« 「あなたと読む恋の歌百首」~俵万智著 | トップページ | 「やみつきバズレシピ★リュウジ著」より「無限湯通しキャベツ」を作ってみた »

2018年4月20日 (金)

「『週刊ポスト』『週刊現代』『週刊文春』『週刊新潮』」~みんな違って、みんな良い

Img_20180420_0003 Img_20180420_0004 Img_20180420_0001 Img_20180420_0002

最近、政界等いろんな動きがあったので、週刊誌を4誌ばかり買ってきました。読んでみると、それぞれに特徴があり、金子みすゞさんではありませんが、「『週刊ポスト』『週刊現代』『週刊文春』『週刊新潮』、みんな違って、みんな良い」

■「『もう忖度は無用だ』霞が関『公文書自爆テロ』の破壊力」
■「オフレコ発言がダダ漏れの政権末期状態 だめだこりゃ!安倍総理『6月辞任』へ」
■「『安倍命の官邸にはついていけない』柳田元秘書官オフレコ発言録』」

ここ数週間、なかったはずの書類が出てきたり、セクハラスキャンダルやらと、誰が何をしたのか、コンガラガッテきました。

書類が出て来たのは、官邸と官僚の力関係のようですが、要するに、官邸と官僚の仁義なき戦いで、今後なにが出てくるのか、というより、ここで膿を出し切って選挙でもすればいいのですが、野党は野党で、パットしないしな。

■「セクハラをしらばっくれた『福田次官』の寝言は寝て言え! 嘘つきは財務官僚の始まり」

この問題は、ここ数日動いていて、何とも言えませんが、第一に悪いのは女性記者がセクハラを上司に訴えたのに、それを処理できなかったテレビ朝日に問題。

それをテレビ朝日が「第三者に録音を渡したことは不適切な行為だった」といったとか。だから日本では「♯MeToo」を言えないのですが、それがTV朝日には分かってないとは、マスコミの良識って何でしょう?新潮社に問題を持ち込まなかったら、セクハラがまた繰り返されるのは目に見えています。

TV朝日さん、今になって告訴するとか言ってますが、遅すぎます。

女性は男性より偉いのです。「世の中に 女ほど恐ろしきは無し 釈迦でもキリストでもホイホイと生む」といったのは誰だったか?

 ■「新潟県知事『買春』女子大生の告白」

この方、バカですね。灘高→東大医学部→司法試験にも合格→ハーバード大学附属マサーセッツ総合病院の研究員ですよ。で、50歳独身。欠陥があって、独身じゃないのは、ちゃんと援交してますから、まともです。

私が、これだけの履歴を持っていたら、買春なんかしないで、どんどん取り換えるのですがね。

まして、1回が3万円とか、4万円とか。やるなら、どこかの首相のように、愛人を作って子どもまで作って、マスコミから突っ込まれたら「それが、どうした」という方が、いさぎ良いでしょう。

■「その痛みの先にあるやっかいな病気」

★腰・背中のビリビリ→膵臓がん、十二指腸潰瘍を疑え
★肩をギュッと締め付ける痛み→心筋梗塞・狭心症を疑え
★足裏のジンジンした痺れ→脳梗塞・間欠性跛行・閉塞性動脈硬化症を疑れ
★頭の中でゴーンと鐘が鳴る→くも膜下出血・脳腫瘍・髄膜炎を疑え
★腹の左下がズンズン→膵臓がん、急性膵炎、胆のう炎、胆管炎を疑え

とまあ、カラダの痛みは思わぬ所が原因のこともあるので、単に筋肉痛等などとは思わず、お医者さんへ。

■「大谷翔平を『世界遺産に』メジャーも本気で言い出した」

今日は、ノーヒットでした。まだまだ、本当の評価は早いと思うのですが、誰かが言ったように、20~30試合ほど見ないと分からないでしょう。

特に、向こうのマスコミは少し良いと持ち上げ、少し悪くなるとクソミソにけなし、日本のマスコミもそれに同調するので、もう少し冷静に見ていきましょう。

■「危ない中国食品『最新回収命令』実名リスト」

アメリカで中国製とは違いますが、韓国製品無しで生活をした人がいますが、一週間持たなかったそうです。

それほど、私たちの生活には、韓国製、中国製が入り込んでいます。中国は、空を飛ぶ物は飛行機以外、地にある物は机以外、何でも食べるそうです。日本人は地産地消が一番でしょう。

■「”国技の伝統”を汚す相撲協会は『公益法人』を返上せよ!」

土俵上の救急問題、市長を土俵の下で挨拶をさせる、ちびっ子相撲の女の子を土俵に上げない。

お相撲取りさんと言えば、大きくて、力があって、正義の味方だというイメージがあり、みんなの憧れの的だったのですが・・・

昔は、NHKだけではなく、民放でも放映をしておりました。郡部では祭りなどで田舎相撲をやっておりました。

そのうち、娯楽が多くなり、段々廃れてきました。が、この数年やっと持ち直してきました。このような状態では、又、皆の興味が無くなっていくかな?

■「天下無双、喧嘩上等!芸能界『ステゴロ』最強は誰だ!?」

芸能界といえば、色男が多く、「色男、金と力は無かりけり」、と思っていたのですが、読んでみてすごいですね。取り上げられた芸能人。

大木凡人、沢田研二、吉川晃司、布袋寅泰、氷室京介、GACKT、相川翔、本宮泰風、原田龍二、千葉真一、志保美悦子さん、志保美さんは旦那さんの長淵剛さんをハイキックでKOしたそうです、岡田準一、オール巨人、トミーズ雅、草野仁、宇梶剛士、藤岡弘、ジェリー尾藤、稲川淳二、岸谷五朗、木下ほうか、山川豊、鈴木拓、ウド鈴木、橋幸夫、みやぞん、生島ヒロシ。

読んでみると、皆さん、喧嘩上等ですから、見かけても近づかないように・・・・

来週、連休明け、政界が大きく動きそうですから、きちんと冷静な目で見ていきましょう。


« 「あなたと読む恋の歌百首」~俵万智著 | トップページ | 「やみつきバズレシピ★リュウジ著」より「無限湯通しキャベツ」を作ってみた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66632242

この記事へのトラックバック一覧です: 「『週刊ポスト』『週刊現代』『週刊文春』『週刊新潮』」~みんな違って、みんな良い:

« 「あなたと読む恋の歌百首」~俵万智著 | トップページ | 「やみつきバズレシピ★リュウジ著」より「無限湯通しキャベツ」を作ってみた »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ