« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年3月11日 - 2018年3月17日 »

2018年3月4日 - 2018年3月10日

2018年3月10日 (土)

「詩都長崎」★田川憲・手摺版画ハガキ

Img_20180310_0001

たまたま、長崎が生んだ田川憲氏の手摺り版画のハガキを入手しました。古びた袋に3枚の作品が入っていました。

長崎と言えば昔は良く歌謡曲に歌われ、長崎に関する歌を歌えば、ヒットすると言われた時代がありました。

長崎エレジー、長崎から船に乗って、長崎小夜曲、長崎の雨、長崎の鐘、長崎のザボン売り、長崎の蝶々さん、長崎の女(ひと)、長崎の夜はむらさき、長崎ブルース、長崎は今日は雨だった等々。まさに、「詩都長崎」です。

上の版画は、ご存じ眼鏡橋。

Dsc_0174

長崎の出島方面はここ数年行っていません。今、出島の復元ができたようですが、確か昔は出島の境界線が分からなく(出島付近は完全に埋め立てられています)随分調査をしたようでした。

Img_20180310_0002_2

実は、長崎県美術館の所蔵品で上の版画の大きいのがあるのですが、それには、「ピナテールと長崎」という題が付いているのですが、説明の最後に、(田川憲『長崎・東山手十二番館』形象社、1973年)とあるのですが、上の版画には「DEJIMA(注:出島)」と書いてあるので、多分、長崎県美術館の誤りだと思います。県美の作品も良く見ると下の方に「DEJIMA」と書いてありました。

一応、GoogleEarthでみたら出島に下のようなところが出てきたので、間違いないと思います。
 


Photo_3

昔、長崎で贈答品といえば「カステラ」多かった記憶があり、「カステラ」があると、争って食べていたのですが、今はケーキが主流になってしまいました。何となく寂しい感じです。

ウチの母も、カステラといえば「福砂屋」のものを買っていたのですが。一番上の蝙蝠さんがキャラクター。


Img_20180310_0003

これも、GoogleEarthからの写真ですが、ほとんど昔と変わっていませんね。創業は寛永元年(1624年)となっていますから、394年前ですね。

Photo_2

こちらは、福砂屋さんとライバルの文明堂の商品札かな?顔の所に切れ込みがあり、挟み込むようになっているので、商品の所に置いていたものでしょう。

絵はもちろん、カッパの清水崑さん。長崎出身で、黄桜酒造のキャラクターにも使われていたそうです。


Img_20180310_0004

長崎も軍艦島の文化遺産登録、出島の復元等々、賑やかになりましたが、絵はがきを見ながら、なにか、昔の長崎のシットリとした感じがなくなってきたような感じがします。


2018年3月 9日 (金)

カミサン帰って「週刊ポスト」「週刊現代」

Img_20180308_0001 Img_20180308_0002

明日帰ってくるはずのカミサンが今日帰ってきて、ちょうどポストと現代を広げており、白い目で見られましたが、負けずにしっかり読みました。「カミサン帰って『週刊ポスト』『週刊現代』」です。

■「定年後の『稼ぎ方改革』6つの分かれ道★正解はこれだ」

①元の会社で再雇用か別の会社に再就職か
②失業保険は早くもらうか後でもらうか
③退職金は一括か分割か
④フルタイムで働くかパート勤務にするか
⑤65歳以降も働くかリタイヤするか
⑥自分が働くか妻が働くか

「生涯現役」と安倍首相はいいましたが、本音は「生涯働けると言えば聞こえはいいが、真の狙いは高齢者を死ぬまで馬車馬のように働かせ、年金をカットしつつ、税金を取り立てることにある。」と言うことで、定年前の方、よく考えませう。古人曰く、「気をつけよう、甘い言葉と夜の道」
 
■「厳しくなった確定申告『妻のパート代』を黙っていたら、追徴課税を取られました」

「『これくらいなら大丈夫』そう思っていると、ある日突然、税務署から電話がかかり、確定申告の漏れをつげられるー。税務署がマイナンバーを手にしたいま、もはやこれまでの大雑把なやりかたは通用しない。」

「マイナンバーで『名寄せ』」。マイナンバーのおかげで、すべての所得(奥様のパート、子どものアルバイト等)分かるようになります。だいたい、マイナンバーを国会成立させた政党はどこでしょう。次回は、よく考えて投票を。

「株の儲けもバレる」「馬券のネット口座も危ない」ということです。

■「永田町で話題騒然 新沖縄北方担当相の『温泉ハレンチ写真』」

お~、またすごい写真が載っていますね。もっとも、私も昔は、こんな事はやっていたのですが。自腹ならいいのですが・・・この方「悪質な詐欺話に関与していたとされることだった。」と言うことで、こちらの方が問題ですね。
 
■「ゲートボールはどこへ消えたのか?」

ゲートボールがなぜあんなに流行ったのか。簡単な話で、それまで高齢者のスポーツが無かったからです。体を動かしたいという気持ちは誰でも持っているのです。

その当時、ローンボウルズ、ペタンクなども出てきましたが、結局残ったのはゲートボールばかりでした。

ただ、ゲートボールは、「他人の玉の邪魔をする」ということで、喧嘩、事件などが起き、やる方が少なくなり、最近はグラウンドゴルフが流行ってきました。

現三遊亭円楽師匠はゲートボール歴40年。「ゲートに対して斜め12度の角度からの打球までならゲートを通る。ボールとゲートの形状から計算した先達がいるんです。・・・あとね、ケートボールは自分がゴールすることよりも、いかに相手の邪魔をするかでゲームの趨勢が決まる。」

故・立川談志師匠、曰く「相手の邪魔をして自分たちがいい思いをするとんでもねぇゲームだ」って、名言だね。その後に、「だからオレに向いている」ともね(笑い)

さて、ここで、「邪魔をする」という言葉で、ゲートボールが衰退してきたわけですが、考えると、先日、日本中を沸かした「カーリング」。あれも、ゲートボールと一緒で他のチームの玉を邪魔するわけで、本来は「邪魔」ではなく、相手の手を読む、先の先をいくということで、「戦略」と考えればいいわけで、わざと、相手に1点を取らせ、その後、有利な後攻にまわり2点をとる。どちらも、戦略のゲームです。だた、高齢になると、気が短く、頑固になるのでですね。私もですが・・・・

最近は、団体で何かをするということが少なくなり、個人指向のゲームが多くなりました。言い換えれば、人間関係が煩雑になることが避けられるようになり、個人傾向が多くなってきており、ここにも、個人主体、自分さえ良いならという「悪しき個人主義」が見えるのですが・・・考えすぎかな?
 
■「『減薬』の始め方」

「現代の日本では75歳以上の4割が一ヶ月に5種類以上の薬剤を服用しており、25%は7種類以上というまさに『薬漬け』である」。実をいうと、私も8種類の薬を飲んでおります。

「厚生省のワーキンググループで2月21日、高齢者に適正に医療薬品を使うための初の指針案をまとめた。」そうです。

「薬を止める」のではなく「薬を減らす」。なんとなく、曖昧として分かりにくいようですが、アプローチは「量」「回数」「種類」ということで、「コレステロール薬」「降圧剤」「「糖尿病」の3つについて書いてありますので、該当者でご心配な方は、お読み下さい。

■「『疲れる』とは何か。」

「疲労は脳が発する『体のアラート』」「何をしたわけでもないのに『疲れた』と感じたら」「『立つ』『歩く』『座る』基本動作で疲れない体を作る」「『疲労』にまつわるあれこれ」ということで、最近、「なんか疲れるな」と思われる方、是非、お読み下さい。
 
■「貴乃花&貴ノ岩『秘密決起パーティー』」

今日から、大相撲がはじまりまりました。まだまだ続編があるようですが、「国技」を自覚して、良い試合をして貰いたいものです。

■「あなたの愛犬愛猫が運んでくる怖い病気の”予防法”」

子どもが家から独立し、出て行くと、寂しくなり犬、猫等ペットを飼う高齢者の方が多くなってきたようですが、「犬からうつる『レプトスピラ症』『疥癬』、猫からうつる『Q熱』『パスツレラ病』ほか主治医も獣医も発見できないペットブームの落とし穴」ということで、「キスや添い寝」はしないように、ということです。

■「今年の『阿波おどり』は中止らしい」

ほんとうですか?4億円超の累積赤字らしいのですが、いろいろ内部の確執もあるようですが、これだけ伝統ある「阿波踊り」、中止にはしてもらいたくないと思います。もっとも、私、「泡踊り」には行きましたが、「阿波踊り」には行ったことがないのですが・・・
 
■「何度でも生まれ変わって入りたい会社」

はるやまHD、モンベル、ふくや、銘建工業、とくし丸、エーワン精密、ジャパンキャビアが揚げられ、それぞれ理由が書いてあります。来年度、就活の方はご参考に。

■「人生で最高のセ○○スは64歳になるまで分からない」

え~、今日は昔の働き仲間と話しておりましたが、お互い「○たなく」と。ネットの○ル○をみても見ても、居眠りするばかりで、寂しい限りです。使えるうちに、使っておきましょう。

■ということで、グラビアを見てもあまり感動しなかったので。スルーします。





2018年3月 7日 (水)

「地方伝承文化」について考える



Img_3555_2 Img_3561

最近ボケたのか、買い物行ったら道を間違え、久しぶりに近道をしたら、上の写真のようなところがあり、あれ?こんなのあったっけ、ということで見ると、立派な説明板と標柱。

「字石 鼻穿石(あざいし はなぐりいし)」とあり、何のことだと思って、説明板を読んだら下のような事が書いてありました。長いので、要約すると。

大昔この地が入江であった頃(注:諫早市森山町~雲仙市愛野町、今、自動車で走っている所は大昔は海で、山際まで海になっており、その後ほとんど埋め立てられた土地です)鼻ぐりに小舟を繋いだ等の諸説があるそうです。・・・この石の袂で休息や日よけ、雨宿り、農作時には馬を繋いだりと、地域住民と密接な関係があったそうです。地籍でこの名前(鼻穿石)が、ここの字名になったそうです。ということで、「字石 鼻穿石」ということです。

で、この標柱と説明板、行政か地区で建てたのかと思ったら裏をみたら、個人の方が建てられみたいでした。

この付近はジャガイモで有名な愛野町で、昔は牛馬を使い、牛なども繋いで、みんなで休息時には集まって話などして楽しんでいたのでしょうが、現在はトラックター、植え付けも、収穫も機械を使い段々と現代化され、この「鼻穿石」の意味も分からなくなってしまうので、標柱と説明板を建てられたのでしょう。


Img_3562 Img_3564

この標柱が建てられたのが2017年ですから、昨年の事ですね。
隣には、「招霊木」と書いてあって、まだ、小さな木ですが、大きくなったら、昔のように、日よけ、雨よけ、休息時の集いの場になるのではないかと思いました。


Img_3565 Img_3566

こちらは、千々石の「チン(チヌ)釣り石」で、手前の説明の石碑に史談会からの説明が書いてありますが、カッパさんと、説明の石碑は個人の寄贈です。
「チンつり石」については以前説明しているので→こちらをクリック


Img_3570

千々石から小浜行く道、千々石少年自然の家に行く裏道があります。入り口に「足形石」の標識があり、現場にも「あしがた石」の標識があります。後ろの石が「あしがた石」です。

いわれも書いて無く、郷土史にも載って無く、何の「あしがた石」でしょう?ここらあたりでは、「みそ五郎(味噌五郎)のあしがた石」というのは、あちらこちらあるのですが、その一つとは思いますが・・・


Img_3576 Img_3583

現在、おじちゃん、おばあちゃんとの同居が少なくなり、また、学校の先生の広域人事で、地元育ちの学校の先生が少なくなり、昔話を聞く機会が少なくなりました。昔話を知っている人も超高齢者になり、昔の話を知っている方も減少しています。

世界登録遺産遺産も大事ですが、このような、足下に転がっている話を大事にしていかないと、いつかは、世界登録遺産など観光を目的にした場所だけが残って、地域文化が無くなっていくなと、恥ずかしながら、この歳になってやっと分かってきました。



2018年3月 5日 (月)

「第20回有馬ひょうたん展」~南島原市北有馬町

Dsc_0096

今回で20回目を迎えた「有馬ひょうたん展」です。

え~、もう20回目かと思いました。私が、北有馬に勤務をしている頃、駐在所の巡査さんが、ひょうたんを作るのが趣味で、近所の方に教えていたら、あっという間に習う人が増え、第一回のひょうたん展を開き、それから20年。

Dsc_0027 Dsc_0118

最初は素朴なものが多かったのですが、最近はこの透かし彫りが多くなったようで、これ、根気がいりますよ。

Dsc_0030 Dsc_0034

大ひょうたんに、右のようなものも出ていましたが、ひょうたんの品種か、細工をしたのか、良く分かりません。

Dsc_0108 Dsc_0062

透かし彫りで、左は前にツツジが彫ってあるので、諫早の「眼鏡橋」。右は、多分「島原城」かな?

Dsc_0074 Dsc_0075

小さなひょうたんで作ってありますが、ひょうたんのツルの先に、小さいひょうたんが成るそうです。

Dsc_0103 Dsc_0104

ご近所のケーブルテレビのカメラマン。

Dsc_0105 Dsc_0099

こちらは、芸術派で、竹久夢二、右は黒地に金で優雅な感じ。

Dsc_0043 Dsc_0063

左のひょうたんは、自然に曲がったのか、意図して曲げていったのか?右は、絵心がないと描けません。

Dsc_0097 Dsc_0120

なにやら、ぶら下がって見えますが、全部、小さなひょうたんを使っています。

Dsc_0123 Dsc_0124

で、「全日本愛瓢会」というのがあって、名誉総裁が秋篠宮文仁親王。昨年の展示会が岐阜県で開催され、下の作品は「名誉総裁秋篠宮賞受賞作品」、特に矢印の作品が、「名誉総裁秋篠宮賞 金賞」を取った作品。これ、すごかったですよ。作った方に聞くと半年かかったそうです。

Dsc_0092

この彫っていったところ、審査員の話ではこれ以上小さくは彫れないだろうといわれたそうです。

Dsc_0079

帰りがけ抽選があって、わたしも大当たりで、いただいてきました。この瓢箪に塗料を塗って、乾かして、別の色を塗って又乾かして、これを何色か繰り返し、目の細かい紙やすりで適当なところを削って行くと、下の色が出てきて、右のようになるそうです。

Dsc_0128_3 Dsc_0042

ぶらりとしていれども瓢箪は ひょうげて丸く世間をわたる 身は棚借(たながり)の気散じは 月雪花の酒(ささ)機嫌 内で楽しみ そして又 胸にはしゃんと〆(しめ)くくり



« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年3月11日 - 2018年3月17日 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ