« 2018 「一日早いスーパームーン」 | トップページ | 愛野町「首塚」について~雲仙市愛野町 »

2018年1月 3日 (水)

「昭和天皇物語」~能條純一作画★半藤一利著★永福一成脚本★志波秀𡧃監修


Img_20180101_0001

「昭和天皇物語」は、「ビッグコミックス」にも連載されていますが、週刊誌はリサイクルに出すので、とっておけません。

いつもの本屋さんで、ひょっと見ると単行本になっていたので、買ってきました。作画の能條純一さんは、「月をさすゆび」、「月下の棋士」あたりからファンになっていたのですが・・・

私、母から叱られながら、マンガを読んで、60数年。やはり、マンガの命は絵の線。といっても、分からない方にはわからないでしょうが・・・今のマンガの絵の線、どうにも好きになりません。

「昭和天皇物語」は、終戦後、マッカーサーに会うところから始まりますが、今のところ、まだ、少年時代の所です。これから、戦争に突入する寸前の所ですが、どう描かれるか楽しみです。

近年、戦争責任について、昭和天皇、政府を責める意見が多いようですが、政府の意見をそのまま、「大本営発表」として、垂れ流しに報道したのはのは誰でしょう。また、それをそのまま受け入れ、少しまじめな本を読んでいると、「赤」と非難し、憲兵に売ったのは誰でしょう。

私自体は、学生時代、フォークゲリラ、反安保、大学紛争時代で、ビラ配りもし、石も投げ、スクラムも組んで、催涙弾も撃ち込まれました。私の立場は、是は是、非は非です。

戦後、政府、官僚がどんなことをしたのかは、皆さんのご存じの通りです。今回の選挙にしても、その後の動きー医療費の値上げ、税金の値上げ、外国旅行者に対して1,000円徴収するって何でしょう。NHKのワンセグ視聴も料金を取られそうです。スマホ持っている、あなた!今すぐ、捨てなさい。NHKから請求書来ますよ。つねに、世の流れを見ていくこと、声を上げる事が必要だと思います。

さて、このブログも5年ばかり続きましたが、前にも書いたとおり、橘樹中佐の銅像を見て、「このおじさん、誰?」とか、地元の氏神様、「温泉神社」について、「温泉が湧いっとった」とか、今年は、「おじちゃん、有馬晴信って誰?」とか聞かれまして、絶望でした。北海道の方まで、知ってくれとは言いませんが・・・

聞いた子は、30半ばですが、頭は良く、長崎の某国立大学をトップで入学し、入学生代表で、「挨拶のことば」を読んだ子です。

歳を取った方と話をしても、意外と知らない人が多いんですね。若い人と話をしていると、興味を持っている方もあり、歴史講座なども少しばかり若い方の姿を見るようになりました。

で、私の知っていることを、1~2年かけて小冊子でも書ければと思います。やさしく、少し深くですが。ということで、今年はブログを書く回数が減るかと思いますが  o(_ _)oペコッ

さて、実は私は地元の人間でもなく、知らないことも多く、そこは、郷土史家の方、おじいちゃん、おばあちゃんにでも聞きながら、勉強をしながら、まとめてみようと思いますが、多分、間違いだらけになるでしょうから、冊子の題は、「知ったかぶり、ちぢわ」にしようかと思っているところです。体力と気力と記憶が心配ですが・・・・




« 2018 「一日早いスーパームーン」 | トップページ | 愛野町「首塚」について~雲仙市愛野町 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66237250

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和天皇物語」~能條純一作画★半藤一利著★永福一成脚本★志波秀𡧃監修:

« 2018 「一日早いスーパームーン」 | トップページ | 愛野町「首塚」について~雲仙市愛野町 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ