« 「陰謀の日本中世史」~呉座勇一著 | トップページ | 「モタさんの”言葉”」★斎藤茂太著 »

2018年5月 3日 (木)

2018「上塩浜の鯉のぼり」~雲仙市千々石町上塩浜

Photo

もうボチボチかなと思っていたら、今日から「鯉のぼり」が飾ってありました。千々石は上塩浜自治会の皆さんの鯉のぼり。今年で五回目だそうです。

三月の「観櫻火宴」でも、海岸にズラリとキャンドルを並べ、私たちの目を楽しませ、長崎新聞にも載りました。冬はクリスマスのキャンドルイルミネーション。地蔵祭りと年間を通して、みんなの目を楽しませてくれます。

よく集まったもので、青い空に鯉のぼり、どういう訳か川にもプカプカと、と思ったら、水の中にも鯉のぼり。もっとも「鯉」だから、川の中にいるのは当たり前かな、と妙に納得。アイディアものですね。


Img_4124 Img_4129

本物の鯉も一緒に泳いでいたとかで、写真を見せてもらい、私も粘りましたが、残念でした。鯉が逃げないように、川の中で大変ですね。

Img_4131

今年の「目玉」だそうです。初登場の「上塩浜 はまっぺ」。

Img_4157

左側に由来が書いてありますが、魚釣りが好きで、毎日のように、上塩浜の海岸を掃除しているおじさんをモデルにした、自治会独自のキャラクターだそうです。小学6年生(当時)が考えたものだそうです。
右の写真がモデルのおじさん。毎日、お掃除ご苦労さんです


Img_4156 Img_4161

大きな鯉のぼりが置いてありますが、人が乗っても大丈夫。若い女性が二人乗ってもビクともしません。お二人の体重の合計80㎏、年齢も合わせて45歳だそうですが・・・bleah
子どもさんを乗せて記念写真を撮ると、良い思い出になると思います。


Img_4159

ところで、帰りがけ山手の地区を見ていったら、鯉のぼりが、ほとんどありませんでした。いつもなら、何本かは翻っているのですが・・・進む少子化を実感します。

Img_4164 Img_4168

子どもが少ない中、昔みたいに子ども同士が遊ぶ機会が少なくなりました。子どもを巻き込んだ、地域のあり方を考える時期だと思うのですが、上塩浜の大人同士の結束が、良い子どもを育てていくと感じました。

Img_4136_2

連休中、雲仙、小浜方面へ行かれる方、途中ですから是非見て下さい。川の中の「鯉のぼり」って、日本ではここだけのようで(多分)、楽しいですよ。6日が雨が降りそうなので、5日に片付ける予定だそうです。


« 「陰謀の日本中世史」~呉座勇一著 | トップページ | 「モタさんの”言葉”」★斎藤茂太著 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66679977

この記事へのトラックバック一覧です: 2018「上塩浜の鯉のぼり」~雲仙市千々石町上塩浜:

« 「陰謀の日本中世史」~呉座勇一著 | トップページ | 「モタさんの”言葉”」★斎藤茂太著 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ