« 「やっぱり『週刊現代』『週刊ポスト』」 | トップページ | 「広辞苑」VS「『広辞苑』の罠★水野靖夫著」&その他 »

2018年2月 9日 (金)

第12回「雲仙市美術展覧会」~雲仙市吾妻町吾妻ふるさと会館


Photo

今日から12日(月)まで、雲仙市美術展が開催されたので、少し覗いて見ました。

挨拶はとにかく良かった。短くて。あれ、長いとうんざりするし、心に響かないし、覚えきれないし。ちょうど良い長さでした。

ところでですね。最近、テープカット、卒業式、成人式、選挙活動など見ていると、皆さん白手袋をしてらっしゃいますが、あれ、何のため?白手袋をしなければならないほど、皆さんの手が汚いのかな?

式が終わると、上の写真、右下の写真のように、各部門、解説がありますが、先生方、ポイントを押さえ、私のようなド素人にも分かるように、お話がありました。漠然と見より良いですね。

Photo_2 Photo_3

どこかと思ったら、千々石から小浜の汽車道のトンネルですね。この狭さ、昔の汽車の大きさでは無く、小ささが分かります。なお、車で通るときはご注意を。3ナンバー同士はギリギリです。時々はバスも通って、お手上げです。

2

猫人気に押され始めたワンちゃん。右は、どこかで見た所なのですが、看板のレトロなこと。

Photo_4 Photo_5

書道はまったく分かりません。読み方は横に書いてありますが・・・

Photo_6 2_2

昨年、新聞などで話題になった、「千々石ミゲル墓所発掘調査パネル展」。時間が早かったせいか、誰もいませんでしたが、墓所発掘が時系列でよく分かるように展示してあります。

Photo_7 2_3

プロ方か、セミプロの方か、はたまた高校生かよく分かりませんが、

Photo_8

よく、ここまで書き込んだものです。

2_4 3

こちらも、良くできたデザインで、デザインは初期と違って、随分うまくなりました。

4 5

と、鑑賞しながら、やはり写真にせよ絵画にせよ、女性モデルのが一番良いですね。とにかく、モデルさんは美人を使うから。

2_5 3_3  

4_2 Photo_9

ウチのカミサンも美人なら、モデルにして洋画でも描くのですがネ。

残念な事に、雲仙市には、きちんとした美術館、博物館がありません。今回の会場も、ふるさと会館のホールでした。どうかしたときは体育館、公民館を使いました。

雲仙市にも、釧雲泉とか、栗原玉葉とかいて、今日の市展も良いのがたくさん出品されているのですが。小さくとも良いので、欲しいですね。まあ、田舎だから要らないという、議員さんとか、行政上部の考えかな。



« 「やっぱり『週刊現代』『週刊ポスト』」 | トップページ | 「広辞苑」VS「『広辞苑』の罠★水野靖夫著」&その他 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

レトロな看板が並んでいるのは銅座市場の横の路地ですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66375783

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回「雲仙市美術展覧会」~雲仙市吾妻町吾妻ふるさと会館:

« 「やっぱり『週刊現代』『週刊ポスト』」 | トップページ | 「広辞苑」VS「『広辞苑』の罠★水野靖夫著」&その他 »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ