« 2018年10月28日 - 2018年11月3日 | トップページ | 2018年11月11日 - 2018年11月17日 »

2018年11月4日 - 2018年11月10日

2018年11月 9日 (金)

「暦(こよみ)」に思う

Img_20181109_0003

来年4月30日で平成が終わり、5月1日から新元号になります。まだ、新元号は決まっていません。

大分県民手帳の「5月1日」の所に「平成5月1日」としてあったそうです。これ、回収してシールを貼るそうです。大分県下6市町の「市町民手帳」にも誤りがあったそうです。

早く知っていれば、不謹慎ながら、買い占めて「幻の手帳」としてオークションにだして、小遣い稼ぎでもしたのですが・・・

で、長崎の県民手帳をみたら、最初の行事予定表が「西暦」。

Img_20181109_0002

中の月間予定表は、西暦も元号も無し。もっとも、新しい元号は決まってないので、書きようがありませんが・・・

Img_20181109_0004_2

で、これを見ながら考えました。

西暦645年、1573年、1688年、1865年、1868年、1926年。さて、元号は何でしょう?

645年は「大化」。といえば、大化の改新。
1573年は「天正」、天正少年遺欧少年使節、当地、千々石で生まれた「千々石ミゲル」が使節の一人として、西欧の地を踏みました。
1688年は「元禄」。元禄と言えば元禄文化。華やかな時代。
1865年は「慶応」。江戸時代最後の年号。
1868年は「明治」。「降る雪や明治は遠くなりにけり」
1926年は「昭和」。今や「昭和ロマン」という言葉が流行り、レコードなども復活していますが、私たち昭和生まれでレコードを扱うとき、師匠(オーディオの)から、「ひげ」を付けるな、とよく言われましたが、若い方「ひげ」って分かるかな?

以上、年号は始期をあげましたが、私、西洋史をとったので、間違っているかもしれませんが・・・

さて、645年とか1467年と1573年とかいってもピンと来ないと思います。これは、数字です。元禄、慶応、明治などというと、なんとなく、その時代の歴史、文化の雰囲気を感じられます。

現在、元号より西暦を使おうという方、また、色々な所で西暦を使う事が多くなりました。が、ですね、645とか1467とか言うのは単なる数字です。繰り返しますが、元号は単なる数字ではなく、歴史、文化です。

高石ともやさんの歌に「ネイムズ」という歌があり、エイズにかかった方の事を歌った歌ですが、その一節に

君の命を数で数えないよ
名前で呼ぶんだ
同じ時代を生きた者同士

というのがありますが、人間の命も、エイズで何人死んだと言う単なる数字でなく名前で、また、年号も、単なる西暦の数字でなく、元号でよびたいと思うものです。

というと、外国が西暦だから国際社会遅れると言う方がいますが、それはそれで否定はしませんが、日本人として、自国の歴史、文化については元号を思いながら、しっかり味わってもらいたいと思います。

2018年11月 5日 (月)

「東京」だよ~

Img_4375

東京へ来たのは、10年ぶりくらいだったかな?

今回は学生時代、仲良かった同士が古希を迎えたので、集まってみようかということで、2,3日ゆっくりしようと思ったら、地元で用事ができ、3日昼頃の飛行機で飛んで、次の日、又、昼頃の飛行機でトンボ帰り。

スカイツリーにも行かず、ディズニーランドにも行かず、お台場にも行かず、楽しみにしていたメイドカフェーにも行かず、銀座のクラブにも行かず、ただ、飛行機に乗って、虎屋の羊羹を土産に買って、品川のホテルから会場の新宿まで電車に乗って、10年ぶりに仲間に会っただけでしたが、昔の話やら、現状などを話しましたが、やはり楽しく、古希とはいえど、皆さん意外と元気で一安心。

私が泊まった部屋が10階。宿泊客が多かったものの、ほとんど外国語ばかり。
ただただ、地震が起こらないことを祈るだけでした。

ホテルの近くに「高山稲荷神社」とやらがあって、神社とみれば入りたがるのが悪い癖で、灯明に「鳶頭」の文字、良いですね。こちらには、鳶頭はいません。

Img_4388 Img_4385

飾り提灯を見ると「長友啓典」さんの名前。今は亡くなられた、かの有名なグラフィックデザイナー。もっとも、同姓の方もおられるので、本人かどうかは分かりませんが。

Img_4389 Img_4390

品川駅に行ったら、若い子がスマホで上を向いて写真を撮っているので、見たら下の大型ポスターで、これ、なんでしょう?千々石には無いので、分かりません。

Img_4398_2

で、困ったのが駅の改札口、ほとんどがICカード利用ばかり。切符用の改札口はどこだ?

Img_4393 Img_4394

はやり東京の方ですね。エレベーターでは皆さん左側。たしか、エレベーター会社だったか、片方に乗ると加重が片方に偏るので止めて!と言っていたような。
飛行場の動く歩道ですが、皆さん、これに乗って歩くか走ってますね。黙っていても進めるのに。

Img_4400_2 Img_4412

羽田空港の隅っこの方に、各地の名産の自動販売機。くまもん、東京までご出張。「まじめなジュース」ですね、今度取り寄せましょう。

Img_4408 Img_4413

行きがANA、で、帰りの切符をみたら、「ソラシドエア」。受付が分からなかったので、案内所であせくって「ドレミファエアはどこ?」。一番奥ににあり、ガランとして、右がANNの受付ですが、なんとなく、大丈夫か?という感じ。

Img_4409 Img_4410

と思っていたら、ANNとの「共同運行便」でした。待合室にポールみたいな物があると思ったら、スマホなどの電源ですね。長崎空港にはありませんでした。

Img_4421_2 Img_4415

東京は、もうオリンピックの前宣伝。

Img_4420

さて、今回は地元の用事があったので、トンボ帰りでしたが、この次は35歳以下の美女、話して楽しい方と行くことに。今から探すつもりですが・・・いるかな?



« 2018年10月28日 - 2018年11月3日 | トップページ | 2018年11月11日 - 2018年11月17日 »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ