« 「礫石原(くれいしばる)環状石組遺構」&その他 | トップページ | 「田舎には、住むな!」~腹立つな! »

2018年1月15日 (月)

「すき好きノート」~谷川俊太郎著

Img_20180115_0007_3 Img_20180115_0008_3

「あさイチ」で話題になったそうですが、初版が2012年10月30日、私が買ったのが2017年7月25日の第11版。で、今日買い、新刊だと思ったのですが、こちらに着くのが遅いですね。何せ、片田舎だから・・・

本の帯に書いてあるように、「こどもむきは ひだりから」、「おとなむきは みぎから」と書いてあり。ちゃんと「すきノート たにがわしゅんたろう」と、「好きノート 谷川俊太郎」と使い分けています。

下が、おとな向き。「一番好きな○○○」はなどと書いてあり、片方のページは罫線が書いてあるか、全くの白紙で、ここに自分の「好きなもの」を書いて本を完成させるようになっています。おとな向きは、谷川さんのコメントも付いています。


Img_20180115_0003_2

こちらは子ども向きようで、やはり片方のページが白紙で、ここに、言葉やら、絵やら、写真などを貼って、本を完成させます。

Img_20180115_0004

子供用はさておき、大人用を2,3ご紹介。

「12 好きな俳句。」ということで、谷川さんは池田澄子さんの。

「葉桜や生きていて賦に落ちぬ日の」
「いつしか人に生きたわ アナタも?」

をあげられていましたが、私としては

「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの」が好きなんですが。

「13 好きな食べ物。」、ですね。谷川さんは、いろいろ書いていますが、私としては、

「母の日の 手のひらの味 塩むすび」(鷹羽狩行)ですね。もっとも、母は亡くなり、食べられなくなりましたが・・・・

「20 好きな窓。」

「両端に留め金が付いていて、上へ開ける旧国鉄の三等車の窓。」、長崎から東京まで何回となく受験に行きましたが、この窓懐かしいですね。今のはめ殺しのガラス窓には情緒が無いような。

「19 好きな瞬間」

なんといっても、初めてカミサンの手を握った瞬間ですね。あのころは、ホントに可愛かった。歳をとると・・・・

とまあ、真剣に考えなく、縁側で日向ぼっこでもしながら、ボンヤリと考えるのが一番でしょう。で、書き上げてみると、自分の姿、というか、今までの人生が見えてくるようです。

気楽に、自分の世界で一冊のノートを作るのもどうでしょう。ちゃんと背表紙に、〈なまえ          〉と、自分の名前を書くようになっています。




« 「礫石原(くれいしばる)環状石組遺構」&その他 | トップページ | 「田舎には、住むな!」~腹立つな! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66282001

この記事へのトラックバック一覧です: 「すき好きノート」~谷川俊太郎著:

« 「礫石原(くれいしばる)環状石組遺構」&その他 | トップページ | 「田舎には、住むな!」~腹立つな! »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ