« 「悲しみの処方箋★主婦の友社刊」~再び永六輔さん | トップページ | 「続々ざんねんないきもの事典」★今泉忠明監修 »

2018年6月21日 (木)

「ガンバ!ニッポン!『週刊現代』『週刊ポスト』!」

Img_20180621_0001_3 Img_20180621_0002

安倍首相が、全国信用協会でこのような発言をしています。「諦めてはダメであります。昨日も(サッカーのWロシア大会で)日本がコロンビアに勝ちました。この中で果たして何人が日本が勝つと思っていたでしょうか。やればできるんです。(以下略)」

問題は、「この中で果たして何人が日本が勝つと思っていたでしょうか」のところ。まさに、負けて当たり前の考え。日本チームへの侮辱です。

私は勝つと信じて最後まで応援していました。負けるのが当たり前だと思えば寝てますよ。

この無神経な発言、安倍さんは「負ける」と思っていたのでしょう。これが、日本を代表する首相かと思えば、恥ずかしくなります。「やればできるのです」。相変わらずの日本人の根性論。

ということは無視して、「ガンバ!ニッポン!『週刊現代』『週刊ポスト』!」

■「米朝首脳会談のウラで『消費税15%』配信の”日米合意”」
■「新聞テレビが報じない米朝会談の『真実』」

二人っきりの時間で何が話されたのか分かりませんが、米国側では「拉致」のことは話したと言い、北朝鮮側は「解決済みの事」といい、考えるに、話はしたが後は自分たちで話し合ったらという感じ。

で、話はしたから、口利き代はよこせと。「安倍首相はつい先ほど数十億ドルの戦闘機や、ボーイング、農産物などあらゆる製品を購入するといった」とトランプは言ったそうです。この、費用をどうするかというと、消費税を上げれば良いということです。まもなく、消費税が10%に上がります。各地の選挙をみるにつけても、自民党が有利で消費税の値上げも、ハイハイといって従うだけでしょう。日本人は精神的に弱く、強い者に弱く、安定傾向が強いからな。15%になっても黙っているのかな?

■「『副作用に要注意』と指摘された健康食品成分一覧リスト」

怖いですね。「ニンニク、ウコン、しじみエキスで胃腸障害」「ローヤルゼリーで皮膚炎」「マテ茶でがんリスク上昇」「黒酢で激しい腹痛」「アガリスクで、亜鉛で嘔吐」と書いてあります。

が、ちゃんと「起こりうる有害事例」「期待されている効き目」も書いてあり、例えば、「サメ軟骨エキス」だと「上部腹痛、吐き気」「関節の体液をを滑らかにし、痛みをやわらげる」とあります。ただ、「過剰摂取」「副作用」「薬の飲み合わせ」などもあるそうですから、一応、お医者さんにご相談の上、が安心だと思います。

■「医師の『画像診断』は”嘘”をつく」

最近、病院でCT、MRIなどの画像を見落とし、手遅れになった方がいました。私も、心臓病、前立腺の診断で随分お世話にになりました。

「放射線科医を軽視」ということもあるらしく、「放射線診断専門医は、患者を直接診断しているわけではなく、患者の担当医がほうが”立場が上”という考え方があります。」ということで、そのため、放射線医が人気が無く、人手不足、また、担当医は専門の所しか見なく、他の所の見落としがあるそうですが、あまり過信はしないほうが良いようで、もし、ご心配ならセカンドオピニオンを受けた方が良いという感じです。

■「医学界も大注目『幸福寿命』を伸ばす 24時間行動表」

「世界幸福度ランキング2018」 日本は156ヵ国中54位だそうです。

で、24時間行動表が載せてありますが・・・・
・第1章 「朝一時間の過ごし方」
・第2章 「午前中は『リズム運動』を集中的に」
・第3章 「午後は『達成感を得られること』を行う」
・第4章 「幸せな眠りを得るために」

とそれぞれ、何をすれば良いか詳しく書いてありますが、まあ、読んで見て、「次は何をやるんだっけ」などと考えていくと、かえってストレスになり、「不幸」になりますよ。あえて、チャレンジしたい方は止めませんが、3日坊主でしょう。多分。

■「有名フィクサーが語る小池百合子の消したい『過去』」

小池百合子都知事さん。学歴に詐称があるとかで騒がれているようですが、まだまだ追求されるでしょう。したたかな答弁が楽しみです。

■「埼玉・東松山市長選 東大法話の名物教授が『政界殴り込み』宣言」

「私が市長になったら性的嗜好や性自認を口実にした差別は絶対に許しません、・・・・市長自ら性差別をする人間を叱りにいきます・・・・」と言ったのは「女装の東大教授(東洋文化研究所)として有名な安冨歩氏(55歳)」。東松山市長選に出るそうですが、ご注目を。

選挙も女装で出馬するそうです。なお、女装の安冨氏の写真が載っていますが、なかなかの美人(?)です。

■「紀州のドン・ファン『遺産相続』妻VS従業員50億円の行方」
■「最新肉声キャッチ!若妻の逆襲が始まる」

若妻の方、単なるギャルさんかと思ったら、なかなか、したたかな人物のようで。まだまだ時間はかかりそうですが、真実はどうなんでしょう?

■「ご当地名物『元祖VS本家』の骨肉バトル」

先日、京都の銘菓”八つ橋”で元祖、本家の争いが起こっているとか。

で、ですね。長崎が珍しくもく出てます。長崎といえば「カステラ」。「カステラ元祖」が1681年創業の「松翁軒(しょうおうけん)」。「カステラ本家」が1624年創業の「福砂屋」。

「”元祖より古い店”があるのは言葉としては明らかな矛盾」ということで、尋ねたところ「両者とも回答を断るのみだった。」と、さすが、長崎県人は奥ゆかしい。どこかと違って、裁判などはしておりません。カステラ食って半世紀強。どちらも美味しいですよ。

■「東京五輪の最中に、M7大地震が起きたら」

おきたらっていっても、大混乱ですね。地震が起きるか、起きないかは、人智の及ぶ所ではありません。

■「VRエ○動画入門」。

グラビアで、「こちら側からハサミ等で丁重に開封してください」と書いてあるので、開封したら、番組の紹介と、「VRゴーグル」の紹介でした。一番安いゴーグルが、段ボール製で、899円。冥土の土産に買ってみますか。

« 「悲しみの処方箋★主婦の友社刊」~再び永六輔さん | トップページ | 「続々ざんねんないきもの事典」★今泉忠明監修 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66854735

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガンバ!ニッポン!『週刊現代』『週刊ポスト』!」:

« 「悲しみの処方箋★主婦の友社刊」~再び永六輔さん | トップページ | 「続々ざんねんないきもの事典」★今泉忠明監修 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ