« 2018「上塩浜の鯉のぼり」~雲仙市千々石町上塩浜 | トップページ | 「海岸あたりを」&「スーパーマラニック」~千々石町 »

2018年5月 4日 (金)

「モタさんの”言葉”」★斎藤茂太著



Img_20180504_0001_2

前にも書きましたが、近所の犬の鳴き声に悩まされ(3~4時間、鳴きっぱなし)、手が震え、心臓の脈拍が上がりと言う状態で、心療内科で診てもらったら「神経症」と言われ通っています。

お犬さまは、最近年取ったのか、鳴き声はやみましたが、長年苦しんだのが残っていて、いまだもって症状は残って病院通い。

調剤薬局で薬を貰っていますが、上の本が本棚に並んでいて、読んで見ると面白く、近くの本屋さんには置いてなかったので、Amazonに注文すると早い早い。翌日には届きました。

斎藤茂太さんと言えば、斎藤茂吉さんの息子さんで、精神科のお医者さん。北杜夫さんのお兄さんにあたりますが、まだ達者かとおもったら、2006年に90歳で亡くなっておられました。

この本、NHKで放送されたものを絵本にしたもので、あと2,3冊出版されているので、入手することにしました。

読んでみて、ホットするというか、心が安まるところがあります。なお、NHKのウェブサイトとかYouTubeでも見られます。

また、絵がよく・・・今様な言葉でいうと、モフモフという感じ。


Img_20180504_0002

内容は、

第1章 「努力してこそ凡人になれる」
第2章 「人にほめられる人が賢者」
第3章 「人生の満足度を上げるコツ」
第4章 「気を楽にもって・・・」

モタさんの話と同時に、モタさんが気に入った言葉も書いてあります。

・毎日、大した仕事をしていないところに、男の本当の偉さがある。ー紫門ふみ

考えれば、私もあまり大した仕事をしていませんでしたが、こう言われると、心がなごみますね。もっとも、今、冷静に考えれば、私のまわりをみても”大した仕事”をしていた男性はいませんでしたが・・・

・夫婦を結びつける絆が長く続くためには、その絆が弾性ゴムでできていなければならぬ。ーA.プレヴォ

赤い糸だから、切れるんですね。ウチなんか、赤い糸だから、こんがらがって、擦れて切れそうになっています。

なお、モタさんは見合い結婚で、ほれたはれたで結婚したわけではないそうですが、いい話が書いてあります。あ~夫婦って、これで良いのだなと反省。

食卓のカミサンの所に、この本をそっと置いておきましたが、分かるかな?分かんないだろうな。期待はしていますが。

人生に、ふと疲れた方、人生に悩みがある方は、ぜひお読みください。少しは、気持ちが明るく、楽になります。


« 2018「上塩浜の鯉のぼり」~雲仙市千々石町上塩浜 | トップページ | 「海岸あたりを」&「スーパーマラニック」~千々石町 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66684125

この記事へのトラックバック一覧です: 「モタさんの”言葉”」★斎藤茂太著:

« 2018「上塩浜の鯉のぼり」~雲仙市千々石町上塩浜 | トップページ | 「海岸あたりを」&「スーパーマラニック」~千々石町 »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ