« 「『半分、青い。』~意外な結末か?」と「お寺ごはん」。多少の追加。 | トップページ | VRで見る「原城」★島原・天草の乱の拠点~南島原市 »

2018年9月17日 (月)

「悪童(ワルガキ)」小説・寅次郎の告白~山田洋二郎著

Img_20180917_0001

「同シリーズ(注:映画「男はつらいよ」)約22年ぶりとなる新作映画の製作が発表された。1969年8月27日の映画第1作公開から、50周年を迎える2019年に、第50作として封切られる。」ということをネット等で知り、本屋さんに行ったら上の本があったので、買ってきました。

本書は寅さんの生まれから、中学生時代の事が中心に書いてあります。どこかの酒場で、知らない人に自分の生い立ちを語る一人称形式の小説で、「男はつらいよ 寅さんDVDマガジン」VO1
~50 に掲載された 「けっこう毛だらけ 小説・寅さんの少年時代」を改題、改稿したものだそうです。 この本を元に映画化するのかと思ったら違うらしく。

   
さらに山田監督は、「さくらさんの息子(吉岡演じる満男)がちょうど50歳になろうとしているわけで、彼の生い立ちが中心になると思う。今、彼が何を考え、何をするのか。なおかつ主役は渥美清
さんである」と述べる。

と言うことで、さて、渥美清さんが、どのように出てくるか楽しみです。久しぶりに第1作、寅次郎が20年ぶりに葛飾柴又に帰ってくる作品と「寅次郎 紅の花」を見て、泣けました。

この本、車寅次郎の出生の事実から、中学校途中で家を飛び出し”テキ屋”になる、今まで語られなかった事情も書いてありますから、「男はつらいよ」が好きな方は、必読の一冊です。

« 「『半分、青い。』~意外な結末か?」と「お寺ごはん」。多少の追加。 | トップページ | VRで見る「原城」★島原・天草の乱の拠点~南島原市 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/67178851

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪童(ワルガキ)」小説・寅次郎の告白~山田洋二郎著:

« 「『半分、青い。』~意外な結末か?」と「お寺ごはん」。多少の追加。 | トップページ | VRで見る「原城」★島原・天草の乱の拠点~南島原市 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ