« 2017年10月15日 - 2017年10月21日 | トップページ | 2017年10月29日 - 2017年11月4日 »

2017年10月22日 - 2017年10月28日

2017年10月28日 (土)

The! 「三くだり半」

Img_20171028_0002

またもや台風が接近しているため、今日も少し短く。

昔から悪い癖で、受験参考書を1,2冊買って、徹底的に勉強すればいいものを、あれこれと目移りして、6,7冊買って、最初だけをチョコチョコとやって、後ろは全然手付かずの状態。

今回の古文書(こもんじょ)の勉強も1年くらいたちますが、入門書が増えるばかり。今回見つけたのが、上の本で、「三くだり半」は、大体三行半程度の短文で、しかも形式も大体決まっています。しかも、本の活字も多少大型で、私みたいな老眼、近眼、乱視にもピッタリ。

江戸時代の離縁というと、「縁切寺」、「駆け込み寺」が思い出されますが、相模国(神奈川県)鎌倉の東慶寺と上野国(群馬県)徳川満徳寺の2つしかなかったそうです。

満徳寺の離縁では、三くだり半は独特の書式で書かれたそうで、「満徳寺離縁状」といわれているそうです。

で、折角ならと、本物の「離縁状」を手に入れてしましました。


Img_20171028_0001

読めないと思いますので、書いてみると(誤りがあったら、ゴメンチャイ)。



    一札之事

一 此とめ登(と)申(もうす)女不相応(ふそうおう)ニ付
   今般離縁致候然(しか)るうへハ
   向後(今後)何方(いずかた)江(え)縁付候共此方毛
   頭(もうとう)構無之(かまえこれなく)候為後日一札如件

  文化十三年子極月十二日

                  中坂村
                      源次

     立合
       御目明利三郎殿(?)
                とめ方へ



要するに、とめという女性と結婚したが、とめさんとは、不相応なため、離婚をする。ついては、今後、誰と結婚しようが、こちらとしては一向にかまわない。後日のため一札を書いておく。

という事ですが、面白いのが、「不相応」。とめさんと結婚はしたけれど、「不相応」、つり合いが取れない、という事で、現代でいえば、「性格の不一致」、「別れたわけは何でもないが」という事で、一方的に女性が悪いのではなく、男性にも責任があると解釈ができ面白い所です。

なお、「何方江縁付共此方毛頭構無之候」については、離婚後は女性を縛ることなくという事で、江戸時代、男性優位だと言われた時、面白い表現、考え方だと思いました。

なお、時代劇などで、「三くだり半」と言いますが、上のように、「一札之事」、「離縁状之事」、「離別状之事」、「離縁一札之事」、「去状之事」、「暇状之事(いとまじょうのこと)」と書いてある事もあるそうです。

上の文書で名前の下に、「へ」の字みたいな形が見えますが、「爪印(つめいん・つめばん)」といい、爪に墨をつけ捺印したものだそうです。

なお、この文書を持って、役所に行っても、受付されませんのでご注意を。


(参考:引用・「三くだり半からはじめる古文書入門」)






2017年10月27日 (金)

iPhoneⅩ「予約狂騒曲」

Photo


今日は、iPhoneⅩの発売予約日で、まだ、世間様には出回っていないので、上の写真は他の方のブログの写真を(無断)借用しました (*_ _)人ゴメンナサイ 。

当初は、8Plusを予約していたのですが、実機をいじくっていると、私のかわいい手には少し大きすぎ、8だと今持っている7とあまり変わらず、で、後で調べると、ⅩはPlusと8との中間の大きさで、まあ、これなら良いかなと、8Plusはキャンセルをして、iPhoneⅩに乗り換えをすることにしたのですが。

皆さんご存知のように、昔は徹夜してショップの前に並んでいたのですが、現在はWEBで注文になりました。

と言っても、こちらは田舎で、以前の6Sだったかな、受付時間30分前に行ったら、並んでいるのたった2人。

今回はWEBで申し込みをし、前日から何回も練習をし、電波時計を3台準備し、申し込みはPC、タブ、スマホと3台でスタンバイをし、あと、受付開始の4時1分を待ち、ジャストで申し込みをしたら、もう、「ただいま混雑しておりますしばらくお待ちください」ですって、で、3台を使って次々にアクセスしたら、4時25分にやっと受付が出来ました。

調べてみると、皆さんなかなか繋がらなかったみたいで、大体、4時20分前後からつながり始めた感じ。で、ショップ受け取りにしましたが、家電屋さん受け取りが良かったかな?

昨年、7ジェットブラックを注文し、ショップ受け取りにしたら、全く音沙汰がないので、「まだ?」、「まだなんですよ」、「いつ頃になる?」、「・・・・」、「一日何台くらい入荷してる?」、「・・・・・」、「一台くらい?」、「一週間に一台くらいです」だと。その足で、某家電にいったら、数台入荷してました。なお、情報によると、ショップに並んでいた方が受付が早かったとか。

毎年、同じ状態が続き、今回も同じことが起こるのは目に見えた事でしょう。IT企業とはいいながら、実に遅れた対応です。

さて、発売日は、11月3日で、予約のメールが届いて、予約状況は、「商品取り寄せ中」となっていますが、私のiPhoneⅩは、多分今年中には届かないでしょう。来年のクリスマスには届くと思いますが。

大体、11月3日発売なら11月3日に発売するのが当たり前でしょう。こんな商売をするお店屋さんなんてありません。

3GS時代から使っていますが、最近のAppleの商法には合点がいかず、2年後の再契約時には普通にショップに行って、普通のガラケーに変えようかと思っています。





2017年10月26日 (木)

「センゴク権兵衛 第8巻」発売~宮下英樹著


Photo_2

「センゴク権兵衛」第8巻が発売になりました。

実は、明日、4時1分と言えば分かる方には、分かるのですが、iPhoneⅩ発売の受付があり、前回、ネット受付でミスってたので、これから、ミスらないように練習をします。

故にですね、今日は簡単に。

実は秀吉の九州征伐はそう簡単には運んでいなかったのですね。誤解をしていました。

「先だて豊臣方は大友宗麟を大坂に迎える、秀吉は宗麟の『島津征伐』の請願に快諾する。」という事で、秀吉の目的は島津征伐にあるわけですが。四国を抑える、ゴンベエさんと長曾我部元親も援軍を命じられることになるわけです。

が、島津軍は大友宗麟を「耳川合戦」で破り、「肥前の熊」と言われる、「竜造寺隆信」を、「沖田畷の戦」で討ち取るという強さ。まさに、鬼神のごとき「島津軍」。

さて、以下の展開はどうなるか(歴史書を読めば分かりますが happy01 )次
号をお楽しみに。




2017年10月25日 (水)

「やっとそろった『週刊現代』『週刊ポスト』」

Img_20171025_0001 Img_20171025_0002_2

選挙を前に、現代が発刊され、選挙が終わった後でポストが発刊されました。選挙を睨んでか、単なる勤務状態かは分かりませんが、できれば選挙前に同時発売して、選挙予想の競争をして欲しかったものですが。

という事で、「やっとそろった『週刊現代』『週刊ポスト』」。

■「全選挙区の最終当落が決まった。」

現代さんの方ですが、「本誌は全国の有権者を対象に、独自に5600人調査を実施した。その結果は支持率38.5%で自民圧勝。・・・・・」と良い所いってますね。

もっとも、今回の選挙は、小池おばさまのオウンゴールでしたが、これで、安倍長期政権が決まったわけですが、どうなることやら、オラ知らネ。

■「小池『希望の党』解党危機」」

「2017年 小池代表辞任要求で希望の党『絶望の自壊』が始まる。まあ、当たり前でしょう。

「18年4月:加計獣医学部が開校・18年6月:国防軍が発議・18年9月:自民党総裁選での『安倍裁定』・19年10月:消費増税の不況がはじまる 有権者のみなさん、これが私たちの選んでしまった『未来』です」。その通り。


■「防衛省現役幹部が語った『年明けに米朝開戦。』」

安倍長期政権と言っても、これ、本当なら壊滅ですね。韓国、日本は全滅でしょう。

核の傘?破れ傘ではどうにもなりません。早いうちに海外に、お引越しを。できる事なら、月あたりはいかがででょう。お安くしておきますよ。

■「過払いされた遺族年金 あとから『返して』と言われたら」

遺族年金の「過払い」の問題ですが、またもや「日本年金機構」の問題です。
めんどくさいので、以後「NA」(日本を代表するアホのこと)と書きますが、ある日家に帰るとNAから、「お知らせ」が届いていて、「年金に過払い」があり、「つきましては、過払いの返還をお願いしたく存じます。」で、返還額が500万近い額。

誰が、どういう風に計算しているのでしょう。本当にNA。公務員止めろ。

■「『リン酸塩』が入っている食べ物はこれだ」

「リン酸塩」は「血管を詰まらせ、骨が脆くなり、肝臓にもダメージが!」だって。で、「チューハイ、ハム、食パン、チーズほか 大手メーカー・コンビニに聞いてみた。」

「セブンイレブンでは、食の安全・安心への取り組みとして、’06から自社工場で作るオリジナル食品のパン、サンドイッチに入っている、ハム・ソーセージ類はリン酸塩を使用していない。」だそうです。ファミマも来年3月から同じ取り組みをするそうです。

■「現役医師の実名告白『刺激に満ちた〇人との〇ッ〇〇これに勝る薬なし』」

ですって、わかっちゃいるけど、私、愛〇がいないんですよね。多分、持っている方は少ないと思います(特にお金のないオジサマ族は、医者とは収入が違います)。無責任な記事は書かないように。





2017年10月23日 (月)

「せつない動物図鑑」~グルック・パーカ著・服部京子訳

Img_20171023_0001

以前、「ざんねんな生き物事典」を紹介しましたが、本屋さんの棚を見ていたら、「せつない動物図鑑」というのがあり、あれ?もう3冊目が出たのかと思って、買ってきたら、「ざんねん」ではなく、「せつない」でした。

ひとつヒットすると、同じような本が出るので、その手かなと思って、作者を見ると、ブルック・バーカー氏。作家、イラストレーター、コピータイラーで、初の著書である本書が、ニューヨークタイムズ紙とロサンゼルス・タイムス社のベストセラーリストに載り、世界各国で翻訳出版されているそうです。オランダのアムステルダムに夫とともに住んでいるそうです。

面白かったので、一気に読んでしまいました。少し、ご紹介を。

■「カラスはきらいな人間の顔を忘れない」

以前、カラスにいたずらをしたら、数日後、後ろから頭を強打されたそうです。サルと一緒で、出会ったら目を合わせない、餌はやらない、いたずらをしないようにしましょう。

■「ハエがだせる音は『ソ』だけ」

ハエの、ブ~ン、という音は「ソ」の音だけだそうです。ギタリストの方はチューナーや、音叉を持つより、ハエを飛ばせておいた方が・・・

■「カバは好きな子におしっこをかける」

なんとなく、人間の子供みたいですね。好きな子にいたずらをしたりして。

■「オスのイヌは、メスのケンかにわざと負ける」

子イヌのオスとメスのケンかの時は、オスはメスが噛みつきやすいようなポーズをとるそうです。ちなみに、メス同士のケンかは、激しいそうです。

■「フラミンゴが片足立ちする理由はよくわからない」

現在5つの仮説があるそうです。

➀持ち上げている方の足を休ませるため。
②片足を体にくっつけることで血のめぐりを良くし、体を温める。
③両足を水に入れると寒いため。
④水の中にいる寄生虫をさけため。
⑤背の高い草のふりをして、水中のえものに2本足の動物だとバレずに近づくため。

と、さて、正解はどれでしょう。

■「ナマケモノのトイレは週に1回だけ」

と、本当でしょうか。世の中、便秘で苦しんでいる人が多いのに。なお、トイレをするときは、木から降りてきてするそうですが、これも、理由は分からないそうです。

■「ミツバチは500gのハチミツをつくるため、2000万円分働く」

ミツバチ一匹が1時間働いて作れるミツは、0.02g。500gのミツを作るには、2万5000時間。時給800円だとしたら、給料は約2000万円になるそうですから、ブラック企業どころではないですね。

■「帰れない夫たち」

今、NHKテレビを見ていたら、仕事が終わっても、まっすぐ家に帰れない夫たちが増えているそうです。原因はそれぞれあるようですが、お茶が入ったポットを投げつけられた人もあるとか。妻が寝る時間まで、外でウロウロ人もあるとか。とにかく「帰宅恐怖症」ですね。

何より世の夫たちが、「せつない動物」ではないかと思った次第です。ウチも定年退職して一日顔を合わせていると、なんとなく、「ウツ状態」ではないかと思うことがあるのですが・・・・・





« 2017年10月15日 - 2017年10月21日 | トップページ | 2017年10月29日 - 2017年11月4日 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ