« ぶらぶらと&2つのお知らせ | トップページ | 西郷どんも喋った「鹿児島言葉」絵はがきVS「奇抜極マル徳島之盆踊り」写真 »

2018年3月20日 (火)

「センゴク権兵衛」第10巻発売~宮下英樹著

Img_20180320_0001

今日、本屋さんに行ったら置いてあったので、買ってきました。

センゴク権兵衛ですが、前巻で九州の平定にいきます。もちろん相手は島津になります。前に書いたように、島原半島、諫早関係の諸侯が出てくるかと思っていたら、影も形も出ないので、(最後まで出ないだろうな)今回は簡単に。

一見有利にみえた、秀吉軍ですが、そこは島津。
簡単には負けないと言うより派遣された軍勢は、まったくの敗北です。「戸次川合戦」です。

島津家久軍は下図のように桑名を落とします。まさに、鬼神の如く、討伐軍を攻め立てていきます。

Img_20180320_0002

なお、渦巻きを描きながら、十河、信親を落とし仙石に襲いかかり、仙石は一応退却をしていきます。

Photo

が、ですね、一度は反撃するものの、完敗。

Img_20180320_0004

「仙石権兵衛・元親は心は猛く思へども 手廻り五,六十騎ばかり引具し 戸次川をさして引給ふ」と言う状態で、命からがら逃げ帰ります。

というのが今回の物語で、合戦の部分が主な描写になります。戦いの作戦、駆け引き、戦の心構えなど良く描けています。とくに、仙石秀久が逃走するときに、いかなる、気持ちを持っていたのか・・・

学校の教科書も、このように描いてくれれば分かりやすく、興味がもてるのですが、今の文科省では無理だな。

(図・文は「センゴク権兵衛 10巻」より引用)



« ぶらぶらと&2つのお知らせ | トップページ | 西郷どんも喋った「鹿児島言葉」絵はがきVS「奇抜極マル徳島之盆踊り」写真 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66518725

この記事へのトラックバック一覧です: 「センゴク権兵衛」第10巻発売~宮下英樹著:

« ぶらぶらと&2つのお知らせ | トップページ | 西郷どんも喋った「鹿児島言葉」絵はがきVS「奇抜極マル徳島之盆踊り」写真 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ