にさらされ、文字が薄くなり、見やすいように墨入れをして良いかということを、奉行の許可をもらう願いです。

これらを読むと、高札がいかに大切だったものかということがよく分かります。現代の自治会の掲示版とはダンチですね。


参考:
「M村庄屋日記」「江戸時代のお触れ(藤井穰治)」「執睨録(別府大学附属博物館)」






2018年12月16日 (日)

2年ぶりの「雪見だい『福』」

Dsc_0004_2

2016年12月9日と2016年12月26日に「雪見だい福」の事を書きました。

「雪見だいふく」ではなく「雪見だい『福』」です。

詳しくは→12月9日   12月26日    を参照して下さい。

それ以降、気になってコンビニに行くたび、アイス売り場をのぞいていたのですが、昨年は見つかりませんでした。

で、今日、のぞいてみると、あるではありませんか。しかも、2コ。で、買って来ました。

下は、普通の「雪見だいふく」。デザインも少し違っているのが分かるかと思います。とくに、右上。あれ?以前は普通のウサギさんだったのですが、「大黒天」かな?「福禄寿」かな?頭だけをとると「大福」になりますが・・・なんとなく、サンタさんのような気もしますが・・・

この「福」がついているのを見つけると、福が舞い込むとか。普通の「雪見だいふく」。「雪見だい福」との違いが分かると思います。

Dsc_0009_5

「雪見だいふく」は2コ入っていますが、ロッテさんで「一個ちょうだい」と言われたときに、「あげる」か「あげないか」アンケートをしたら、「あげる派」が77,422表、「あげない派」が32,949票だったそうです。

私ですか?「雪見だいふく」だったら「あげます」。「雪見だい『福』」だったら「あげません。

悲しみは分け合って、幸せは独り占め。


« 2018年12月9日 - 2018年12月15日 | トップページ | 2018年12月23日 - 2018年12月29日 »

フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ