« 2017年9月17日 - 2017年9月23日 | トップページ | 2017年10月1日 - 2017年10月7日 »

2017年9月24日 - 2017年9月30日

2017年9月30日 (土)

「児島(こじま)」へ~其の三

Img_20170928_0003_2 Img_20170928_0002 Img_20170928_0001_2

「栄西」、普通は「えいさい」と読みますが、「建仁寺」のホームページには、「開山千光祖師明庵栄西(みんなんようさい)禅師。」とあり、「栄西」は「ようさい」とも読むことが分かります。

このことについては、「栄西を訪ねて~芝村哲三著」に「栄西は、古来より『えいさい』と『ようさい』の二通り呼ばれている、『えいさい』は漢音の呼び方であり、『ようさい』は呉音の呼び方である。」と記されています。

この三冊の読んでみると、同様な事が書いてあり、建仁寺あたりに河原院という昔の仏閣に埋もれた梵鐘があり、それを掘り出し、建仁寺に持ってくるとき、あまり重いため動かず、栄西は、「私の名前を呼びながら引けば動く」と教え。「ええさい!ようさい!」と声を合わせて引くと動いたそうです。

なお、「室町時代の古い辞書『節用集』などには、(中略)建仁寺創建のとき木を曳くにあたり、『えいさい、ようさい』と開山の名を呼ばせたという伝説まで生まれている。」(「国立国会図書館レファレンス協同データーベース」より)とあります。

また、面白いことに、「栄西の道~千光燦著」の「東林寺(福岡市西区宮ノ浦)」の所には、「ここらへんの漁師たちは、沖で網を引くときは、ヨーサー、ヨーサ(栄西々々)といってあげるんです。禅師をしのぶ掛け声ですね」。といった記述もあります。いずれにしても、重たいものを運ぶための掛け声が、「えーさい、えーさい(よーさい・ちょうーさい)」という事が分かります。

さて、南串山の庄屋日記にも、「漁夫栄西の跡を慕ひ千載の今に至てかけ声申にエイサイト云うハ栄西ナアと申事ニテナアハ今ノ詞に云ヘハナイハイノ略語にて遍(あまねく)サマノなまり也栄西様といふ事也と享保年禄に有之候」。とあり前述の、「東林寺」と全く一緒です。(分かり部分もあるかと思いますが、目下編集中です。)

さて、栄西は本当に南串山に来たかというと、「栄西を訪ねて~芝村哲三著」には、次のように書いてあります。

諸先生の著書の中に、二度目の宗より帰国後、平戸で禅規をその後、「肥の前州(肥前)高来郡に智慧光寺を創建し、禅を広めた・・・・」。とあり、「智慧光寺」は「福智慧光寺」としたものもあるそうです。

原点を調べると、曹洞宗相国寺派本山の蔵本(現在は東京大学資料平編纂室蔵。)の「縷氷集」の中に、「あきらかに肥前の智慧光寺と記されてある。」そうで、「長崎県には、北高来郡、南高来郡(注:現在は町村合併のため名前は消失、本来の名前の由来を粗末にする、〇鹿な行政の仕業です)が広い範囲にわたり存在している。例の雲仙は(昔は仏教の聖地として栄えました)は南高来郡である。高来町と呼称する町も諌早の東にある。」と書かれています。

Img_20170930_0001_2

長崎県の地図です。赤の矢印の内部が高来郡、今話題にしている南串山町の「児島」あたりが黒の矢印。地図は「国郡全図(ものしり・・・天保国郡全図で見る壊疽諸国より)」。今の地図とは逆になっているので、見にくいと思います。「茂木」は「母木」などと書かれています。

こうしてみると、広いもので、「栄西を訪ねて」の著者も「智慧光寺」の場所を探したそうですが、教育委員会、歴史学者、禅宗の各本山への紹介、寺院明細帳にもなかったそうです。

江戸期に消えた寺院もあり、資料を持っていたので探したのですが、ありませんでした。「栄西を訪ねて」の著者も、私たちが解読している、「馬場庄屋日誌」の事は知らないはずで、私たちも読み始めて初めて知った事実で、消去法でいくと、他の所には記述がない。「馬場庄屋日記」には記載がある、という事は、実際、栄西は南串山に来ていたのではないかと思われるのですが・・・・



「寺子屋」

Img_20170929_0001Img_20170929_0002

「渡辺崋山」の「寺子屋図」だそうです。もちろん、本物は買えるわけもなく、レプリカです。

見ていると、昼休みか、個性に合わせた指導か、学級崩壊かいずれかでしょう。
もっとも、上のような寺子屋だけでなく、下のような真面目な寺子屋もあります。

Img_20170929_0005_2

(「古文書はこんなに面白い」~油井宏子著より)


群馬県に「みやま文庫」というのがあり(平成2年は会長さんは群馬県知事さんになっており、長崎県とは違いますね。)、そこから「群馬の寺子屋」という本が出ており、「昭和11年度調査 群馬県内の寺子屋(含私塾)」という事で、なんと群馬県下で、1351の寺子屋があり、「前橋市城内の寺子屋・私塾」でも、195の寺子屋があったそうですから、今の学校より多いじゃないですか。もっとも群馬県には行った事がありませんが。多分、本当でしょう。

寺子屋の先生として、農民(士分)、単なる「農民」としか書いてないのもあります。神官、僧侶、医者、法印(山伏)、武士、書家(狂歌師)がほとんどです。

「束脩(そくしゅう・今の入学金)・謝儀(お礼)」について。「束脩」は「金または品物を納める」となっています。「束脩」として、「酒一升・赤飯」、「酒一升・金15銭」、「受ケズ・裕福」などもあります。「十銭の菓子」、「赤飯」もあり、「酒」と「赤飯」が多いみたいな感じです。

「謝儀」については、「本県のような農山村の寺子屋では、『家計豊なれば、月謝束脩を遠慮せず』(「群馬県庶民教育史調査」)と、私財で寺子屋を維持したところが多かったようである。そのため束脩・謝儀も定額というものはなく、寺人・登山(入学の事)の場合、つまり、束脩は赤飯一行器と酒のようであった。」という事で、普段は節句に菱餅、暮に歳暮として塩鮭、米などを送ったようですが、「寺子屋の師匠は金銭が目当でなかったことがわかる。」という事だそうです。

さて、教科書では、「旧勢多郡内寺子屋使用教科書及び教材」として、一番多いのが、「庭訓往来」、二番目が下の「実語経」、「今川状」、「史書」、「名頭」などと続きます。

Img_20170929_0004Img_20170929_0003

入学を、「寺人・登山」と言っていたそうですが、年齢は、五歳から十五歳までで、七歳が最も多く、それに次ぐのが八歳、九歳、十歳で、教学年限は大体五年程度であったそうです。

寺子屋は通年ではなく、「季節授業で、主として農閑期、それも冬季に教えていたようである。」という事ですが、この年齢で、上のような書を読んでいたとは驚くべきことで、明治初期に外国からやってきた人が、日本人の識字率、頭の良さにはビックリしたことは各種の本に書いてあることです。とにかく、上のような文書を子供ながらに読んでいたのですから。

山高故不貴 以有樹為貴
人肥故不貴 以有智為貴

食欲の秋、皆さん太り気味になると思いますが、「人肥故不貴」です。ご注意のほどを。

(参考・引用~みやま文庫「群馬の寺子屋」(平成2年出版)より)




2017年9月27日 (水)

「選挙だ『週刊ポスト』だ『週刊現代』だ」

Img_20170927_0001 Img_20170927_0002

明日が衆議院が解散で、まだまだ、不透明な部分があるのですが、とにかく、「選挙だ『週刊ポスト』だ『週刊現代』だ」

■「いざ10・22解散総選挙 全289選挙区当落完全予想!」
■「いまこそ、史上最大規模の”民意”『落選運動』」
■「稲田も下村も高木も、ついでに豊田も復党」

明日解散という事で、ポストも現代も特集を組んでいますが、突如「希望の党」が立ち上がりましたが、何をやりたいのか見えません。

「当落完全予想」といっても、長崎1区は交代する見込み何ですが・・・・

候補者を応援するのは選挙法違反、落選運動をするのは合法。ということで、ネットなどで「落選運動」をしているようですが、ネットに関心ある方、政治に関心あるんですかね。

選挙はまだまだ流動的ですが、自民党が勝つようなら、当然、スキャンダル議員は復党するでしょう。いつもの事です。「選挙で禊(みそぎ)は済んだ」。

■「前原誠司と北の美女」

これ、「文春」の記事ですが、写真を見ましたが、アレで美人ですか?ウチのカミサンの方がよっぽどましですよ。文春の記者さん、ド近眼では?

■「金正恩極秘ルートで最後はロシアに亡命」


地下道を通って亡命するそうですが、「ロケットマン」ではなく「モグラマン」では?

■「2019 年金大改悪で 給料60%天引き時代がやってくる」

このあいだTVで給与明細の話題を放映していましたが、見ていない人がほとんど。何をどれだけ引かれているか、一度は見た方が良いですよ。保険料なんて高い、高い。私、ビックリしました。よく見て、これで良いのかよく考えてみましょう。

■「『消された年金』問題再び」

「でも公務員は『2か月で救済』、民間は『10年放置』は釈然としない」。

年金関係については以前あれだけ騒ぎましたが、又もや598億円の未払いがあったことが明るみに出ました。何回同じことを繰り返したら気が済むのか。まったく職務怠慢。「年金は最後の一人まで支払う」と言ったのは誰でしたっけ。おまけに公務員は優遇とか。


■「本当は中国に負けている日本の科学技術」

分かった事でしょう。中国というと、経済、技術的な面で目下に見る癖がありますが、ロケットの打ち上げ、スーパーコンピュータ、留学生の数等々負けています。このままでは・・・・

■「格安なのは訳がある 全国で広がる『ペーパー車検』の恐怖」

以前、車が良くなって故障が少なくなったので車検は必要ないのでは、という意見もありました。考え方それぞれでしょうが、現在、車に乗る前に点検をする人はいませんね。いざという時がありますが、新車3年、その後2年の車検はあまり早すぎるのでは。とにかく、車検は高すぎる。

■「『前立腺肥大』からの生還」

男性の宿命です。「何度も目が覚める」、「秀吉も悩んでいた」、「『頻尿』が死期を早める」、「治してみたら、夜が変わった!人生が変わった!」。

前立腺の検査はイヤですね。私も何回もしまして、やっと慣れましたが、初めての方は場所が場所だけに、恥ずかし思いが強いと思いますが、おかしいと思ったらすぐに検査を。

私が知っている、70歳代の方が手術をしましたが、「どうですか?」、「出る、出る。気持が良いよ」。

■「禁断の『〇ビデオ』」

「ビデオ」って今はほとんどないんですね。昔は、家族が寝るのを待って見たものですが。「洗濯屋ケンちゃん」が載ってます。このビデオが〇ビデオの本格的な登場でした。わざわざ、博多まで買いに行き、鑑賞したら感動して、〇起しっぱなしでした。昔が懐かしい。





2017年9月25日 (月)

「児島(こじま)」へ~其の二



Dsc_1024

「『児島』へ」の2回目になります。神社は写真の右手、島の中腹にあります。

地元の郷土史家によると、島原・天草の乱(寛永14~15年・1637~1638年)で荒廃した半島の神社を、松倉勝家の後、島原へ移封した高力忠房が半島内の神社を復興し、この神社を最初に修復したといわれています。

南串山町郷土史「みなみくしやま」には、「創立は不詳であるが、寛永十五年(1638)に再建され、安政四年に(1853)に現在の石祠に立替えられる
。(八幡神宮像記)」とありますが、高力氏は寛永十六年(1639)に徳川家光により島原へと移封されています。死去は明暦元年十二月(1655)という事です。

なお、注意すべきは、「創立は不詳であるか、寛永十五年に再建され」というところで、では、以前に作った人がいるという事で、誰が作ったのかという事になります。

先に書いたように、栄西が弁財天を作ったのが建久元年(1190年)と庄屋日記には書いてありますが、栄西は栄治元年(1141)~健保3年(1215)没です。

昔は「弁財天」ですが、現在は「宗像神社」と言っています。神社の改名には明治の神仏分離が関係しており、各神社の古い額束、神社明細調帳などをみると、弁財天が宗像神社、四面宮が温泉神社、熊野権現が熊野神社、祇園社が水神社、八大竜宮が住吉神社等々改名をしているのが見受けられます。

さて、神社の鳥居は壊れており、近隣の方もあまりお参りしないのか荒れていました。

少しきつい階段を上がると、石祠があり、弁財天が祀られていました。
 


Photo 2

弁財天につきものの、琵琶(木製)がありましたが、ギターでいうところのペグとかフレットもないので、飾り物だとわかります。もっとも、この厚さの裏板では音は響かないでしょうが・・・

Photo_2

左が、南串山在住の願主でしょう。右が石工さんで安政七年と、石工 天草下浦船場 石工 要平 同 松太郎の字が読めます。天草との交流が分かります。

Photo_3 2_3

こちらは「領南串山村」ですが、「島原領南串山村」でしょう。右の方はよく読めません。

Photo_5 2_4

灯篭を寄進したした方でしょう。右は「肥前国高来」と読めますから次は「郡」とくると思うのですが、良く見えません。

Dsc_1112 Dsc_1134

こちらは、灯篭ですが「貞享丁四天(天は年の事・1687年)」。

Photo_7

こちらには「文化四丁卯」(1807)。こうしてみると、年代がバラバラみたいですが鳥居が崩れたりしているところを見ると、何回か改築をしたことがうかがえます。

Photo_9

さて、この神社に関しては、「島原半島史(林銑吉著)」に2か所ばかり書いてある所があり、

一つは、「寺社領寄附状並祝詞」。旧島原藩士松村幹二氏の所有であり、郡部又は別領(飛び地領)豊前豊後の神社仏閣に忠房(松平忠房)公が寄附したものを漏れなく記載したものだそうですが。

△寄附 肥前国南高来郡南串山町京泊辨財天社領之事 高貮石貮斗五升(境内林共目録在別紙) 書奥右同断 天和三年(1683)四月廿一日 主殿頭(島原藩主松平公の事)

もう一つが、「島原大概様子書」(島原領内の田、畑の面積、人数、鉄砲の数、などが書いてあり、いわば国勢調査のようなもの)に

△同(寄付の事)貮石二斗五升 京泊崎兒島 辨財天此反別三反歩 兒島廻り百八間高拾六間京泊名浦より海路八町

とあります。さて、この人も住まない小さな小島ですが、なぜこの神社に島原領主が寄進をしたのかは、全くの謎です。

あと二点ばかり疑問があり。①栄西が本当に来たのか。②菩提樹は植えられたか。ですが、また、気が向いたらというより調べるのに難しい所があるので、またいつかネ。

年代が、ズレているようなところがありますが、書いてあるものによって多少違いがあるためです。





« 2017年9月17日 - 2017年9月23日 | トップページ | 2017年10月1日 - 2017年10月7日 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ