« 「島原藩 江戸屋敷」はどこだ?~古地図って面白い! | トップページ | 「島原駅にて」&「ランパス」使ってお昼ご飯~島原市にて »

2018年5月28日 (月)

「道歌入門」~岡本彰夫

Img_20180528_0001

著者は元春日大社権宮司。

「道歌」というのは、耳にしたことが無く、前書きを読むと「・・・この種の道徳的和歌を『道歌』と呼んでいることも後年知り得ました。」と書いてあるので、抹香臭い話かなと思いはしたのですが、パラッとめくったところ・・・「さけのみが/酒にのまるる/世の習ひ/のまれぬように/飲むが酒のみ」・・・・など書いてあり、読んで見たら、面白いのやら、身につまされるのやら、人生訓として心に沁みるのやらで、一気読みしましたが、各々の和歌に説明が載せてあり、これが本当は役にたつのですが、長くなるので、少しばかり和歌の紹介と私の感想と。

■「親を捨て/妻すて金も/すてつくし/はては女に/すてらるるかな」(林田雲梯・出典不詳)

ワタシの場合は「女」ではなく、「カミサン」ですが。

■「としを経て/うき世の橋を/見かえれば/さてもあやうく/わたりつるかな」(作者不詳『鳩翁道話』)

確かに、この歳で振り返ればあの時はヤバかったな、と思うことがありますね。皆さんも同様でしょうが。

■「なにひとつ/とどまる物も/ない中に/ただ苦しみを/とめて苦しむ」(作者不詳『松翁道話』)

世の中、川の流れと同じで、とどまる物はないもの。苦しみだけを、とめて苦しむ、ですね。心の持ちようなのですが。

■「知らぬ道/知ったふりして/迷ふより/聞いて行くのが/ほんの近道」(作者・出典不詳)

「先達はあらまほしき事」と言ったのは、吉田兼好だったか。ただ、人生において、何でも先輩にイージーに聞くのは、よした方が良いと思うのですが、迷って、苦しむのも、将来の自分の力になります。

■「恩をして/恩きせがほに/奢りなば/恩にはならで/恨みとぞなる」(作者・出典不詳)
■「知りたるも/しらぬ顔なる/人ぞよき/物知り顔は/見ても見苦し」(作者不明『西明寺殿百首和歌』)

もうすぐ6月、新入社員の研修が終わり、各部署に配置されると思いますが、先輩方は上の言葉を心にとめて・・・

■「火の車/作る大工は/なけれども/己がつくりて/己が乗りゆく」(作者・出典不詳)

「因果応報」という言葉もあります。

■「世の中の/人は何とも/云へばいへ/我がなすことは/我のみぞしる」(坂本龍馬・出典不明)

ご存じ「坂本龍馬」がいった言葉で、「福島正治」さんが言ったのではありません。

■「手を打てば/鯉は餌(え)と聞き/鳥は逃げ/女中は茶と聞く/猿沢の池」(作者・出典不明)

「猿沢池」は奈良の興福寺の旧境内にあるそうです。
言われてみれば、手を打った音でもいろいろな聞き方があるもので、人の言葉も取り方が様々なので、注意しましょう。

■「長命は/粗食/正直/日湯/陀羅尼/おりおり御下風/あそばさるべし」(作者・出典不詳)

「日湯」は風呂に入ること。「陀羅尼」はお経を読むこと、「下風」は屁をこくこと。現代は、ストレスの多い世の中、と思ったら、意外に昔もストレスが多かったのかな?

■「人間は/耳が二つに/口一つ/多くも聞いて/少し言ふため」(作者・出典不詳)

「無くて七癖」で、自分には気がつかないことが多く、もう一度自分を振り返りましょう。最近は、自分の意見ばかり言う方が多くて・・・

■「骨かくす/皮には誰も/迷ひけむ/美人といふも/皮のわざなり」(蜷川親当『一休和尚伝』)

美人もイケメンも皮を剥ぐと、同じ白骨なのですが、ということは分かっているのですが、我々、俗人はですね、皮を見るばかりで。



« 「島原藩 江戸屋敷」はどこだ?~古地図って面白い! | トップページ | 「島原駅にて」&「ランパス」使ってお昼ご飯~島原市にて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66769401

この記事へのトラックバック一覧です: 「道歌入門」~岡本彰夫:

« 「島原藩 江戸屋敷」はどこだ?~古地図って面白い! | トップページ | 「島原駅にて」&「ランパス」使ってお昼ご飯~島原市にて »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ