« 2017年9月24日 - 2017年9月30日 | トップページ | 2017年10月8日 - 2017年10月14日 »

2017年10月1日 - 2017年10月7日

2017年10月 7日 (土)

「聖書と歎異抄(たんにしょう」~五木寛之・本田哲郎著


Img_20171007_0002

宗教というと苦手なのですが、この本意外と面白く読めました。

「五木寛之」さんはご存知だと思いますが、休筆をし仏教を学び、「親鸞」を書き、最近は宗教、人の生き方に関する本を書いています。時々「五木ひろし」さんと間違う方がいるので、注意してください。

「本田哲郎」氏は、上智大学卒業後、フランシスコ会に入会、71年司祭叙階。上智大学大学院神学部修士課程の後、ヴァチカンのローマ教皇庁聖書研究所を卒業。
のち、釜ヶ崎で日雇い労働者に学びつつ、聖書の翻訳、研究、失業者の生活支援等などに努めています。

面白いのが、本田氏がバリバリの聖書学者にも関わらず、現在の聖書に疑惑をもっていることで、随所にそのことが見られます。

イエスの父親は普通、大工だと思っていますが、「(『新約聖書新共同訳』『マルコ福音書』6章3節)が、本来の言葉『テクトーン』、石切人の事です。」とあり、「大工」は、「ステータスでもあり、名士ですよ。」という事ですが、「石切」は「昔の映画を見ていますと、そこでは犯罪人とか囚人が石切をよくやってますね。」ということで、「大工」と「石切」ではイエスの父親に対するイメージが全然違ってくるわけです。

「心貧しい人々は、幸いである」という言葉はよく聞く言葉ですが、50~70人のそれぞれの分野の聖書学者と連携して訳をおこなったとき、ほとんどの学者が「マタイ福音書」の「心貧しい人々は、幸いである」というのは「原文とまったく違う事を日本語で表現している」と一致したそうです。

ところが、「聖書を出版するキリスト教サイドとしては、それはいじらないでほしい」と。理由は「辞書などにも、たとえば『心の貧しい人々は、幸いである』という例文が出ていたりして、もうすでに長い間、一般化されている・・・・・まして教会の中ではずっと言い続けて来た。その表現がもし多少でも変わってしまうと、聖書として受け入れがたくなる。・・・・」ですから、「もっとちゃんと原文に近い表現に直そうとしているにもかかわらず、できませんということになる。」という事になるそうです。

さて、この本は五木寛之氏の学識の広さが伺え、聖書まの知識も広く、親鸞とキリスト教の勉強をするのに、ピッタリの本かと思います。巻末には、五木寛之氏の「歎異抄」の現代語訳ものっています。

なお、話は少し変わりますが、江戸時代には全員どこかの寺に属していました。
これは、島原・天草の乱後、キリシタンを取り締まるため、キリシタンではないことを仏教寺院に請け負わるためで、「寺請制度」をいいます。

年に一度程度、各村を回り、「宗門御改帳(地方、時代によって多少の違いあり)」を作っています。下の写真です、宗派別に作っているのが分かります。右から「天台宗」、「禅宗」、「浄土宗」、「真言宗」になります。

Dsc_0134

もちろん、お調べのときは、下の図のように踏絵をしていたそうです。前にも書いたように、この時使った、筆代、墨代、食事代(場合によっては、朝から酒)、お土産まで村のお金で賄ったそうですから、現代の役人のほうがましだ、と言えます。

Img_20171007_0001

なお、「宗門改帳」には、各家の一人一人の名前も書いてあります。

下は、「禅宗定津院」の檀家、儀右衛門さん41歳の家族で、女房、子供が16歳、8歳、4歳。37歳の茂吉さんかと思いますが、多分、歳から見ると、儀右衛門さんの弟で、嫁さんを貰い遅れたものと思われます。母は63歳ですから、当時としては長生きかな。

女の子は「娘」、男の子は「子」とあり、女性の名は書いてありません。時代が分かります。

Dsc_0136_2

男4人、女3人の家族だという事が分かります。
かように、私たちは、昔は強制的にどこかの寺に所属をさせられたわけです。

キリスト教にしても、十字軍、魔女裁判、異端諮問。また、第2次大戦にしても、宗教界がどのような態度をとってきたか、今の各地に勃発するテロにどのような態度を取っているのか、また、寺の仕事は葬式と言われる中、もう一度、宗教の本質を考える時代になっていると思っているのですが。





2017年10月 5日 (木)

2017年10月5日 コスモス園二つばかり~「干拓地のコスモス畑」・「白木峰高原コスモス園」

Photo_2

今日は曇り天気。いつもは10月10日頃にコスモス園を見に行くのですが、天気が崩れそうなので、早いかなと思いながらも、二つほどコスモス園を回ってみました。

回った所は、「諌早湾干拓地のコスモス畑」と「白木峰高原のコスモス園」。上の写真は白木峰のコスモス園です。

最初に行ったのが、「諌早湾干拓地のコスモ畑」。まだまだですね。料金徴収所も閉まったまま。コスモスの苗もまだまだ。


Dsc_0030 Dsc_0026

こちらは、少し伸びたコスモスですが、花はまだまだ。向こうに見える山が雲仙岳。コスモスが咲けばロケーションとしてはいい場所なのですが。

花は咲いていないといっても、天候次第では一斉に咲くことがありますから、要注意です。


Dsc_0025

次に行ったのが、「白木峰高原のコスモス園」。便所近くのパネルで、一年の手入れの様子が展示してありますが、何年も前から変わっていませんね。

ここ、料金徴収所はありませんが、「協力金」として、大人100円入れるようになっています。


Dsc_0033 Dsc_0034

で、こちらはボチボチですが、先のほうがまだ咲いていません。


Dsc_0056_3

あちらこちら咲いていますが、まだまだですね。ざっとみて、4~5分咲きか。

Dsc_0048 Dsc_0094

Dsc_0097 Dsc_0048_2

ブロブで花の情報を書いていると、行ってみたけれど、たいしたことはなかったというコメントをいただくことがあります。

俳句の季語に「探梅」という言葉があります。早春、まだ梅が咲いていない時分、山野を歩き回り梅が咲いていないか、梅の花を探すという事です。

某句会で、「探梅」のお世話を、俳句を知らない若い人が、バスの手配、昼食の会場など頼まれたとき、「え!まだ梅なんて咲いていませんよ」、「いいのよ、探梅は梅が咲いていても、いなくても。」と言われたそうです。

山の中で咲く一輪の梅の花、梅林で咲く何千という梅の花。さて、どちらの方が感動的なのでしょうか。

一輪の花の中に、千の花の美がある。といったのは、私の師匠ですが、一輪の花をじっくり見るのも楽しいものです。一輪の花しかなくても、花の「美」を楽しんで欲しいものです。


Dsc_0122




2017年10月 4日 (水)

「今宵は『中秋の名月』」

Img_20171004_0001 Img_20171004_0002

本日は、揺れ動く政局などを書こうと思ったら、TVで「今日は中秋の名月で・・・」
とやっていたので、調べると本当に今日が中秋の名月。
少し雲が出ていましたが、少しすると雲が切れ、きれいなお月さま。

例によって、売れの残り現品処分1万2千円のデジカメですが、意外ときれいに撮れるもんで・・・・

Img_2219

という事で、今日は月でも眺めながら、心清らかにお過ごしください。
なお、本物の月はまだ出ております。




2017年10月 2日 (月)

終活、止めた!



Dsc_1351

今日、コンビニに行ってみたらキットカットの新しいのが目につき、買ってみました。

今回は、見ての通り、「日の丸」を描いて、サッカー解説者の松本安太郎氏が監修。キャッチフレーズが、「絶対に負けられない戦いがそこにはある」ですから、多分、オリンピックの応援でしょうが、もう一つが、相変わらず、「ああ 青春のシトラス味」で野球場が書いてありますから、以前書いた高校野球の応援だと思います。

裏には相変わらず、「♯キット願いがかなう」と、なんとなくオヤジギャグ的な感じ。高校野球はすんだのに、まだ出荷されているのは売れ残りかなと思ったら、どちらも、「2018.05」の賞味期限。来年までは大丈夫だという事ですね。

で、考えるに、この「キットカット」を大ヒットさせる方法があるのですが。「のど飴」の方、左右に、安倍晋三さんと小池百合子さんを載せれば、「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」というキャッチフレーズがピッタリではありませんか。絶対に売れますよ。


Dsc_1352 Dsc_1357

という事を考えながら、先日よりカミサンから、「荷物ばかり増やして、アンタが死んだら子供たちが整理するのに迷惑するやろ、いらん荷物は捨てんね!」と言われており、本日は一日中雨でやることもないので、「終活」とやらに取り組みましたが、昔、切手少年で、「東京オリンピック」の切手が出てきたりして、懐かしいですね。
昔は、浮世絵を使った色っぽい記念切手もあったのですが・・・

Dsc_1366 Dsc_1373

と、ボチボチ荷物をまとめていたら、下の写真が出てきまして・・・

今では、若い子のそばに寄っただけで、キャ~、といって逃げられますが、昔、一時的にモテていた時代がありまして、その時付き合っていた一人ですが、カモシカのような足、ウチのカミサンに比べれば・・・・・

写真を見ていると、先週までNHKの「ひよっこ」の主題歌の一節を思い出しました。”今頃どうしてる? さなぎは今、蝶になって、誰かの腕のなか・・・”青春って、せつないですね。もっとも、この子も今では60歳を過ぎていますが。

ところで、この子とは旅行に行って写真を撮ったのですが、名前と場所を思い出せず、一日考えていたら夕方になって、終活活動は中止しました。

Img_20171002_0001_2_2

「子供に迷惑をかけるから、荷物をかたずけて終活を」とよく言いますが、こちらも子供に迷惑をかけられながら育てたわけで、それなら子供に迷惑をかけたって、良いじゃないですか。ということで、面倒臭いので、「終活、止めた!」

ところで、このブロブ、カミサンが見たらどう思うかって?・・・ウチのカミサンは、100%、絶対に私がモテないと思っているので、絶対的に信じないでしょう。




« 2017年9月24日 - 2017年9月30日 | トップページ | 2017年10月8日 - 2017年10月14日 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ