« 「お寺ごはん★青江覚峰著」~作って見ました。 | トップページ | 「悪童(ワルガキ)」小説・寅次郎の告白~山田洋二郎著 »

2018年9月15日 (土)

「『半分、青い。』~意外な結末か?」と「お寺ごはん」。多少の追加。

Img_20180909_0002 Img_20180913_0001

「半分、青い。」の文庫本については、先日書いたばかりですが、なんとなく、文庫本とTVでは結末が違っているような匂いがしてきました。

■この文庫本が出たのが2018年8月3日

■ドラマのクランプアップが8月17日。その後、8月20日に打ち上げパーティー。当然、主役の永野芽郁さん、この本を読んでいるはず。

■2018年8月27日のNEWSポストに以下の記事。(関係あるところだけ抜き書き)

表題が「朝ドラ『半分、青い。』異例の最終回『鉄のカーテン』の裏側」

「打ち上げの3日前17日、朝ドラのクランプアップ。だが、その時NHKによる”鉄のカーテン”が話題になっている。」「朝ドラのクランプアップは報道陣が集められるのが通例ですが、今回は非公開。NHK側は”お盆の週だし、夜も遅いから”と説明しましたが、過去に撮影が深夜に及ぶほど長引いて報道人が『待ち』になった事はいくらでもあった」「その日は最終回の撮影が行われましたが、内容は視聴者にとってサプライズな展開だったようです。放送前にネタバレしまうことを恐れて、非公開にしたといわれています。」

■2018年9月12日のdmenuの記事(ここも抜き書き)

ー最終回に向けて、見どころを。

永野 律とどうなるのか気になりますよねー。お風呂で女子力上げながら台本を読んでいたのですが、びっくりしてお風呂に台本落としました。(笑い)。うぎょぎょ。と思って「やばいこれ」と。衝撃的でした。

さて、私、衝撃的な事件とは○ーコさんが、東北大震災で亡くなるところだと思っていましたが、どうも違っているようで、「『秋風羽織の教え、人生は、半分青い。』の中に、『作者のラストのほうはかなり衝撃です』と書いてあります。「衝撃」は最終回になりそうです。

なお、永野芽郁さんが「お風呂に台本を落としてしまいました。・・・・・衝撃でした。」ということは、既に8月3日に文庫本を読んでいたはずですが。文庫本とはラストが違っていた、ということでしょう。ということを考えると、文庫本とドラマとは違った展開になるのを感じます。

なお、ネタバレが色々ありますが、読んでみると文庫本から拾った話ばかりで、ドラマの方の最終回がどうなるかは、どれにも書いてありません。

さて、クランプアップの撮影が「非公開」とありますが、映画撮影で「非公開」になるのは、大体が、あのシーンの時が多く、ヒョッとしたら、あのシーンかな、とは期待してますが、多分違うだろうな。あと、2週間、どんな最終回が待っているか楽しみです。

「お寺ごはん」について、少しばかり。思い出したので。

「そしょく」には「粗食」と「素食」があります。
「広辞苑」によれば
「粗食」とは「粗末な食事をすること。また、その食物」
「素食」とは「①肉類を加えず野菜だけの食事。②平素の食物」
「平素」とは「つね日ごろ。普段。平常」

以前書きましたが、指揮者 大町陽一郎の奥様が子どもに「今日はレストランに行くよ」と言ったところ、「家で食べたい、だって、お母さんの料理の方がおいしから」といったそうです。

いかに、「つね日ごろ。普段。平常」の食事を手を抜かずに作っていたかが、うかがわれます。皆さんの家だったらどうでしょう?多分、皆さんの子どもたちは、レストランの食事を選ぶと思います。皆さんも「粗食」より「素食」を目指しましょう。



« 「お寺ごはん★青江覚峰著」~作って見ました。 | トップページ | 「悪童(ワルガキ)」小説・寅次郎の告白~山田洋二郎著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/67171671

この記事へのトラックバック一覧です: 「『半分、青い。』~意外な結末か?」と「お寺ごはん」。多少の追加。:

« 「お寺ごはん★青江覚峰著」~作って見ました。 | トップページ | 「悪童(ワルガキ)」小説・寅次郎の告白~山田洋二郎著 »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ