« 2016年12月25日 - 2016年12月31日 | トップページ | 2017年1月8日 - 2017年1月14日 »

2017年1月1日 - 2017年1月7日

2017年1月 7日 (土)

2017「七草粥振舞い」(橘神社)&「鬼火焚き」~雲仙市千々石町


2

今日、1月7日は橘神社の「七草粥の振る舞い」と「鬼火焚き」の日。

いつもの通り、七草の見本が置いてあって、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」と記憶力の弱い私が、スラスラと口に出てくるんですね。親から習った覚
えもないし、試験のために勉強した覚えもないし、不思議です。

5 Dsc_0258

2,3人分作るわけでなく、大量に作りますから、おいしいこと。梅干しは、橘神社の梅から作ったもので、七草粥にあいます。

3 2_2

「NBC長崎放送 あっぷる」さんの録画です。これは、後で説明を。正月のにぎわいは終りましたが、「厄払い」の方が多いみたいでした。

Photo 6

さて、「鬼火」です。こちらは、上山頭(かみやまがしら)の鬼火。

「民俗小辞典 神事と芸能(吉川弘文堂)」によれば、「サギチョウ、サギチョ、サギッツチョ、ドンド、サイトヤキ、三九郎焼」等、地域によって呼び名が違うようですが、「正月の火祭りの機会は十四日及び十五日が多いが、九州などでは七日に行い、オニビと呼ぶところもある。」ということですが、「鬼の骨(おんのほね)」と呼ぶところもあります。


Photo_2

鬼火の時には、しめ縄、正月の飾り物も燃やしますが、私もいつもお世話になっているので、行ってみたらまだ始まってなく、積んである焚き物の多い事。聞いてみると、「NBC長崎放送 アップル」の取材が来るとかで、張り切っていつもよりたくさん集めてきたそうです。これだけ、山から切り出して来るのは、大変だったと思います。
Photo_3 3_2

昔は、子供会中心で、子供会同士競いあっていたそうですが、今日も子供の姿はあまり見えず、二人だとか。そのうち、近所の人が見に来たり、ご近所の方、他の地区から正月の飾り物を持ってきたりしていました。

昔は、農家、自営業が多かったのですが、最近は勤め人が多く、朝は早いし夜は遅いし、ということで、ご近所のお付き合いも薄くなってきましたが、このような伝統行事の時、近くの人が寄って雑談などしているのは、いい風景でした。

たしか、昔は字が上手になるように、書初めを持ってきて一緒に焼いていたような気もしたのですが・・・


6_2 2_3

こちらのおじさんは、何をしているかというと、かっぽ酒の入れ物を作っていました。これ、鬼火の熾火(おきび)で燗をつけて飲むと、独特の風味でおいしいんですが、こちらは運転があって、残念。

8 Dsc_0233

こちらが「NBC長崎 アップル」のスタッフさん。右は一升瓶を持って、飲んだくれているようですが、これは「お神酒(おみき)」であって、単なる「酒」ではありません。

「お神酒」は、神様へのお供え物の一つであり、祭りのあと戴きますが、神様に供えられたということで、「神様の霊が宿った酒」で、普通の「酒」とは違います。インタビューの方も、「アップル」の発展を神様に祈りつつ、「お神酒」を飲んだものと思われます。多分。なお、車の運転は右のカメラマンがしていました。念のため。

なお、この後、橘神社の取材もしていましたが、しっかりと仕事はこなしていました。


4 5_2

こちらは、お隣の地区の下山頭の鬼火ですが、やはり子供の姿は見えず・・・

「あれ、子供は?」、「いないんですよね。」、「一人も?」、「ええ、一人も。」ということで、少子化について肌で実感したした次第です。


Photo_4

くんち、ランタン祭り、精霊流し等、長崎には大きなイベントがあり、また、世界遺産登録への運動などあります。それはそれで意義があるのですが、今日、あちらこちら回ってみて、田舎の小さな伝統行事を通じて、近所の方が協力しながら、地域づくりをする事が大切なことを感じました。

ただ、子供が少ないことがですね・・・

「タンポポとかけてなんと解く」
「オ〇〇〇ンと解く」
「その心は」
「種、まき散らす」

ということで、お若い旦那様方は、自分の奥様に、まき散らして少子化を防ぎましょう。

え~お後がよろしいようで coldsweats01



2017年1月 6日 (金)

「涙香(るいこう)迷宮」~竹本健治著

Img_20170106_0001

「くろいわるいこう」をパソコンで変換すると、「黒岩瑠偉公」となりました。ちなみに、「むらかみはるき」は「村上春樹」。時代ですね。

「黒岩涙香」は、私たちの世代では、「鉄仮面」、「巌窟王」、「噫無常(あゝむじょう)」などを思い出すのですが、実は「萬朝報」(注:新聞)を出し、朝日、読売を抜き、東京一の発行部数を誇っています。

「二六新報」が廉価な新聞を出し、読者に福引券を出し、一等は純金三〇匁の延べ棒、二等は上等白米俵等を出し、読者を引き抜きますが、それに対し、涙香はクイズを出し、懸賞金が500円。当時の500円は「ちょっとした家が建つ金額」だそうで、クイズは12文字を組み替えて一つの文章にし、それを解くというもので

月曜日は、「コアサクサイワカネドナデ」
水曜日は、「イシロヤマドデイヌワコナ」
金曜日は、「ギミハミギケウシロニシン」

月曜日の文は、「アサクサデナイ、カネハドコ」。「浅草でない、金はどこ」。
「金」は「鐘」であり、「鐘は浅草でない」と言えば、「花の雲鐘は上野か浅草か」で、「金は上野」にあり。

水曜日は「シロヤマデナイ、イヌハドコ」。「城山でない、犬はどこ」
「城山」、「犬」、前文の「上野」とくれば、「西郷隆盛の銅像」。

金曜日は、「うしろ右端、二間」ということで、答えは、「上野の西郷さんの銅像の後ろ右端二間のところ」。そこを掘れば、小判型の木札があり、本社に届ければ懸賞金を貰えるという事です。おかげで、新聞の売り上げは伸びていきます。とまあ、涙香は面白いことを考える人物。

ですが、そのほか、俗に堕した都々逸を、俚謡として復活されるべく「俚謡正調」と題し七七七五形式の誌を募ったり、現在の「競技かるた」を創始し、これが現在の、「全日本かるた協会」へと発展しているそうです。その他、花札、ビリヤード、自転車、野球、闘犬等々、手を染めていったそうです。

その中でも、「五目並べ」を改正し「連珠」にまで高めています。本編にも詳し過ぎるほど説明してあります。

さて、遅くなりましたが、本書の主人公は、「史上最年少で本因坊」となる、牧場智久。

黒岩涙香研究家の麻生徳司が、手を尽くし探し当て、今は廃墟となった涙香の隠れ家。ひょんなことから、牧場、牧場の恋人類子、そして涙香ファン数名と共に、隠れ家の調査へ。

廃墟には広間と、子、丑、寅・・・と十二の部屋。そして、各々の部屋の東西南北にはめ込まれた青銅版。そこに刻まれた涙香の「いろは」。いわゆる、「いろはにほへと ちりぬるを・・・」と全部の文字を使った歌。

「子」の部屋の北側には

露置く梢 日も濡れて   つゆおくこすゑ ひもぬれて
畝の紫陽花 霧けぶる   うねのあちさゐ きりけふる
空見る虹を  手弱女と   そらみむにしを たわやめと
纖翳叶へ まほろばよ   せんえいかなへ まほろはよ

これが、全部で48編の「いろは」があり、この48編の「いろは」に隠された謎。そして、それを解き進む、牧場智久。

殺されそうになる、牧場。一人の女性が殺され、嵐にとじ込まれた人々。
と、まあ、面白いのですが、「連珠」「いろは」については、少し勉強してないと難しいですね。かなり、辛いです。

黒岩涙香について、興味のある方はとても面白い小説です。なお、山田風太郎「明治バベルの塔」を併読すると、より面白いと思います。

なお、殺人事件は2件起こりますが、なんとなく、付けたしみたいな感じもするのですが・・・・

ただ、一つ謎が残されます。小説とは別の話になるのですが、「ウミガメのスープ」というクイズがあります。分からない方は、ネットで調べると分かると思います。

これに、続いて次の問題が提起されます。「萬朝報」の売り上げが落ちた時、涙香は「開戦論」へ舵を切り替えますが、これに対し、論説を書いていた、幸徳秋水、内村鑑三、堺利彦は退社をします。

秋水が退社届を出し、荷物の整理をしていると、背後から涙香が組み付き匕首を胸元に突きつけます。「はっと驚き、身を固める秋水。すると涙香は手を放し、少しさがってふてぶてしい笑みを浮かべながら『これが僕からの餞別だ』と言いました。するとしばらく眼をパチクリさせていた秋水は『有難うございます』と深く頭をさげ、荷物を手に社から晴れ晴れとした顔で去っていきました。さて、この二人のやりとりは何だったのでしょう?」。これについては、最後まで答えは書いてありません。さて、何だったんでしょう。山田風太郎氏の小説には、涙香、秋水の関係も書いてありますので、是非お読みください。

なお、48編の「いろは」について、涙香がどこかで書いていないかと、ここ一週間ほど調べましたが、全然分かりませんでした。分からないはずで、この「いろは」を作ったのは・・・・・・氏だったのです・・・・

(参考:山田風太郎「明治バベルの塔」)



  



2017年1月 4日 (水)

今日のところは、「週刊文春」&「週刊実話(犯行声明)」

Img_20170104_0001 Img_20170104_0002

本屋さんを覗いたら、「現代」、「ポスト」の出版日が、12月31日になっており、ちょうど「週刊文春」が積み上げてあり、その隣に「週刊実話」があったので、「今日のところは、『週刊文春』&『週刊実話』」です。両方とも、あまり色っぽくないので、気が進まないのですが・・・・

■「小池百合子のブラックボックス」

小池劇場も段々飽きられてきたような感じがしますが、都議会、都政刷新には頑張ってもらいたいものです。都民の方は頑張って応援してください。

「3年同居 20歳年下男性の正体がついに判明!」との事ですが、実態は「い・と・こ」さんで、事情があり、同居しているそうです。

なお、小池さんは離婚経験があり、「カイロ大に留学時代、駆け落ち同然でNさんという三歳年上の日本人留学生と籍を入れています。ところが、Nさんがサウジアラビアで就職が決まった。同行を求めるNさんの誘いを断り、小池氏は一年足らずで離婚を決めたそうです。・・・」という事で、まあ、思い切った方ですね。

■「嵐 松本潤 裏切りの”4年恋人”」

松本潤って誰ですか?何回も言うように、大人の恋で、「源氏物語」の時代だったら週刊誌、追いかけるのに大変ですよ。

■「今井舞 年忘れメッタ切り!輝け!『お騒がせ大賞2016』発表」

のっけから自画自賛。「衝撃の話題だらけだった本年。そのネタのほとんどの発信源は、この週刊文春であった。」・・・本当に昨年は頑張りました。

ベッキー、宮崎謙介元議員、乙武洋、桂文枝、円楽、テレ朝アナウンサー二人、清原和博、高知東生、高橋沙耶、酒井法子元夫、SMAPの解散、その他いろいろ。私、半分くらいしか知らないのですが・・・

■「医療の常識を疑え」

「風邪~解熱剤は飲まないほうがいい」、「がん~野菜を大量にとっても予防にはならない」、「高血圧~朝は冷たい水より温かいお茶を」、「糖尿病~コーヒーはリスクを下げる」、「休肝日は意味がない」、「半身浴は風邪をひくだけ」、「耳掃除はしなくていい」、「ぎっくり腰は動かないと悪化」、「便秘解消には洋式より和式トイレ」。

「洋式より和式」は良く分かります。この間、高齢者の方と話をしていたら、「洋式は力が入らなくて・・・」。私も、時々、便器に
上り、しゃがんで、しております。

■「こんな症状は『この漢方薬!』」

漢方というと副作用がないと思われがちですが、漢方専門のお医者さんと話すと、やはりあるそうです。

漢方専門のお医者さん、お薬屋さんに行くと分かりますが、同じ風邪でも、その人の特徴(痩せている、太っている、体力がある、体力がない等)によって処方の漢方薬が
違ってきます。ドラッグストアで気楽に買うより、専門の所に行って相談するのが無難だと思うのですが。

■「横浜点滴殺人『黒い看護婦』と『消毒液』をつなぐ重大証言」

昨年の夏でしたか、事件が発覚しましたが、その後マスコミなどにも出なくなりました。3名の看護師さんが疑惑の対象みたいですが、まだ先は長いような。


以下は「週刊実話」の「犯行声明~犯行声明に見る凶悪犯罪70年史」ですが、かなり風化した事件、若い方はご存じ無い事件があると思いますので、ところどころ説明を。

■「グリコ・森永事件から31年キツネ目の男」

最初がグリコの社長誘拐。警察をおちょくる文書。自称「かい人21面相」、遺留品の多さ。コンビニの防犯カメラに姿が写っていましたが、結局、未解決に終わりました。

■「相模原障害者施設殺傷事件」

■「狭山事件」

高校1年生の女子学生が誘拐され、遺体で発見されました。冤罪事件として未だに解決していません。

なお、被害者宅の元使用人が農薬を飲み、井戸に飛び込んで自殺。不審な3人組の目撃情報を警察に通報した人物が、自分の胸を包丁で刺し自殺。被害者の姉が農薬自殺。石川(容疑者)が勤務していた養豚場経営者の長兄が電車にひかれて自殺。被害者の次兄が首吊り自殺。「ドキュメント狭山事件」の取材協力者であった、ルポライター集団「文珠社」の一人が変死。


■「草加次郎事件」

「そうか」か「くさか」、読み方は不明。「草加市」に住まわれている方は、疑われたみたいですが、1962年から1963年まで、無差別爆破、脅迫が相次ぎましたが、未解決事件です。

■「赤報隊事件」
■「よど号ハイジャック事件」
■「西鉄バスジャック事件」
■「東京・埼玉連続幼女誘拐殺害事件」
■「秋葉原無差別殺傷事件」

■「三菱重工ビル爆破事件」

1974年、三菱重工ビルが爆破され、死者8人、負傷者376人。犯人は「東アジア反日武装戦線”狼”」

私も仕事で、この辺りを良く通っていたのですが、東京を離れた3か月後の事件でした。

■「ベラミ事件」
■「青酸コーラ無差別事件」
■「神戸連続児童殺傷事件」

■「三億円事件」

この事件については、各種出版されていますの、そちらを読んでください。3億円は取られ、遺留品が多かったのですが、結局、未解決。

■「警視庁長官狙撃事件」

警察機構のトップを狙撃した事件でしたが、奇跡的に命はとりとめました。

警察がオウム犯人説にこだわりすぎたせいか、未解決。


全部は書ききれないので、ここらへんで止めますが、各事件ともそれぞれに、ルポルタージュ等が出ていますので、そちらをお読みください。年とともに風化していく事件が多いみたいです。

読んでみて、警察の初動捜査のまずさ、ずさんな調査、思い込みが、未解決事件の原因のような気がします。

交番所も減りました。千々石にも二か所あったのですが、一か所になり、私が住んでいる地域は、お隣の愛野町の交番所の管轄だそうです。市民の安全を考えてほしいと思っているのですが・・・




2017年1月 3日 (火)

「マッチ」の話

Dsc_0138

マッチですね。昔は、キャバレーとか、クラブとか、スナックとか、飲み屋さんに行くと、必ず貰って来たものです。

夜の港、霧、タバコに火をつけるため、風よけに襟を立て、マッチを擦る。スクリーンで昔、見ました。小林旭とか赤木圭一郎的な世界なのですが、残念ながら、今や禁煙時代。多分、昔のアメリカの禁酒時代のような日が来ると思うのですが。タバコの密売。

マッチ擦るつかのま海に霧深し身捨つるほどの祖国はありや  寺山修司
一本のマッチを擦れば湖(うみ)は霧                  赤黄男

そういえば、「マッチ売りの少女」もありました。いま、読んでいる子いるのかな?

以前「昭和の頃ぼくたちは小学生だった」を紹介しましたが、その中に「徳用マッチ」というのがあり、上の写真、大きな箱が徳用マッチ、小さいのが普通マッチ。

本には、徳用マッチと普通マッチ12個が同じ値段で、徳用マッチが800本、普通マッチが12箱で500本、となっていましたが、本日、お店屋さんで見かけたので買ってきてみたら、徳用マッチが「標準入り本数 840本」。普通マッチは12箱一組で「最低入り本数 37本」×12箱、ですから444本になり、徳用マッチがお得なようですが、残念ながら値段は違っていました。

徳用マッチは、台所にいつも置いてありました。
普通マッチで思い出すのが、「検便」。昔は回虫に感染している子供が多く(私も)、感染しているかどうか、マッチ箱に便を入れ、新聞紙に包んで名前を書いて、紐でくくって、ブラブラさせながら持っていって、学校に提出し、検査をしていたものでした。


Dsc_0142 Dsc_0144

さて、「昭和の頃ぼくたちは小学生だった」に書いてありますが、マッチの火で花火をつけようとしたらマッチの火がパッとつき、孫が驚いたそうです。で、作者は孫がマッチを知らなかったことにビックリしたそうです。

この話、少し大袈裟かなと思ったら、この間TVで子ども達の古民家体験があり、その中の、炊飯の場面で、薪に火をつけるとき、指導者の方が子供にマッチを渡し、「火をつけて」と言うと、子ども曰く、「マッチのつけ方が分かんない」。上の矢印のところに、マッチの赤い所を擦れば火がつくのですが・・・

考えてみれば、ガスコンロは捻ればいいし、使っても、使い捨てライターくらい、今後は電磁調理器で、葬式のローソクの火しか見る事がないかも、ですね。

マッチの火、つけたとたん一瞬パッと大きくなり、暖かい炎が好きなのですが、また、タバコ(パイプ)が懐かしくなりました。

本当に時代は変わりました。今からの子供はどうなるんでしょう。「学校に西洋式水洗トイレは必要か?」について考えていますが、良く考えないと、子供はどんどん、ひ弱になっていくだけです。この件については、もうすぐアップする予定ですが。



ピカチュウ・サンタさん、出現するのが今日までだそうです。昨日、彼女に振られたらしく落ち込んんでいたので、海に連れて行ったら、飛び上がって気合を入れていました。また、クリスマスに会いましょう。


Img_0880 Img_0879 Img_0874





2017年1月 2日 (月)

「年賀状」に思う

Img_20170102_0001 Img_20170102_0002_3 Img_20170102_0003_5

年末、気になり、焦りだすのが年賀状書き。最も、最近ではスマホなる便利なものができ、ライン等で一発出せばOKなよう。でも、なんとなく味気ない。

年賀状の方も、最近はパソコン印刷で、住所も印刷ができるせいか、これも、なんとなく味気がなくなりました。昔は、手書き、版画、イモ版等があり、その後、プリントゴッコがあり、これも意外と味があったのですが、その後、ワープロからパソコンに代わりました。思いだしましたが、謄写版印刷の色刷りを頂いたことがあり、まさに芸術品でした。

今年は何にしようかと考えたら、ピッタリの写真があり、PCを使いましたが、住所、名前書きは印刷では味気なく、表書きだけは自筆にしています。

私の同僚、友人、尊敬する方もそれなりに歳になり、年々、下記のような文面が混じるようになりました。少しアレンジしていますが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素晴らしい新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
さて、勝手なお願いですが、来年から、年賀状をご辞退申し上げたく存じます。お許しいただければ幸いに存じます。
古希を迎え、体力も衰え、年賀状を書く気力もなくなり、年末をゆっくり過ごしたくなりました。ご尊家のみならず、皆様にも同じようなお願いを申し上げております。
このお願いは、年賀状のみの事であり、今後も従前どおりのお付き合いはさせていただくよう、お願いいたします。勝手なお願いではありますが、皆様にご理解いただきたく、新年のご挨拶を申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人いろいろ考え方があります。上のような方もおられるし、一人一人の顔を思い出しながら書くのも楽しいし、ただ、高齢化社会を考えると、上のような年賀状も増えていくでしょうが、なんとなく寂しい思いです。
さて、来年の年賀状はどうしましょう。悩むところです。


今日のピカチュウです。
昨日、出現しないと思ったら、今夜、出ました。夜遊びをしているようで、「おめでとうございます。」と言ったら、すぐにどこかに飛んでいきました。

Img_0852_2 Img_0858 Img_0859





« 2016年12月25日 - 2016年12月31日 | トップページ | 2017年1月8日 - 2017年1月14日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ