« 「引札」~忘れられた日本の文化 | トップページ | 「い・さ・は・や・な・う」~諫早駅周辺 »

2017年12月18日 (月)

「千々石福石様」~昔の風景

Img_20171217_0005_2

絵はがきなので、はっきりした年代は分かりませんが、大正~昭和初期だと思います。

場所は、いつも取り上げている千々石海岸の福石様です。昔、大津波がきたとき地蔵様が海中に身を投じ、潮が引いたということで、岩の上に祀って福石様と称したそうです。

で、上の写真にはお地蔵様が写って無いんですね、二つ考えられ、この頃にはまだ無かった。または、大正11年12月8日に「肥前国千々石灘地震」が起こったときに落っこち、後で引き揚げられたのかもしれません。

あと、岩の間に船が写っていますが、昔、長崎から小浜に湯治に来るとき、長崎からは陸路がまだ不便で、長崎から峠を越え、茂木から船に乗り、小浜の「石合(いしあい)」まで来たそうですから、多分、その船だと思います。

下の写真は現代の写真ですが、福石様の向こうに写っているのは漁港です。
昔はこの浜は伝馬船が一杯でしたが、今は一隻もいません。もっとも、伝馬船は現在はまったくなく、船は漁港に繋がれています。あと、上の写真では福石までの道がまだ作ってありません。しめ縄もありません。

現代は、防波堤とかテトラポットだらけで、安全のためでしょうが、昔の方がなんとなく活気があるようで、いいですね。

Dsc_0113_5
 

今年は3日間限定で、イベントで茂木~小浜まで船を走らせたそうですが、「シーライナー」ですから、昔のようにのんびりした、船旅ではなかったでしょう。

Photo



« 「引札」~忘れられた日本の文化 | トップページ | 「い・さ・は・や・な・う」~諫早駅周辺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66174483

この記事へのトラックバック一覧です: 「千々石福石様」~昔の風景:

« 「引札」~忘れられた日本の文化 | トップページ | 「い・さ・は・や・な・う」~諫早駅周辺 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ