« 「山田右衛門作口書」~参考になれば・・・ | トップページ | 3月は別れの時「あさイチ」もキャスター交代 »

2018年3月29日 (木)

「桜にあいて『週刊ポスト』『週刊現代』」”

Img_20180329_0001 Img_20180329_0002

お近くに桜の名所があり、私の散歩コースで、毎日見ているとさすがに桜疲れします。ということで、「桜にあいて『週刊ポスト』『週刊現代』」

■「テキトー委託で中国企業に丸投げ年金機構の『罪』」

TVでこのニュース見て、「アホか」と思いました。社会保険庁の時代から、どれだけチョンボしたら気が済むのか。

マイナンバーの個人流出の恐れもあるとかで
。「もし、マイナンバーが流出すれば、情報を入手した中国人が、日本の高齢者になりすますことも可能で、詐欺に利用されることも十分考えられる。」と言うことだそうです。

なお、全日本年金者組合の出島茂副委員長が「年金情報とマイナンバーの連携は非常に危険だと訴えてきました。・・・」。

この国では、ハッキング、情報の流出について、十分な対策ができていないので、皆様も貯金通帳などのチェックをしっかりと。

■「誌上開催!新『うまいもの』物産展」

「47都道府県を完全網羅」ということで、長崎も載ってますね。いつか、ブログに書いた「ちゃポリタン」。

長崎チャンポン麺をナポリタンにしてありますが、長崎ではあまり食した方はいないと思います。もっとも「美味なご当地食材が新名物を次々生んでいる」ということで、あくまで「新名物」だから、良しとしましょう。私、一回しか食したことはありませんが・・・

■「政治記者50人『結局、安倍総理は辞めるのか』」
■「『安倍総理、もうあなたは終わった』」

27日の「佐川氏」召喚の国会。見ていましたが、野党側のツメの甘いこと。あれでは、証言も質問も納得した方はいないでしょう。

「昭恵夫人の”相談相手”が明かす『彼女は証人喚問に出たがっている』」。だったら、証人喚問に招いて、お話をさせたら良いのですが。

■「明大体育会OBが大反論!ふざけるな『週刊現代』俺たちは早慶になど負けない」

だそうですが、学校出てからも、出身学校の学歴を引きずって、死ぬまで生きていくつもりなのかな。

「明大ラクビー部の魂 松尾雄治氏曰く、OB達も応援しているから、『後輩達もみんなでスクラムを組んで『社会人としても、一発、やってやろうぜ』という気持ちになってもらえればうれしいですね。」ですって。

卒業してからも「スクラム」を組むから、官僚も会社も「学閥」ができるので、学校を出たら、学歴なんて忘れて、頑張った方が良いんじゃないですか・・・・

■「大手広告代理店の生データー入手『好きなタレント』『嫌いなタレント』」

一般女性の視聴者、一般男性の視聴者、クライアント宣伝担当、CMクリエーター、と各々のデーターが書いてありますが・・・

全部は書き切れないので、「一般女性視聴者の調査データー」で、嫌いな男性タレント、1位が坂上忍さん、2位が木村拓哉さん、3位が、なんと意外な、明石家さんまさん。

嫌いな女性タレントが、同じく、松井一代さん、安藤美姫さん、前田敦子さん。

「一般男性視聴者の調査データー」で、嫌いな男性タレント、坂上忍さん、木村拓哉さん、石橋貴明さん、で、なんと明石やさんまさんが4位。明石家さん、あんなにTVなどに出演しているのですが・・・私はファンなのですが・・・・(ρ_;)

嫌いな女性タレントが、松居一代さん、安藤美姫さん、前田敦子さん

「クライアント宣伝担当者の調査データー」で、使いたくない男性タレント、木村拓哉さん、坂上忍さん、本田圭祐さん、またもでました、第4位、明石家さんまさん。なんででしょう。

使いたくない女性タレントで、斉藤由貴さん、広末涼子さん、松嶋菜々子さん、。

「CMクリエーターの調査データー」で、推薦したくない男性タレントが、木村拓哉さん、坂上忍さん、宮根誠司さん、明石家さんまさんが下がって7位。

推薦したくない女性タレント、斉藤由貴さん、広末涼子さん、華原明美さん.。

分かるのもあるし、意外な方もあるし、という所ですね。

■「大人気サプリ グルサコミン『ひざ痛』に効果なし」

「テレビCMでもよく見かける『あのサプリ』。実はその一部がひっそりと、国の定める『機能性表示食品』から外れていた」、で、「実はかねてより、医者や科学者からはグルサコミンの効果を疑問視する声が上がっていた。」そうです。

ウチのカミサンも飲んでいるので、週刊現代のこのページを開けて、そっと食卓に置いておくつもりです。

■「『女医が主治医なら寿命が延びる』異色論文の”根拠”」

まったくそのとおりで、実感しております。

論文名は「男性医者と女性医者のメディケア患者治療における病院死亡率と再入院の比較」で、科学論文を評価する、「オルトメトリック」で、論文の影響力 ランキングで世界3位(17年)にランクされたそうです。

患者が65歳以上なら、再入院も死亡率も4%低下をする、ということで、4%は少ないなと思うでしょうが、「4%というのは、過去10年間の医学界における死亡率の改善とほぼ同じレベルです・・・・」ということで、なぜなのかも書いてありますので、読んでください。

病院にいったら、女医さんに診察してもらいましょう。できるなら、35歳以下、美人でユーモアがある方がいいな。

■「不安をスッキリ解消!そんな方法があったのか 老後マネー『逆転の発想』」

40歳になった頃、マラソンでいえば折り返し地点まできたか、と思いましたが、今やトラックに入って、あと一周で終わりかと思うと、なんとも寂しい限りです。みなさんも、最後のあがきで頑張ってください。

”55歳”「住宅ローンは『繰り上げ返済しない』
”60歳”「金は元気なうちにしか使えない 年金は『後で高く』より『先に長く』もらう」
”70歳”「もう『がん検診』は受けなくていい 病気は早く見つけるほどカネがかかる」
”75歳”「人気上昇中 相続より『遺贈寄付』で良い気分」

ということで、各自、事情もいろいろあるでしょうが、該当の方は、参考までにご一読を。

■「グラビア写真」ですね

両誌とも、「こちら側を丁寧に切り開いてご覧下さい」と書いてあって、「切り開く」のが面倒くさいので、止めました。



« 「山田右衛門作口書」~参考になれば・・・ | トップページ | 3月は別れの時「あさイチ」もキャスター交代 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66551652

この記事へのトラックバック一覧です: 「桜にあいて『週刊ポスト』『週刊現代』」”:

« 「山田右衛門作口書」~参考になれば・・・ | トップページ | 3月は別れの時「あさイチ」もキャスター交代 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ