« 2018年5月20日 - 2018年5月26日 | トップページ | 2018年6月3日 - 2018年6月9日 »

2018年5月27日 - 2018年6月2日

2018年6月 2日 (土)

まだまだ続くよ「肥前狛犬さん」捜し

Dsc_0270_4

「肥前狛犬」さん。飽きずに捜しています。おかげで何カ所か見つけました。
「肥前狛犬」については、場所を書かないのが、お約束になっているので、残念ながら今回も明らかにはできません。

こちらの肥前狛さんは社殿のなかにあるためか、ほとんど崩れていませんでした。足の間が彫られていないので、比較的初期のものか?

左は口を閉じ、右は歯を剥いていますから、「阿」と「吽」がハッキリと分かります。


Dsc_0869 Dsc_0866

こちらの神社は贅沢にも、2対4体ありましたが、少し高いところにあり、登れなくなってなっているので、下から写真を撮りました。

置き方を見ると、場所がなく無理に置いたみたいで、拝殿は新しく見えたので、多分拝殿の所にあったのを、こちらに移したのかな、と思います。

「阿」「吽」が左右逆ですね。


Dsc_0858_2 Dsc_0852_2

真ん中の2体の狛犬さん、これが、可愛くて子犬さんみたいでした。

関心したのが、拝殿の木鼻が狛犬になっていて、口の中に「玉」をくわえていて、良い仕事してますね。これを見たのは千々石の「宗像神社(弁天さん)」だけだったのですが、思わぬ所で良い物を見ました。

Dsc_0851_2 Dsc_0864_2

こちらは、某市の少し有名神社にありました。昼ご飯を食べて、外へでたら神社があったので、ふらっと寄って見たら、ビックリしました。これも、足の間が彫ってないので古い物か?

Img_1755 Img_1766

神社は市内地にあり、道路の拡張などで、これらの石仏が、この神社に置かれるようになったのでしょうが、右の石仏さん、2匹の蛇が絡み合っていますが、なんとなくエロっぽいナ。

Img_1770 Img_1771

さて、悩みますね、正月少し過ぎたころ見つけました。ただの石塊なら、しめ縄なんかしないじゃないですか。ですから、単なる石塊では無いことはハッキリしています。

それも2体。肥前狛犬は小型です。で、良く見ると何となく造った感じ。ということで、「肥前狛犬」さんに決定。

Dsc_0283_2 Dsc_0284_4

あと何カ所か情報を掴みましたから、まだまだ「肥前狛犬さん」捜しが続きます。




2018年6月 1日 (金)

梅雨だよ、「週刊ポスト」「週刊現代」だよ

Img_20180601_0001_2 Img_20180601_0002_2

6月になり、梅雨の季節になりました。

最近、新聞を読んでも、TVニュースを見ても不愉快なことばかりで、体調も下り坂。ということで、元気をだして「梅雨だよ、『週間ポスト』『週間現代』だよ」

■「官邸、激震!自民党員の『㊙世論調査』が衝撃の結果に」

世論調査では、安倍内閣の支持率は横ばいみたいですが、安倍政権の「身内」の調査では、まったく別な結果が出たそうです。

話、変わって、最近、某県(長崎県)の某(加藤代議士)が「結婚披露宴出席時に『3人以上産み育てて』」と言ったそうで、(先日、東京で)、一回は確か発言を撤回したと思いましたが、また、同じ事を地元で言ったそうです。「ウンチと言葉は一回出したら元には戻せない」という、古人の言葉を知らないんですかね。

で、本日の長崎新聞によれば「自民党県連女性局の定例会役員会」で、「加藤寛衆議院議員の発言に関して意見を交わした。出席者は人口減少を踏まえた発言だとして理解を示し、批判はほとんどなかったという。」と言うことだそうですが。

江県議は「会長個人を批判したいわけではなく不妊に悩む人がいることも踏まえ、議員として発言した」ということで、会合に出席した女性党員は「・・・・発言した(某加藤議員か?)相手の立場に立った気持ちになれば丸く進むのでは」と話したそうです。

問題は「某(加藤議員)」が自民党県連の会長だと言うこと。上の発言を見たとおり、忖度したことはアリアリ。

で、「発言した相手(某加藤代議士の事か?)の気持ちになれば」ですか?でしたら、言われた「不妊に悩む人」の立場はどうなるんですか?不妊に悩む方が「少子化」だの「子どもを三人持て」といわれ、どれだけストレスを感じているのか、全然分かってらっしゃらない。

まったく、これだから長崎県はいつまでたっても、発展途上県(昔で言えば後進県)。

■「キャリア官僚『7月人事』を読む」
■「安倍VS麻生VS管VS霞が関 次期財務次官『決めるのは俺だ!』」

銀座のクラブに通っていた頃(接待で)、ママに聞くと読んでいる新聞が日経新聞。で、読むところが「人事欄」。昇進した人が来たとき「あ~ら、ご昇進おめでとうございます」と言われれば、誰だって、デ~レ~ってなるじゃありませんか。

記録は廃棄したとか、刑事訴追があるから答弁できない、といった佐川某氏が不起訴だとか。あれだけ期待された検察は、なにやっているんですか?またもや忖度か。

でも良いですね。一般人が同じように、税金逃れに記憶に無いとか、書類は廃棄した、といって不起訴になるんですか?日本において、立法、行政、司法の信頼は地に落ちました。税金収めたくないですね。

この間、「介護保険料更正通知書」というのが来て、改正前保険料が13,900円、改正後保険料が16,400円。2,500円の値上げで、6月、7月分が書いてありましたが、「計」の所「差引増減額 5,000」だって、「減」はいらないんじゃない?「差引増額」ですよ。

ということで、話を元に戻して、クラブのママに「あ~ら、ご昇進おめでとうございます」っていわれる官僚は誰でしょう。

■「65過ぎたら 趣味でちょっと稼ぐ」

定年したら、年金以外(気の利いた方は株や投資で儲けますが)収入は無し。で、趣味を生かしてと言うことで、「日本酒学講師★1万円前後」「自然ガイド・山岳ガイド★1万円~2万円」「就職支援ナビゲーター★月額24万円~29万円」

変わったところで「魚を釣って売る★5000円~1万円程度」「聖歌隊★0~8000円」「囲碁・将棋教室★時給900円程度」「賞状の代筆★一枚120円前後」「美術館案内★時給900円前後」と、その道の趣味を持たない方には無理でしょうが・・・・ところで「ヌード・モデル」が無いんですね。ワタクシ、いつでも脱ぐ準備はしているのですが・・・・


■「『印』にまつわる豆知識」

会社つとめをしたとき、印鑑の押し方については、厳しく言われたことがあります。
記事の中で「実印」「認印」「三文判」「銀行印」捨印」「割印」の事がかいてありますが、「訂正印」というのもあるのですが。

今、役所の方もシャチハタスタンプを使っていますが、印を押すということは、自分の責任で書類を読んで、内容がこれで良いとの確認になり、内容に異議があるときは押印しません。シャチハタスタンプなんて安い物は使うものではありません。私ですか?象牙の印鑑を使っていたら、他人が落としてパー。で、チタンの印鑑を作りました。高かったけど、落としても、叩きつけても無事でした。ただ、朱肉がのりが悪くて・・・・


記事の中でもう一つ、「・・・江戸時代も朱印の使用は武士以上の身分の高い者のみに許され、庶民は黒印を用いている。」、朱印は身分は低くても、画家、書家なども使っておりました。物を書くときはよく調べてネ。

■「妻が認知症かも・・・・夫が『1年以内』にやっておくこと」

今、高齢者二人暮らしの家が増えてきています。ウチもそうですが、両方とも一緒に認知症になることを恐れています。冗談事ではないので、夫婦で一緒に考えておきましょう。

■「10年前の歯科治療があなたの体を蝕んでいる」

■「歯医者を疑え!」

最近、「腸」と「歯のケアー」が、健康に大事だといわれてきました。特に歳をとると歯周病なんかが出やすくなり、他の病気を引き起こすことがあるそうです。お医者さんも、ピンからキリまでで、いろいろ噂は聞きますが、当たっているところもあり、はずれているところもあり、自分で判断を、と言っても難しいのですが・・・

■「民放デビュー有働由美子の『ブランド戦略』教訓はNHKの”しくじり先輩”」

「あさイチ」、有働さんとイノッチが抜けてどうなるかと思っていたら、後を継いだ皆さん意外と頑張って楽しんでいます。

有働さんも民間放送で頑張っているみたいで、NHKにも出演するとか。今後の活動を楽しみにしていますが、阿川佐和子さんみたいに結婚して、ワタシを裏切らないように祈っています。





[

2018年5月30日 (水)

「島原駅にて」&「ランパス」使ってお昼ご飯~島原市にて

Img_3824

「島原駅」の駅長さんが替わったとかで、見にいったら立派な駅長さん。名前は「さっちゃん」。

正面から見た顔もカワユイですね。お姿を拝観するだけで、恋愛成就、筋力じゃなく金力アップの効果ありです。

Img_3775 Img_3816

隣の売店に入ったら、島鉄グッズにが並んでいて、「島原詩本」、これ「シフォンケーキ」ですね。「島原半島ドローンカップ」って何でしょう。

島商×島鉄の「カボチャのメロンパン」で「ぷきんばん」。カボチャがパンプキンだから「ぷきんぱん」かな?

Img_3825

Img_3826 Img_3840

ということで、島原鉄道さんには、お世話になったことがあるので、「島原鉄道1号機関車かすてら」も買ってきました。

Img_3831

島原鉄道が第1号機関車を鉄道省に返還したとき、当時の植木社長がこの機関車に感謝を込めた「惜別感無量」のプレート。この汽車は鉄道博物館展示され、プレートも取り付けられているそうです。国の重要文化財です。

Img_3835 Img_3846

さて、ですね。昨日「ランチパスポート」を買っていて、島原方面も載っており、ちょうど今日が病院の定期検診日。病院のすぐそばが島原駅、ランパスを見たら、島原駅のすぐそばに「島原むすびす」というお店があるじゃありませんか。

Img_20180530_0002

「島原むすびすプレートランチ」。身体に良いというネバネバオクラ、納豆、山芋などが入ったソーメンと、少しピリ辛のタレがかかった、肉おにぎり。おにぎりは、熱々に焼いた鉄板のフライパンに入って、ジュージュー音がたって、美味しそう。焼けた醤油だれの匂いが食欲をそそります。若い方にはすこし少ないかなとは思いますが、足りなかったら、おにぎりが売ってありますから、買って食べればOK。

ただですね、ワタシが失敗をして矢印はソーメンのタレなのですが、お茶と間違って、ガブリ。

Img_3799

お店は島原駅(左の建物)のすぐ裏で、一軒家と思ったらビルのなか。近くまで行くと、焼きおにぎりの匂いがプンプンするのですが、お店が分からない、「匂いばかりで姿が見えず、ホンにお前は屁のような」という感じ。
お店の方と話をしていると、やはり、お店が分からなく素通りする方もいるとか。

Img_3812 Img_3809

お店は小ぶりですが、なかなか明るく良い感じ。入り口のこれは、何でしょう?

Img_3794 Img_3804

おにぎり各種、見ていると買って帰る人、お店で食べる人それぞれでした。サラダバーは各野菜がそろって、詰め放題で250円。

ランパスを使うと、「プレートランチ」は800円が540円。ランパスが1000円ですから、4,5軒回れば元は取れます。有効期限8月25日まで。もちろん今年のです。

Img_3788 Img_3789

ということで、店員さんが若くてカワユくて対応が良かったので、少しほめすぎたかな ( ̄ー ̄)ニヤリ。




2018年5月28日 (月)

「道歌入門」~岡本彰夫

Img_20180528_0001

著者は元春日大社権宮司。

「道歌」というのは、耳にしたことが無く、前書きを読むと「・・・この種の道徳的和歌を『道歌』と呼んでいることも後年知り得ました。」と書いてあるので、抹香臭い話かなと思いはしたのですが、パラッとめくったところ・・・「さけのみが/酒にのまるる/世の習ひ/のまれぬように/飲むが酒のみ」・・・・など書いてあり、読んで見たら、面白いのやら、身につまされるのやら、人生訓として心に沁みるのやらで、一気読みしましたが、各々の和歌に説明が載せてあり、これが本当は役にたつのですが、長くなるので、少しばかり和歌の紹介と私の感想と。

■「親を捨て/妻すて金も/すてつくし/はては女に/すてらるるかな」(林田雲梯・出典不詳)

ワタシの場合は「女」ではなく、「カミサン」ですが。

■「としを経て/うき世の橋を/見かえれば/さてもあやうく/わたりつるかな」(作者不詳『鳩翁道話』)

確かに、この歳で振り返ればあの時はヤバかったな、と思うことがありますね。皆さんも同様でしょうが。

■「なにひとつ/とどまる物も/ない中に/ただ苦しみを/とめて苦しむ」(作者不詳『松翁道話』)

世の中、川の流れと同じで、とどまる物はないもの。苦しみだけを、とめて苦しむ、ですね。心の持ちようなのですが。

■「知らぬ道/知ったふりして/迷ふより/聞いて行くのが/ほんの近道」(作者・出典不詳)

「先達はあらまほしき事」と言ったのは、吉田兼好だったか。ただ、人生において、何でも先輩にイージーに聞くのは、よした方が良いと思うのですが、迷って、苦しむのも、将来の自分の力になります。

■「恩をして/恩きせがほに/奢りなば/恩にはならで/恨みとぞなる」(作者・出典不詳)
■「知りたるも/しらぬ顔なる/人ぞよき/物知り顔は/見ても見苦し」(作者不明『西明寺殿百首和歌』)

もうすぐ6月、新入社員の研修が終わり、各部署に配置されると思いますが、先輩方は上の言葉を心にとめて・・・

■「火の車/作る大工は/なけれども/己がつくりて/己が乗りゆく」(作者・出典不詳)

「因果応報」という言葉もあります。

■「世の中の/人は何とも/云へばいへ/我がなすことは/我のみぞしる」(坂本龍馬・出典不明)

ご存じ「坂本龍馬」がいった言葉で、「福島正治」さんが言ったのではありません。

■「手を打てば/鯉は餌(え)と聞き/鳥は逃げ/女中は茶と聞く/猿沢の池」(作者・出典不明)

「猿沢池」は奈良の興福寺の旧境内にあるそうです。
言われてみれば、手を打った音でもいろいろな聞き方があるもので、人の言葉も取り方が様々なので、注意しましょう。

■「長命は/粗食/正直/日湯/陀羅尼/おりおり御下風/あそばさるべし」(作者・出典不詳)

「日湯」は風呂に入ること。「陀羅尼」はお経を読むこと、「下風」は屁をこくこと。現代は、ストレスの多い世の中、と思ったら、意外に昔もストレスが多かったのかな?

■「人間は/耳が二つに/口一つ/多くも聞いて/少し言ふため」(作者・出典不詳)

「無くて七癖」で、自分には気がつかないことが多く、もう一度自分を振り返りましょう。最近は、自分の意見ばかり言う方が多くて・・・

■「骨かくす/皮には誰も/迷ひけむ/美人といふも/皮のわざなり」(蜷川親当『一休和尚伝』)

美人もイケメンも皮を剥ぐと、同じ白骨なのですが、ということは分かっているのですが、我々、俗人はですね、皮を見るばかりで。



« 2018年5月20日 - 2018年5月26日 | トップページ | 2018年6月3日 - 2018年6月9日 »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ