« 「さらばカエサル」★ビッグコミック・オリジナル~え!一回でお終い? | トップページ | 「負けるな『週間現代』『週間ポスト』」 »

2018年6月11日 (月)

「六輔 五・七・五」

Img_20180611_0001

「六輔」は「永六輔」さん、「五・七・五」は俳句のこと。

永六輔さんは、俳句が好きな有名人が集まった「東京やなぎ句会」に入っていましたが、「東京やなぎ句会は」、「柳家小三治さんが『この句会で俳句をつくらなきゃ、どんなに楽しい会だろう』とよく言います。」といった句会です。

図書館にいったら、上の本があったので借りてきました。

Dsc_0142_2

多分、永六輔さん、大橋巨泉さんがTVに出たのはこれが最後だと思います。放映は2016年2月4日。

永六輔さんはパーキンソン病、大橋巨泉さんは癌と腸閉塞。
この後、7月7日に永六輔さん。7月12日に大橋巨泉さんが亡くなっています。

大橋巨泉さん、「東京やなぎ句会」には入っておりませんが、早稲田大学時代に作句もしており、その時の俳号が「巨泉」。2年後輩に寺山修司氏がいて、彼の俳句をみたとき、「こりゃかなわん」ということで、俳句をやめています。

下が、42歳の時の永さんですが、私が始めてTVで見たのが、「夢で逢いましょう」。たしか、永さんが20歳代だったか、ハンサムな顔でも無く、早口の江戸っ子口調で話していたことを思えています。その時は、下の画像より痩せていました。

深夜放送で、自由律俳句の「種田山頭火」を紹介し、チョットした「山頭火」ブームがありました。

Dsc_0141_2

と、書けばきりが無いので、「六輔五・七・五」から、永さんの句を少しばかり、ご紹介。

第一回の句会の永さんの句。

■「煮凝をいれてみようと姫始め」

この本に少しばかり永さんのエッセイが入っていますが、この句「忘れてほしい句」という題になっています。でも、煮凝りをどうして入れるんですかね?


永さん自身も「はっきりいって以後、これ以上ひどい句は作ってない。/そうかといって、これ以上良い句も作ってない。」と書いています。

なお、一番評価を得た句が。

■「寝返りをうてば土筆は目の高さ」

上の句に比べれば、ダンチ(段違いの略)ですが、句会の宗匠曰く、上の句が頭にあったのか、上手な句で口惜しかったのか「今度は土筆を入れてみたら・・・その方が江戸前ですよ」との事。

■「志ん生もなめくじも又なつかしく」

代目志ん生の事ですが、「なめくじ長屋」に住んでいました。いかにも、江戸芸が好きな永さん。

■「左からビールと書いてある店で飲む」
■「濁り酒飲み干してなお空を飲む」
■「喉も胃袋もしかとうけとめたビール」

確か、永さんアルコールが全然ダメだったようです。島原の宮崎康平氏宅にいって酒を勧められたとき、飲めないと言ったら、宮崎康平氏「永君、杯を口に近づけて、風が酒の香りを運んでくるだろう、それを楽しめば良いんだよ」と言ったとか、確か深夜放送で言っていた覚えがあります。

その、宮崎康平氏への句。

■「春泥や邪馬台国へ白い杖」

宮﨑康平氏は目が不自由でしたが、「まぼろしの邪馬台国」の著作があり、邪馬台国ブームを起こしました。映画にもなっています。

■「高さより深さと言おう秋の空」

いわれてみれば、その通り、としか言いようがない句。

■「初めての肌をあわせて明易き」
■「遠雷や情事の記憶甦る」

多分、この句を作った頃、永さん結婚していたはずですが、浮気でもしたのかな?

■「新米を研ぐ腰つきや浮き浮きと」
■「梅干しでにぎるか結ぶか麦のめし」

最近は「米を洗う」という人が増えているようですが、「米」は「研ぐ」です。「心」を「研ぐ」と一緒です。

さて、にぎりご飯は「結ぶ」でしょうか「にぎる」でしょうか。

■「手の平に溢れて今日も薬の日」

永さんも薬漬けだったんですね。私も、11種類ばかりの薬を飲んでいますが。

「傷だらけ昭和の日記果てにけり」

「日記果てにけり」どころでは無く、私の回りにも戦前生まれ、戦後生まれにかかわらず、亡くなっている方が多くなっています。昨日は職場で6年ばかり一緒で、63歳で亡くなった方がいましたが、ガックリしました。

これも、深夜放送で言っていたと思いますが、永さん、昌子さんという女性が、TV局に職を求めてきたとき、「それよりボクと結婚しなさい」と言ったそうですが、奥様は永さんより先に亡くなられました。

■「みとられるはずをみとって寒椿」
■「春の賀状読まずに逝きにけり」
■「今年から男やもめや日向ぼこ」

最近、芸能界でも大物といわれる方が亡くなることが多くなりました。私もあちらこちら調子が悪く、心配ですが、あと2年ばかりやる事があるので、それまでは頑張るつもりではいるのですが・・・・

◎「あと二年 春夏秋冬 春夏秋冬」~by sugikan おそまつさまでした (^-^;





« 「さらばカエサル」★ビッグコミック・オリジナル~え!一回でお終い? | トップページ | 「負けるな『週間現代』『週間ポスト』」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66820043

この記事へのトラックバック一覧です: 「六輔 五・七・五」:

« 「さらばカエサル」★ビッグコミック・オリジナル~え!一回でお終い? | トップページ | 「負けるな『週間現代』『週間ポスト』」 »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ