« 2018年4月29日 - 2018年5月5日 | トップページ | 2018年5月13日 - 2018年5月19日 »

2018年5月6日 - 2018年5月12日

2018年5月12日 (土)

「お・て・も・と」~古文書へのお誘い

Dsc_0113

お箸ですね。

古文書を習い始めて一年、未だもって全然読めません。もっとも、予習、復習していないから、当たり前ですが。

さて、先日、食堂に入ったところ、上のようなお箸がでてきました。字を見てあれ?と思いました。良く見ると、下の写真。くずし字ですね。

一番上から「御」、次が「手」、次が少し難しく「茂」、ここまでは分かると思いますが、最後の文字「登」のくずし文字です。「登」と書いて、「『のぼ』る」。または「『登』山」の「登」で、「と」。この場合は「と」。

続けて読めば「お・て・も・と」。「お手元」、「お箸」のことです。で、なぜ「お箸」が「お手元」なのか、調べると。辞書にもハッキリ書いてありません。

最終手段でネットで「箸」を調べると、諸説あってハッキリはしません。

「お手元」は、「三省堂大辞林」に「〔食膳の手前にあることからいう〕料理屋で、箸(はし)」と言うことで、考えれば、たしかに料理が出てきたとき、一番手前(手元)にありますね。

なお、ネットで調べると、「皓星社」より「隠語大辞典」というのがあり、その中で「花柳界にて箸のことをいふ。箸は端に音が通じて縁起が悪いから、かついでお手元といつたものである」ということで、何となく納得。

さて、古文書を読むと当て字が多く、「阿そび=あそび」、以前書いた「村なく(ムラなく)」とか色々ありますが、「三くだり半からはじめる古文書入門~高木侃著」によれば「江戸時代の『ひらがな』は、同じ『ひらがな』でも1つの形だけとは決まっておらず、複数の形があったのです。『あいうえお、かきくけこ・・・・』といった50音が現在の形に決まったのは、明治33年(1900)のことでした。」

ということで、「阿そび」などと書けば、明治33年以前は○でしたが、明治33年以降は×になります。「お手元」も、今の試験で、「御手茂登」と書けば×になります。

Dsc_0115

皆さんの回りにも、良く見ると、古文書に通じる「くずし文字」が見つかるかもしれませんよ。最も「夜露死苦」はありませんが。



2018年5月11日 (金)

「雲仙のツツジ」~雲仙市雲仙


2

TV、新聞などで雲仙の仁田峠のツツジが満開だということで、出かけてみました。

入り口の管理人さんに聞いてみると、仁田峠は今日が満開だとか。で、あと段々山の上の方へツツジが咲いていくだろうということでした。

途中の展望台から火砕流の跡をみると、緑がだんだん増えていますが、雨で削られた跡が、生々しく見られました。土石流にならなければ良いのですが。


Dsc_0122 Dsc_0124

仁田峠に着いたら本当に満開。というより、十一分咲きですね。十分咲きより少し進んだ感じ。記念写真は老人クラブの方か?

Dsc_0028 Dsc_0176

後ろから声をかけられまして、「写真撮ってくんない?」。撮ってはあげましたが、どちらかというと、妙齢の美人の方がいいな。

Img_4206_2

左の写真。ここから妙見岳に上れます。ロープウェイに乗ればお金を取られますが、こちらから登るとロハですが、かなり辛い。昔は、平気で登っていたのですが、歳ですね。

Dsc_0183 Img_4194

帰りがけ、池の原園地と宝原(ほうばる)つつじ園へと。

下が池の原園地、仁田峠とは数百㍍の高度差ですが、ツツジは枯れかけ。向こうに見える山は「矢岳」、数十年前登たことがありましたが・・・

Dsc_0212

宝原つつじ公園、ここのツツジも池の原公園と同じ感じでしたが、お弁当を広げる所があるので、車がどんどん来ていました。老人クラブの方かな、楽しそうに宴会中。

Dsc_0227 Img_4214

帰りがけ旅館街を通りましたが、「富貴屋」さんと「東洋館」さん、大きな旅館でしたが倒産しました。他の会社が運営をするとか。小浜温泉でも、旅館が潰れています。今後が心配な雲仙市です。

Dsc_0238 Dsc_0240

昔は左の写真、○印の所から「稚児落としの滝」に行けたのですが、道路拡張工事のため、通行止め。数年前一回行ったのですが、絵はがきがあったので載せておきます。

Dsc_0249 Img_20180511_0001

ということで、家に戻ってきたのがジャスト十二時。ツツジはまだ少し続きそうですが、日曜日に雨がくるようなので、行くなら明日でしょう。



2018年5月10日 (木)

連休明けの「週刊ポスト」「週刊現代」



Img_20180510_0001 Img_20180510_0002

「連休明けの『週刊ポスト』『週刊現代』」ですが、連休で休みすぎで、何となく迫力がある記事が無いですね。連休前に書いた記事かな?

■「緊急シュミレーション6月解散総選挙 勝つのは新アベかそれとも反アベか」
■「解散も安倍3選もすべてぶっ潰す!?落日の財務省『医療費倍増』発表の嫌がらせ」

昔の合戦を読んで見ると、敵より味方に裏切られる事が多いようで、安倍内閣内にも、反勢力が増えてきたみたいですが、昔の「バカヤロー解散」になる恐れも、あるかもですね。

落日の「財務省」ですが、「どうせ処分されるなら安倍政権に不人気政策をやらせて道連れにしてしまえ」と言うことで、「『高齢者の医療費を2倍にする』との方針を打ち出した」と言うことだそうですが、財務省の「自爆テロ」に国民を巻き込むのはメチャクチャ。

■「所得・学力・犯罪率・寿命・・・あなたの町の『偏差値』」

「偏差値」って、ヤな言葉ですね。思わず受験を思い出します。
都道府県別のランキングはたくさんあるが、町ごとの比較データーは無いということで、検証したそうです。

市単位での比較がしてあり、「金持ちランキング」「文化度ランキング」「犯罪率ランキング」「長生きランキング」「最終発表!都市の偏差値ランキング」とありますが、我が「雲仙市」は(もちろん)載ってありません。

これですね、逆ランキングで、下位からから載せたら良いんじゃないかと思います。少なくとも下位の都市でランキングされた所の市長さんが、「これじゃいかん!」と頑張るんじゃないかと思うのですが。我が市もですが・・・・

■「金正恩とトランプに『ノーベル平和賞』の悪夢」

冗談も、およしになってよ、ですが。
文学賞も今年は取りやめになりました。こんな噂が流れるなら、「平和賞」も取りやめにした方が良いとは思うのですが・・・・ホント「悪夢」。

■「中学生3年・清宮弟は『センスの塊』」

どうせ、この子も大リーグに行くのでしょうが・・・張本氏も言っているとおり、大リーグの質も落ちました。
テレビで見ていると、ベンチで唾は吐くわ、ガムは吐き捨てるわで、どうして、大リーグに行きたがるのでしょう?もはや、アメリカンドリームがある国では無いと思うのですが。

敗戦後プロレスが流行って、敗戦国日本のレスラーが、勝戦国アメリカのレスラーを投げ飛ばすのを、皆喜んで見ていましたが、なんとなく同じ精神構造を感じます。

■「60過ぎたら害の方が多い『日用品』」

歳をとったら、加齢臭、口臭などが気になり、いろんな物に頼りがちですが、「メーカーは日用品に含まれる成分がどれだけ有効かということは実証しますが、マイナスの要素についてはきちんと検査しているかどうかはわからない。・・」ということで・・・

「歯磨き粉」「マウスウッシュ」「制汗剤」「ハンドクリーム」「化粧水」「ウェットティッシュ」「携帯消毒液」「消臭スプレー」「虫よけスプレー」「防虫剤」「シャンプー」等々、「気を付ける化学物質と商品名」「現れる症状」が書いてあるので、気になる方は一読を。

といっても、「60過ぎたら」ではなく、若い方の方が、汗、匂いなどを気にしている人が多いみたいな気がするのですが。

昔は、お菓子を落としても土を払って食べていたのですが、今や若いお母さんは捨ててしまいますね。それはそれとして、良いのですが、あまりにも過潔癖症にみえるのですが。

■「大流行の健康法20 名医が『医学的効果』を格付けした」

今や、「健康法」だらけで、どれを実践したら良いか迷いますが、載せてある健康法で、効果が大いにあると書いてあるのを紹介すると。

「かかと落とし~低リスクの国民病予防法」「ゴマ酢~調味料としては優秀」「朝トマトジュース~『無塩』『常温ならOK』」「タマネギ健康法~水にさらすのはほどほどに」「食前のキャベツ~血糖上昇の抑制はホント」「レコーディングダイエット~『点検』する意識はある」。次点に「ノーパン健康法~意外にも医学的根拠あり」と言うことで、暖かくなったので、また、再開します。

■「『はじめてのED薬』安心買い方ガイド」

「人目を気にせず入れる立地で院内スタッフは男性のみ」という病院もあるそうです。

EDクリニックは自由診(保険適応外)なので、「保険証の提示は『必要なし』問診票は”飲んでいる薬”を記入する」。

「プライベートな質問はされません『10分』で自分に合った薬選びが完了!」で、「アナタのお相手は?」、などとは聞かれません。

「診療は無料で支払いは薬代だけ 一度に何錠でも受け取れる」。

ということで、病院に行こうか、どうしようかと、お悩みの方は気軽に病院へ。

■袋とじ付録ですが

懐かしき「ビニ本黄金時代」。
長崎にも以前、ビニ本のお店ありました。良くいったものです。

ビニ本、知らない?あの手の本が立ち読みできないように、ビニールに入れてある本。中の写真は、あの部分は写ってなかったり、黒塗りで、今のインターネットのように、なんでも有りではなかったものの、昔の方が○ロっぽかったナ。



2018年5月 8日 (火)

「2×3≠3×2」?~超算数


Img_20180508_0001 Img_20180508_0002

「ビッグコミックオリジナル」。私の愛読書で、「深夜食堂」、第1回から、これいいな、と思ってたら映画までなってしまいました。「黄金流星群」、私にも、このような出来事があればと、淡い期待を持っているのですが。「ハマちゃん」、昔の無責任男などを思い出します。「風の大地」、ゴルフをやっている方に聞いたら、読んでる方、多いですね。他、いろいろありますが、今日は、栗原裕一郎氏のコラム「『超算数』をご存じだろうか」です。

文が長いので、少し省略して書くと。

「ウサギが3羽います。ウサギの耳は2つずつあります。耳は全部でいくつでしょう。式はどうなりますか?」

「3×2=6」は間違い、「2×3=6」が正解。

先生曰く、「『3×2だと、耳が3本生えたウサギが2羽、ということになるよ』といい異形のウサギの絵を見せたと、ある」、と、これ、2011年1月17日付けの「朝日新聞」に記事が載ったそうです。

要するに、「『掛け算には順序があり、入れ替わると意味が変わってしまう』というのがこの授業の主旨であり、掛け算の交換法則は否定されてしまう。」ということです。

ですから、2×3=6が正解で、3×2=6は間違い。なんか、国語と数学の解釈の違いみたいで、「数学」なら、2×3=3×2、でも良いような気がするのですが。

なお、この「掛け算の順序」の問題は1950年に登場。マスコミが「掛け算の順序」問題を取り上げたのは1972年だそうです。

なお、「超算数」については、「小学算数には『掛け算の順序』のほかにも謎の決まりがいくつもあり、子どもたちに強要されている。『超算数』とは、小学算数に蔓延する奇妙なローカル・ルール全般を指した言葉なのだ。」そうです。なお、超算数については、ネットでも論議をされているそうで、興味のある方はググって下さい。

なお、わたしも「「小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 数学編 文部科学省」を読んで見ましたが、これが何とも難しく、「算数編」だけでも400頁、これに「国語」「社会」「理科」等々、まして「英語」が加わります。この「指導要領」を先生方が全部目を通して、チェックして、指導方法を考えていると、子どもと遊ぶ時間なんて無いじゃありませんか。

子どもを育てるには、子どもと遊ぶのが一番。私たちのころは、雪が降ると授業は中止で、先生と一緒に、山に登って遊んでいたのですが・・・ですから、私みたいに、立派な人間ができたのです。

栗原さんは、子どもができたばかりで、「自分の性格からすると絶対学校と揉めるなあ・・・」と書いていますが、皆さんも機会があったら、「学習指導要領」を読んで見て下さい、生半可なものじゃないですよ。狂います。

ですから、子どもが「3×2=6」と答案に書いて×を、貰ってきても、学校とは揉めないように。学校の味方をするわけじゃありませんが、「学習指導要領」はひどいですよ。日本の教育は、段々ダメのなるのじゃないかなと感じた次第です。



2018年5月 7日 (月)

「うぬうねど けんどわだれば ひがれるろ」?

Img_20180506_0001 Img_20180506_0002

時々、通販を利用すると案内のパンフレットが来るときがあり、昨日、青森のお店屋さんから、パンフレットに、「便り」が入っており、読むともなしに読んでみると、「うぬうぬど けんどわだれば ひかれるど」という文字が目に入り、はて?と続けてよんでみると・・・・

青森県には「津軽弁」「南部弁」「下北弁」があるそうですが、広前近郊の道路で、この言葉を書いた標語を見かけたそうです。

標語のため「注意を促すものだから馴染みの方が効果的!」と言うことで、このような方言の標語を書いたそうですが、お近くの人には分かっても、長崎から行った人には分かりませんよね。

標語は、「慌てて道路を渡るとひかれるよ」と言うことだそうです。

他にも。

「赤信号いとまが止まれ ばやめぐな」
道路掲示板には、「急がばまいねよ」
工事中では、「めやぐ かけます」

と書いてあるそうで、「赤信号いとまが止まれ ばやめぐな」は「赤信号 一旦止まれ。ウロウロしちゃダメだよ」

「急がばまいねよ」は「急いだらダメだよ」

「めやぐ かけます」は「迷惑かけます」

なお、

「鴨かもるな」と言うのもあるそうで、だじゃれでは無く「鴨に触らないで」と言うことだそうです。

長崎にも、看板は多いですが、こんな看板なら楽しいですね。

方言は、自分では通じると思っても、他地方の方にはなかなか通じないもの。私も東京に出た当初は、長崎弁が通じなくて・・・・



« 2018年4月29日 - 2018年5月5日 | トップページ | 2018年5月13日 - 2018年5月19日 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ