« 「昭和天皇物語」~能條純一作画★半藤一利著★永福一成脚本★志波秀𡧃監修 | トップページ | 「鬼火焚き」&「七草がゆ」&「三社参り」~雲仙市千々石町 »

2018年1月 5日 (金)

愛野町「首塚」について~雲仙市愛野町

Img_20180105_0002

         (「雲仙の文化財」の写真より)

愛野町(あいのまち、です。あいのちょう、ではありません)の首塚です。
コメントをいただき、前回書き忘れたことがあるので、少し書いてみます。

長い間、島原・天草の乱のとき、討ち取った首の3分の1をここに埋めたと言うことですが、埋めたのは天草の富岡、有馬、長崎の西坂(26聖人の処刑された所)あたりではないかと言われています。

だた、富岡ははっきりしていますが、有馬、長崎については、「じゃないか」と言うことで、はっきりした場所は特定できておりません。

このことについては→こちらをクリック に少し書いていますので、ご覧を。

宝永四年、島原藩松平忠雄公のとき、島原半島各村の石高、人数、お寺、神社、村内の鉄砲の数、村の様子などが書かれた「島原大概様子書」があり、その後たびたび書き直されたそうですが、「会津村(現雲仙市愛野町)」の所に次のように書いてあります。

「首塚壱ヶ所有馬一揆(注;島原・天草の乱)之節切支丹之首三千余埋めし塚と申伝ふ。」

これが後年までひびき、「長崎ネット」、「じゃらんnet」等々にも堂々と、島原の乱のおり云々と現在も書いてありますので、ご注意を。真っ赤なウソです。

ただ、どうして上のような話になったのかは、残念ながら、文書(もんじょ)としては残っていません。


« 「昭和天皇物語」~能條純一作画★半藤一利著★永福一成脚本★志波秀𡧃監修 | トップページ | 「鬼火焚き」&「七草がゆ」&「三社参り」~雲仙市千々石町 »

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66245168

この記事へのトラックバック一覧です: 愛野町「首塚」について~雲仙市愛野町:

« 「昭和天皇物語」~能條純一作画★半藤一利著★永福一成脚本★志波秀𡧃監修 | トップページ | 「鬼火焚き」&「七草がゆ」&「三社参り」~雲仙市千々石町 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ