« 「雲仙のツツジ」~雲仙市雲仙 | トップページ | 「松倉重政」と「筒井順慶」 »

2018年5月12日 (土)

「お・て・も・と」~古文書へのお誘い

Dsc_0113

お箸ですね。

古文書を習い始めて一年、未だもって全然読めません。もっとも、予習、復習していないから、当たり前ですが。

さて、先日、食堂に入ったところ、上のようなお箸がでてきました。字を見てあれ?と思いました。良く見ると、下の写真。くずし字ですね。

一番上から「御」、次が「手」、次が少し難しく「茂」、ここまでは分かると思いますが、最後の文字「登」のくずし文字です。「登」と書いて、「『のぼ』る」。または「『登』山」の「登」で、「と」。この場合は「と」。

続けて読めば「お・て・も・と」。「お手元」、「お箸」のことです。で、なぜ「お箸」が「お手元」なのか、調べると。辞書にもハッキリ書いてありません。

最終手段でネットで「箸」を調べると、諸説あってハッキリはしません。

「お手元」は、「三省堂大辞林」に「〔食膳の手前にあることからいう〕料理屋で、箸(はし)」と言うことで、考えれば、たしかに料理が出てきたとき、一番手前(手元)にありますね。

なお、ネットで調べると、「皓星社」より「隠語大辞典」というのがあり、その中で「花柳界にて箸のことをいふ。箸は端に音が通じて縁起が悪いから、かついでお手元といつたものである」ということで、何となく納得。

さて、古文書を読むと当て字が多く、「阿そび=あそび」、以前書いた「村なく(ムラなく)」とか色々ありますが、「三くだり半からはじめる古文書入門~高木侃著」によれば「江戸時代の『ひらがな』は、同じ『ひらがな』でも1つの形だけとは決まっておらず、複数の形があったのです。『あいうえお、かきくけこ・・・・』といった50音が現在の形に決まったのは、明治33年(1900)のことでした。」

ということで、「阿そび」などと書けば、明治33年以前は○でしたが、明治33年以降は×になります。「お手元」も、今の試験で、「御手茂登」と書けば×になります。

Dsc_0115

皆さんの回りにも、良く見ると、古文書に通じる「くずし文字」が見つかるかもしれませんよ。最も「夜露死苦」はありませんが。



« 「雲仙のツツジ」~雲仙市雲仙 | トップページ | 「松倉重政」と「筒井順慶」 »

古文書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66712621

この記事へのトラックバック一覧です: 「お・て・も・と」~古文書へのお誘い:

« 「雲仙のツツジ」~雲仙市雲仙 | トップページ | 「松倉重政」と「筒井順慶」 »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ