« 「阿波踊り(徳島市)」のこと | トップページ | 三つの「諏訪神社」~長崎市・大村市・雲仙市 »

2018年8月16日 (木)

「センゴク権兵衛★宮下英樹著」第12巻発売~私的にこれでおしまい

Img_20180816_0006

「センゴク権兵衛」第12巻で、島津家は秀吉に降伏をし「九州征伐編 了」となります。

11巻で権兵衛は秀吉の命令も聞かず、島津家に戦いを挑みボロボロ。切腹は避けられたものの改易。

この後、権兵衛は高野山へ向かい、己を見直しますが、以前の家臣が権兵衛を慕って高野山へやってきます。

で、九州は下図のように分割されます。

Img_20180816_0005_5

         (「センゴク権兵衛 12巻」より」)

これについては「(主だったもののみ)」と書いてあるので、(主だたなかったもの)は書いてありません。

で、矢印の「大村」と「有馬」の間に「伊佐早(現諫早市)があります。ここを収めていたのが「西郷氏」(主だたなかったもの)になりますが、出自は雲仙市瑞穂町の杉峰城主だといわれています。

この西郷氏は南朝方ですが、北朝の小俣氏連に攻められ落城しということですが、この西郷氏の子孫が伊佐早の西郷氏ではないかと言われています。この頃の記録ははっきりしていなく、詳細は不明です。

秀吉の九州平定というより、島津氏との戦いですが、この時、九州の諸侯に参加を命じますが、九州でただ一人、伊佐早の西郷氏が参加をしていません。理由は色々と言われています。

この間のことについて、西郷記(後年書かれたため、不正確な所があるそうですが)に以下のように書かれています。「諌早郷土館 解説シート (歴史編)」より引用すれば。

この節諌早の領主西郷純堯(すみたか)分国に在りながら終に出仕することなく、薩摩へ名代等も派遣することがなかった。

このとき龍造寺家晴(後の初代伊佐早家領主)の領地分けにつき、同じく西郷記に・・・・

大公様上方の御帰りの節暫く九州御滞在遊ばされ、申さるるには筑後一国龍造寺家晴へ下されるるとのこと、大国拝領の者、跡形先例のように禮物差し上げ、国を請けとるようにと浅野弾正殿より仰せ付けられたけれども、俄のことにて黄金黄金百枚が無く、御請合いはないものとするとのこと。これに依って右代地に伊佐早の領主西郷薩摩入りに自由なことをし、郡郷数代領しながら我が意を振った科は軽くはない。これに依って彼の者領地召し上げられ家晴に加扶されることとなった。

ということで、龍造寺家晴、本来なら筑後一国を貰いうけるところ、先例のようにお礼を差し出せと。ところが、急遽の事ととて黄金百枚が用意できず、このことはチャラにすると。

代わりに、秀吉の言うことを聞かなかった西郷氏の領地を取り上げ、お前の領地にせよ、との事ですが・・・・

もちろん、西郷氏すんなりと領土を渡すわけも無く、竜造氏と争い、破れてしまい、龍造寺信晴が入部をし領主となります。

この部分、諌早地方の方には大事な話なのですが、漫画には描かれていないので、私の方が長々と説明を書きました。

さて、センゴク権兵衛の物語はまだまだ続きますが、「九州征伐編」が終わったところで、「私的にこれでおしまい」にします。

なお、この後、秀吉の朝鮮遠征になるのですが、この理由、経過については面白く、知りたい方は本をお求め下さい。なお、井沢元彦氏の「「逆転の発想」の漫画版も描いてありますので、合わせて読めば面白いかと。




« 「阿波踊り(徳島市)」のこと | トップページ | 三つの「諏訪神社」~長崎市・大村市・雲仙市 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/67063665

この記事へのトラックバック一覧です: 「センゴク権兵衛★宮下英樹著」第12巻発売~私的にこれでおしまい:

« 「阿波踊り(徳島市)」のこと | トップページ | 三つの「諏訪神社」~長崎市・大村市・雲仙市 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ